FC2ブログ
いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


【何かヤバイ】ファティマ第三の予言について語っていけ

ファティマの予言

ひつまぶし@管理人
ファティマの奇跡は10000人もの人が目撃したそうです。
当時の新聞各紙にもそのことは掲載され、降臨した“なにか”も撮影されています。
スレの反応は様々だが、終わりに向かうにつれ、すごい展開に!(´・ω・`)

1: へちま 04/09/10 08:04 ID:1lK0UWHJ
超ド級に衝撃的でヤバ過ぎる内容に、
あのローマ法王ヨハネ・パウロ二世が失神したという曰く付きの予言。
タブー過ぎる話題だが、あえてパンドラの箱を開こうではないか。



ファティマの聖母

ファティマの予言
ファティマの聖母(ファティマのせいぼ、葡: Nossa Senhora de Fátima)は、ポルトガルの小さな町ファティマで起きた、カトリック教会が公認している、聖母の出現の一つ。ローマ教皇庁は奇跡として公に認めたが、第三の予言は長年にわたり秘匿した。何万もの群衆を前に太陽が狂ったように回転して見えたり、水源のないところから水が湧き、飲む者に奇跡的な治癒があったりしたことから、1930年10月13日現地管区レイリア司教によってこの出現は公認され、同年教皇ピオ12世は同地に巡礼する者への贖宥(免償)を宣言した。1967年には教皇庁により最初の聖母の出現のあった5月13日がファティマの記念日に制定され、歴代ローマ教皇が巡礼に訪れたり、この出現のメッセージに基づき世界の奉献を行った。

概要

1916年春頃、ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使とする14-15歳位の若者が現れ、祈りの言葉と額が地につくように身をかがめる祈り方を教えた。その後も天使の訪問は続いた。1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて様々なメッセージを託された。聖母からのメッセージは大きく分けて3つあった。

死後の地獄の実在:多くの人々が罪な生活、傾向によって、死後地獄へ導かれている。肉欲や傲慢など現世的な罪から回心しないままでいることにより、人は死後、永遠の地獄へと行く。具体的に、聖母はこの少女ら3人に7月13日、地獄のビジョンを見せ、彼らはそのあまりの光景に戦慄した。地獄は神話ではなく実在し、そこは全ての人が死後行く可能性のあるところで、入ったが最後、二度と出ることはできない。

大戦争の終焉と勃発:第一次世界大戦は、まもなく終わること。しかし人々が生活を改め罪を悔い改めないなら、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死に、そしてその多くが地獄に落ちてしまうこと。その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう、ということ。

秘密:聖母マリアは、1960年になったら公開するように、それまでは秘密に、とルシアに厳命した。その内容は「ファティマ第三の秘密」と呼ばれ、ルシアを通じて教皇庁に伝えられたが、1960年が過ぎても教皇庁は公開せず、2000年になってから発表に踏み切った。教皇庁によれば教皇暗殺の危機だとされる。ヨハネ・パウロ2世は、ファティマ出現記念日である1981年5月13日に発生した事件を東欧の政権による暗殺未遂と発表しているが、後述した理由から疑問視する意見もある。

聖母から教皇への要望は以下であった。

ロシアの奉献:ロシアを聖母に奉献し、ロシアが引き起こしかねない災厄と誤謬から世界を救うこと。また祈り、カトリック信者はロシアの回心と世界の平和の為に、ロザリオを唱えること。

人々の回心:カトリック信者は毎週主日に聖体拝領するように。そして、よく告解し、罪を避け、敬虔な生活を送るように。

聖母からの大きな奇跡があった。 1917年10月13日、集まった一万人の群衆は雨に濡れていたが、太陽が狂ったような急降下や回転を繰り返し猛烈な熱で彼らの服は乾いてしまった。世界各国の天文台で当時こうした太陽の異常行動は確認されておらず、群衆全員が同じ幻覚を見たことになる。居合わせた新聞記者たちも目撃しポルトガルのあらゆる新聞に大々的に掲載された。群衆を散らすために山岳兵部隊が動員されたが、彼らも奇跡を目撃して直ちに回心した。

多くの人々はこの奇跡は世の終わりのことを指していると考えて恐怖を感じた。

ファティマの予言
奇跡を目の当たりにする群集

ファティマの予言
群集の前に降臨した“なにか”


ファティマ第三の秘密

教皇庁は聖母が発表を命じた1960年になっても啓示の第三部について公表せず、メッセージの中身について多くの憶測を呼んだ。過去の予言が世界大戦などで60年代当時は東西冷戦真っ只中であることから、核戦争や第三次世界大戦ではないかと危惧する者もいた。1981年5月2日にアイルランド航空164便がハイジャックされたが、犯人はカトリック修道士で要求は「ファティマ第三の秘密を公開せよ」であった。

60年代に閲覧したローマ教皇ヨハネ23世は内容に絶句して再度封印し、次代教皇パウロ6世も再度封印を解くもあまりの内容に数日間人事不省になったという。こうした経緯を経て、教皇庁は2000年5月に1960年以来40年間発表を先送りにしてきたファティマ第3のメッセージを正式に発表した。



7: Mercury ◆YXXD24Gj2U 04/09/11 00:31:11 ID:ot7J/6Xz
>>1
あれ?公開されていなかったっけ?

8: 本当にあった怖い名無し 04/09/11 00:36:03 ID:t1sXUqfA
一部だけな。
でも、法王しか知らないんだから知りようがない。

10: Mercury ◆YXXD24Gj2U 04/09/11 00:39:25 ID:ot7J/6Xz
>>8
なんだ。一部だけか。ありがとう。
でも法王しか知らないならこのスレこの先どうなるの?

11: 本当にあった怖い名無し 04/09/11 00:40:02 ID:tsZvYq9r
そりゃローマ法皇の書き込みを待つだろ

37: 本当にあった怖い名無し 04/09/11 18:55:29 ID:Z9Ge9hlL
ファティマ第3の予言の内容

二〇世紀後半、神の大いなる試練が人類の上に下るでしょう。民衆は神の恩恵を足蹴にして、各地で秩序が乱れ。国の最高部を悪魔が統治し、物事の成り行きにまで影響を与えています。 このままでは教会の上層部にも、悪魔は入り込んでいくでしょう。


40: 本当にあった怖い名無し 04/09/11 21:45:08 ID:Z9Ge9hlL
>>37の続き

また、科学者の心のなかにも混乱の種をまき、全人類の大半を、一瞬のうちに滅ぼすような武器を作らせることになるでしょう。

そして各国の指導者らを悪魔がみちびき、このような破壊的な武器をたびたび使用させることになるでしょう。
もし民衆がこのような悪魔に対して、正義の抵抗を試みなければ、聖母マリアはキリストの手を借りて、懲罰を下さねばならないでしょう。
そのとき神は、ノアの大洪水よりさらに悲惨に、激しく人類を罰せられるでしょう。悪魔が互いの対立を引き起こし、枢機卿は枢機卿に、
司教は司教に戦いを挑み、ローマにも大きな変化が起こるでしょう。

二〇世紀後半に、かつてない巨大な戦争が起きるでしょう。火と煙が天から降り、大洋の水は水蒸気のようにわきあがるでしょう。
その難関によって、地上の多くのものは破壊され、無数の者が滅び去るでしょう。生き残ったものは、死者を羨ましく思うほどの苦しみに襲われるでしょう。

最後のときが近づいて、人類がみずから改心しなければ、とくに教会や国の上層部が改心しなければ、世の苦しみは深刻化し、
小さき者も善き者も悪しき者も、牧師はその信徒と共に、世の支配者はその民と共に滅びていくことになるでしょう。

