いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お坊さんの話を聞きたい

1:本当にあった怖い名無し:2009/12/30(水) 09:51:18 ID:nXGuqpS4O
よろしくお願いします


13:本当にあった怖い名無し:2010/01/05(火) 15:57:52 ID:zVEUhiEz0
くそったれ坊主です。

同和資料にあった話ですが。

被差別部落とそうでない地区の男女が恋仲になり結婚しようとしたけど、双方の両親
とくに、普通の地区側の男性の方が強硬に反対し、その結果、二人は心中したという話があります。

こう聞くと、なーんだ、よくある話じゃないか!と思われるかもしれませんが、よくある話です。
二人は、一本のロープをつかって、被差別地区にある空き地(公園じゃない)の柿の木の太い
枝で首をつっていたそうです。並んで。秋、赤い甘い柿がたわわになっている樹にぶら下がっていた
そうです。
これを機会に、差別問題は解決に向かったかというとそうではなく、よりいっそう、憎み・差別が
激しくなったそうです。




18:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 09:52:12 ID:uXAujvXSO
お坊さんって禁止されてることあるんですか?
たまに派手な私服でクラブで踊ったりもできますか?


21:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 12:17:13 ID:qU2LGKXlO
>>18
宗派とかでもちがうわよ。
知り合いの坊様が、ファミリーで生肉食ってたのを見た時は少し引いたけど。


23:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 14:06:05 ID:NFmbC02T0
>>18
演劇などを見に行ってはならない:というのがありますね。全く守られていませんが。


22:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 14:05:02 ID:NFmbC02T0
(くそったれ坊主より)

出家の戒律は:
1 不殺生戒
2 不偸盗戒
3 不邪婬戒
4 不妄語戒
5 不飲酒戒

1はかなり難しく、厳密にまもるとジャイナ教になってしまいます。
2,3は容易。
4は、嘘も方便:という表現も有るとおり、ある意味破らざるを得ないこともありますね。
5は、もっとも守れていない点で、日本の僧侶には大酒飲みが結構います。私は飲みません。
正午を過ぎて食事をとらない:というのもあって、これは、河口慧海のチベット潜入記にも
かれが実践していたこととしてでてきますね。


24:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 14:19:08 ID:NFmbC02T0
(くそったれ坊主)
檀家であったいやな話を。
大きなお屋敷(古民家)に一人で住んでいた老女が、年をとってぼけて(今で言う
痴呆症でしょうが、そのころはそのような認識無し)、非常に敵対的になって、
離れて住んでいるお嫁さんまで棒を持って追い払うという状態になりました。
まったく他人を寄せつけません。常にぶつぶつと独り言(怒っているグチ)を言っているのです。
そのうち、誰も訪れる人がいなくなり、ある時、みんなが気がつくと、その老女は、
屋敷の中二階の土壁(その部屋には窓無し)に「へばりついて」死んでいたそうです。
膝をついて、それより上半身は壁に向かって張りついていたそうです。倒れもせずに。
何かに追いかけられて逃げてきて、そこで追い詰めれて死んだ:という感じだったとか。
窓のない真っ暗な部屋で悪臭を放っていたそうです。
こんな死に方はいやですね。


25:本当にあった怖い名無し:2010/01/08(金) 18:50:54 ID:5WHR/nF10
坊主の世界はいじめが酷いと聞いたのですが本当?


29:本当にあった怖い名無し:2010/01/09(土) 20:07:26 ID:SA2DyMV50
>>25
普通はない。


104:本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 20:05:16 ID:tb4ECD3Q0
>>29
故ポール牧は、修行中あまりの虐めの酷さに耐えきれなくなって
寺から脱走して、コメディアンになったとか言ってなかったっけ
仏様に逃がしてくれと拝んで、賽銭か何かを盗んで逃げたら
ピタリと交通費分だけ有ったのが不思議で仏様が逃がしてくれた
みたいなことを言っていた気がする、詳しくは覚えてない


30:本当にあった怖い名無し:2010/01/10(日) 04:43:43 ID:d+OHk4ai0
いやいや、世襲制が多いから、実家?実寺?の格によって
いろいろ、えこひいきがあるらしいぞ


33:本当にあった怖い名無し:2010/01/10(日) 13:15:25 ID:gTePg0rV0
>>30
具体的に、どの場面(場所)で、どのようないじめがおこるのですか?
僧侶の間で?


40:本当にあった怖い名無し:2010/01/11(月) 15:59:14 ID:1ousHaY90
檀家が出すものは喰わなきゃならんのだよw


43:本当にあった怖い名無し:2010/01/12(火) 09:14:24 ID:aGlW57Qq0
>>40
法事のときに出される仕出し弁当は、すっかり飽きてしまって、口にするだけで
どこの仕出し屋の弁当かを言い当てることができるようになりました。
その場では食せず持ち帰ります(本来そのような目的ですけど)。
お酒が出されると困りますね。遠くから車を運転して来ていると。


41:本当にあった怖い名無し:2010/01/11(月) 22:55:50 ID:1jze+HJGO
坊さんと結婚したいんだけどどこで出会えばいいかな?家はどこかの檀家でもないし無宗教です。


42:本当にあった怖い名無し:2010/01/12(火) 09:12:17 ID:aGlW57Qq0
>>41
檀家をもつ寺というのは結構いそがしい。
僧侶の奥さんというのも、寺の仕事がいろいろあります。
人付き合いもあります。それをこなしていけるのであれば、結婚されるのが
よろしいでしょう。その地方の各宗派の仏教会にといわせるのがいいでしょう。


45:本当にあった怖い名無し:2010/01/13(水) 02:55:12 ID:MjZOqqgD0
お坊さんも2chするんだなw


46:本当にあった怖い名無し:2010/01/13(水) 13:28:56 ID:4gpL2nAO0
不飲酒戒を守るのは至難の業でしょうね。現在日本の仏教界では。
坊主が上手に2chをしております。


47:本当にあった怖い名無し:2010/01/13(水) 13:42:36 ID:4gpL2nAO0
お墓についてお話を:
昔、子供の頃、自宅(寺院)ウラの墓を移設することになり掘り起こしました。
江戸時代の古い墓を整理して、新しい墓敷地にするためです。無縁仏の墓も多かったのです。
江戸時代の墓は土葬が多いのです。おわかりですね。
掘っていくと、人骨がたくさんでてきました。
頭の骨には眼窩など神経や血管の通る孔があるのですが、その孔という孔全部に
周囲の樹木の根が入り込んでいました。栄養があったのでしょうね。それに
つられて埋葬された後に細かい根が入り込んだのでしょう。
骨を取り出すときに、根っこをみなはさみで切って取り出しました。
また、骨に病変が見られるものもあり、掘っている大人たちは、
「ああ、これは梅毒だ。でももう感染しまい」と話し合っていました。
遺骨は懇ろに供養しましたが、子供心にちょっとぞっとする光景でした。


49:本当にあった怖い名無し:2010/01/15(金) 13:09:36 ID:0Xn1s95eO
坊さんはどんな修行をして何の技を身につけるの?


60:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 16:33:25 ID:8Kw8C1fm0
>>49
ある真言宗の場合ですが。(1)「得度(仏門に下り、剃髪すること)」 (2)「加行(本格的に修行に入る
前段階の修行を行うこと)」 (3)「受戒(仏門下として守るべき戒めを説かれ授かること:修行)」
(4)「灌頂(伝法を受けること:修行)」 (5)「祖廟参籠 度牒授与・僧籍簿(最終修行:
ここで最終的に資格を得る)」 を満たさねばなりません。
どこかの大きな寺で修行させてもらうのがよろしいでしょうね。


51:本当にあった怖い名無し:2010/01/15(金) 19:32:41 ID:URz2x88T0
うちの実家からそう離れていない町に珍しい坊さんが登場した
寺を継いだ実兄が他界したため東京から戻って坊さんになったのだが
若い頃は音楽プロデューサーをやっていて山口百恵や桜田淳子を
ヒットさせたとか
だが坊さんの名前をググるとなぜか暴力団・創設・初代組長の文字が・・・


53:本当にあった怖い名無し:2010/01/15(金) 22:41:01 ID:37JjPPgq0
坊主なんて関内のクラブ街で普通に見れるよ。
羽振りもよさそうでw


54:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 08:28:32 ID:8Kw8C1fm0
>>53
それは多角経営をやっている寺の住職か、本山の僧侶ではなですかな。
普通の田舎の寺院では経営は大変です。他の職業と兼業が多いですよ。


55:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 09:25:56 ID:k6Vsrmmc0
>>53
祇園で石を投げれば坊主に当たる、というのは聞いた事がある


57:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 12:35:56 ID:1Z1ESX9PO
坊さんは儲からないの?


59:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 13:37:34 ID:8aWjgmVp0
>>57
儲かってるのは一部の人だけみたいよ

業界別覆面座談会 第37回 だから「僧侶」はバチ当たり?
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200912/contents01/vol37.php


67:本当にあった怖い名無し:2010/02/05(金) 16:57:48 ID:LISs/vFx0
坊主で霊魂がどうの言う奴は似非だろ
そんな奴の話聞きたくない


68:本当にあった怖い名無し:2010/02/07(日) 17:56:30 ID:nbBe+J320
>>67
そうですね。加持祈祷、水子供養、先祖の祟りとか、関わらないようにしてください。
それがなくても生きていけるし、仏教としても困らないのです。


76:本当にあった怖い名無し:2010/02/13(土) 14:29:35 ID:k20vRwBU0
オカ板らしい質問を

お寺にオカ板的な意味でヤバいものとか持ち込まれたことありますか?
あと、仏教において霊は存在する余地が*本来*ないのは知ってるのですが
お払いのようなことをしたり、上記したような霊的にヤバい(と、される)品物を
持ち込んでくる人は結構いるんじゃないかと思うのですが。
その辺りはどう折り合いをつけてるんでしょうか。

たとえば霊はいないと思うし信じてないけどお払いはするとか、
教義ではああ言ってるけど俺は信じてるよor見えるよ!とか。


77:本当にあった怖い名無し:2010/02/15(月) 23:30:54 ID:BKLnaoKF0
>>76
俺もそれ聞きたい。ナイスな質問。
物語だと『供養』と『お祓い』どっちもやってたりするけど実際どうなんだろうね。
供養は普通にしてもらえると思うが・・・
もし何かに憑かれるような事になった場合、頼る所が寺しか思い浮かばん。


79:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 06:18:57 ID:55IDa/zK0
>>77
坊主です。
お祓いは、神社でおこなうものですね。
供養とは、もともと仏に供物をささげる:というものです。
今では、追善供養や施餓鬼なども含んでいるようですが、
おそらく仏教にはもともとは関係ないものかと思います。
お盆での施餓鬼の根拠となる盂蘭盆経も、中国で作られた
いわゆる偽経です。
憑いたものに対する処置というのは難しいですね。寺でも
その処置を行うこともありますが、神道やいわゆる拝み屋さん
の範疇であると思います。
寺に「お釜」を供養してくれと持ってこられたことがあります。
それにともなう怪奇現象はまた次の機会に
合掌


81:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 09:15:42 ID:ZKqvgJ1+0
>>76
私んとこの宗派は割とそこら辺の縛りがゆるいうえに、江戸時代に除霊で有名になった
ぼんさんがいるもんで、結構「持ち込み」があるし、孤独死したお年寄りの住んでた部屋を
拝んでくれなんて話が来ますな。

私自身はそういうものを見たことはないが、出先で嫌ァな雰囲気を感じて、部屋を変えて
もらったことは数度あるニダ

私の場合、まずどこでヤバイと聞いてきたかを聞く。
占い師だとか、カウンセラを装った新興宗教なんてよくある話なんでね。
水子の祟りなんて言うのが多いが、この場合はほぼ「思い込まされてる」のがほとんど。

自分で感じることがあって持ち込んで来た人は、その思うところを存分に語ってもらう。
この時点で、語ることで納得して帰る人もいる。

その上で拝んで欲しいという場合は、私が出来るのは供養であって除霊ではないことを
伝えた上で、一緒に勤行をする。
差定はだいたい法事くらいの内容で、時間は一時間弱くらい。
お経は読めなくてもいいから、一緒に木魚叩いて念仏してもらう。

今のところ、それ以降何ぞあったという話は聞かない。
大事なのは、そういうものを持ち込んだ人の「気が済む」ようにしてあげるということでは
ないかと思う。


91:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 20:22:30 ID:55IDa/zK0
>>81
「江戸時代に除霊で有名になった」
祐天上人ですか?


84:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 10:55:17 ID:NVvu7E630
>>76だけど、答えてくれた方ありがとう。できればもっと色んな人の話が聞きたいな。

気になったのは水子の件。
仮にそういう霊的なことが本当にあるとして。

・水子が増えたから、それに起因する霊障が増えて、結果水子が原因とされることが多くなったのか
・それとも、>>82氏の言うように、水子の増加がいいように使われているだけなのか

水子が昔は七歳までの子供のことをさした~ってのは、単なる呼び名の変化として捉えたらだめなのかな?
例えば昔は成人が十五歳をさしたけど、今は二十歳をさすとかいうように、時代の移り変わりで
単語の定義が変化したととらえてはいけないのか?ということね。
あとは、仏教において神とはなにをさすのか?ということかな。
七歳までは神と看做されるっていうのは、仏教っぽくないなと思ったもので。むしろなんだか民間の信仰とか神道っぽい。
無論、あんまりその辺の知識のない俺がそう思うだけだから、実際は違うのかもしれないけど。

実は、俺の親戚Aも水子の霊障にあったことがある(らしい)。
中学あがる間際になってもAのおねしょがなおらずに困った両親が、これまた遠縁の霊能者に見てもらったところ、
Aの上に生まれてくるはずだったが死産した長子がついているというので払ったか供養したかしたのだそうだ。
そうしたらおねしょがぴたりとやんだのだと。
近い親戚から直接聞いたので、別に嘘は言っていないと思う。プラシーボ効果で単におねしょが直っただけかもしれないが、
そういうことがあったのは事実らしい。
俺は直接その霊能者に会ってもいないし、もしかしたらその霊能者は嘘をついたかもしれんが、
結果的におねしょは直っており、相談の原因は解決している。これは別にペテンとは言わないのでは……と思うが、どうだろうか。


86:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 11:29:31 ID:ZKqvgJ1+0
>>84
「神の内」はそーいう考え方もありますた、と紹介したまでであって、仏教とは関係ないですな。

その例については、私は偽薬的な効果だろうと思いますな。
何故おねしょが恥ずかしいかと言うと、「いつまでも子供みたいに…」ってところだろうから
その効果を高める状況設定として、「水子の霊障」というのは有効でしょう。

