いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒトラー絶対悪」説は永久に揺るがないのか

「ヒトラー絶対悪」説は永久に揺るがないのか

1: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 00:00:50 0

ヒトラーよりもっと悪い奴なんていっぱい居そうなのにねえ。



5: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 00:06:13 0
ナポレオンもワーテルローの戦いの後は
悪人として扱われていたが、今では英雄だ。

あと、50年もすれば英雄として扱われるようになる。

8: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 00:32:25 0
既に「絶対悪」という単語で終わっているな

>>1 何事も生贄の山羊ってのは何時の時代にも要るんだよ。

16: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 01:23:35 0
外国の政治家や軍人を批難する台詞で、よく
「ヒトラーのような独裁者」と言うことがあるが、
「スターリンのような独裁者」と批難することは殆どないような気がする。

何故だろう?

17: 15 2005/11/21(月) 01:27:36 O
>>16
わかっていることを聞く必要がある?

ただし、ナセルは「ナイルのスターリン」と呼ばれたよ。

22: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 01:55:16 0
>>17
ヒトラーほどは悪くない、という意味だったりして。

20: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 01:40:33 0
とりあえず、董卓は普通に悪人というか無様というか彼を擁護する人間は
いないだろう。ほとんど何も為さずに、自らの欲望のために奪いまくり、殺しまくり、焼き尽くしまくった。

25: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 02:30:38 0
スターリン、毛沢東、ポルポトの方がヒトラーよりはるかに極悪。

28: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 04:32:33 0
とにかくヒトラーは悪役としてキャラ立ち過ぎたと思う。
マルクス主義者が槍玉に挙げるのにちょうどいい
「ファシズム」の見本になってしまったというのもあるだろう。

>スターリン、毛沢東、ポルポトの方がヒトラーよりはるかに極悪。
漏れもそう思うが、サヨクの悪を隠蔽するのにヒトラーが利用されてきた面もあると思う。

29: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 04:45:30 0
この際だからこのスレに便乗だ。

>サヨクの以下略
確かに一般人にスターリンの再来とか毛沢東の再来とか
ポルポトの再来って言っても全然インパクト無いな、日本じゃ。

32: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 09:14:32 0
>>29
CIAによるとポルポトは5万人「しか」虐殺していないからね。

30: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 04:55:22 0
「逆らったわけでもない人間を、人種を理由に、絶滅寸前になるまで系統的に虐殺した」のがヒトラー。

スターリン、ポルポトは「人種を理由」にはしていない。
トルコのアルメニア人虐殺は、アルメニア独立勢力がロシア側についていた第一次大戦のとき。

米大陸の先住民族虐殺が、「絶滅」という結果ではそれに近いが単一の政権によるものではない。

33: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 10:23:42 0
>>30
これはなかなか面白い比較かも知れんね。
ヒトラーとアメリカ人の異人種根絶政策。
アメリカ人がホロコーストを語る時、このような対比意識は持ち合わせるのだろうか。

31: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 04:58:46 0
スターリン、ポルポトは「人種を理由」にはしていない
ダウト 前者は民族、人種を殺しはしなかったが迫害はしたぞ
後者は原始共産制の建前と社会体制を理由に技術者やその他市場経済の人間を虐殺

34: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 12:20:56 0
ドイツ人がヒトラーやナチ党の研究をタブー視しているうちは無理だろうね。

36: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 13:34:20 0
「ソ連によるポグロムは捏造」スレによると、スターリンが実質的に権力を
握ったのは1932年頃で、1939年には第二次大戦(独ソ戦は1941年)が始まる
ので、スターリン個人の責任といえる粛清は実はそれほどでもないらしい。
むしろ、ロシア的というか、共産主義的システムのせいだろう。

中国についても、自然死だけで年間一千万人をはるかに超える国だから、
どこまでが権力者の責任かというのは判断が難しい。

39: 世界@名無史さん 2005/11/21(月) 18:12:34 0
まだヒトラーは過去の人物では無いからね。
まだ第二次世界大戦でナチスにより迫害された世代の人が居る限り正当な評価はムリなんじゃないかな
ナチスが歴史問題として扱われるようになった時にヒトラーの正当な評価が出来ると思う。