いたるところで死が勝利の歌を歌い、荒れ狂ったものが凱歌をあげるでしょう。彼らは唯一の支配者、悪魔の配下なのです。
多くの民族が地上から姿を消すでしょう。祈りと苦行ををもって向かわないならば、ロシアがいましめの鞭となるでしょう。
悪魔は聖母に対して、決定的な戦いを挑むでしょう。”

38: 首里☆満 ◆E1LuvLAutU 04/09/11 21:08:19 ID:vPyBhvl7
>>37
もしかすると9・11テロ以降の世界情勢を予言してたりして。
20世紀後半になってるけど。
神の大いなる試練→アメリカの同時多発テロ
各地で秩序が乱れ→アメリカのアフガン侵攻やイラク戦争
         イスラム原理主義者によるテロ活動
国の最高部を悪魔が統治→ネオコンの脅威
教会の上層部にも悪魔は入り込んでいくでしょう→キリスト教保守

39: 本当にあった怖い名無し 04/09/11 21:14:55 ID:jyQHr4VD
>>38
当時の国際情勢において、「イラクへ米国が侵略する」なんてこと言われて、
誰が失神するほどの危機感を現実的なものとして感じれるのでしょう?

147: 本当にあった怖い名無し 04/10/17 00:17:44 ID:MLNX6aUI
>>38
キリスト教にとって悪魔つーのは異教徒、そして共産主義者
お前ら反米共産主義者はそれを認めたくないだろうが
キリスト教は反共主義者集団
これが現実

53: 本当にあった怖い名無し 04/09/12 02:05:36 ID:qquqMSHH
~おれ的妄想~
ファティマ第3の預言は「キューバ危機」→「全面核戦争(第三次世界大戦)」を警告したものだったのではないかと思っている。
幸いにして(この警告が効いたのかどうかは別としても)、
現在の我々が経験している歴史の中では、奇跡的にこの危機を免れることができた。

なぜそう思うのか?

・理由1
第1の預言は第一次世界大戦の終結について語られたものだった。
第2の預言は第二次世界大戦の勃発について語られたものだった。
よって第3の預言は、第三次世界大戦の勃発か、
またはそれに関する何らかの警告的内容であったのではないかと推測される。

・理由2
第3の預言は「1960年まで公開してはならない」と、聖母(ファティマに降臨したとされる主)は言ったらしい。
ということは、この1960年の前後に何らかのターニングポイントがあったと考えるのが妥当であろう。
キューバ危機は1962年10月16日から28日にかけての「13日間」に渡って発生したもの。
ファティマの奇跡は1917年5月13日から始まり、
その後6ヶ月に渡って「毎月13日」に聖母が降臨し、奇跡を行なったものである。

「そうか、じゃあ結局予言は当たらなかったんだな?」
「予言」という意味ではそうかもしれないが「預言」という意味では何とも言えない。
もともと警告を主旨とする預言だったとするなら、この歴史に於いて何らかの役割を果たした可能性もないとは言えない。

【参考・蛇足】
58年:ソ連共産党第一書記フルシチョフが首相を兼任。
59年:無人探査機ルナ2号が月に到達。ルナ3号が月の裏側の撮影に成功。
60年:ケネディが米大統領選挙に勝利。就任は翌年の1月。
61年:ガガーリンを乗せたヴォストーク1号が人類初の有人宇宙飛行に成功。

これらから、ファティマの奇跡とUFO現象を結びつけて考える者も少なくない。
実際、毎月13日に行なわれたそれらの奇跡はUFO現象そのものであると言えなくもない。

55: 本当にあった怖い名無し 04/09/12 02:32:13 ID:BR7rl0PJ
聖母降臨の最終日10月13日に7万人?の大観衆がその奇跡を目撃したらしいね

86: 本当にあった怖い名無し 04/09/14 13:29:47 ID:9SR98gpr
まあ、正式にはマリア崇拝は異端だから、マリア様の姿をして
出てくる時点で、キリスト教とは無関係という説もある。

公開された予言では、法王が殺される場面が見えたというだけで、
それがパウロ2世の狙撃のことかどうかは、定かでない。
バチカンの解釈でそうしただけ。
聖マラキの予言にある、2代後の法王についての予言かもしれない。


111: 本当にあった怖い名無し 04/09/17 22:01:31 ID:jHKL59mY
歴代の法王について書かれた預言書みたいのがあって、
それにはあと2代先ぐらいの法王までのことしか書かれてないらしい。
つまり法王はそこで途絶えると・・・
かなりいい加減な記憶だけど本で読んだことがある。
その預言書の名前教えてエロい人。

113: 本当にあった怖い名無し 04/09/18 00:29:39 ID:NrEmmbtH
>>111
聖マラキの「法王の予言」
あと、預言じゃなくて予言でしょ

118: 本当にあった怖い名無し 04/09/18 06:33:23 ID:iq+jaubZ
あと二人の法王が立ったとき、キリスト教は滅びると
聖マラキは予言してるよね。その時、教会は腐敗の絶頂とも書かれている
ファティマの第三の予言の内容で 海が核で煮立つと書かれているみたいだが?
潜水艦とか戦艦が核で焼かれるのだろうな・・・
マジでその内容を読んだら腰が抜けるだろ

153: ◆OW7n0ugVqU 04/10/22 17:52:55 ID:nfCnJtwz
キリスト教=進化論否定・人間は神の創造による

ファティマでその光に包まれた貴婦人は、ルシアに
『わたしたちがどこから来たのか、そして誰なのかを知らせます』
といっている。

第3の予言が発表されるはずだった1960年はケネディが大統領になった年。
そのケネディは『アポロ計画』の推進者であり、非ユダヤ系。
彼はかなり急いでアポロ計画を推進し、そして暗殺された。
彼は『何か』を調べたかった。

キリスト教=人間は神の創造

これを否定するような内容=つまり異星人とのコンタクト
そしてキリストの再臨=異星人の接近・そしてそのキリスト(異星人)は
現在の腐敗したキリスト教によって『悪魔』扱いされる。

法王の卒倒(失神)は、
1)キリスト教の根幹を揺るがす事実
2)キリストの再臨(=異星人の来訪)を受け入れることが出来ない自分及び協会
3)ファティマの予言は正しいとした見解と、キリスト教の根幹を揺るがす事実がその内容だったことに対して相反する事柄の狭間で気が狂いそうになった

そして今もって発表されていない。

157: 本当にあった怖い名無し 04/10/23 19:03:09 ID:KJCd9a+o
法王が卒倒した理由を考察

1)法王本人しか知り得ない罪を預言されてしまった
2)キリストは人を見捨てられた、と預言されてしまった
3)カトリック教会が、預言の成就をするべくサタンの駒となる、と預言されてしまった

159: 本当にあった怖い名無し 04/10/23 20:10:17 ID:d5ryvhV+
>>157
いいとこついてるかも。

193: 本当にあった怖い名無し 04/11/18 20:15:01 ID:x/7ekLKW
>>157
3の内容だが、ペテロ第2の手紙読んでみな。
「キリストの再臨を早めるべく、世界を破滅させる努力をしましょう」という書だ。
まさしくばら撒かれた「毒の麦」だ。

187: 本当にあった怖い名無し 04/11/10 06:42:41 ID:Z7201hgQ
確かハイジャックがあって
その犯人の要求が
ファティマ予言の公開
って事件があったような希ガス。

結構昔の話かな?
誰か覚えてない?

