いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編 前編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

長かったので前後編に分けました。
後編はこちら


1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:03:30 ID:V88
ハラデイ



2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:07:15 ID:V88
オーパーツ(OOPARTS)

「発見された場所や時代とは全くそぐわないと考えられる物」を指す言葉。
英語の「out of place artifacts」を略して「o o p arts」とした造語で、「場違いな工芸品」という意味を持つ。
これは、世界的に有名な動物学者・超常現象研究家の「アイヴァン・サンダーソン」が提案したとされる言葉で、アメリカの作家レニ・ノーバーゲンの著書を通じて広まった。
日本では「時代錯誤遺物」と訳されることもある。
「オーバーテクノロジー」(over technology)という言葉もあるが、これは主に創作の世界で使われる。



4: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:08:38 ID:kNG
淡々ニキやんけ!

5: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:08:44 ID:V88
ロストテクノロジー(Lost Technology)

何らかの理由により現代では失われてしまった、過去に開発されながら後世に伝えられず絶えた技術体系を指す。
ロストテクノロジーが発生する要因は様々あるが、主な理由として、
「後継者が途絶え、技術が失われる」
「環境の変化により、技術が育まれる基盤が消失する」
「別のテクノロジーの発展により、衰退する」といったものが挙げられる。
大小含まれば世界中で様々な技術が途絶え、または新しいものに取って代わられているので、全てを網羅する事は難しい。

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:10:22 ID:V88
カテゴリ/ジャンル分け

[1]オーパーツ
[2]オーパーツ(工芸品以外)
[3]ロストテクノロジー
[4]文書・文字・暗号
[5]その他

※このスレにはオーパーツ/ロストテクノロジー以外ものが含まれています

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:15:18 ID:V88
コスタリカの真球(Stone spheres of Costa Rica)

1930年代、コスタリカの密林で発見された真球に近い石の球体。
現在までに200個以上発見されている。
素材は花崗閃緑岩が使われており、貝殻石灰岩の石球も少数存在する。
直径1m~2mで、重さ15t~25tほどの石球がよく取り上げられるが、2cm程度の小さなものある。
作成年代・作成目的は不明だが、周辺にあった遺構の年代から、西暦300~800年のディキス石器文化が有力視されている。
肝心の「精度」は、部分によって5cm以上異なる球体もあれば、ミリ単位以下の制度で作られているものもある。
石球の配置には「規則性」があり、星座など天体を模しているという説もあったが、持ち出されたり破壊された事で調査不可能となった。

加工技術としては、加熱と冷却を繰り返して表面を崩していき、叩いて形を整え、最後に磨き上げたと考えられている。
テレビ番組「特命リサーチ200X」では日本の石材加工業者が当時のやり方と思われる方法で作成し、時間さえかければ真球に近い石球を手作業で作れることを実証した。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

64: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:06:37 ID:OpA
>>7
技術的には可能やったんやろうけど
なんでこんな手間かかるモンを大量に作ったんやろな

あとこの石球って真球に近いのは少なくて
ほとんどのは結構ゆがんどるらしいな

68: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:14:54 ID:V88
>>64
天体の位置説、石職人の練習台説が有名やね
画像検索だと市街に移動された石球が多いけど、森林の中にあるのも多い。あと、記号が刻まれた石球もある。

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:17:25 ID:V88
→モエラキ・ボルダー(Moeraki boulders)※自然現象

ニュージーランド南島南東部のモエラキ海岸にある奇岩群。
直径1~2メートル程度の球形の岩が多数点在している。
これは、新生代暁新世頃の「ノジュール」(炭酸カルシウムが形成された塊)が、波の浸食作用によって長い年月をかけて露出したものと考えられている。 

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:23:56 ID:XOC
どっかの砂漠の勝手に動く岩って解明されたんやっけ?