43: 世界@名無史さん 2005/11/22(火) 03:55:15 0
「ヒットラーなんてスターリン、毛沢東、ポルポトに比べればマシ」などというと
シモン・ヴィーゼンタール・センターの恐いお兄さん達が来ます。

47: 世界@名無史さん 2005/11/22(火) 11:52:23 0
米英、ソ連とそれに追従する勢力、さらにはドイツ人自身までが、ヒトラーに全てを負わせることに利益を見出していた。
ナチスに迫害された人間がどうこうというより、この構図が大きい。

48: 世界@名無史さん 2005/11/23(水) 08:16:20 0
ヒトラーは良いこともした

極東の黄色人種と同盟を結んで、チャーチルやトルーマンら人種差別主義者と
戦うアジアに支援の手をさしのべた

59: 世界@名無史さん 2005/11/23(水) 22:41:57 0
>>48
裏では日本人見下してたのになw

55: 世界@名無史さん 2005/11/23(水) 11:05:13 0
ヒトラーが責められるべきなのは
「仕事を途中で投げ出したこと」
その一点だけだ

56: 世界@名無史さん 2005/11/23(水) 16:31:07 0
ヒトラーは選挙で選ばれた。
当選させた有権者の責任は??

しかし今のドイツ人 → 「オラ知らね。ヒトラーとNAZISが全部悪いんだ。」
ヒトラーをアウシュビッツの件以外で擁護するとドイツ人は怒る

68: 世界@名無史さん 2005/12/01(木) 19:00:33 0
ヒトラーよりスターリンの方がよっぽど悪人です。

69: 世界@名無史さん 2005/12/01(木) 20:35:29 0
ホロコーストがドイツ人に与えたトラウマはまだ当分残るだろうが
それも永遠ではない
最近の動きを見るとそう見える
いずれ共産主義の犠牲者との相対化が再び取り上げられるだろう

70: 世界@名無史さん 2005/12/01(木) 21:34:35 O
第一次敗戦時にすでにボロボロだったわけで、ヒトラーが余計酷くしたとはいえ‥‥
第一次前の同盟関係ですでにドイツ包囲状態だったのが、まずかったのでは。

72: 世界@名無史さん 2005/12/03(土) 15:48:47 0
>>70
余計ひどくした?
ヒトラーの内政は天才的で、瞬く間に景気回復させたんだぞ?

73: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 00:56:02 0
>>72
デフレのとき大盤振る舞いしたら景気回復するのは当たり前。
誰がやってもそうなる。
ハイパーインフレを克服したばかりの国であれをやるのは
勇気が要っただろうけどね。
ケインズ理論がある今となっては、
デフレなんて起こす国は日本くらいのもの。

74: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 02:01:01 0
>>73
大盤振る舞い?なにそれ。
ヒトラーはきちんと産業を興して景気回復させたんだが?

93: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 15:58:41 0
>>74
キミキミぃ。
その公共事業の財源がどこからでているか知ってていってるのかい?
財源は適正規模をはるかに上回る赤字国債、
しかも、それだけでは足りずにダミー会社が発行する
メフォ手形なる偽装国債を発行して、補った。
しかも、その大半を再生産を行わない軍需に突っ込んだものだから
1939年にはもう財政は完全に火の車。戦争やらなきゃどうしようもない
状態に陥っていた。

ついでに、国内産業の過剰な保護のせいで、ドイツ工業の
国際競争力の低下も著しく、その結果として当然、外貨準備高の不足も
危険な水準に達し、軍需生産に必要な鉄鉱石などの資源の購入
にも支障をきたしはじめていた。
評価の高いアウトバーンにしたって、当時のドイツの自動車普及率を
考えるに不要なものとしか言い様がない。

ぶっちゃけ、ヒトラーの経済政策は、瀕死の重病人に覚醒剤を
たらふくぶち込んで、空元気出させるようなもの。
とてもじゃないが、まともに評価できるようなシロモノではないね。