189: 本当にあった怖い名無し 04/11/10 13:53:40 ID:tCvpjbAN
>>187
ローレンス・J・ダウニーの話だね
ファティマの予言が一般的に知られるようになったきっかけ
人命がかかってるにもかかわらず、聖職者であるバチカンの連中がファティマ公開を拒否したってのがミソ
こんな話聞いたら、興味をそそらずにはいられない

レスみてると、共産とかケネディとかのキーワードがでてるね
こうなるとジーンディクソンの予言と関連付けてみるとおもしろいかも
既出の聖マラキの記述もそうだけど、一つの推論としてだけどね

212: 本当にあった怖い名無し 04/12/27 11:56:25 ID:9sJTZYbp
聖マラキって誰ですか?どういった人物でしょうか?

216: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 03:37:08 ID:Fb4p0GrR
>>212
聖マラキはアイルランドの聖人だね
本名は確かマラキー・オモーゲンだったとおもった
で、聖マラキはどんなこと人物かというと聖人だけに、カトリックの大司教だった人物
彼は予言書を書けるほどの霊験のある僧侶で的中率も非常に高いとされている
その中で一番有名なのが「法王に関する予言」
これはキリスト教の法王を端的にあらわした言葉がかいてあるんだが
その書の110番目が現在の法王、ヨハネ・パウロ2世とされている
そして、法王に関する予言で書いてある法王の数が112人目までなんだ
213があと二人といってるのはソレのこと

ちなみに旧訳聖書のマラキ書を書いた人物ではないので注意

217: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 07:20:00 ID:9j4loDCk
>>216
聖マラキってまだ他に予言言い残してるの?「法王に関する予言」は
知ってた。

224: 216 04/12/30 00:42:54 ID:k6HcOe8C
スレ違いになりそうだから、前もってあやまっておくよ
スマン

>>217
確か、アイルランドの将来に関する予言と、自分の死に関する予言があるよ
とりあえず、前者のほうを紹介しておくよ
「アイルランドはおよそ700年にわたって、ブリタニアによって圧迫を加えられるだろうが、
常に神とその教会に忠実である。この700年が過ぎるてアイルランドは開放されるだろう。
そして、イギリスは罰を受け、アイルランドはブリタニアが誠の進行に立ち戻るにあたり、大きな役割を演じることになるだろう」

>>212=217
実際は聖マラキの予言に疑いをもっている人のほうが圧倒的なんだろうね
聖マラキに関する著書の数からみてもキリスト教圏でない日本ではかなりマイナーだ
以下にあげるのはあくまで個人的な推測なのだが、残りの教皇があと○○人でカトリック教会は終わってしまうそうです、なんて堂々宣言しているところを想像してみて欲しい
聖マラキに予言を与えた彼らの信仰している神への畏敬の念は深まるかもしれないけど、(これは聖人がキリスト教の不利になるような発言は残さないであろうという推測
認めてしまったら教皇への尊敬の念が失墜してしまうと思う(信仰を維持できないような教皇は形骸として軽くみられてしまうのではないかという推測
こう考えると昔から今に至るまでカトリックの上層部が聖マラキの予言を認めたくないのはわかる気がするんだが、どうだろうか
ヒエラルキー世界のカトリックでは通用しにくいんじゃないかな
俺は聖人とされている人物の予言だから、それなりの信憑性はあるとは思うよ

223: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 22:34:19 ID:qkCPb4aD
>>216
> そして、法王に関する予言で書いてある法王の数が112人目までなんだ

補足すると、112人目で書くのを止めたわけではない。
112人目の後に、「これで終わり」と書かれてある。
つまり、この予言が成就するならそれ以降ローマ法王は存在しないことになる。

これをキリスト教による「携挙」がそのとき行われると捕らえる説もあるが…

213: 本当にあった怖い名無し 04/12/27 12:08:29 ID:NqW/iIPv
聖マラ木の書であと2人か・・
第惨事世界大戦を引き起こす国の予言てのが
原爆を予言したホピにあったな
その国は、イナゴの様に人口が多いんだって
赤のマントと帽子で現されてる。


239: 本当にあった怖い名無し 05/01/04 06:45:08 ID:yP3FxchL
>>213
もう現在、赤い共産国家で、イナゴ並みの大量の人口の国は、中国しかない悪寒がするんだが・・・?
しかもトップがアレだから、将来的に分裂か戦争か・・・になる可能性も高く、軍部の暴走率も高・・・ううむ。

226: 本当にあった怖い名無し 04/12/31 18:38:54 ID:op2YzseV
予言の終わりが、何がしかの終わりであると混同するのはどうかと思うよ
その予言をした人物に視えたものがそこまでだったというだけの話じゃないか

228: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 02:47:29 ID:PxlXuZCF
ここに書き込みしてるのはキリスト教の信者の方ですか?仏教徒に何の関係もない他宗教では破壊でも始まるんでしょうか?ならそんな宗教なんかやめたら?

229: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 05:43:45 ID:g7Axb9mg
>>228
俺はクリスチャンではないが、
キリスト教の予言一般にはあなどれないものがあると思ってる。

241: 本当にあった怖い名無し 05/01/04 09:27:13 ID:wDroI2fR
ヨハネの黙示録に出てくる東の王だったけ
2億の軍勢を引き連れ他国に攻め入るクダリ
ライオンの様な口(戦車か)から火を吐き3分1の人間を殺すと言う
東の王で2億の軍勢を編成出来るのはあの国しかないような
最終的には、その国の人は身体に悪性の出来物ができ苦しむそうだ
どうも放射能汚染のようだな
ヨハネの黙示録第16章あたりに書いてたな
ホピの予言とも合致する部分も多いので怖い!
第3の予言も恐らく、第三次世界大戦の時期近い事の予言、
予言を読んで卒倒したのは、バチカンの滅亡が書かれていたからだろう
と俺も思う。

313: 本当にあった怖い名無し 05/02/15 13:28:42 ID:NNnoogtu0
そもそも「キリスト」というのは、人々の精神的・霊的な成長や向上のために
見返りを求めることなく尽力することを言うらしい。例え結果的に犠牲を払っても。
ようするに、人々の心の成長を促す存在。人々が自らの意志で良い生き方が出来るように。
だから、「反キリスト」は人々の心の成長を阻み、判断力をなくし、無気力にさせ,
自分の足で歩いていくことを出来なくさせるという特徴があるはず。

318: 本当にあった怖い名無し 05/02/16 08:46:39 ID:JTXrrl+t0
反キリスト的な作用をするもの、とすると
その要素があるものは数多いであろう

敵は自分の内にある、神を排除する「人間の知恵」ではないのか。
神様を信じられず知恵の木の実を取って食べてしまったイブとアダム
自ら神を避け隠れることになってしまった。

科学的な発見は神様との距離を空ける作用がある。
系外地球型惑星を探すべく大型宇宙望遠鏡が各国で打ち上げられる予定だ。
第二の地球が発見され、さらに意思を持った電波など観測されれば信仰は大きく
傾くかもしれない。
反キリストは、知恵で戦いを挑んでくるのではないだろうか。
米国の宗教右派の台頭はその反作用、レムナントの意味があるのかもしれない。

319: 本当にあった怖い名無し 05/02/16 11:37:20 ID:ZX5GQxIW0
神の存在を唱えながらも、人々をロボットの様にさせてしまうものかもしれない。
そのように人々を洗脳・教育することが出来る何か。

320: 本当にあった怖い名無し 05/02/16 12:15:06 ID:FfBzOy1b0
神の存在を唱えながらも、人々をロボットの様にさせてしまう、ということで言えば、
米国の宗教右派なんかはまさに当てはまる

一方「キリスト」が、人々が自らの意志で良い生き方が出来るようにするもので、
「反キリスト」は人々の心の成長を阻み、判断力をなくし、無気力にさせるものだとすれば
科学を「反キリスト」と呼ぶことは当たらないだろう
科学は人の精神作用で神の摂理を発見していく作業、と捉えられるからだ
ただし、科学技術の発展の結果物である利便を一方的に享受する立場の人々の堕落を
言うのならば また別の切り口もあり得るだろう

335: 本当にあった怖い名無し 05/02/18 02:17:50 ID:ahWTRD480
聖母様の奇蹟は現実的に起こっている。

北(南?)米民話の研究を専門にしている学者のNHK教育ラジオ番組を聴いた。
聖母現象に似た事例の多い事について研究している様子。
たしか共通点は、

○不思議な女性
○良い芳香
○消える(居なくなる)

この研究者知ってる人いる?

