いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リョウメンスクナとは何かわかる方募集

1:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:20:58 ID:K6HRDddX0
初めて2chにスレッドをたてさせていただきます。なのでおかしい部分があっても目を瞑ってやって下さい(´・ェ・`)
大学一年メスなので優しくしてね☆(笑)

単刀直入に言いますが、かなりやばい事になりました。リョウメンスクナとは何か早急に教えてくださる方募集して
います。。。


3:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:31:04 ID:6Vsx/kARO
飛騨発祥やったかな?



4:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:31:27 ID:hbKp2Ufg0
リョウメンスクナの話、「宗像教授伝奇考」という漫画に出てきた覚えがある。
スクナ族という、恐らく大昔に日本へ来た外国人ではないかと思われる人が、太古の
日本へ文化を伝えた。それが出雲圏の文化形成となり、因幡の白ウサギの伝説も
オオクニヌシノミコトの国造りの話もこれをモチーフとした話だろう、と。
そして大和朝廷による出雲の侵略が起こり、追われたスクナ族がたどり着いた
のが今の飛騨地方だった。
日本書紀によれば、飛騨にスクナという怪物がおり、人々を殺したから兵を送って
退治した、という話が書かれている、と。

つまり、スクナというのは大和朝廷以前の時代に日本へ文化を伝えた外来人の
ことで、恐らくは古代インドの製鉄を仕事とする(そして日本へ製鉄を伝えたで
あろう)人々のことではないかと書かれていた。
そして、出雲のある場所で見つけた洞窟の奥にあったものが、

  「リョウメンスクナ」(両面宿儺)

である。

11:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:40:04 ID:JsFcs5BC0
ちなみに教授の話はファンタジー混じってるから鵜呑みにすんな

まぁ、両面宿儺は古代王国の英雄が死後、神として祭られた存在で
冥界に封じられてるタイプだな

今まで熊野以上には反応していないところをみてるとダメなんじゃね?
あれ、終わってるだろ

12:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:40:07 ID:K6HRDddX0
怖くて検索するのもあれで…変な質問すみませんでした。

とりあえず詳しく説明させてもらいます。
昨日夜中一時ごろですかね、私はそろそろ寝ようと布団に入った途端の話なのですが
金縛りにあってしまいました。かなり頻繁に会うので気にしないのですが、動かない
はずなのに、口だけ動いて「リョウメンスクナ」とずっと連呼しているんです。
私は止めたくて頑張ったのですが止められませんでした。

何分経ったかわかりませんが、それを呟き続けていると目の前に顔から毛が生えていて
顔の形と目しかわからない黒い頭が二つ現れたのです。
すごく怖かったのですが、リョウメンスクナと言う単語だけ覚えていました。

みなさんの仰っている両面宿儺のことなのでしょうか…気味が悪いです…

17:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:44:42 ID:JsFcs5BC0
>>12
はいはい、神夢神夢。
所詮、両面宿儺はそれぐらいしかできないから
落ちぶれた。

ドゥユゥアンダスタン?

15:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:42:56 ID:JsFcs5BC0
まぁ、両面宿儺をアスラ神族系の末裔とする説もあるけどさ

どうみても、あの神威のショボさからは仮にもアスラ系の影響がそれなりにあるはずの日本で
それはねーな

16:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:43:07 ID:Zke4JZlUO
オカルト板にたってる以上はオカルト話のリョウメンスクナであって、神話のリョウメンスクナではないだろ。

19:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:45:13 ID:K6HRDddX0
どっちだかわからないのですが、金縛りにあってしまったのでオカルトなのかなと思いました…
きっとここなら詳しい方々がいると思ったのですがやっぱり知っている方がいて良かった(´;ω;`)
あれは妖怪だったのでしょうか…

そして過去スレなど見ないで投稿してすみません…

21:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 15:50:55 ID:K6HRDddX0
夢の神様なのですか?でもあの顔は忘れられません…
まず私の些細な体験を聞いてくれてありがとうございました。
呪い殺されてしまうのかな・・・とか嫌なほうへ考えていました(´;ω;`)
そして情報を下さった方々、ありがとうございました!

23:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 16:02:19 ID:KKtYs/O7O
とりあえず、カルラ舞うでも読め。
少しは分かるはずだ

24:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 16:08:28 ID:K6HRDddX0
でも自分の名前を連呼されても困ります…(笑)ちょっと可哀想な神様なんですね…

>>23さん 少し、読んでみようと思います。また今夜来ても困りますけどw

27:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 16:29:22 ID:gAHhFwkKO
日本滅ペプシ!!

30:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 16:57:22 ID:LtBwY8vc0
>>27の言う事も間違いではない。俺はコーラ派だがw

「洒落にならない怖い話」の過去ログで、両面宿儺の話がある。
覚えている事をうろ覚えで書いてみる。

神話上のそれではなく、岩手県?の古寺に保管されていた、シャム双生児のミイラの話。
寺の改装工事の時に、隠してあったものを中華のバイト男が覗き見て、呪われて死亡。
工事関係者も災難にあったとか。

其のシャム双生児のミイラが出来たのは、浦上某(てんごくって名前だったと思う)が作った邪教が由来。
元々朝鮮半島の血を引いていた浦上某は、日本に対する呪詛の為に、其のミイラを作ったとか。
そして、其の呪詛を完全なものにする為か、自殺したのだが、其の遺言が「日本滅ぶべし」だったはず。
其の日か其の翌日に、関東大震災があったとか。

其のミイラのその後は不明だったのが、上の岩手の寺に厳重に保管されていた(封印?)と言う話。

また、違う話も「洒落にならない怖い話」にあって、
そのミイラか銅像(両面宿難)を、日本海か北九州沖に捨てたとか言う話もある。
其の後、少し前にあった北九州地震が起きたとか・・・。

余談だが、浦上某ネタは漫画の孔雀王にもある。
怪しげな箱舟を作って日本を滅ぼす?みたいな事を孔雀達が防いで戦うって話があった。


さあ、>>1、ここまで書いてやったんだから、観音様とまでは言わないが、
オッパイぐらいはうpしやがれ!

41:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 19:49:17 ID:WiMqNzpTO
洒落怖にこの話があったね、すごく好きな話なんだけど、日本人じゃない何者かが国家を滅ぼそうとするためにこれを作ったってところに浪漫を感じた。

43:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 19:59:04 ID:U1rJCX9A0
諸星大二郎のリョウメンスクナの出てくる話、面白かったな。
アレくらいなら釣られてもいいのだが。

44:本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 20:06:06 ID:XJmoy+ng0
あれですか、噂のKですか。

47:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 00:26:59 ID:1TgmahzdO
日本にいたKが日本を滅ぼそうとスクナを製作したってことすか。
そのKはなんで日本にいたの?

49:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 00:33:59 ID:1TgmahzdO
わざわざ来日したと?

51:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 01:05:55 ID:S+N7mnCdO
そのためにわざわざ来日したわけではない。
天獄は「まつろわぬ者」と言われる、大正時代の中国系日本人だったと思う。

53:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 01:13:55 ID:S+N7mnCdO
呪詛を行う上では通常の人間ではなく奇形を用いた方が効力が高いため、天獄は奇形児を探していた。

その結果呪詛に用いられたリョウメンスクナというのは、頭が二つ手が四つある奇形児。
神話に出て来る頭が二つ手が四つのリョウメンスクナから名前を取ったと思われる。

66:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 10:38:54 ID:HI//8H/bO
リョウメンスクナと言えるのかどうか。
この話、釣りでもないし、何より今から八十年も前の話で現在とはなんら関係のない話。
オレの嫁の父親から聞いた話。
その人、変わった経歴の持ち主で、オレと嫁が結婚した頃は都内の料理屋でで板前をしていたが
その前は、信州の超有名な寺にいた。
僧侶になろうとしていたのか、或いは寺の雑務でもしていたのか。
あんな由緒正しい寺だから、めったな事では坊主にはなれない。
おそらく後者だろう。
この話は、義父がその先代の住職から聞いた話だ。

68:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 10:52:08 ID:HI//8H/bO
明治の終わりか、大正の初め頃の話らしい。
近在に、大きな農家があったらしい。
その土地に古くからある旧家で、今で言う町長を幾度も務めた、所謂地元の名士といったところらしい。
使用人が幾人もいて、かと言って当主はけして、驕り高ぶらず、村の人間にも信頼の厚い人物だったそう。

69:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 11:08:16 ID:HI//8H/bO
家族は、妻と、息子が三人それに娘が一人いたそうだ。
長男は妻帯していて、すでに娘が一人いた。
敷地内には母屋と離れがあって、母屋には当主と長男夫婦が住んでいて
離れには、次男、三男そして娘が住んでいた。

母屋は屋根が茅葺きで、新しくできた離れは、当時では珍しい瓦だったそうだ。

72:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 11:33:56 ID:HI//8H/bO
その家の娘が、果たして上から何番目の子だったのか、その辺りはよくわからない。
ただ当時としては、他家に嫁いでもいい歳だったそうで。
何も親があれこれ斡旋しなくても、その年頃ならば自然、好いた相手を見つけるのは今も同じ。
何時しか娘は、夜毎に部屋を開けるようになる。
親としては、娘が好いた男ならばと思う。
ただ、この場合ひとつ問題が一つあった。
娘が想いを寄せる男は流れ者、親もなく、親族もなく。
瓦職人だった、まだ若かったが、真面目で器用で腕もいい。