96: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 16:35:48 O
>>93
「ベルサイユ体制という不治の病に冒された瀕死の病人に麻薬を与えて何が悪い」
ヒトラーが読んだらこう言うだろうな。
まっとうな方法で国を立て直す気があったら戦争しないっての。

97: ジーモン ◆.5DV4fMpf6 2005/12/05(月) 16:38:50 O
うむ、完全雇用は神話だよね。実際には職にありつけない者がかなりいた。
筋金入りのルンペンじゃなくてね。彼らは浮浪者もろともダッハウなどに送られた。

106: 世界@名無史さん 2005/12/08(木) 05:51:25 0
>>93
基本的に恐慌のときはインフレ政策やるのが正解。
民間に無理矢理人雇わせるとかはドキュソだが、
アウトバーンとか軍拡を無駄と切り捨てるべきではない。
失業こそ最大の無駄、不況こそ経済成長の足枷なんだから。
それから、財政が火の車だから戦争って意味分からん。
>>97
それは不完全雇用じゃなく自然失業率が高かったんじゃないのか?
経済統制とか何とかのせいで。

107: 世界@名無史さん 2005/12/08(木) 22:36:35 0
ちょっと経済かじったような半端者が、簡単にヒトラーを経済オンチと断ずるのは愚か極まりない。
財界の古狸が揃いも揃って、何年日本の不景気続けさせてると思ってるんだか。
ヒトラーの政策は、非常事に対するカンフル剤として、まさしく効果覿面だったのは事実だぞ。

108: 世界@名無史さん 2005/12/09(金) 00:06:38 0
>>106
当時のドイツ国民のインフレに対するアレルギーが強く
インフレ政策にもっていくことができないから
メフォ手形発行してるんじゃないの。
これなら、貨幣の流通量が増えないから、
インフレにはならず、しかも、財源を確保できる魔法の杖。
ただし、手形なだけに高利で償還期限くれば
非常にやばいことになる。
>財政が火の車だから戦争って意味分からん。
占領地からの収奪でどうにかするつもりだった。
現にノルウェーからの鉄鉱石、ウクライナの穀物
フランスからの現金でドイツの戦争経済は成り立っていた。

>>107
>何年日本の不景気続けさせてると思ってるんだか。
現代日本で偽装国債を発行するようなマネができると思っているのかい、君。
償還期限が来たとき、議会でどう説明するつもりなんだい?
まさか中国に侵攻して、そこからの収奪でどうにかするつもりなのかい。
ついでに無茶な保護貿易やって、アメリカの猛反発をよんで
国際的に孤立してもかまわないと?
>ヒトラーの政策は、非常事に対するカンフル剤として、まさしく効果覿面だったのは事実だぞ。
効果覿面だが、後々恐ろしいことになるのは目に見えている。

77: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 09:47:42 0
今はユダヤ社会だからな、ヒトラーは悪。
アメリカをぶっ潰し、ユダヤぶっ潰せば再評価されるでしょ
その時は20世紀でもっとも偉大であるが
悲運に泣いた改革者と位置付けられるかと
スターリンはどっちころんでも悪だな

82: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 20:25:02 0
客観的に考えれば善を成した人ではないね。

アレクサンドロスのような征服者の英雄かも知れないが、
征服された方は迷惑だし。
ヒトラーも利己的な目的で征服したまでであり、
他国民に利益をもたらす為に周辺諸国を征服したのではない。
ユダヤ人虐殺が仮になかったとしても、差別するのはよくない。
それにこの人は対英無差別爆撃の指示を出している。
対英無差別爆撃に関してはドイツ人にも言い分があるだろうが、やはり善行ではない。

偉人だとは思うよ。でも善人ではないな。

83: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 20:28:04 0
ヒトラーの打ち出した政策、
ポーランド侵攻以前のユダヤ以外のものはいいものだと思うよ。

ナポレオン、カエサルに比肩する英雄だが、善人とは思えない。

85: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 20:54:08 0
思うにヒトラーは今の時代であっても絶対悪とはいえない。
相対悪としてなら言えるであろうが
いかなる人、状況においても悪と言わしめるようなものではなくては無かろうか
すると、今の時代のドイツにおいてもネオナチと言われるようなヒトラー崇拝者がおり
このような支持者が存在する以上ヒトラーは絶対悪とはいいがたい