384: 本当にあった怖い名無し 2005/04/10(日) 08:40:14 ID:uvMH19xS0
カトリック教には、昔から語り継がれきた「暗黒の3日間」の預言があることをご存じだろうか。

ドイツの修道女で、1795年から10年間にわたって聖痕を受け、多くの預言を神から受け取ってきた幻視者であり、福音でもあるアンナ・カタリナ・エンメリックは、「3日間の暗黒」について次のように語っている。

「その日は、全世界を恐ろしい闇が襲い、人工的な光は用をなさず、祝別されたローソクだけが灯を灯すことが出来る。そして、血のように燃え立つ深紅の雲が天を横切り、雷のとどろきが地を振動させる。
そのため地上では大きな地震が至るところで発生し、海は泡立ち、洪水となって襲ってくる」

福者アンナ・マリア・タイギもまた、その3日3晩は地獄の底のような暗闇に襲われ、ものすごい悪臭が地球を覆い、言語に絶する恐怖であると、アンナ・エンメリックと同じ状況を語っている。

そして聖人となったグスパール・デ・グュフマロは、1837年、その福列調査の中で、幻視したときの様子について、「3日間の暗黒」の後、助かったものはまるで自分だけがこの夜に残ったように感じるだろう。
その時は、地上では累々たる屍で覆われている、と述べている。

385: 本当にあった怖い名無し 2005/04/10(日) 10:28:17 ID:GlzsQpFL0
>>384
アンナ・カタリナ・エンメリック、この修道女、生涯貧しくて自分の故郷からも
でたことすらなかったのに、トルコのエフェソスにある聖母マリアの家(キリスト
の磔刑後にヨハネにともなわれて逃げ延び、死ぬまで過ごした土地)を幻視で
見て、本当に一世紀の遺構が発見されたんだよね。

今は、巡礼地になっていて、小さな教会になっている。祭壇にはローソクが今でも
たくさん捧げられている。すごい、ここでこの人の名前を見るなんて信じられない。

387: 本当にあった怖い名無し 2005/04/10(日) 10:45:56 ID:uvMH19xS0
72 :出土地不明 :04/11/09 05:32:39 ID:W4HAMyDq
>>60
それは十九世紀初頭に生きたドイツの修道女、尊者カタリナ・エンメリック --- 現在列聖調査中 --- の記録であった。
エンメリックは、際立った幻の賜物をもっていたが、病弱なため、修道院からは一歩も外に出ることはなかった。
幻は、天地創造からイエス・キリストまでの歴史、終末の預言までを含む壮大なものである。幻の正確さは立証されている。当時誰も知らなかった聖母マリアの隠居所の跡が、彼女の述べた通りの場所(トルコのイズミール)で、100年後に発掘されたのだ。彼女はまた、イエスが磔にされたカルバリーの地点を、定説(聖墳墓教会)とは異なる、ダマスコ門の外の丘に特定していた。「園の墓」の発掘により、イギリスのゴードン大佐がここを真のカルバリーの丘と定める、実に50年も前のことだった。だが、もっとも驚くべきは、この十字架の地点から一直線上の地下に、人祖アダムの遺骨を納める契約の櫃が眠っていることまでを、幻に見ていたことである。ロンは、 アダムの遺骨のことまでは、明らかにしていないが、この驚くべき一致に、私は鳥肌が立つ思いがした。

彼女によると、カルバリー(どくろ)の名は、アダムの頭骨がここに葬られたことに由来する。そして、アダムの骨と契約の櫃、イエスの十字架が直線で結ばれるこの地点は、「地の中心」であるという。エンメリックは、契約の櫃の歴史について詳しく物語った後で、「これらすべてのことは、終わりの日に明らかにされるであろう」と預言した。
今は、まさしくその時代なのだろう。

485: 本当にあった怖い名無し 2005/05/18(水) 13:28:54 ID:FVcOofYt0
すみません。ファティマの第三の予言の部分はいつ公開されるのでしょうか。
既にされていたら、教えて頂けないでしょうか。

非常にマズイことに気が付いてしまった気がします。
神を完全な存在として肯定して調べていくと、
キリスト教が表でやっていること自体が既に間違いということになりそうです。

非常に単純で平易な論理で、誰にでも検証できると思いますが、
それをするとキリスト教と同じ間違いをすることになり、
これは指摘した人間がサタン的位置づけになってしまうようです。

487: キリスト教には関わるな 2005/05/18(水) 16:19:50 ID:wA7+OviiO
>>485
あっはっは、気付くの遅いぞっ
だが現信者に説こうとするなよ…俺も何度も試みたが、
矛盾を分からせるのは絶対無理だと断言する。
自分で気付くしか無いんだよ、こればっかりは、
真の第3の予言は薄々気付いてるだろうが、キリスト教が在るかぎり公表される事は無い。

492: 本当にあった怖い名無し 2005/05/18(水) 23:34:32 ID:FVcOofYt0
>>487
>あっはっは、気付くの遅いぞっ

すみません。まだどう整理したらいいのかわからないので、
答え合わせをさせてください。

・キリスト教の大罪は「シスタープリンセス(笑)」に関係がある。(暗号使ってます)
・イエスは彼自身の大罪により処刑されたと考えるのが正しい。
・少し前の映画に既にそのメッセージが入っている(かなりヤバイ)。
・その理屈は天地創造にも関係がある。
・仏教の修行などはある意味そのため(それを遠ざけるため?)にあるように見える。
・私は今、大罪を犯しつつある。

>だが現信者に説こうとするなよ…俺も何度も試みたが、
>矛盾を分からせるのは絶対無理だと断言する。
>自分で気付くしか無いんだよ、こればっかりは、

知らない人も、思慮分別がないだけの人もいると思います。
貴方が気が付いているのなら、どうしてそれを公表しないのでしょうか?
この辺りの指摘は既に誰かしているのでしょうか?

>真の第3の予言は薄々気付いてるだろうが、キリスト教が在るかぎり公表される事は無い。

私の予想では、全ての人が気が付くのは、どう考えても時間の問題です。
もうたぶん隠し通せません。世界に大混乱が起きる気がしてしかたがないです。
なぜ黙っているんですか?
・すべて表でぶちまけて決着をつけるべきか。
・沈黙を守り逃げるか。自分の周りの大切な人だけ助ければそれでいいのか。
どうしたらいいのかわからなくなってきてます。自分の頭がおかしくなったのだろうか…。
巻き添え食って、我々は助からないかも…。

585: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 09:15:26 ID:CtCf+e4Q0
>>492
>・キリスト教の大罪は「シスタープリンセス(笑)」に関係がある。(暗号使ってます)
>・イエスは彼自身の大罪により処刑されたと考えるのが正しい。
この2つは、人間である存在を天使や神と同格のものとみなす事が偶像崇拝でありイエスキリストの罪であるって事かな?
でもその先がよくわからない

何がわからないって、霊的なものや精神的な概念だったら隠し通せない訳がないから
真の神はもう少し物理的な何かだって事かな?