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:25:47 ID:V88
>>10
セーリング・ストーンズは自然現象やね。解明されてるよ

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:24:40 ID:V88
カブレラ・ストーン(Cabrera Stones)

「Ica Stones」(イカの石)とも呼ばれる、
南米・ペルーに住む内科医のハビエル・カブレラが所有する1万5000点以上にわたる石のコレクション。
地元ペルーで川の氾濫が起きた時、半ば砂に埋まっていたのを農民によって発見されたのがカブレラによる収集のきっかけだといわれる。
石には「恐竜と人類が共存するような絵」、「天体観測」や「医学」などの様子が掘られており、
過去に高度な文明が存在していたことを示すとして話題になった。
アンビリバボーで紹介された時は「考古学の常識を根底から覆す大発見」と言われ、
この石が考古学会に認められないのは「自分たちが今まで教えてきたことが根底から覆されることを恐れ、その事実を認めないせいである」とされた。

この石について、発見者の農民バジリオ・ウチュヤは1977年の取材において「自分と妻で作った贋作だ」と告白している。
当然「この告白こそが嘘だ」という反論も出たが、その後の調査で絵の下書きに使われたと思われる鉛筆の跡など、比較的最近に作られたという鑑定結果が出ている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編


恐竜?
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編


ナスカの地上絵に描かれたサルとコンドルもあった
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:24:41 ID:Uar
クリスタルの髑髏ってオーパーツちゃうかったんやろ?

235: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)08:01:17 ID:1Pp
>>12
あれはほんと地味に何百年とかけて作っていったらしいね

15: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:29:39 ID:V88
クラークスドープの金属球(Klerksdorp sphere)/南アフリカの金属球

南アフリカの西、トランスヴァール州にある葉蝋石の鉱脈で見つかった金属球。
直径4cmほどで用途不明。これまでに鉱脈の各地で複数個発見されている。
内部が空洞のものと、繊維状のガラスのような物質が詰まったものの2種類があり、外側には球体の中心に平行に走る3本の溝がある。
同国の地質調査によると、この鉱脈が形成されたのは約28億年前という結果が出ており、そのため「28億年前の金属球」と呼ばれることもある。
しかし、そのまま鉱脈にあったのか、ある時代に紛れこんだのかは不明。
また、この球体は「年に1~2回自転している」事でも知られる。
金属球を展示している博物館の館長によれば、ガラスケースの中にある金属球が近くにある鉱山からの振動によって少しずつ傾くせいだという。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:36:00 ID:V88
ピーリー・レイースの地図(Piri Reis map)

「ピリ・レイスの地図」とも呼ばれる、1929年にトルコで発見された地図。
オスマン帝国の海軍提督ピーリー・レイースが作成した現存する2つの世界地図のうち、1513年に描かれた方を指す。
ベストセラー書籍「神々の指紋」でも取り上げられており、知名度が高いオーパーツの1つ。
地図の南側には当時未発見だったはずの「南極大陸の海岸線」のようなものが書き込まれている。
定説では、南極大陸の発見は1820年頃とされているので、その通りならこの地図は時代錯誤遺物となる。
現在の有力説は、「地図は貴重な羊皮紙を使用していたため、紙の中に収めるために南アメリカ大陸の海岸線を曲げて描いた」というもの。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

ピーリーレイスの地図


→Francesco Rosselli map(1508年)
→Johannes Mauritius map(1590年)

16世紀に描かれたこれらの地図にも南極大陸のようなものが確認出来る。
しかし、実際は「Terra Australis」(南方の大陸)という記述があり、
先人たちが想像していた南にある未知の大陸はオーストラリアだった事が分かる。
そして、「南方の」を指す「オーストラリス」という言葉はオーストラリアの語源となった。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

65: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:09:25 ID:OpA
>>17,19
こういうクォリティ高い地図系は凄いと思うと同時に
何か少し恐い感じがするんや

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:41:55 ID:V88
ヘレフォードの地図(Hereford Mappa Mundi)