私は基本的に、81で書いたように、「訪れた人の気が済む」ことが重要と考えるんで、その
例のような使い方はアリだと思いますな。
ただ、徒に不安を煽る手段として汎用的に使われる場合が非常に多いので、注意が必要だと
いうことですな。


82:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 09:27:40 ID:ZKqvgJ1+0
追記。「水子の祟り」について。

私自身は、それに言及した時点でペテン師確定だと思っている。

坊主として言うならば、水子の供養自体は善いこと。
子を亡くした親は、やはりそういう供養を通して、時間の過ぎるのを待って、傷が癒えるのを
待つ他に無いし、仏教を信仰する心を育ててもらう切っ掛けになるわけだからね。

そもそも、水子ってのは「生まれなかった子供」ってだけではなく、乳児・幼児期に亡くなった
子供も含む、非常に広い意味があった。
「七歳までは神のうち」、七歳まで子供は「客人神」であり、往生や成仏はせず、すぐ生まれ
変わるという考え方があった。
七歳以下の子供は葬式すらしない場合もあった。なんせ、既に神なのだから。

中絶が広く行われるようになると、「水子」は「生まれなかった子供」という意味に限定されて
いくようになる。
自房の過去帳なぞを見ると、江戸期や明治期には頻繁に見られる「○○水子」という戒名が
徐々に減り、戦後は「○○孩児」「××童女」といった風に変化してきている。
恐らくこれは、程度の差はあれ、全国的に見られた変化だと思う。

「水子の祟り」に言及した時点でペテン師確定だと言うのには、この妊娠中絶の増加が深く
関わってくる。
中絶数の推移統計については様々あるから、各自ぐぐって頂きたいんだが、ある統計では、
50代女性の40%強が中絶もしくは流産を経験しているという数字もある。
もちろん、複数回中絶をする人も含まれているし、数字に現れてこないものもあるだろうから
簡単には言えないが、かなり高い数字ですな。

つまり、本人だけならともかく、親類縁者、ご先祖様まで範囲を広げると、水子はいくらでも
出てくるものであって、誰しも当て嵌まるのですな。
相談しようと訪れる人ってのは、大抵何か悪いことがあって来るわけで、そういう人に「水子
に心当たりは無いか」と聞けば、ズバリ言い当てられた気になってしまう。


84:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 10:55:17 ID:NVvu7E630
>>82氏の言うように、水子の増加がいいように使われているだけなのか

水子が昔は七歳までの子供のことをさした~ってのは、単なる呼び名の変化として捉えたらだめなのかな?
例えば昔は成人が十五歳をさしたけど、今は二十歳をさすとかいうように、時代の移り変わりで
単語の定義が変化したととらえてはいけないのか?ということね。
あとは、仏教において神とはなにをさすのか?ということかな。
七歳までは神と看做されるっていうのは、仏教っぽくないなと思ったもので。むしろなんだか民間の信仰とか神道っぽい。
無論、あんまりその辺の知識のない俺がそう思うだけだから、実際は違うのかもしれないけど。

実は、俺の親戚Aも水子の霊障にあったことがある(らしい)。
中学あがる間際になってもAのおねしょがなおらずに困った両親が、これまた遠縁の霊能者に見てもらったところ、
Aの上に生まれてくるはずだったが死産した長子がついているというので払ったか供養したかしたのだそうだ。
そうしたらおねしょがぴたりとやんだのだと。
近い親戚から直接聞いたので、別に嘘は言っていないと思う。プラシーボ効果で単におねしょが直っただけかもしれないが、
そういうことがあったのは事実らしい。
俺は直接その霊能者に会ってもいないし、もしかしたらその霊能者は嘘をついたかもしれんが、
結果的におねしょは直っており、相談の原因は解決している。これは別にペテンとは言わないのでは……と思うが、どうだろうか。


83:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 10:09:46 ID:jIVScjvu0
それで不当に金騙し取るなら悪質だが、仏持ち出すのだって結局はペテンだし、水子持ち出すだけなら何も悪くない
むしろそんな高確率で相手の隙を付けると分かっててやるのは立派な技術だね
結局は技術を使う側の問題だよ
あと子供は神だから葬式しないってのはそんな敬われてたの?
俺は人間扱いされてない犬畜生並みなんだと思ってたけど


86:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 11:29:31 ID:ZKqvgJ1+0
>>83
そーいう占い師や自称霊能力者の場合、大抵は「祓うにはこれだけお金出しなさい」と来る。
そしてしょーもないアドバイスをするわけだね。
うちに来た人の例だと、墓石の猫足になってる部分が動物を寄せて良くないから、その部分を
海に投げ捨てろだとか、魔除けの掛け軸を買えなんてのもありましたな。

水子の話題を持ち出すだけじゃ済まないよ。

「神の内」は敬われていたというよりは、それくらい乳児や幼児が死にやすかったということ。
子供の死を腑に落とすため。


87:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 15:37:57 ID:jIVScjvu0
どこまでの報酬が妥当かの線引きは難しいが、お金貰うのは別にいいよ
しょーもないアドバイスでも効けばいいんだ
なんか水子持ち出すのは例外無く悪質だみたいな言い方だったからね
ペテンでも気が済めばいいと思ってるならいいんだ

子供の話はそうとでも思わないとやってられないって感じかな
やっぱそんな大仰なもんでもないみたいだね


88:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 16:19:24 ID:DnMol+ID0
墓石の一部を海に放り捨てても、魔除けの掛け軸買ってもダメだったんで、
寺に来たってことじゃないの。
しょーもないアドバイスでも効けばいいけど、ちーとも効いてない。

それで金を要求するような類は、例外なく悪質だと思うよ。
不安を煽る手段として簡単に使われるから、気をつけろってことでしょ。


94:本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 10:59:21 ID:OdY2Oi2n0
>>88
そりゃ相談に来た客の話なんかされても「例外なく悪質」だろうけれど
俺は「水子を持ち出す=例外なく悪質」では無いと言いたいだけだよ
墓石とか魔除けとか、子供の話もそうだけど、正直はぐらかしただけでちゃんと答えてはくれなかったと思うけれど、
そこだけを見て口を挟まれても困る


89:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 16:44:55 ID:HsXNjA8l0
詐欺師の手口だから気をつけようって話なのに、

>そんな高確率で相手の隙を付けると分かっててやるのは立派な技術

などと言い出してる時点でw


95:本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 11:18:24 ID:OdY2Oi2n0
>>89
隙を突くのは「悪いモノに憑かれている」と思っている人の思い込みを取り払う為のテク

霊能者にもいろいろいるけれど、
金目的だろうと人を救うためだろうと、その目的の為に人を騙すことに代わりは無い
そして人を騙す技術を習得し研鑽する、それ自体に善悪は無い
技術を使うもの次第だって言ってるのに、その発言だけで悪を教唆してるとでも思ったの?
なにが言いたいのかよくわからんのだけど

ただ、俺は「悪質」といえば「効かない」ペテンのことだと考えるけどね
人を救うのが霊能者の本道だけれど、人を救う気が無く金銭が目的だとしても、
それが結果的に人を救うことになれば問題ない
効かない奴はどんなつもりで技術を学んだにしろ未熟で、無能者だ
効けばいいんだよ
効かなくて坊さんに相談に行ったっていうなら、それは悪質だから、ずれたレスだと思ったわけだな


90:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 19:12:09 ID:PMQEz1QMO
霊的なことが気にかかる、でも、お金は出したくない。
そういう人には、護摩木による供養を、お薦めする。

ただ、お寺によっては、供養の護摩木は、受けつけていないので、注意。

例えば、浅草寺では、祈願の護摩木のみで、供養の護摩木はなかったと思う。
深川不動には、供養の護摩木もあったはず。

だいたい、1本、100~500円から。
詳しいことは、お寺に問い合わせてみて。


92:本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 20:24:49 ID:55IDa/zK0
>>90
いいですね。そのくらいのほうがいいでしょう。
霊障とか祟とか、あまり気にしないほうがいいでしょう。
坊主がいうのもなんですが。
高額な「料金」というのは、占いも含めて、ちょっとやりすぎだと思います。
地獄におちますね。


112:本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 21:13:35 ID:VzHXdg7A0
お坊さんって、宗派ごとに厚生年金基金みたいなのあるの?
それとも、生きてる限り仕事ができそうだから国民年金すら
加入していないとか?