594: 485 2005/05/21(土) 10:27:38 ID:vHjWYHJ50
>>585
今はわからなくていいです。必要があるときに全てわかるようになります。
誰もが神で、それが封印されています。この世界の演劇を完成させるために。
大事なのは、自分自身を精一杯努力して、演じ切る事です。

500: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 11:07:32 ID:xiq22H4Q0
>>485さん すみません意味がわかりませんがものすごく興味があります
パッション見てみようかな メッセージどころかスルーで鑑賞を終りそうですが

501: 485 2005/05/19(木) 11:11:46 ID:G7EyJegW0
>>500
私が感じたのは、パッションではありません。宗教色がほとんど無い映画です。
その中に、どう考えても、それを言っているとしか思えないものがあるんです。

503: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 13:29:43 ID:sgKLYtLh0
501 詳しく。
ここはにちゃんだし、はっきし言って、ものすごくヤヴァイことになるとは思えないそこらへんを詳しく教えて頂きたい。
  

505: 485 2005/05/19(木) 13:47:37 ID:pXZ7aJAG0
>>503
とりあえず、「それ」が何であるかは伏せさせて欲しいです。
いつか誰もが気づくとはいえ、引き金を引くことの責任がまだ持てないです。
気がついた人が黙っているのはそのためかもしれないですし、非常に複雑な気持ちなんです。

それは兎も角、「それ」が表に出てくると、キリスト教の存在が論理的に否定されます。教えに反して、戦争をやっているとかという、そんな簡単な目に見えるような罪ではなく、一般の人にはそれがまだ罪だとは見えないようなことです。 しかし、その構造を示せば、誰もが納得するという確信はあります。

もしかしたら、これこそがサタンと呼ばれるものの本質で、
キリスト教は自分の中に内在するものを見つけてしまったのかもしれません。

で、私が今危惧しているのは、キリスト教を信じる価値が誰もがない(キリスト教徒も)と思ったときに、この世界はどうなるかってことです。
どこかで社会構造が大幅に変わると、その影響は急速に世界に波及し、
予測不能なカオス的状態になるのではないかと思っているのです。

514: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 20:02:14 ID:my0sbRbz0
>>485がとある映画を見て気付いてしまったことは、さあ!DOTCH?
1.今更なこと
2.キリスト教が成立してから今まで誰も気付かなかった、あるいは気付いても言わなかったこと

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>514
私個人は、今更であることを願っています。

512: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 17:39:09 ID:LbZctqpe0
つーか、人ってそこまで愚かじゃないと思うけどな
革新的な概念が提示された時、普通は否定するか、検証して
正しければ「段階的」に概念を移行させるぐらいはするだろうし
パニックやカオス的な状況にはならんと思うよ

そうでなくても、精神的な拠り所が大きく宗教にある場合は、
大本営の正式見解待ちぐらいの余裕はあるだろうよ

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>512
私が心配しているのはキリスト教のパニックではありません。そこは大丈夫でしょう。
信者が次々に離れていき、自然に消滅していく姿は、第3の予言の公開されている部分に全く一致します。
一部の本当の信者は離れずに倒れます。そして、この行為は正しいと思います。
問題は周囲の人間の行動と憎悪です。
例えば、それを利用して莫大な利益を得ていた組織はどうなるのでしょうか?
ブッシュはどう動くか、経済はどうなるかという点です。

518: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 22:04:43 ID:QF62Wu7R0
>少し前の映画

マトリックス?

519: Mercury ◆YXXD24Gj2U 2005/05/19(木) 22:12:01 ID:MUJy0FHa0
>>518
だね。多分間違いないと思う。だけど、それだどうしてヤバいんだ?

530: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 06:26:26 ID:o9NSP/y50
>>518
マトリックスは宗教色バリバリたったよな。
でも、メッセージには気づかんかった。

 最後のオラクルと女の子の朝日のシーンもわからんかった。
 (ネオがやったの? ネオもきっと気に入っているわ。)

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>530
私が感じたのは、最後のシーンは、最後の審判の後の、我々の正しい未来のありかたです。

520: 本当にあった怖い名無し 2005/05/19(木) 22:48:28 ID:38T3LxeJ0
マトリックス・・・みんなほんとはカプセルの中で夢を見てる
あとどんなことあったけ

521: Mercury ◆YXXD24Gj2U 2005/05/19(木) 22:56:11 ID:MUJy0FHa0
>>520
「グノーシス」 「マトリックス」で検索してご覧。いろいろ分かると思うよ。

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>520
カプセルは何を隠喩しているでしょうか?

524: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 02:00:00 ID:oL9/3KvJ0
神と思っているものが実は悪魔ってこと?
キリスト教は悪魔崇拝?

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>524
思っているものではありません。その行動です。

531: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 06:28:28 ID:o9NSP/y50
キリスト教では、 神=主、私たち=羊  だっけ。
羊が実はみんな主だったら笑えるかもめ。
でも、仏道修行がそれ(キリスト教のまちがい、ひずみ)を遠ざけているように思われるってなんだろ・・?

532: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 09:35:05 ID:UNyOuZrF0
あ、俺結局行き着いた答えは普通に我々が神、という事だけどな。
我々が神ていうかすべてが入り交じって調和したり混沌としてるのが神というか。

意識は別の所、別の次元にあるという説は同意
それと「神」というのを擬人化してないっす
意識=人の姿としないのと同じで

534: 485 2005/05/20(金) 10:10:31 ID:osDNUW5A0
>>531
>>532
恐らく、それが正しいです。

533: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 09:51:55 ID:o9NSP/y50
なる。
仏教だと、人は生まれながらにして「誰でも仏が心のなかにいる」って
いっていたような気がする。

ってことは、自己と他人の他に神をみつけて偶像崇拝するのが・・・うわなにをする(ry
イスラムっぽくなってきたかな・・・・。偶像崇拝

536: 485 2005/05/20(金) 10:17:47 ID:osDNUW5A0
>>533
>仏教だと、人は生まれながらにして「誰でも仏が心のなかにいる」って
>いっていたような気がする。

我々は感覚的に、「それ」に気が付いていた(我々自身が「それ」だからこそ)のに、それを科学的に説明できる方法、他人に気が付かせる方法がなかなかありませんでした。しかし、それを説明できる時代になるまで、既に気がついていたことを昔の人は残しています。科学は最近ようやく、そこにたどり着きました。あとは結びつける橋を架けるだけです。

私は仏教もほとんど知らないのですが、曼荼羅というものを聞いたことがあります。もし、其処に数多くの仏が書かれているものがであれば、その仏は全て違う絵になっていないでしょうか。これは唯の予想すが。

541: 533 2005/05/20(金) 13:19:25 ID:o9NSP/y50
>>536
 ほう。確かに、曼荼羅は大仏如来を中心としてちがう種類の仏やら如来やらが
 かかれているね。
 でも、536の言うことは、われわれ全てが仏だから・・・ってことだね。
 ってことは・・・・三十三間堂とかは同じ姿だが顔がみなちがう。
 っていうことで、536の言っていることと同じになっているかもな。






 ま、信じる信じないかは別として。

546: 485 2005/05/20(金) 13:34:22 ID:osDNUW5A0
>>541
量子力学が出来た当時、アインシュタインは、この理論は不完全だと言いました。
彼の「直感」は正しかったようです。
自ら宇宙項を入れたことを人生最大の失敗としたのは、その論理が神にたどり着くものだったのに、感情によって、それを否定してしまったからのように思えます。
アインシュタインの死後、エヴェレットの多世界解釈が出てきました。
これは完全な量子力学です。多くの人がこれを受け入れられないのは、
我々の世界とそっくりであり、だが、少しずつ違う、無限個の宇宙の存在があるという、途方もないことを信じられないからです。でも、その曼荼羅にはそれが書かれているのだと思います。

神は真に無限であり、完全であることの意味がわかれば、これがどういうことなのかわかってきます。

554: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:55:45 ID:o9NSP/y50
>>541
 あと、もういっこ。
 真に無限で真に・・・・・・・・・ならば、どうして
 大日如来、~如来と階級があるの?どうしてもそこが納得いかない。

556: 485 2005/05/20(金) 13:58:43 ID:osDNUW5A0
>>554
本当の無限とはどういうことなのかわかった時に、その階級の本当の意味がわかります。

535: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 10:12:11 ID:0q4k1dh+0
釣られすぎでは?