1300年頃に作成された、中世ヨーロッパの思想を反映した世界地図。
「マッパ・ムンディ」と呼ばれる中世ヨーロッパで製作された地図で、その中でも現存する最大のもの。
製作年代は14世紀前半で、「ホルディンガムとラフォードのリチャード」という人物の作とされる。
大きさは縦1m60cm×横1m30cm、上質な皮の紙にインクを用いて描かれている。
この地図は3つある祭壇画の中央部分で、左のパネルには大天使ガブリエル、右のパネルには受胎告知があったとされるが現存しはしていない。

地図は東が上になっており、ヨーロッパとアフリカの表示は何故かひっくり返っている。
また、頂点付近の日本にあたるところには「HEAVEN」(天国)と記されているそうだ。
そして、東の果てでは楽園エデンからの追放、最後の審判が描かれている。

ヘレフォードの地図



ヘレフォードの地図

21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:50:46 ID:V88
石の世界地図(Ecuador stone map)

南米・エクアドルのラマナで1984年に発見された地図が石に描かれた遺物。
大きさは縦60cm、横40cm、奥行き30cm程度で、どの文明のものかは不明。
この石には南北の回帰線を境とする世界地図が描かれており、
南北アメリカの大陸、ヨーロッパの大陸、アジアの大陸の一部のほかに、3つの未知の陸地の輪郭が刻まれている。
地図が描かれた年代は数千年前~1万年前と見られており、地球を上空から見て描いたような地図になっている。
また、石には目に似た印が2つ嵌め込まれており、
1つは中東・バビロンの辺りに、もう1つは石のあるエクアドルに埋め込まれ、白線で結ばれている。
そのため、古代メソポタミア(中東)とエクアドル(南米)の間に文化的接触があったという推測が存在する。
写真を見ると、比較的新しい石に描かれた落書きのようにも見えるけど…。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編


メソポタミアと石の目が一致するらしい
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)16:58:48 ID:V88
聖徳太子の地球儀

兵庫県太子町の斑鳩寺に伝わる小さな地球儀。
斑鳩(いかるが)寺は、606年に聖徳太子が推古天皇に法華経を講義した縁で当地に建てられたとされている。
また、江戸時代に目録「常什物帳」が作成され、その中の「地中石」と記載されているものがこの地球儀だといわれており、
少なくともその頃から存在していたと考えられている。
地球儀の表面には南北アメリカ大陸やユーラシア大陸などがレリーフのように描かれていて、1800年代に発見された南極大陸に相当する大陸や、ムー大陸に相当する部分(フィリピン・インドネシア説あり)にも大陸が描かれている。
科学的な分析の結果、材質は石灰や海藻糊で、漆喰の技法で造られた可能性が高いという結果が出た。

このほか、地球儀の表面には「墨瓦臘泥加」(メガラニカ)という文字が書かれていることも判明した。
メガラニカとは南半球に存在すると考えられていた想像上の大陸であり、 主にマゼランによって有名になったが、日本では1602年の「坤輿万国全図」がメガラニカを示した最初の地図とされている。
メガラニカの名称が使われていることから、この地球儀は聖徳太子の時代ではなく1602年以降の製作である可能性が高い。
「特命リサーチ200X」では江戸時代の医師・寺島良安が製作したという仮説を紹介している。

聖徳太子の地球儀

聖徳太子の地球儀

23: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:05:27 ID:V88
バシキールの立体地図(Bashkir's Dashkin kamen)

ロシアのバシキール共和国にあるチャンダール村で1999年に発見された石版。
地表から約1m地下にあり、高さ1m50cm、幅1m、重さは約1tだった。
石版は3層の特殊なセメントから生み出されており、3番目の層は白色の磁器だったという。
製造年代は1億2000万年前といわれている(調査方法は不明)。
また、科学的な調査の結果、
石版はバシキール地域の立体地図(3D MAP)であることがわかり、
そこには現存しない1万2000mにもおよぶダムのようなものが描かれていた。
バシキール国立大学の教授は、石版の上にあるレリーフが、手作業ではなく機械的に削られたという事も指摘している。
しかし、1億年前となれば機械的作業はおろか、人類の誕生(ヒトの歴史は約200万年)すら迎えておらず、地球外生命体によるものという説も挙げられている。

