いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【怖い話】アメリカの屋敷

【怖い話】アメリカの屋敷

56: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 15:34
友人の話。

彼女は小学1年生の時、父親の仕事の都合でアメリカに越した。
越したところは大きな家で、彼女は念願の自分の部屋を持つことができた。

引っ越したばかりで何もなく、部屋には初めから置いてあったベッドがあるのみ。
その大きなベッドをすっかり気に入った彼女は初日から
「一人で寝るー!」と言ってその部屋で寝ることにした。



57: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 15:36
時差ボケのせいか、なかなか寝付けない。
少しウトウトしていたが、すぐに浅い眠りから目覚めた。
(のど渇いた)
身を起すと、彼女は
(あれ?)
と違和感を感じた。

なんだか部屋の様子が違う。

暗くて見渡せないが、「こんなに広い部屋だったっけ?」
と感じた。

ベッドの上でボーッとしていると、急に疲れが襲って来て、彼女は
また眠りに落ちていった。

60: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 15:58
アメリカに越してから、数週間が経ち、彼女の一家は忙しい日々を送っていた。
現地校に通う事となった彼女は言葉がわからず苦労していたし、父は仕事で
毎晩遅く、母も父の同僚の奥さん連中との付き合いや、子供の学校、医療や日々
の生活の事で追われていた。

そんなある晩、彼女は夜中に目が覚めた。
ベッドから身を起し、眠い目をこすって部屋を見渡すと、部屋の雰囲気が違う。

よく見ると、部屋のそのものが違う。

暗闇に目を凝らすと、異様に広い空間が広がっている。
部屋の広さは寝室というよりは、ホールの様だった。

(いやだこれ、夢だ)
そう考えて、ふとんを被って寝てしまった。

61: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 15:59
また何週間か過ぎたが、同じ様な事が何度も起きた。

彼女は両親にその事を話そうと何回も思ったが、父も母も不慣れな海外生活に
疲れてピリピリしていて、とても話せる状況ではなかった。

ある晩、また「例の部屋」で目覚めた彼女はある決意をした。

(今日はベッドから出てみよう)
半分夢だと決め付けていた彼女は、自分自身でその部屋の正体を確かめてみる
つもりだった。

そっとベッドから降りる。
ベッドから降りて、彼女は初めて「怖い」と思った。
ベッド自体、彼女のベッドではなかったのだ。

62: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 16:00
大きな部屋は暗闇に包まれ、その全貌がわからない。
床にガラスの破片の様なものがたくさん落ちていて、歩く度に
ジャリジャリと音がした。
ベッドを中央にして部屋の両端にドアがあったので、彼女はその一つに
近づいて行った。

ドアのノブに手をかけ、開けようとすると、耳元で

「##%$$1212!&’!!!」

英語で誰かが怒鳴った。

63: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 16:01
(えっ、えっ、何?)
と驚きながら、彼女がまたドアを開けようとすると

「##%$$1212!&’!!!」

と耳元で怒鳴り声。

怖かったが、気にせずドアを開けた。

ドアの向こうには部屋があった。
今彼女がいる部屋と全く同じ造りの部屋が。

そして部屋の向こう側にはドアがあり、そのドアの前に誰かが後ろ向きで立っている。
どうやら彼女と同じ様にドアを開け、ドアの向こうを覗いている様だった。

その人物は彼女が着ているのと同じパジャマを着て、同じ髪型をしている。
うしろ向きで顔は見えないが
(あれ、自分?)

そう、それは彼女自身の後ろ姿だった。

64: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 16:02
しばらく様子を見ていると、彼女の背後から風が吹いた。
後ろを向くと、部屋の反対側のドアが開き、隙間から誰かが覗いている。

よく見ると、巨大な黒人男性の首が、4つ縦に並んで彼女のことを見下ろしていた。

(やだ、怖い)
彼女は開きかけのドアを開けると、隣の部屋に逃げこんだ。

ドン!!

何かにぶつかって倒れた。
上を見上げると、後ろ向きの人物がいた。

(あ、私がもう一人いる)
と思っていると、その人物がこちらを向いた。

しかし、それは自分ではなかった。
発疹だらけの顔の少女。
腫れて開かない目で彼女のことを睨みつけ、

「##%$$1212!&’!!!」

と怒鳴った。

彼女はそこで意識を失った。

66: 青田 ◆91XhvMgA 02/08/30 16:03
父の仕事の都合で、その土地には半年しかいなかったという。
あとで調べると、その家があった場所には19世紀頃その土地の名主の
大きな屋敷が建っていたらしい。

その屋敷でどんな事が起こったのか、知ることはできなかったが、
彼女が言うには、あの少女の部屋と自分の部屋が同じ空間に立地していた
のではないかとのことだ。

元スレ:身内に起こった怖い話
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
13位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。