また、ヒトラーに類するスターリンについてでさえ
彼の故郷グルジアでは彼は英雄として扱われているのである。

蓋し、いかなる歴史上の人物を並べてみても絶対悪といえる人物は古今東西
存在しないようにすら思える

87: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 21:26:18 0
>>85
絶対悪だって言い続けてきちゃったから、崇拝者がいるんだよ。
悪魔信仰と同じ。
絶対悪は絶対善と同じぐらいの魅力を持ち得るということ。
悪魔に魅入られる人がいるようにね。

ナチの行為はありふれた悪、凡庸な悪の結果。
人間なら誰しも成りうる可能性があるもの。

216: 世界@名無史さん 2006/02/01(水) 13:23:11 0
こんな問題、時間が解決すんに決まってんじゃんよ。一体誰が古代の暴君を現在
批判する?ww

217: 世界@名無史さん 2006/02/08(水) 02:45:35 0
>>85
グルジアは辺境に過ぎなかったからな

>>216
ネロ、カエサル、始皇帝、煬帝と名前は良く出てくるのにね

86: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 21:07:37 0
ヒトラーが絶対悪とは言わないが、悪の要素は強い人だと思うよ。
侵略戦争は、感心しない事だ。

94: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 16:02:58 0
非常時の政策と常態の政策をごっちゃにしても意味ねえよ

95: 93 2005/12/05(月) 16:10:06 0
>>94
非常時つっても戦前の話なんだがね、これ。
ヒトラーは戦争が始まる前から、こんな将来破綻間違いなしの
無茶な経済政策をそれと知りながらやっていた。

あと、付け足しとし、完全雇用を実現したという神話が
あるがこれは、企業に建設・工業機械の使用を控えさせて
その分、労働者を雇用させることによって実現したもの。
もちろん、効率は低下し、国際競争力の低下に一役買っている。

99: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 17:01:21 0
ヒトラー本人は経済ぜんぜん解ってなかったんじゃないか。
なんか打出の小槌みたいに富が増える魔法を見つけたみたいに得意になっていた。
あいつはちゃんと経済教育を受けていないからな。

ヒトラー以外のナチの連中に侵略戦争目的の確信犯がいたに違いない。
産業家は長期戦略はどうでもよく目先の利益に突っ走ったみたいな。
連中や資本家はおそらく個人的には海外に資産を移して身を守っただろう。
戦後西ドイツの復興はマーシャルプランでなく、流動資産を守った産業資本家の再投資が主だった。

アウトバーンにしたって戦後ドイツが巨額の賠償を免れたことで財政的に成り立った。

100: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 18:31:38 0
>>99
メフォ手形で創出した資金を軍需に突っ込んでいるあたり
ヒトラーはわかっててやってるとおもうんだけどね。
「我が闘争」で東方生存圏構想なんて、ぶちあげているくらいで、
戦争は最初から予定に入っている。
開戦時期はヒトラー的な予想からすれば速すぎたみたいだが。

101: 世界@名無史さん 2005/12/05(月) 18:33:00 0
>>99
>連中や資本家はおそらく個人的には海外に資産を移して身を守っただろう。

戦後、イギリスが海外のナチの隠し資産を奪い取るために
ボルマンを利用したという話があるね。

たとえば、↓これとか。

『ナチスを売った男』──元イギリス諜報部員の告白
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc150.html

105: 6歳幼女です 2005/12/07(水) 22:54:36 0
ヒトラーって演説が得意だっただけで
時代の波に乗せられて双頭を演じさせられて
どうしようもなくなって自殺してしまった哀れな人というイメージなんですけど

絶対悪というほどの信念というか
非人間的であったわけではなくあくまで弱い人間だったのではないでしょうか

112: 世界@名無史さん 2005/12/09(金) 00:29:05 0
ジャンヌ・ダルクは名誉回復まで400年かかった。
総統も時間はかかるだろうがいずれは神のようにあがめられるよ。
ユダヤ人からは1000年たっても1番憎まれてるだろうけどね。