バシキールの石版

24: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:11:05 ID:V88
中国の衛星撮影地図

正式には「長沙国南部図」と呼ばれているもので、
中国・湖南省の博物館に収蔵されている縮尺約18万分の1の地図。
2100年前の「馬王堆漢墓」(利蒼と妻子を葬ったといわれる墓)から発見されたといわれる。
馬王堆漢墓は1972年から発掘が開始されたので、発見されたのはその頃と思われる。
地図は長沙国南部を描いたものとされ、幅50cmの帛を2枚つなぎ合わせた約1mの正方形で、縮尺は17~19万分の1。
描写の中心となる部分は非常に精度が高く(河川の屈曲がほぼ現在のものと一致するなど)、現在の測量技術はもとより、衛星写真で撮影された地図と寸部違わぬ精度で描かれている。
同地図を保管している王世平教授は、この地図の現本は数千年前にあった人口衛星から撮影した写真を元に作成されたと主張している。

中国の衛星地図

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:19:11 ID:V88
ブラック・ナイト・サテライト(Black Knight Satellite)

およそ1万3000年前から地球軌道を移動している巨大な衛星(とされるもの)。
「ブラック・ナイト・サテライト」(黒騎士の衛星)と名付けられている。
名付け親は不明。NASAもその存在を認めているそうだ。
ソースとされる記事の1つでは、
「1960年に発見された不可解な起源不明の人工衛星で、スプートニク(Sputnik)を影で覆ったとされ、
天文学者のダンカン・ルナンが解析した短波パターンでは『エプシロン・ボーティス』『或いは1万3000年前の星系』が起源である事を示していた。」と書かれている。
さらに、「アマチュア無線家達が奇妙な暗号化されたメッセージを受信し始め、それが星図と一致しており、星図は13000年前の地球からの描写だった」とされている。
つまり、宇宙的な存在によってもたらされたものである、と語られている(年代測定も旋回周期ではなく別の調査)。
見たところ、冷戦時代の打上げ実験(極秘含む)の残骸とも思えるが、デブリが長い期間地球に程近い空間を漂うことはあるのだろうか。

ブラックナイト

ブラックナイト

26: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:21:03 ID:Xsp
>>25
なんやこれ

29: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:33:24 ID:zEY
>>25
やっぱりソ連かアメリカの打ち上げ実験の残骸なんかな?
ロマンは感じるがちょっとこわE

27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:26:46 ID:V88
バグダッド電池(Baghdad Battery)

イラク・バグダード近郊で1932年頃に発掘された土器の壺。
出土したのは民家遺構の中で、呪文が書かれた3つの鉢と共に置かれていた。
高さ約10cm、直径約3cm程度で、粘土を焼いて作った素焼きの土器の中に固定された銅の筒が入っており、
さらにアスファルトで塞がれたシリンダーの中に鉄製の棒が差し込まれている。
また、底には何らかの液体が入っていた痕跡があった。
1938年に「電池の一種ではないか」とする論文が発表され、その後1978年に「電池と推定される器具」と展示されたことで世界中に紹介された。

電解液として酢や葡萄酒を用いた結果、電圧0.9~2ボルト程度で発電される事が分かったが、発見時と同じくアスファルトで口を閉鎖した場合はすぐに電流が止まってしまう事も確認されている。
また、壷の様式はサーサーン朝様式で、同様の構造の壷が他にも多数発見されている事、それらからパピルスの繊維が確認されている事から、この壷は宗教的な祈祷文を入れて埋める壷であり、金属棒は巻物の芯棒だったという説もある。