114:本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 14:11:26 ID:jGodXlfN0
>>112
国民年金


115:本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 18:01:51 ID:ycgJiH7n0
>>112
うちの宗派だと、遷化したら15万だったか出るくらいだな。
一応、共済的な感じではあるが、納めてる金額と比べると差がある


128:本当にあった怖い名無し:2010/03/30(火) 14:00:17 ID:EuKcSxnI0
夫の大伯母達にとっては、我が家が実家。夫の父は30年前に病死。
今は義母と自分たち夫婦の三人暮らし。
最近夫の従兄弟が病死。大伯母の一人の長男。
霊能者の話で、我が家に供養してない子どもの霊がいて、その霊障で従兄弟が死んだから、
その子供の法要をやれ、と言われて供養法要をした。お布施もはずまざるをえなかった。
自分、この家の嫁の立場。誰の霊障か探せ!言われて役場やお寺で、5代前の記録まで調べたよママン。
結局該当御先祖なし。死者は皆供養の法要欠かしてない。


129:本当にあった怖い名無し:2010/03/30(火) 14:07:51 ID:EuKcSxnI0
で、大伯母たち相談し合って、一回しか法要してない、という理由で60年前に死去の「○乃」さんという子どもがそうじゃないか、と目星をつけての法要だった。
自分はこのスレで語ってくれてるお坊さんや、皆さんと同じ意見。
死者は生者を害することはない。生者を害するのは生者。
従兄弟は働き者で線の細い、優しい人だった。腸が弱くて、しょっちゅう青い顔してた。
その母、大伯母は節約者。食品大量購入、賞味期限気にしないヒト。
食生活は原因じゃないかもしれないけど。急死した従兄弟の死因は腸閉塞だった。


130:本当にあった怖い名無し:2010/03/30(火) 14:20:35 ID:EuKcSxnI0
霊障扱いされた「○乃」さんが可哀想だった。
そして、今年は(夫の祖母)=(大伯母達の母)の70回忌をしろ、と言いに来てる。
いったい、いつまで法要をしなきゃいけないんだろう。
法要は、お経とお布施と御馳走作りと親戚へのお酒の酌がワンセット。
なんか隔年に曾祖父の法事、曾祖母の法事、祖父の法事、とやってんですけど。
1・3・5・7ときて、20年前に50回忌やった後にも、誰それの法要~。
愚痴です、お耳汚しごめんなさい。
自分が死んでも法事はいらない!て遺言書に書いておこう。
「子どもたちよ、死んでる母に使うより、生きている自分たちの生活に使って下さい」と。


136:本当にあった怖い名無し:2010/04/09(金) 18:54:43 ID:5ve2xS4MO
>>130
ねぇ、それ大伯母ではなく伯母だよ。
死んだのは旦那の従兄弟なんでしょ。
その母は旦那の伯母(旦那のおばさん)になる。
大伯母ってのは、ばあちゃんの姉妹。


139:本当にあった怖い名無し:2010/04/11(日) 16:52:24 ID:opIiNJ3d0
>>136
ああっ! そうだわ、自分の日本語めちゃめちゃ変。
文中の大伯母は伯母で…。
意味不明な愚痴を吐いてごめんなさい…。


140:本当にあった怖い名無し:2010/04/11(日) 22:28:23 ID:W0he4N7Y0
仏法僧(ブッポウソウ)を仏教では三宝とよび、大切なものとして扱います。
それぞれ「仏=悟りを開いた人」、「法=正しい教学」、「僧=仏教の教学
を修行する人たち」の事を指すんですが、みんながみんな、仏教の悟りを
目指しているわけではないし、分かりにくいですよね? でも仏教とは関係
なく、仏法僧は人生にとって大事なものでもあるんです。
実生活で分かりやすく言うと、

仏=人生の師と仰ぐ、尊敬する人
法=人生の目標、あるいは哲学・倫理
僧=共に人生を歩む仲間

と理解してください。仏法僧、それぞれ人生に大事なものです。是非、みなさん
の人生の中で、尊敬できる人、人生の目標・哲学、ともに歩む仲間をみつけて
ください。仏教や宗教じゃなくて良いのです。あなたにとって大事なその3つが
みつかったなら、あなたの人生はあなたにとって意義のある実り多いものになる
はずです。


148:本当にあった怖い名無し:2010/04/21(水) 21:34:39 ID:rQArL6P00
人生の師となる人をみつけるというのはなかなか難しい事です。
少なくとも師となる人がどこからともなく現れて、色々なことを
教えてくれる、なんてことはほとんどない事ですよね。
(むしろ俺がお前の師匠になってやる! って人には気をつけた方が良いかも。)

本気でない人に本気で教えてくれる人はなかなかいません。人の心をうつのは
相手の正直さと真剣さです。
師となる人は、与えられるものではなくて探し続けなくちゃならないんです。
待ってても現れません。出会いを大事にしていないと、近くにいても気づかない
まま消えていきます。一つ一つの出会いを大事にし、相手のことを良く知り、
真剣に探し続ける事が大事なようです。
「一期一会」という言葉があります。茶道で良く使われる言葉で、仏教にも
関係が深い言葉です。辞書などでは
「一生に一度限りの出会い」とか書かれていますが、
「あなたとは明日も明後日も会うかもしれないが、あなたといる今この瞬間は、
 今しかない。」
と考えれば理解しやすいかもしれません。今この瞬間を真剣に生きる、目の前に
ある出会いを粗末にしない。そうすることで本当に大切な師も友も生涯の伴侶も
人生の目的や哲学もみつかるのではないでしょうか? 私はそう理解しています。


151:本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 08:51:51 ID:tzoUUTGZO
肉と風俗大好きなクソ坊主だけど、なんか質問ある?