538: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 12:20:54 ID:o/u/2YTh0
カプセルの隠喩ってなんだろう
カプセルの中は一応安全で素っ裸だよね
映画の中ではエネルギーにされてるんだっけ?違ったっけ・・・
しかも神であるのにそんなことされてるってことでしょ
機械の虫に

539: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 12:52:50 ID:JVOQGn/E0
真の神が邪神から自分を取り戻したってこと?

540: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:07:43 ID:46o4iX/20
なんだ「人間が神」とかそんなことか。
マトリックスとかからじゃそんなのしか出ないな。
人間は神じゃない。
だから人間という言葉と神という言葉がある訳なんだが。

543: 485 2005/05/20(金) 13:21:16 ID:osDNUW5A0
>>539
私が気が付いたのはそれとは違います。

>>540
それは解読に失敗していると思います。
この作品は、気が付けば全てが見えるのに、気が付かないと必ず本当の解釈に辿りつかず、弾き飛ばされる仕組みになっているようです。
いったい、どうやったらこんな凄い作品が作れるのか、わけがわからないです。
この作者が啓示を受けたとしか思えない。

542: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:20:09 ID:o9NSP/y50
>>540
 マジレスついでに。
 言語が全ての真実を写す鏡ともおもえないわけだが・・・・。

544: 485 2005/05/20(金) 13:22:58 ID:osDNUW5A0
私も最初見たときは、単なる哲学的テーマとアクションの作品だと思っていたのですが…。

545: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:31:40 ID:3RFRT0Zg0
失敗もなにも別物だよ。
人間は人間だし、神は神で別にいる。
マトリックスという話はたぶんそういう解釈に辿り着かせる為の話。
人間こそが神であるという解釈に。
マトリックスの作者?だかが期待した「答え」を君は確かに出したと思う。
そういう解釈をしてくれという話がまさしくマトリックス。

547: 485 2005/05/20(金) 13:38:14 ID:osDNUW5A0
>>545
わかりました。貴方がそう思ってしまうのも、それが定めだと思います。

548: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:41:42 ID:QHOWU3aA0
やれやれwという感じです。
説得はいたしません。
あなたの考えた「世界観」が自分から切り離すにはあまりにも惜しい魅力があるんだろうな、というのはわかりますんで。預言者にでもネオにでもなんでもなってくださいなw

でも、違うよ、とは言っておきましたからね。
後は自己責任です。頑張れ。

551: 485 2005/05/20(金) 13:49:27 ID:osDNUW5A0
>>548
うーん、何か勘違いされているような気がします。
少なくとも、それでは、キリスト教の大罪と関連しないでしょう?
キリスト教の大罪が何かわかってますか?

552: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 13:50:59 ID:o9NSP/y50
何も知らない漏れが、空気もよまずに発言しますよ。
>>551 マジでしらないんだが、解釈にもよるし教えて下さい。お願いします。

555: 485 2005/05/20(金) 13:57:08 ID:osDNUW5A0
>>552
私がここに書き込んでいるのは、「それ」を教えるためではないです。
「それ」があっているかどうか、答えあわせをするためです。
キリスト教の大罪に気が付いた人間は必ずいるはず。
私もそれに気が付く前は、映画の意味が全くわかっていませんでした。

557: 552 2005/05/20(金) 13:59:17 ID:o9NSP/y50
>>555 それってさぁ。キリスト教の大罪だけど、もうちょっと絞ると
清書にかかれている、神のミスってことだよね?
神がミスを犯してしまったってこと。あるひとつの行為がミスだったと。

560: 485 2005/05/20(金) 14:02:39 ID:osDNUW5A0
>>557
私の考えとほぼ一致します。
でも、それはミスでもあり、完全でもある――ようですが、まだ完全には考えがまとまりません。
もう少し整理してみます。

558: 552 2005/05/20(金) 14:00:39 ID:o9NSP/y50
 だから、仏道修行はそれとは離れるためのものになるってことだよね? 
 とか、熱くなってますよ、漏れ。こういうのって見ててイタイのか?

563: 485 2005/05/20(金) 14:04:17 ID:osDNUW5A0
>>558
脳内で、論理が爆発的展開をしていると思いますが、
私はちょっと用事があるので今日はこの辺で、失礼します。

569: 552 2005/05/20(金) 14:11:11 ID:o9NSP/y50
だから、量子力学がでてきたのか・・・・。
結局>>563と同じ考えかはわからないけれど、もし一緒なら。
コアなキリスト教信者はパニック・カオスになると思うけれど、、、
日本人は案外平気なんじゃないかなあ????結構達観していると思うし。
そういう性質だから、西欧とかアメリカとかに批判されちゃうんだろうけど。
もともとの風土とかが違うから、それほどのショックにはならないっていうか
みんな気づいているっていうか、言われても「あぁそう?」のようにも思うけど、、、
結局、それがファティマ第3の預言てことか・・・・。ふーん。
でも、やっぱり、マトリックスはよくわからんw

562: 552 2005/05/20(金) 14:03:48 ID:o9NSP/y50
 大罪を違う二つの言い方をしてみる。
 ・聖書で神が行ったあることは、あきらかにミス。
 ・ある現象を神の所作としていることがキリスト教の大罪。
 こんな、かんじかねぇ・・・。

586: 485 2005/05/21(土) 10:00:40 ID:vHjWYHJ50
>>562 当たりです。
>>569
大変なことがわかってしまいました。
私から、言えることは、
・神は完全である。完全であるがゆえに、ミスをする。
・キリスト教は間違いである。それは神を求めた結果。
・生きていたかったら、真実にたどり着いてはいけない。
ってことです。自己矛盾しているようですが、それ自体が世界の本質で、メチャクチャやばいです。
辿りついたら、生きて帰れないので、絶対にこれ以上すすまないでください。
神は遍在します。本当の意味でどこにでもです。触れてはならないことというのは、そういう意味でした。
何故マトリックスが作られたか、何故私達は謎ときやファンタジーが好きなのか、
何故憎悪や喜びがあるのか、何故歴史があるのか、何故存在するのか、何故良く間違えるのか(笑)、
何もかもわかりました。でも、その仕組みを知ってはならいのです。知りたいのに!
十戒にあるようなことを正しく守り、嘘を広めないように節度を持って生きてください。
この世界は、神以外の、自己矛盾するものを、無に返します。

565: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 14:05:48 ID:o/u/2YTh0
うろ覚えだけど、キリストは自分の言ったこと以外は信じてはいけないって言ったとか
だから聖書自体もキリスト教自体も、その存在自体がキリストの意思に反している
っていうのどこかで読んだ