115: 世界@名無史さん 2005/12/13(火) 23:15:02 0
つうかユダヤ人虐殺さえなかったら再評価もあり得たかもしれんが
あれは弁解のしようがないだろ
永久に揺るがないだろう
アラブが世界制覇したらわからんが

117: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 17:06:49 0
>>115
歴史的に言って、虐殺もなしに英雄になれたやつはいないぞ。
ユダヤが世界を支配する今の世の世論に毒されすぎだ。

120: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 20:31:27 0
>>117
別にユダヤが支配してようとしてなかろうと、
虐殺は正当化されんだろ。
大体、戦争に勝ったわけでもないのに
英雄になれるわけがない

121: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 21:29:07 0
>>120
虐殺が正当化された歴史など腐るほどあるが?
あと、ヒトラーは英雄だったが?最初は勝ってたし。

122: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 23:27:48 0
>>121
別に過去にそうだからといって
常に虐殺が正当化されるわけじゃない。
まず勝つことが条件。
アメリカ人は戦争に勝ったから原爆や空襲で日本人虐殺を
正当化出来るが、ドイツは結局負けたから、
最初に勝ってようと意味ない

123: 世界@名無史さん 2005/12/15(木) 01:27:02 0
ナポレオンは負けたけど英雄だな
スペインとかで虐殺してるけど。
ヒトラーとの違いはなんだろう
やっぱ時代が悪かったな
映像や写真に残ってしまう時代になると
一旦悪さしたら容易に忘れられない

135: 世界@名無史さん 2005/12/16(金) 02:32:36 0
ヒトラーは、メディアによって成功を収めたが、そのメディアによって永遠に悪人にされ続けるw

144: 世界@名無史さん 2005/12/17(土) 23:13:40 0
ヒトラーが絶対悪だと思っている人は、独裁者がある日突然天から振ってくる
ものだと思っているんだろうねぇ
>>135
その通り。ヒトラーは大衆の支持を得てトップに立てた。
何にも毛沢東と構造は変わらないのだ。
一番怖い存在は無知な大衆なのではないかと思う。
ナチスのやったことは死にかけの病人にヒロポンで無理矢理元気にさせた
ようなモノだという意見も出ていたが、それを支持したのは一体誰なんで
しょうねぇ?

小泉がその淵に今、立たされているね。無能な首相と悪口を言われ始めたけど
それを異常なくらい支持したのは誰だったんでしょうねぇ?
はしごをかけておいて自分達はトンズラか。

141: 世界@名無史さん 2005/12/17(土) 13:08:51 0
>>1
アメリカの覇権が健在である限りな。
アメリカの覇権が揺らぎつつある現在、どうなるかはわからない。

142: 世界@名無史さん 2005/12/17(土) 13:17:33 O
>>141
むしろユダヤ資本がアメリカを牛耳っている限り、
ナチスは悪って図式は揺るぎないだろう。
ヒトラーは正鵠を得ていたんだ。
ユダヤに世界は食い物にされるってことを予言していたからな。

143: 世界@名無史さん 2005/12/17(土) 22:57:05 0
ああ、言ってたよな。自分の仕事が失敗に終われば、世界はユダヤ人に支配されるって。
見事に当たっちゃってる。

150: 世界@名無史さん 2005/12/18(日) 01:49:18 0
>>143ところがですねぇ・・・実はヒトラーは死ぬ前にこれからの
世界のイニシアティブを取るのは東洋だ、みたいなことを言いつつ
負けを認めているんですねぇ、これが。

155: 世界@名無史さん 2005/12/18(日) 12:33:48 0
ヒトラーっていう姓の人他にもいたと思うけど
改名したりしたのかな?