152:本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 10:31:45 ID:SKl1BaVM0
>>151
禅僧なら市ねだが、真宗坊主なら生きろだな。
真宗坊主なら、大いに肉と風俗について語ってよし、とういかお語りください。


155:本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 15:46:11 ID:tzoUUTGZO
>>152
週末の金土キャバクラ、週一風俗、出会い系は毎日。
檀家どもの金で好き放題。税金掛からないからいいぞ。
俺、織田無道リスペクト。さすがにフェラーリ乗り回せる程儲かってないけどさ。


154:本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 14:55:05 ID:9FmxEdmPO
如実知見→厭離(おんり)→解脱

風俗へ行くのも、如実知見のご修行ですか…

もちろん、お釈迦様は、お坊さんに対しては、淫欲の交わりを断て、と言われてますが。

不自然に、抑圧して、鬼になったお坊さん(今昔物語)みたいになるよりは、ましかもしれません…


156:本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 15:56:39 ID:lHBBRJVl0
妙適清浄句是菩薩位

慾箭淨句是菩薩位

ですな。 良い事言ってるわ。


162:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 01:47:04 ID:u8tNbv4h0
一時期、家の宗教が浄土真宗だったもんでちょっとまじめに勉強してみたが、
どうにも釈然としないんだよな。

絶対他力→阿弥陀如来を信じれば浄土往生が約束される→自力の努力(修行)は不要だから精一杯今の人生を生きろ

って感じの教えだと理解したんだけど、
じゃあ在家の五戒とか四諦八正道とかどこにいったのよっていうか。

たとえば遅刻しそう(死ぬとき)になっても、いざとなったら親(阿弥陀如来)が車(第十八願)で送っていってくれるから大丈夫だってギリギリまで家でゴロゴロしてるのと、
親が送ってくれるのかもしれないけど、ちゃんと事前に色々支度(修行)したりするのでは、
個人的には後者の方がちゃんとしてるという印象なんだけど、その辺どうなんだろう。


164:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 03:16:40 ID:u8tNbv4h0
まあ、「何やっても阿弥陀様が救ってくれるから悪いことやり放題だー」とか、
悪人正機(字が怪しい)を勘違いして「悪いことした人ほど浄土往生しやすいから積極的に悪事を働いてやれ」とか、
そういうのが間違った解釈(異安心)だっていう説明はあるんだけどね。

親鸞聖人が比叡山で修行した結果、
「末法の世では、人間はいくら頑張っても自力で悟りなんて開けない」
と考えたところからスタートした宗教だから自力を否定するのは分かるんだけど、
なぜ「頑張れるところまで自力で頑張って、最後は阿弥陀様にすがれ」としなかったのかが気になるというかね…。

師匠にあたる法然上人は別に自力を否定してなかったような気がするけど、これは憶え間違いかな。


167:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 10:39:48 ID:HuTbF7oh0
>>164
法然上人は、凡夫の機根で「自力の念仏」をしても往生は出来ないと、明確に
否定されているよ。
また、この自力・他力の話に関連して、

「数多く念仏するのは、一念では不安だからだ。数多く念仏するのは自力の念仏」

などと言う人がたまにいるが、これは大間違い。
法然上人は、このように仰られて、そういう考えを正しておられる。

>念仏の数を多く申す者をば自力を励むといふ事、これ又ものも覚えあさましき
>ひが事なり。
>ただ一念二念を唱ふとも、自力の心ならん人は、自力の念仏とすべし。

>千遍万遍を唱え、百日千日夜昼励み努むとも、ひとへに願力を頼み他力を
>仰ぎたらん人の念仏は、声々念々、しかしながら他力の念仏にてあるべし。

>されば三心をおこしたる人の念仏は、日々夜々、時々刻々に、唱ふれども、
>しかしながら願力を仰ぎ、他力を頼みたる心にて唱え居たれば、かけても
>ふれても、自力の念仏とはいふべからず

「俺が念仏した功徳で往生するんだ」と思っていれば、一念だろうが自力の念仏。
「念仏すれば必ず阿弥陀様が救い取って下さる」と思っていれば、一念だろうが
何万遍だろうが、それは他力の念仏。
「ひとへに願力を頼み他力を仰ぎたらん人の念仏=他力の念仏」なんだね。


165:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 03:49:17 ID:lw6md2cG0
TPOってやつじゃね?方便
法然さんは他力本願を説いていたけど自身は厳しい戒律を守り続けてたわけだし
弟子にも守れる奴は守れのスタンスで、念仏はできるだけ多く唱えるように、だったよね
でも親鸞さんは、念仏一遍でおk!にしたり少々エクストリームな感じだ

ところで悪人正機説、社会的な悪をしていいわけじゃないというのが一般的だけど
何故か一部の真宗坊主(テロリスト上がり)の解釈では、できれば殺人くらいの悪事は
しておいたほうがいいという教えがあったとか言ってる
真宗の僧侶しか知り得ない真理だと威張ってたけど本当かよすげえなw


168:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 10:53:25 ID:HuTbF7oh0
私は浄土宗なので、真宗側から見ると妙な解釈してるところもあるかもしれないが。

>>165

>信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も
>如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし

『正像末和讃』に、このような親鸞上人の言葉がある。
真宗では、信心が固まる前と後(信前・信後)の二段階があり、「疑心自力の行者」
というのは「信前」の状態、即ち阿弥陀仏の本願を心底から信じることが出来ず、
確固たる「信」を持ち得ていない状態。

しかしそのような状態であっても、「信後の人に劣らじと称名念仏励むべし」と説かれて
いることには注目しなければならない。


172:本当にあった怖い名無し:2010/04/28(水) 02:54:40 ID:jpQ+PToQ0
>>168
念仏を励むうちに獲心するという解釈なのかな、これは
だとすると自力と他力の解釈でまた混乱してしまうような話だ


173:本当にあった怖い名無し:2010/04/28(水) 15:23:03 ID:R/s+f44d0
>>172
浄土宗では、他力という言葉を「阿弥陀仏が凡夫を救う働き(願力)」に限定的に
使っている。
他力と自力を分かつものは、「仏を、その願力を頼む心があるか否か」。

もちろん、基本にあるのは「阿弥陀仏の本願に随順する」という姿勢。
「極楽往生を願って念仏すれば、必ず救い取る」と誓われているのだから、当然
念仏を一番勧めるということになる。

念仏を励むうちに信心が確立されていく、というのは法然上人の考え方だから
当然、弟子である親鸞上人もそれを受け継いでいても不思議ではないよ。

>ふかく、本願をたのみて、一向に名號を唱ふべし。
>名號を唱ふれば、三心、おのづから具足する也。

三心とは「至誠心・深心・回向発願心」であり、浄土宗における「信」の心の有様。
また、

>但し三心四修と申す事の候は、皆決定して南無阿弥陀仏にて往生するぞと思ふ
>内に籠り候也。

三心(信心)や四修(修行の有様)とは、すなわち「念仏すれば必ず往生するのだ」
と思い実践する人に、求めずして自然に備わっていくものである。


166:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 10:12:32 ID:2srGqlfz0
真宗の念仏は、報恩感謝の念仏だと良く言われるね。
阿弥陀仏に救われることが確定している自分に気づき(信心を持って)、そのことに
報恩感謝するための念仏だと、近くの御院家さんは言っておられた。

浄土宗の念仏は「凡夫が修することが出来る中で最高の往生行」というスタンスだ
そうだ。
浄土宗でも「念仏一遍でも往生出来る」とは説くそうだけど、

「一日一善と言っても、一日に一度しか善いことをしてはいかんということではない。
善いことはいくらでもしたらいい」
「法然上人も『この一念だけでも往生が叶う念仏なのだと思う嬉しさ、それをこの
濁世末代の凡夫にも与えてくださっているという有り難さに、ついつい念仏を励み、
気づけば百万遍の念仏が積み上がっているのだ』と言葉を残されている」

だそうな。

同じ念仏だと思っていたけど、よくよく聞いてみると結構面白い違いがあるね。


170:本当にあった怖い名無し:2010/04/27(火) 22:33:02 ID:V/EBQNO10
うちとこは親鸞会というらしいんだが、以前別のスレでそう言ったら「そこはヤバイ」
って言われたんだ。
どうヤバイの?