バグダッドの電池


電気を見つける事と、電気を扱う事は別の問題とも言われるが…
バグダッドの電池

30: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:34:05 ID:VEs
ワクワクするぅ             

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:35:48 ID:V88
氷河時代の金属容器(Metallic Vase)

この遺物(?)は載せるべきか迷ったが、一応記載しておく。
アメリカ・マサチューセッツ州で1850年頃に発見された金属の容器。
ドーチェスターにある岩山で建設工事が行われた際、作業の一環で爆破工事を行ったところ、岩の破片の中から2つに割れた金属が発見されたという。
2つの金属はぴったりと合い、鐘状で高さ12cm程度の容器である事が分かった。
材質は銀を多く含んだ合金で、外側には花柄模様が銀細工で装飾されていた。
金属容器が埋まっていたのは地下5mの礫岩層の部分で、そこは数万年~200万年以上前(氷河時代)の地層だという。
銅の精錬は紀元前5500年ごろにペルシャで始まったと言われているので、氷河時代のものなら明らかに時代錯誤遺物となる。

氷河時代の金属容器

氷河時代の金属容器

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:37:06 ID:Xsp
>>31
なんで乗せるか迷ったんや?

35: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:42:12 ID:V88
>>32
ソース元(海外の記事)にオカルトっぽい話が多かったからで、深い意味はないで

36: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:46:14 ID:V88
西晋のアルミニウム合金製ベルトバックル(Aluminum alloy belt buckles of Western Jin)

3世紀~4世紀に建てられた古代中国の王朝「西晋」の遺物。
1956年、中国江蘇省にある西晋時代の将軍・周処の墳墓から、一体のミイラと共に金属製の帯留めが発見された。
調査の結果、金属の組成はアルミニウム85%、銅10%、マンガン5%の合金であることが判明した。
アルミニウムは極めて酸化しやすい(錆びやすい)物質で、通常は他の物質と結合して存在しているため、この帯留めを作るには、他の物質からアルミニウムだけを分離・抽出しなければならない。
また、アルミニウムが単体として分離されたのは19世紀になってからというのが化学史の定説とされている。

ここまではよくあるオーパーツの話で終わるのだが、実は周処の墳墓からは17個に及ぶ金属製帯留めが発掘されており、
また、鑑定に使われたのは帯留めではなく墳墓で見つかった小さな金属片だった。
その後帯留め自体を鑑定したところ「銀製」であり、金属片は20世紀以降の盗掘によるものと調査されている。

西晋のアルミニウム合金製ベルトバックル淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編


37: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)17:52:52 ID:V88
コソの点火プラグ(Coso artifact)

「コソ加工物」とも呼ばれる、アメリカ・カリフォルニア州のコソ山脈で発見された点火プラグ。
晶洞石(ジオード)の中から発見されたという話や、
プラグを覆っていた化石化した土は地質学者の調査で50万年前のものという鑑定結果が出た、という話がある。
セラミック製と思われる直径19mmほどの機械の一部が出土し、それは木の筒に包まれ、真ん中には直径2mmほどの金属製の軸が通っていた。
2000年に、「アメリカ点火プラグコレクター協会」から全米を代表する4人の点火プラグコレクターたちがコソ加工物のX線写真をもとに鑑定を行っており、
その結果「1920年代にアメリカのチャンピオン社によって造られた点火プラグに間違いない」という、メーカー名まで一致した鑑定結果が出されている。
50万年前のものという話については、鑑定した地質学者とされる人物が実在するかも分からず、学術的な調査は一度もされていない。
スミソニアン博物館などがこの遺物の引き取りを検討していたが、所有者が2万5000ドル出さなければ手放さないと主張したため、引き取られることはなかった。
その後現物は行方不明となっており、写真しか現存していない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

38: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:02:10 ID:V88
トゥーラの戦士像(Tula warrior statues)