261: 世界@名無史さん 2006/04/30(日) 05:59:27 0
>>155
実言うとヒトラー家はアドルフのじっちゃんないしは、父のアロイスが
一代目と言われている。

で、アドルフが死んだとき、他の親戚筋が全員集まって「ヒトラーの血を残すまい」
と誓い合って子孫を残さなかった故に、ヒトラー家は途絶えたって。

166: 世界@名無史さん 2006/01/16(月) 21:39:04 0
その後東西分割をされたことを考えるとホントにドイツって悪?
フランスやイギリスの方がもっと悪だと思うが。ドイツは一時的に
グレただけ。

179: 世界@名無史さん 2006/01/20(金) 19:04:08 0
ヒトラーは征服によってヨーロッパを統合したが、この統合をヨーロッパは
生かせるだろうという予感は当時多くの者が抱いていたと、セバスチャン・
ハフナー『ヒトラーとは何か』は書いている。
しかしヒトラーが「ヨーロッパ統合の父」と仰がれることはないだろう。

ところで仮面ライダーXに「ヒトデヒットラー」というのがあったなw
ttp://pulog1.exblog.jp/2905419/

181: 世界@名無史さん 2006/01/20(金) 23:27:27 0
侵略戦争をしたら悪という認識になるなら、スペインなんか存在自体が悪だよ。

193: 世界@名無史さん 2006/01/21(土) 22:53:24 0
なぜヒトラーが完全悪とされているのか。。。
それはヒトラーがフランスとイギリスの敵だったから
イギリス、フランスは永久に自分らを正義と言うだろうね
本当は極悪党なのに

218: 世界@名無史さん 2006/02/08(水) 15:52:26 0
シリア、レバノン、ヨルダンだとヒトラーはアイドルだよ。
小学生の女の子が肖像画書くくらい。
パレスチナ解放機構初代議長のシュケイリはベルリンでヒトラーと握手したし。
話しそれるが、ロッド空港乱射事件の日本赤軍のテロリストが
パレスチナ難民の村訪問したらある老人は感動のあまり卒倒した。

235: 世界@名無史さん 2006/04/11(火) 18:13:27 0
戦時体制を作り上げ、首都陥落まで戦争を遂行させた。
国家に貢献した政治家とは言い難いが、無能な指導者ではない。

238: 世界@名無史さん 2006/04/12(水) 01:25:42 O
一見すると狂気なんだが、恐ろしく計算された行動をしてるよな
ヒトラーが行った虐殺は悪だが
経済回復・プロパガンダ・科学技術などは後世にも影響を与えていると思うんだがな

239: 世界@名無史さん 2006/04/12(水) 01:32:23 O
馬鹿があれだけの事できる訳ないでしょ?

265: 世界@名無史さん 2006/05/20(土) 15:46:17 0
>>1
ずいぶん昔の本で、ドイツ本国(当時西ドイツ)で話題になった本。
「ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー 著」(草思社)
「生活」「仕事」「成功」「錯誤」「失敗」「犯罪」「裏切り」の7章に分けて分析している。

既に、書かれているけど、毛やポルポト、スターリンの方が悪。
教育、マスコミが偏向しているから気づかない人がいるだけ。
ソ連が、ナチスと組んでポーランド進行をしたことすら知らない人がいるんだから。
それ以前のフィンランドとの冬戦争および、戦後の本来戦勝国であるはずのポーラ
ンドの運命とか知ったら、東京裁判なんて戦勝国による不正義でしかない。
ポーランドなんてドイツ側へ国が動いたんだぞ!そしてその分ソ連の国土が広がる。
あと、バルト三国もひどいったら。
杉原さんの美談も、ナチスからじゃなくソ連による侵略から逃れたユダヤ人だろ?


268: 世界@名無史さん 2006/05/23(火) 06:01:42 0
>>265
ヒトラー読本としてはお奨めだが、
著者オリジナルのヒトラー像になると文学的というかトンデモと思う。

269: 世界@名無史さん 2006/05/24(水) 11:58:29 0
>>268
この本の価値は、当時のドイツ国民がなぜヒトラーを支持したか、そして、今の私達も同じ状況では同様の選択をしたであろうということを書いたってことではないかな?