172:本当にあった怖い名無し:2010/04/28(水) 02:54:40 ID:jpQ+PToQ0
>>170
たしか親鸞会っていうと浄土真宗系の新興宗教じゃなかったっけ
詳しい話はしらないがカルトに片足突っ込んだ感じだとか…


171:本当にあった怖い名無し:2010/04/28(水) 00:40:59 ID:ENDiZfmV0
昔親鸞会でぐぐったら結構えげつないリンクが出てきたな


174:本当にあった怖い名無し:2010/04/28(水) 15:40:09 ID:R/s+f44d0
私個人としては、関連してこのようにも考える。

先立っていかれた人達は、既に生前の念仏や遺族の念仏回向によって往生している。
よって、先立つ大事な人達を思って仏壇や墓に向かって念仏する心には、極楽往生を
求める心がある。
悼む気持ちには、必ず再会を願う気持ちがあり、「極楽にいる人との再会を願う」心には
即ち「自分もまた、そこに生まれたい」という心が含まれているから。

夢のよに徒に儚き世を知れと 教えて帰る子は善知識(ちしき)なり
                                           ――和泉式部

先立つ人を善知識として、念仏回向するたびに、決定往生の業を積ませていただくのだ、
と近頃は思うようになりましたな。
オカンというものはつくづく偉大ですな。往々にして、亡くしてから気づくのが難点だが。


180:本当にあった怖い名無し:2010/05/02(日) 01:59:41 ID:Ytf9VzSM0
コネなしだと住職まで昇進って大変なの?


181:本当にあった怖い名無し:2010/05/02(日) 09:22:23 ID:HO+EC6dg0
住職も檀家も、寺族の長男に継がせたがるからな
コネがなかったら作ればいい
子のいない寺に養子で入り込め

あとは地方の破れ寺を合法的に乗っ取るか
これは他国の輩が頻繁にやってるようだね


182:本当にあった怖い名無し:2010/05/02(日) 16:39:27 ID:DemFMhtR0
コネってか、宗派によりけりだな。
真宗は厳密には坊さんじゃないんでアレだが、他の宗派だと得度や度牒など
師僧がいないと提出書類の欄が埋められん。

正直、そんな根性で小規模な寺院に入ったところで、ロクなことにゃならんと
思うがね。

デカイ寺は「ああ、忙しいんだな」である程度納得してくれるが、小さな寺は
檀家との付き合いを濃密にするか、法要で役に立つスキルを身につけて他の
寺の手伝いに回るか、手段を考えんとやっていけんよ。

無住寺の多い、田舎は特にね。


193:本当にあった怖い名無し:2010/05/06(木) 02:27:34 ID:dEL/g5xW0
坊主も大卒必須?


194:本当にあった怖い名無し:2010/05/06(木) 03:25:31 ID:Hd9nsHC40
役僧は多少関係あるんじゃね?
大学によって宗派が限定されるわけだし
ただ僧籍取るだけなら小卒の殺人鬼でも問題ないはず


195:本当にあった怖い名無し:2010/05/06(木) 08:43:03 ID:uAa08nwN0
殺人鬼つーほど殺してるなら、普通は投獄されて死刑だけどな。
アホみたいな例を出しなさんな。

また大抵の宗派には、坊主になってから法的な罪を犯した場合の罰則規定がある
殺人辺りは僧籍剥奪ってところが多い。


うちの旦那寺は天台宗だが、確か東京の大正大学卒だって言ってた。
天台宗、真言宗、浄土宗が合同で出資してる大学らしい。
で、坊主の資格を取る人の多くが、大学在学中に単位を満たして行を受け、取得
することを選ぶそうな。

大学なら四年使って学べるが、大卒資格を伴わない取得方法の多くが、週単位の
泊り込みを含む合宿形式の講座に数年通って、行を受けるというタイプらしい。


196:本当にあった怖い名無し:2010/05/06(木) 09:51:49 ID:SlG2Brsg0
獄中で得渡する死刑囚は珍しくない
朝日新聞の特集で頻繁に目にする程度だから信憑性はアレだけどな
人殺しておいて自分だけ救われたいとか被害者を供養してやりたいとか
ご立派な思考だよね
でもそういうのに酔った人からやたら称賛されてる


199:本当にあった怖い名無し:2010/05/09(日) 16:58:56 ID:Sbfq4q0v0
>>196
アングリマーラの例のように、出家したからって罪が無くなるわけじゃないからなぁ
当然、その報いは受けなきゃイカンよな。

でも何故か、出家したり牧師になった途端に、聖人の如く扱ったり、バランス悪い
と思う。


200:本当にあった怖い名無し:2010/05/16(日) 23:48:59 ID:OcknktSe0
暫くぶりに見てみると、詳しい方が多くて色々考えるきっかけになり勉強になり
ました。ありがとうございます。色々勉強になりましたが、実は、上の方が書か
れている不浄観ってなんか苦手です。

瞑想における邪念を排する方法として五停心観ってのがあって不浄観、慈悲観、
因縁観、界分別観、数息観、で構成されていますが、不浄観というのは肉体の
不浄(腐乱した死体等)な様子を観る事によって肉体に対する邪念を止める事を
目的にしています。簡単に言うとスタイル抜群の女性のヌードに欲情するのでは
なく、それが死体となって不浄になる様を想像することによって欲望から解放さ
れる、ってのが不浄感なんですが、でもね、

これって煩悩を煩悩で打ち消そうとしていると思えるんですよ。肉体に対する欲望
が煩悩なら、それを肉体の不浄な様子を想像して打ち消そうとするのも煩悩。結局
煩悩を煩悩で置き換えるだけであって無意味ではないかと。むしろ瞑想の意味を正
しく理解していないと、人間にとって不浄感を修行することは害悪でしかない(と
思います)。

瞑想ってのは宗教抜きにしても大事なことだと思います。でも、その方法論を間違
えると道を誤ると思います。煩悩を煩悩で打ち消す修行をするのではなく、心静か
にいることを目指す瞑想をしたいなあ、と私は思います。


201:本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 10:16:47 ID:Z37xdJDN0
まあ実際、相当グロイからなぁ
あんまり見慣れたいものではない。

上にあるように、バグムダー河畔の比丘たちの間に起きた殺人事件を切掛けに
具足戒の第三が出来、厭世観を生じやすい不浄観に代わり、数息観が釈尊に
よって勧められることになる。
律を説く上で、よく触れられる話だな。

タイなどでは、今も不浄観が非常に盛んで、寺院の庭に狗の死骸が放置されて
いたり、女性のミイラが安置されている部屋があったりする。
また、僧侶は病院や警察の解剖室への出入が自由になっている場合があるそうな。

日本においても、檀林皇后の「帷子辻(かたびらがつじ)」の故事などあり、また
飢饉や戦などで屍体を目にする機会は多かっただろう。

結局のところ、日本ではほとんど不浄観についてはスルーで、数息観がクローズ
アップされる感じだな。


202:本当にあった怖い名無し:2010/05/28(金) 21:45:26 ID:g21Dt2XAQ
雑阿含経第29第10経に、
「入息出息を念じることを実習しなさい。…入息出息を修めるならば、大いなる果と大いなる福利を得るであろう。」とある。

初心の方は、(いきなり不浄観ではなく、)数息観から始めるのが良いと思う。

まず、禅寺などで、参禅してみては…

いきなり、自己流は、危険でさえあるかも…


203:本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:05:15 ID:9K5gMKWk0
お寺さんでは、仏飯はその後どうされてますか?
家では下げたあと、いただきますけど。

6升5合炊くお寺さんは、どうしてるのかな?
まさか捨てるなんてしませんよね?