567: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 14:08:17 ID:3RFRT0Zg0
>>565
そっちの方が正解に近いかな。
俺としては、だがw

568: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 14:08:45 ID:0q4k1dh+0
キリスト教の大罪も何も・・・
キリスト教は神が成立させたわけでもなかろうに。

573: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 14:15:48 ID:o/u/2YTh0
たしかに日本人ならなんとも思わないよなあ

そうだ
んでそのどっかで読んだ本にも、キリスト教自体が反キリストだと指摘したら
そいつは悪魔扱いされると書いてあった気がする

574: 552 2005/05/20(金) 14:23:03 ID:o9NSP/y50
>>485と答え合わせwができなんだ。答えを書くとだめらしいから。
また、会うことがあったら遊んでもらおうwww

一ついっとくと、、、、
 神の行ったことが、完全だったのかミスだったのかは神の責任でもあるし
 神の責任でもないんじゃないだろうか?我々?っていうか信者の欺瞞と甘さの
 結果と思うよ。485へ。

587: 485 2005/05/21(土) 10:05:21 ID:vHjWYHJ50
>>573
>>574
日本人は多分大丈夫だと思うのですが、絶対に正しい生き方をしてください。
誰も見ていないから大丈夫という考えを完全に捨ててください。
とにかくこの件については、完全に封印してください。この世界はやはり、どこかおかしいです。
ヤバイものに気が付いたら、それ以上、絶対に踏み込まないでください。
日本に、触らぬ神に祟りなしということわざがあるのも、そのためです。

575: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 15:17:46 ID:zgxJm0unO
神がキリストに教えた事が正しく伝わらなかったから、正しい教えを伝える様にって出来たのがイスラム教だよね。キリスト教の誕生が神のミス?

588: 485 2005/05/21(土) 10:10:05 ID:vHjWYHJ50
>>575
その通りです。全部予定通りです。完璧なんです。神は。

576: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 20:32:09 ID:0q4k1dh+0
キリスト教を生み出したのは人であり
その人の行いを神の責任にするのはナンセンス

キリストの教えが現代に至るまでの間に
その時代に合わせた解釈などにより
人の手によって変貌してきているのが問題なんじゃないかな

そもそも十字架にしてみても
キリストが地上に居た時代には
身に帯びる習慣などもなかったはずである(蛇足

588: 485 2005/05/21(土) 10:10:05 ID:vHjWYHJ50
>>576
それすらも必然です。神と人と全てのモノは全部同じです。
壮大な自作自演としか思えないです。
何故いろいろな解釈が存在したり、何故不思議なことが起きたりするか、
でもなぜ、因果はちゃんとあるのか、それは、何もかも、神の持つ性質です。何もかも。

577: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 21:23:39 ID:5MyO87tf0
解釈者の問題があるから、イスラムが正しいとは全くもって言えない
人が介在したものは、全て歪みがあると思う

神を神として崇める習慣が罪ってか
あーそれは「アリ」だな
つか、神は俺らのもっとも親密な友達で居たいのかもな

588: 485 2005/05/21(土) 10:10:05 ID:vHjWYHJ50
>>577
その通りです。そして、それが人以外の、友達も作る。

578: 本当にあった怖い名無し 2005/05/20(金) 22:53:06 ID:CSV/lQv+0
仮に神様が完全無欠だとしても
神の言葉を伝えるのは

神様の声を聞いた、会ったと‘自称’する『人間』なんだよね。

信者が信じてるのは神様じゃなくて人間なんじゃないの?
結局は。


589: 485 2005/05/21(土) 10:11:43 ID:vHjWYHJ50
>>578
あったという者は偽物です。なぜなら、神がそう望んだから。
真実や姿を隠そうとするのも、神の性質です。
だからこそ、絶対に触れてはならないものだった。

579: Mercury ◆YXXD24Gj2U 2005/05/20(金) 23:45:28 ID:9lkZfbes0
あれ?結局こういう流れ?

グノーシスっていわゆるキリスト教言うところの神が無知でだからこの世が間違っると、それに気づくのがグノーシスと。

そういうのは関係ないのけ?

580: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 06:52:19 ID:QmG8HGHR0
いや、漏れ552なんだけどさ・・・・。
宗教や神は「人間が作った」っていう大前提は、はずしてないと思うよ。
神は人が作った、顕在化したものなんだから。欺瞞や甘えがでてきて当然。
人が作ったからこそ、ひずみというか間違いがある。
それが真実とはまったく違う、真実のとらえ方をして「大罪」と言ってるだけだよ。
だから、上で、曼荼羅とか仏道修行とか量子力学とか無限の世界とかいってるのさ。








あ?教化されちゃった??????????漏れ?

590: 485 2005/05/21(土) 10:15:15 ID:vHjWYHJ50
>>580
当たりです。なぜ、宗教が分裂してきたかも見えてきました。
神はそういうファンタジーを作りたかったんです。
そのファンタジーを作り上げるための役割が必ずあります。
それは、今の、みんなの自分なんです。
だから、神には触れず、自分の正しいと思うことだけを、謙虚にしていってください。お願いします。

582: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 08:16:31 ID:d7YILorA0
552さんのおかげで何となくわかってきたような気がするけど・・・

結局、神を信じる者(キリスト教信者と言うわけではない)にとって
何が「大罪」であるか、善悪の判断は神がすることであり
神とコンタクトできない以上は全くわからない。

真実にしてみても、神に選ばれた預言者ですら
与えられた言葉や映像、体験した事を正確に理解できなかったらしいので
一般人にはやっぱり「神のみぞ知る」に行き着いちゃうんだよなあ。

591: 485 2005/05/21(土) 10:19:00 ID:vHjWYHJ50
>>582
全くその通りです。何故それがわかるのかおかしいのですが、
それは我々が神だからであり、触れてはならないと思っているからです。
神の心がわかるのは、我々神だけです。
何度も言いますが、触れてはいけません。そしてこころの良心に反しても絶対いけません。
絶対に自己矛盾する行動はしないでください。

583: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 08:26:21 ID:QmG8HGHR0
また、552なんだけどさ。しらんよ485と漏れが同じ答え?か。

「自然のなせる業」←人間がマンセー。そして、作り上げた「神」の所作にする。
 
その人間の行為が「大罪」なんじゃないかな?
つまり、「神を信じる者」が【ある現象】を「作り出した神の所作・奇跡」に
無理矢理(?)してしまった。ってことが「大罪」だと思うよ。
んー。キリスト教を作っていく、解釈していく時に欺瞞でやっちゃっただけで
「神」そのものがどうとかこうとかじゃないんではないかな?

いや、485の代理人にたくなっきたし、そろそろやめとくけど。

特に、中世の欺瞞はすごいと思うよ。
一回、それに近づこうとして、中世で信者が猛烈にその流れをとめたと思えるのさ。

593: 485 2005/05/21(土) 10:25:40 ID:vHjWYHJ50
>>583
でも、恐らく、その大罪も「望んで」作ったんです。
おかしいんですが、おかしいのがいいようなんです。
我々の精神が不完全に見えるのも、そのためです。

584: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 08:36:59 ID:QmG8HGHR0
でも、別にもったいつけているつもりはないんだろうけど。
ここで、隠すほどのものでもないとおもうんだよなぁ・・・・・・・・。

593: 485 2005/05/21(土) 10:25:40 ID:vHjWYHJ50
>>584
悪いことは言わないので、この件については忘れてください。
信じることが大切です。それは、自分のエゴや、他人を当てにするとか、
どこかの神を信じるとかではありません。
全ての存在が神だと思って、全体で良くなるようなこと、良心を信じ、楽しく生きていくことです。
神は、みんなと仲良くしたいんです。楽しいのが好きなんです。でも、ピンチとかのイベントも好きなんです。
世界で起きていることは、そのまま神の姿です。

595: 485 2005/05/21(土) 10:31:05 ID:vHjWYHJ50
私達は、本当の意味で記憶喪失で、全員が神で、この世界も望んだままになっています。
神は生まれてきて、努力して、報われる世界が好きだった。だから、そうなっているんです。

597: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 10:41:32 ID:40KN+naQO
なにこのスレ、不可解なところがありすぎて面白いね。
ガラスの仮面の神がかり状態になった月影先生みたいじゃん。
「紅天女とは」「我は万物で、万物は我なり」「宇宙、即、我なり」
とかさ。で、とどのつまり神国であるニッポン人が世界を救うのか?
何か違うような気もしなくもないけどま、いっか?