寺の瓦をつくるのと、オレの家の屋根をつくるのと、どれだけの違いがあるのか、正直オレにはわからない。
確かにオレの家には鬼瓦はないが。
とにかく、若いが腕のいい職人であったらしい。
ただ、噂によるところ、どうも日本人ではないらしい。
その躯、顔つきを見ると大陸系、仲間内の話でもそんな噂がまかり通っていた。
なにより田舎の、閉鎖的な社会だ。
親に一縷の戸惑いがある。

85:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 14:59:36 ID:HI//8H/bO
ある日の夕暮れ、その家の次男(だったと思う)が、友達数人と村へ帰る道を歩いていた。
そこへ脇の薄野から一人の女が飛び出してきた。
当時、街灯などなかったから次男は手に持った提灯を前に翳すと、その灯りに映るのはまぎれもなく、自分の妹だった。
次いで、同じ薄の中からまた一人飛び出してきた。
再び提灯を翳すと、かねてより妹(?)と噂のある瓦職人だった。

このあたりで、いったいどのような経緯があったのかはしらない。
とにかく、結果としてその次男とやらは周りの友達と共に、その瓦屋とかを、よってたかってブチノメシタそうだ。
男は脚を引きずる片輪者となるわけ
ひいては、娘とその男の間にどんな事情、或いは関係があれ、それは外に向かっては堅く秘された。

86:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 15:18:52 ID:HI//8H/bO
当時の瓦の屋根は今と違って結構モロい。
その年、幾度か台風があり、その家の屋根もかなり痛んだので屋根の瓦を取り替えての、大掛かりな修繕があったそう。
そこに、次男に片輪にされた男もいた。
彼は娘に逢っても、言葉も交わさず、ただ黙々と自分の焼いた瓦を、屋根に並べる毎日だったそうだ。
普請が終わり、その数日後から、次男が急に病みついた。
あっけない最後で、何か土地の言葉ではない、日本語ですらない言葉を呟いてしんだそうだ。

91:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 21:18:06 ID:HI//8H/bO
あまり長々話すと、それこそスレチになるので、少し省く。
次男に次いで、三男も悶死したそうだ。
ただ、娘の方は死にはしなかった、ただ気が振れた、床に付くわけでもなく、毎日田の畦道をブラブラと歩いている。
人に憚る病になって、親もホトホト困ったそうて。
それが二年くらい続いたそうで、その年、また台風がきたそうで。
やはり、屋根の瓦が吹き飛んで、その後また屋根を含めての離れの修繕をしなくてはならなくたそう。

92:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 21:26:34 ID:HI//8H/bO
その修繕の際に、屋根を剥がした職人が、それを見つけたそうだ。
小さな箱があって、開けてみれば手のひらに載るくらいの木彫りの人形がはいっていたらしい。
その人形、非常に細密にできていたが、何やら猿がのたくっているような、じっと見ていると気味が悪く、何より顔の裏にもう一つ顔があった。

93:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 21:44:02 ID:HI//8H/bO
家の者、不思議がったがまた同時にその処置に困った。
で、結局、義父のいた寺に処分を頼んだ。
寺では経をあげた後、それを燃やしたそうだ。
住職が言うのに、それが即ちスクナビコ、しかも顔の二つあるリョウメンスクナというものだと言ったそうだ。
その木彫りの人形を燃した頃、娘もばたりと倒れて死んだとか。
坊主の言うに、その法を防ぐ方法はこの国にはないそうで、おそらく大陸のあちらに行かねばわからない。
リョウメンスクナ、その名前に生で触れたのはそれが最初。

98:本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 23:40:13 ID:S+N7mnCdO
「物部天獄」で検索してみな。

104:本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 12:42:07 ID:HhZWdFH60
元は釣りにしろ、せっかくスレ立ったんだから有効活用しよう。
して両面宿儺は今いずこ?
古い家や蔵っていうのは、建て直しや虫干しのときに大抵
意味解らんものが出てくるものだが、そんな物でもいいから、誰かオハナシしてくれ。

111:本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 23:07:26 ID:X4uG6QuU0
豊田 有恒さんの短編に
「両面宿儺」というのがあります。
宿儺復活によって日本人が自らの伝統に
目覚めていくのです。

122:本当にあった怖い名無し:2007/10/23(火) 13:13:28 ID:W03aFseRO
結局建て逃げか>>1
糞女

元スレ:リョウメンスクナとは何かわかる方募集 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1192515658/
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。