聞かせてお坊さん!


204:本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 17:42:28 ID:glN+OV9e0
うちでは、十一時くらいに炊きあがるようセットしといて、炊きあがったら上げて
自分らの昼食が済んだら下げてジャーの中へ。

うちはせいぜい五合くらいしか炊かないけどね。
それでも、三人家族としては結構ご飯スキーな気がするけどw


208:203:2010/05/31(月) 21:30:02 ID:rGI7r60B0
>>204さん

教えて頂いてありとうございます。


216:本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 20:58:29 ID:RozD9RnDO
法華経の方便品に、来世に仏道を成就する、とあるよね。

来世に仏道を成就するとは、もともとは預流(よる)のことじゃないか…

日蓮(敬称略)の意図は、案外そんなとこにあったかも…

昨日、今日、日蓮宗のお寺に、お参りしてみて、ふと思った。


259:本当にあった怖い名無し:2010/08/18(水) 15:07:56 ID:9AdOqGmO0
うちの寺のおっさんが、鳥巣禅師と白楽天の話をしてくれたんだが、止悪修善が
佛の根本だと聞いたのは、それが始めてだったな。


264:本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 21:34:13 ID:PamtR7A5Q
戒といえば、
お釈迦様は、護摩を禁止したという話があるが、これについて、私見を。

確かに、出家の戒律では、お釈迦様は、護摩を禁じている。


しかし、これは、護摩そのものが、悪というわけではない。
(火による供養《つまり護摩》が、最も優れている、と、お釈迦様は言われている。)


つまり、祭祀という仕事をすることが、ニルバーナに入るには障害になるのではないかと思う。
(お釈迦様は、自分の死後、仏舎利の祭祀は、在家にまかせるよう、遺言されている。)


265:本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 21:36:52 ID:PamtR7A5Q
では、今の時代、護摩を行なうことに意義があるのか、これについても、私見。


“来たって見よ”と言われても、今の時代、お釈迦様は、いない。


まず最初に、
仏の祭祀を行なうことにより、自ら仏を知り、法を学ぶ。


そのために、護摩を用いる。


266:本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 21:39:03 ID:PamtR7A5Q
次に、
多くの一般の人々のために、祭祀を行ない、人々に仏(あるいは神)の力の恩恵を、もたらす。

そのために、護摩を用いる。


267:本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 21:41:08 ID:PamtR7A5Q
最後に、
護摩など、祭祀の仕事を行なっていても、預流果を得る妨げにはならない。
(在家でも、預流果を得ることは可能。)


預流果なり、その上の階梯なりを得た後に、完全な戒律を用いても、ニルバーナに達するのは、可能ではないかと思われる。
(あくまで私見。)


285:自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/12(火) 10:40:52 ID:/HQ94X9d0
自分の欲望を満たすために
他人の弱さに付け込んで貪り食らう行為やそれを行う輩について
仏教ではどんな事言ってんのか教えて欲しい
最近ちょっとした興味からそういう話聞いちゃって
胸糞悪くて困ってる
仏の話を聞きたいのでお坊さんお願いします
人間ってほんと…業深い生き物だな…


286:自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/13(水) 19:14:25 ID:qV4ohqN7O
怒るべきものを見て、
怒るのは、自然な感情。

無理に、押さえつけることはない。

しかし、心とは、
とりとめのないもの。
(諸法無我)

一時の感情には、とらわれないようにする。


287:自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/13(水) 19:15:44 ID:qV4ohqN7O
諸々の事柄は、表れては、また滅するもの。
(諸行無常)

外面的な物事にも、あまり、とらわれないようにする。


悪事をなす人には、因果応報。

他に、回答が、ないようなので、僭越ながら…


296:本当にあった怖い名無し:2010/11/01(月) 21:26:07 ID:aeb9RFvBO
瞑想に熟達すると、
意生身(心《意》から成り立つ身体)を、
作り出すことができるとある。

長部経典(長阿含経)などには、
神通力の話などと併記されている。

これは、別スレに出てくる、
半霊半物質の身体と何か関係ありか…?

せっかくのオカ板なので、
相応しい話題を一つ…


300:本当にあった怖い名無し:2010/11/07(日) 21:45:22 ID:hOiupvPo0
坊主の嫁だがたいがいのもんだよ

お経の練習はきわめて惚れ惚れするほどうまい
儀式作法も覚えて立ち居振る舞い身だしなみ完璧
年寄りと話す機会多くて聞き上手慰め上手

でも家族には横柄で高慢で最悪
坊主としては言うことなしだが
家庭人としては最低

やっぱり坊主は妻帯してはいけないと思う


304:本当にあった怖い名無し:2010/11/09(火) 11:15:50 ID:RFw5+NKH0
>>300
うちの旦那は読経や和讃こそ惚れ惚れするくらい巧いけど、ぶっちゃけデブだし
正座苦手だし、身だしなみもアレw
でもさ、爺様婆様達と一杯やりながら悩み聞いたり、入り込み過ぎちゃって回向
しながら泣いたり、いろいろ見てると、この人のとこの寺に嫁に来て良かったと思う

外面を取り繕うことに、無理しすぎてるんじゃないかなぁ
うちのはサバケすぎだとは思うけどさ。


341:本当にあった怖い名無し:2011/01/22(土) 21:07:54 ID:+8Eh6vXs0
はじめまして仏教に詳しい方質問お願いします

Q1.仏教では人は49日で生まれ変わるとされてるけど
自殺者も普通の死に方した人も同じように49日で生まれ変わるの?

Q2.もしそうだとして49日で生まれ変わるのに何故日本の仏教では先祖供養というものが存在するの?


344:本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 23:09:48 ID:F/RdOSfA0
>>341
私は浄土宗の坊主で、他宗のことはあまり存じませんが、答えられる部分をお答えします。

人は死ぬと「中有」という状態で49日過ごすとされますな。
自殺者は専用の地獄があると、恵心僧都の『往生要集』にありますので、そっちに行くことに
なるんでしょう。

念仏をしている場合は別で、臨終に阿弥陀仏の来迎を受けて、即往生することになります。
極楽往生の場合は、弾指の間に極楽の蓮華の蕾の中に化生するとあります。
弾指とは指パッチンの音ですね。
それくらいアッという間に往生は完了するようです。

それでは何故先祖供養や七日ごとのお勤めをするのかと言えば、それは遺された人達の
ためです。
葬式や七日参りは、遺された人達が「近しい人の死」というものを受け入れていくための
「通過儀礼」であり、またその死をきっかけに仏教に触れていただくご縁としていただくのです。

和泉式部の歌に「夢のよに徒に儚き世を知れと 教え導く子は善知識(ちしき)なり」とあります。
幼いわが子を亡くして、最初は「冥土への道が分からないからと、帰ってくれば良いのに」と歌う
和泉式部が、わが子のための供養を通して、その死を受け入れ、
「わが子はその死を以て、私を仏法に導いてくれた善知識(先達)だ」
と認識するまでになる。

恐らく、ほとんどの人は一口に「阿弥陀仏の救いを求めてお念仏しましょう」と言っても、それは
難しいことです。
しかし、亡き人のために供養するのだと思えば、悼む心に従って声が出る。