メキシコ・イダルゴ州にある遺跡「トゥーラ=シココティトラン」の戦士像。
この遺跡にある「ピラミッドB」と呼ばれる建物は、構造などがチェチェン・イツァの建物と酷似しており、どちらが先の技術なのか論争が繰り返された過去がある。
そのピラミッドBの上に立つ戦士像は、腰にホルスターに入った銃のようなものを携えているという話がある。
写真を見たところそのようにも見えなくもないが、何かの工具のようにも見える。
セント・クラウド州立大学のアイヴァン・ ワトキンズ教授は、
トゥーラ以外の遺跡でも多くの切り石が未知の技術によって切断・加工されており、太陽光を利用した熱放射装置のような技術があったのではないかと主張している。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

下の写真は、装置で火を扱う戦士が彫られているという説がある
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

40: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:16:21 ID:V88
秦のクロムメッキ剣(Chrome-plated swords of Qin)

中国・陝西省にある「秦の始皇帝陵墓」周辺に埋納された遺跡「兵馬俑坑」から出土した剣。
兵馬俑坑は考古学史における20世紀最大の発見の1つとされ、8000体の武士俑などが出土している。
兵たちの特徴は、「どれ一つとして同じ顔をしたものはなく」「様々な民族で混成されており」、そしてオーパーツと呼ばれる剣を腰に差していた。
長さ90cmの青銅の長剣はクロムメッキ加工が施され、製作から2200年以上が経過した現在でも光沢があり、重ねた新聞紙を切るだけの切れ味を持つ。

西欧におけるクロムメッキ技術は1937年にドイツで発明された近代のメッキ技術で、
鉄とクロム化合物を密閉容器に閉じ込め、水素ガス/アルゴンガスを吹き込み、1000度に熱してメッキを施すというものだった。
秦の時代にこの技術が存在したという記録はなく、150年後の漢の時代に作られた銅剣は、どれも原形をとどめないほど腐食している。
なぜテクノロジーが継承されなかったのか、どのような技術が使われたのかは現在も不明とされる。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

41: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:18:11 ID:HCx
こういうのテンション上がるわ

43: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:24:38 ID:V88
越王の剣

「越王勾践剣」は、中国春秋時代後期の越の王「勾践」が保有していた8本の名剣。
長らく伝説の剣とされていたが、1965年にそのうちの1本が湖北省で出土した。
剣の長さは柄の8.4cmを含めて55.7cm、幅4.6cm、重量875g。
両面に菱形の連続パターンが施され、ターコイズと青水晶とブラックダイヤモンドで象嵌されている。
越王の剣は「秦のクロムメッキ剣」と同じように、2千年以上経過したにも関わらず腐食する様子も無く、今でも鋭さを保っている。

近代的な手法蛍光X線で解析を行った結果、剣本体は銅で作られており、
刃の鋭さを維持し硬くするため錫が多く含まれ、表面の模様には硫黄が多く含まれ変色を抑えていることが判明した。
研究が進むと、剣全体が薄いクロムの層に覆われている事が発見された。
これは秦のクロムメッキ剣と同様の処理によるものと考えられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

44: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:31:29 ID:V88
デリーの鉄柱(Iron pillar of Delhi)

「チャンドラヴァルマンの柱」とも呼ばれる、インド・デリー市郊外にある鉄柱。
「アショーカ・ピラー」(アショーカ王の柱)という呼称もあるが、
アショーカ王の建てたものではなく、それより700年近く後のものとされている。
99.72%という高純度な鉄で作られており、表面にはサンスクリット語の碑文が刻まれ、頂上には装飾的なチャクラがあしらわている。
この柱は「1500年間錆びない鉄柱」という話で有名になり、よくオーパーツとして取り上げられた。