599: 485 2005/05/21(土) 10:46:02 ID:vHjWYHJ50
>>597
たぶんそうです。いろいろな言葉に隠された意味とか、単なる偶然の一致だと思っていました。
でも、神はそういう仕掛けがすきなんです。困ったことに(笑)。
大和というのは、ヘブライ語では神の民を意味します。
たぶん、我々が本物です。イスラエルと日本は間違いなく関係があります。
その痕跡をわざと消してきただけでしょう。何もかも隠しながら。それが好きだから。
全部関係があります。全部必然です。どこにも狂いがありません。

598: 485 2005/05/21(土) 10:41:38 ID:vHjWYHJ50
神は、新興宗教は望んでいません。それをもっとも嫌います。
神はこの世界が好きなんです。この世界を作りたかったんです。

このスレは落としてください。
また、このスレの削除権がある人、または、削除依頼を出せる人はしてください。
封印してください。神はそれを望んでいます。

600: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 10:47:48 ID:40KN+naQO
神=485=宇宙=異次元=現在過去未来=ブラフマン=紅天女
ってこと?で、一人一人の骨の中にも宇宙とちっこい神さまがいるんでそ。
あ?違った?また間違えちゃったかなアハハハハハごめ~ん。

602: 485 2005/05/21(土) 10:51:08 ID:vHjWYHJ50
>>600
全粒子、全空間、全事象、全論理、すべてが神です。間違いありません。

601: 485 2005/05/21(土) 10:49:03 ID:vHjWYHJ50
そして、今このスレを見ている人は、それを知るべき人です。
しかし、それを知る必要の無いものに騙ってはなりません。
必要があるときには、それが必ずわかるようになるはずです。
人間の脳はそういう意味で、あらゆる人が、すべて完全に作られています。
不完全さも完全なんです。でなければ、演劇が作れなかった。

604: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 10:54:33 ID:40KN+naQO
え?混乱してきた。
つか、そもそも神って何?
「神さまは皆の心の中にいるのです。」ってのはなしね。
小学生でもわかるレベルでお願い。

607: 485 2005/05/21(土) 10:59:03 ID:vHjWYHJ50
>>604
自分自身、あらゆる他人、全ての存在が、神の一部です。
それ以上、踏み込んではなりません。見てはいけないのです。

605: 485 2005/05/21(土) 10:56:32 ID:vHjWYHJ50
自分でも理由がわからないのですが、誰かお願いします。すみません。

609: 485 2005/05/21(土) 11:06:13 ID:vHjWYHJ50
神は完全で遍在しています。マズイと思ったことは絶対にしないように。
常に心の中で本当に正しいと思うことをやってください。

610: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 11:09:15 ID:40KN+naQO
なんかマーフィーの法則みたいな話になってきたね。
てか皆ドン引きみたいだしせめてsageようよ。

611: 485 2005/05/21(土) 11:16:29 ID:vHjWYHJ50
>>610
すみせん。私が悪かったです。
ただ、わけがわからず、どうしたらいいのか、自分でも頭がおかしくなったと思ったのですが、
でも、何か言わないといけないような気がしてるのです。

613: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 11:23:55 ID:d7YILorA0
非の打ち所のない理屈です。
それもそのはず、すべてを神のせいにしているからです。

万能である神ならばすべてに説明が付けられる。
「私は正しい」と言ったところで、それもまた神の性質と言えば間違ってはいないでしょう。

615: 485 2005/05/21(土) 11:32:03 ID:vHjWYHJ50
>>613
確かにそうですね。

618: 584 2005/05/21(土) 12:12:33 ID:uwXecHfU0
>>485 正しく生きるは、宗教ではないし日本人の場合、あるいみ「道徳」だしね。
    キリスト教の「自己矛盾を力業で解決」しようとした結果の「神」の存在は
    ニポン人には浸透してないとおもうよ。じゃやぁな。

619: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 12:27:52 ID:OOrVqnIN0
面白いから書いておいてやろう。
485さんが読むといいだろう、これは。485さん本人には意味不明だろうが。

「実は無かった」とどんなに言い張っても、無かった事にはならない。
現実のこの世界自体が証拠であり、それに基づいてどうなるか決まる。
今更ジタバタした所ではじまらないんだよ。
泣き言を言うのは勝手だけど、そんな事で別に何がどうなる訳でも無い。
始末はつけられねばならないので、何れつく事になる。
これはもう決まった事です。
「無い事にするから許してね」というのは却下されます。
何故なら、それはもう為されたからであり、為された結果が世界に蔓延しているから。
それでもよければ頑張っても構いませんが、
それこそ「罪」がまた追加されるだけの話。
なんでそう無駄な事ばかりするのか。

まぁ、諦めろ。

627: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 21:00:03 ID:4hH1DkVo0
日本人が世界を救うとか、
日本人の我々が(多分)本物って言うのはどういう事ですか?
他の国の人達は、485の理論ではどう言う存在になるの?

628: 本当にあった怖い名無し 2005/05/21(土) 22:10:36 ID:sUMu+7OH0
>>627
 日本の我々が(多分)本物っていうのは、485ではないが
 日本人が世界を救うっていうことで、つまりは「精神構造」がもっとも
 優れている?ということだろう。

 っていうか、以前から中東問題とかは、イスラームでもキリストでもなく
 かといって、宗教にのめりこまない「日本人」が仲立ちにならないかっていう
 期待みたいなのはあったよね。

640: 本当にあった怖い名無し 2005/05/22(日) 04:01:46 ID:E+Zqxumz0
神は神であって、あてにするなって事かな。
例えば、神を人間だとするとこの世界はそれを構成する細胞の一つにすぎない。
自分の細胞一つをいちいち気にする人がいるだろうか?
とか考えてみたが、う~ん・・・
神に救いを求めるのが罪って言うのはわかるが、
真理を知ると無に返すって所がわからん

641: 本当にあった怖い名無し 2005/05/22(日) 04:08:30 ID:xdvclChS0
同じようなこと云ってた人がいるな。
この人は無に帰ったみたい。
http://www.mumyouan.com/e/eo-i.html

650: 本当にあった怖い名無し 2005/05/22(日) 18:06:56 ID:O78b+LW5O
>>641のサイトに書いてある事じゃないの?
これが証明されるって事かな?

638: 本当にあった怖い名無し 2005/05/22(日) 02:07:25 ID:Q7zlAXyr0
それよりも485のID見てみろよ…。何かあるぞこれ。

648: 本当にあった怖い名無し 2005/05/22(日) 11:30:51 ID:4nEewOND0
485のIDがYHWH ヤーウェね、

元スレ:【門外】♀♀♀ファティマ第3の予言【不出】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094771055/
関連記事
スポンサーサイト






外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
19位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