失業、経済の破綻、外国からの執拗な賠償請求に憤慨し絶望していた国民に、誇りと仕事を与えた英雄として初期のヒトラーは、歓迎されたんだから。
それゆえ、哲学者のウィットゲンシュタイン(ユダヤ人)もポーランド進行を聞いたときに彼ほどの天才がそのようなことを行うなどと驚いたんでしょう。

この本も、ヒトラーが失敗するのは必然であった旨記しているからね。
ま、少なくともユダヤ人虐殺さえなければここまで評価が低くはなかっただろうけど。
268もトンデモ本と言っているんじゃないので図書館ででも読んでください。>>1

288: 世界@名無史さん 2006/07/27(木) 18:44:17 0
ヒトラーは永遠の悪のカリスマで良いよ。不滅のカリスマという事。

それに既出だがヘーゲルの歴史哲学を適用すれば、所詮ヒトラーも
「理性の狡智」に支配された世界精神の道具に過ぎないんだから。
それが善悪を超越した形而上学的歴史観が下す古典的な答えだね。

でも形而下の世界では道徳的歴史観というフィクションがそれなりに
必要となるからヒトラーを20世紀の極悪人のままにしておくのは
ナチス協力者のドイツ国民にとってもラッキーなことだから。

セバスチャン・ハフナーが示唆したことだけど、ヒトラーの恩恵を
一番受けたのは実はユダヤ人だった、という逆説は歴史の皮肉だね。
これはイスラエル建国の事を指しているが認めないな、ユダヤ人は。

292: 世界@名無史さん 2006/07/28(金) 09:33:12 0
悪と認識されるのはそれ以上の悪に打倒された証拠。
真の悪魔はアングロサクソン。
奴らこそ世界中の有色人種を殺戮して、広大な大陸を征服し
黒人を奴隷にして、世界を牛耳る支配人種。
冷静に考えて、経済力・軍事力で日本、ロシアに劣る英国が
米国と世界全体を共同統治してる理由は人種しかねえだろ。

376: 世界@名無史さん 2006/10/29(日) 16:09:05 0
先進国ではユダヤの圧力でヒトラー再評価が不可能だとすると
それが可能なのはアラブとか中国?

379: 世界@名無史さん 2006/10/29(日) 18:55:03 0
>>376
70年代ごろに西ドイツでお望みの「ヒトラー再評価」なるものが起こったことがあるが、ブームに乗っかって資料を発掘してみたら、一緒に悲惨な映像や写真も掘り起こされてしまいまた統計学上の経済の資料もナチス政権の破綻っぷりを改めて裏付けるものだったのですみやかにブームが引いていった歴史がある。

ヒトラー再評価なんて今しがた出てきたもんじゃないんだよ、厨房くん

585: 世界@名無史さん 2006/11/14(火) 13:43:55 0

いやさ、柄にもなくマジレスすると、ヒトラー=絶対悪ってのは、学問的に検証した結果じゃなくて、 「人の中にあるイメージ」だろ。流布されてるプロパガンダを含めた。ヒトラー・ナチスは、物語的悪役として認知される条件をほぼすべて兼ね備えてる。

「緒戦の圧倒的強さ」「劇的な最期」「人種思想」「オカルティズム」等々、まさに理想の悪の権化として捉えられやすいカッコよさ、ワルさ、妖しさなんかだな。だから、本音の部分ではナチス・ドイツに対する一種の湿った憧憬があり、その反転感情としてヒトラー=絶対悪と認識される。

殺した人間の数で言えばポルポトあたりと同レベルだが、今じゃ誰もポルポトのことなんか脳裏に浮かばない。なぜなら、あいつは狂気の殺戮者でしかなく、またカンボジア国民に何一つ恩恵をもたらしてないから。まさにただの陰気なキチガイでしかない。こんな奴のことは誰でもサッサと忘れたいんだよ。

でも、ヒトラーはドイツ国民に恩恵を与え、その民族的情熱に支えられて突っ走った結果があれだった。だから、憎しみだけではなく一抹の哀れさを誘う部分があり、そこが今でも人々の意識を捉えて離さないんだろうな。

元スレ:「ヒトラー絶対悪」説は永久に揺るがないのか
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。