我々はご先祖のためにお念仏していると思いながらも、自分の往生のための「業」をも積ませて
いただくのです。
だからこそ我が宗では、ご先祖にお念仏を回向することを大事にしています。


345:本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 23:33:30 ID:N3rMwh090
>>344
ご丁寧にありがとうございます
おかげさまで疑問が解けました
所々難しい言葉がございましたが、意味を調べて吟味して理解に努めようと思います
ありがとうございました


346:本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 23:39:45 ID:F/RdOSfA0
>>345
>所々難しい言葉がございましたが

私のレスの中でしたら、遠慮無くご指摘くだされば、出来る限り平たく表現します。
今日はもう寝てしまいますがw

おやすみなさい。


342:本当にあった怖い名無し:2011/01/24(月) 14:52:08 ID:lIOh0bTi0
門徒には、先祖供養なんて無いのではなかったっけ。

生まれ変わるのは輪廻(苦しみ)の中だから、仏教は生まれ変わるんじゃなく
浄土へ行く(輪廻から解脱する=如来になる)んじゃなかったけ?。


345:本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 23:33:30 ID:N3rMwh090
>>342
ご丁寧にありがとうございます
おかげさまで疑問が解けました
所々難しい言葉がございましたが、意味を調べて吟味して理解に努めようと思います
ありがとうございました


343:本当にあった怖い名無し:2011/01/24(月) 15:04:29 ID:lIOh0bTi0
あ、如来って言うのは釈迦のことで 悟る状態になること。

そのために 門徒の場合は ひとえに南無阿弥陀仏いつも一所懸命、弥陀の名をお唱えするの。


345:本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 23:33:30 ID:N3rMwh090
>>343
ご丁寧にありがとうございます
おかげさまで疑問が解けました
所々難しい言葉がございましたが、意味を調べて吟味して理解に努めようと思います
ありがとうございました


353:本当にあった怖い名無し:2011/02/10(木) 07:57:25 ID:CzhD80iTO
オーム真理凶って仏教なんですか?


360:本当にあった怖い名無し:2011/02/16(水) 10:08:19 ID:Xr8HXVsTO
>>353
インド仏教をベースにしてるようにうたってるが紛い物。
家が寺でいずれ坊主になる予定だけど何か質問あれば。
つっても難しいことはわからんがな。


517:本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 01:38:27.28 ID:jWM5Ah81O
お清めの塩は
ありません
私は故人が 汚れたものように扱われるのはおかしいと思うからです


521:本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 22:22:39.67 ID:BitdzPeAO
>>517
それぞれの人の気持ち次第だと思います…


「自ら悪をなすならば、
自ら汚れ、
自ら悪をなさないならば、
自ら浄(きよ)まる。

浄いのも、浄くないのも、
各自のことがらである。

人は、他人を浄めることができない。」

(ダンマパダ 「自己」の章より)


526:本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 21:08:40.55 ID:C7okMAVzO
>>521

といって、神社でお祓いしてもらうのを、
否定するつもりはありません、
個人的には。

ずいぶん昔に、お伊勢さまで、
ご祈祷してもらったこともありますし…


558:本当にあった怖い名無し:2011/05/14(土) 20:23:49.16 ID:hUmNNzND0
>>526
真宗はそう言うね。

別にそれで気が休まる人もいるんだから、目くじらたてて禁止するよーな
ものでも無い気がするけど、うちの実家の寺では禁止になってた。

そもそも漁師町で海の側だから、昔は葬式の後、海で手を洗って帰ってた
らしい。
死をケガレと考えるのは、日本人の代々受け継がれている考え方だから
どーしよーもないとこがあるんだよね。


601:本当にあった怖い名無し:2011/06/22(水) 18:58:02.24 ID:YD3gTaIeO
人は、欲望をかなえることで、
喜びや幸せを感じる。


602:本当にあった怖い名無し:2011/06/22(水) 18:59:27.94 ID:YD3gTaIeO
しかし、仏教では、
欲望に捕らわれて、ジタバタするのは、
苦しみであると説く。


620:本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 11:06:24.21 ID:apzfoCTDO
>>602

ジタバタして、苦しいから、
菩提心が生じるということも…


732:本当にあった怖い名無し:2011/09/08(木) 15:40:58.23 ID:Pd3dHJN3O
兄貴が在家出家してから、電話やメールがどことなく説法くさい。
たまに帰ってきたかと思えば、衣を纏って仏壇に読経しだす。
裏事情は中々面白いけど。


733:本当にあった怖い名無し:2011/09/08(木) 16:19:20.46 ID:ZanaWCHG0
>裏事情は中々面白いけど。

くわしく


734:732:2011/09/08(木) 16:41:29.66 ID:Pd3dHJN3O
最近のマンションやらアパートは遺体を入れるの禁止なとこが多かったりするせいかな?
遺族が面倒に思うケースもあるらしいけど。
通夜の前に枕経をあげる際、病院の霊安室に呼ばれる事が多いそうだ。

しかし病院に僧侶がいてあまり気持ちのいいものではないから、病院に入るときはニット帽被ったり、裏口から入れてもらったりと面倒らしい。


735:732:2011/09/08(木) 17:00:48.53 ID:Pd3dHJN3O
家は浄土眞宗大谷派だったが、兄貴は日蓮宗の坊さんになってね。
家も宗派変えたよ。

日蓮宗だからある話。草加の人でも、お経くらい坊さんにあげてほしい人が、実は結構いるらしい。
こっそり頼んでくる草加の家に、こっそり入るのは中々苦労するそうだよ。


この時期の遺体はすごく匂うから葬儀屋も一苦労。
事故なんかでお亡くなりの遺体には、坊主にも見せられないケースも多々。

3月の地震の時は、東北の方は棺桶が足りなくて、葬儀屋は葬式終りしだい棺桶運びに奔走したそうな。


あまり大した話でなくてごめんね。


元スレ:お坊さんの話を聞きたい http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1262134278/
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

〆ゆぅ〆ミ☆ : 2011/11/17 (木) 16:40:34

タイトル:アクセス数アップ方法

FC2ブログの〆ゆぅ〆ミ☆と申します。
ブログを見させていただき、アクセスアップのご提案させていただきたいと思いメールさせていただきました。

現在私のブログでも利用しておりますが、
特典その1、日々アンケートに答え正解すればアンケート賞金の獲得
特典その2、ブログコンテンツパーツを貼り付けることで、閲覧のリピートを増やし、アフィリエイトよりも堅実な収益を生み出すことが可能!
※ブログを見にきてくれた方に、商品購入をお願いするものではありませんし、あくまで自分のブログを充実させる為のコンテンツです。
せっかく作ったサイトもアクセス数が上がらなければ意味がないですよね?大事なサイト、ブログのアクセスアップのお手伝いをさせてください。
-----------------------------------------
■コンテンツパーツ利用料:フリー
■報酬:1日50アクセス位あれば月に3,000円程度
-----------------------------------------
詳しいプログラム内容は私のブログでの活用方法をご参照ください。
ttp://paycontent.blog.fc2.com/

または、サービス提供会社である私の所属会社「株式会社オッジPFT」のWebサイトをご覧ください。
ttp://oggipft.com/jigyou_pay?id=3

9月のサービス開始以来、驚異的な数のブログ運営者様にご参加いただいております。ぜひご検討の程宜しくお願いします。
※PAYコンテンツご利用していただいた方へコメント残していただけたら幸いです♪
突然のメール失礼致しました。
※URLの最初に「h」を入力してからご覧下さい。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。