鉄柱が純度の高い鉄製だから錆びないというのは誤りらしく、
純度が高い鉄でも50年も放置すれば錆びるそうで、この鉄柱が錆びないのはむしろ不純物の存在が鍵だという話がある。
1つの説として、表面に押し出されたリンが鉄と結合してリン酸鉄を作り(インドの鉄がリンの含有量が多い)、
それが表面をコーティングして錆を防いでいたというものがある。
また、観光客たちが不思議な力にあやかろうと柱を触ったために錆が落ちたという話もあるが、1997年以降は柵囲いが設けられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

63: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:05:29 ID:I31
>>44
地中部分は腐食してボロボロらしい

45: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:39:34 ID:V88
コッテンフォルストの鉄柱(Iron pillar of Kottenforst-Ville)

ドイツのコッテンフォルストにも錆びない鉄柱といわれるものが存在する。
地元では「Eiserner Mann」(英語訳でIron Man=鉄の男)と呼ばれている。
しかし、デリーの鉄柱の方が圧倒的に有名になってしまったため、
写真や記述は少ない。
地上に1.4m、地中に2.7mの深さまで埋められた鉄柱で、600年以上の間錆びていない部分があるそうだ。
鉄は酸素を取り込み、鉄鉱石などは酸化鉄の状態で安定し、精錬した鉄も同様に酸化するため、過程で生じる酸化鉄は錆となる。
デリーの鉄柱はインド特有のリンという不純物や観光客が触れた事などが原因として挙げられているが、ドイツの鉄柱はsandbed pouring techniqueという技術が使われたと考えられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

46: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:47:38 ID:V88
Baigong Pipes

中国・青海省にあるBaigong山の山頂には三角形の入り口を持つ3つの洞窟がある。
ここには数百本のパイプのような構造物が点在している。
パイプは山の奥深くにもあり、また、いくつかは近くの塩水湖にも存在するそうだ。
製作者は不明。自然発生的なものという説もある。
大きいもので直径40cmあり、意図的に配置されているという話も噂されている。
分析では、30%酸化鉄と、大量のシリカ(ケイ酸/酸化シリコン)、酸化カルシウムで構成され、8%は不明となっている。
用途としては、古代の天文学実験室という推論が挙られている。
また、2007年の調査でパイプの一部は高レベルの放射性を持つことが確認された。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

人工物…?
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

47: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:52:28 ID:V88
アユードのアルミ楔(Aluminum Wedge of Aiud)

1974年、ルーマニア・アユードの東1.2マイルにあるムレシュ川河岸で楔型の物体が発見された。
地中約10mのところから、2体のマストドンの骨とともに掘り起こされたという。
ハンマーの頭の部分のように見えるこの物体は、薄い酸化物の層に覆われたアルミ合金でできていた。
アルミが発見されたのは1808年で、
量産されるようになったのは1885年以降とされている。
この楔はマストドンの骨と同じ地層から発掘されているため、少なくと1万1000年前のものであると考えられているそうだ。
最も、そんなロマン溢れる話に水を差すような説も存在する。
それは、「発掘の際、掘削機の歯の1つがマストドンの骨の近くに壊れ落ちた。それを機械に疎い人間が誤って古代のものだと認識した」という説である。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

48: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)18:58:40 ID:V88
水晶髑髏(Crystal Skull)

水晶で作られた人間の頭蓋骨模型。現在十数個が確認されている。
そのほとんどがマヤ文明やアステカ文明、インカ帝国といった中南米の考古遺物とされているが、出土品かどうかについては懐疑的な意見もある。
一般に水晶髑髏といえば、イギリス人のミッチェル・ヘッジスが1927年にベリーズのルバアントゥン遺跡で発見したとされる「ヘッジス・スカル」を指すことが多い。
ヘッジス・スカルはミッチェルの養女アンナの17歳の誕生日に発見され、彼らが遺跡の調査を中断して私蔵したため、様々な憶測を呼んだ。
1970年代の分析によると、加工痕がなく、水晶の石目を無視して掘られているという結果が出たそうだ。
その後2008年に精密調査が行われた結果、電子顕微鏡によって水晶髑髏の表面にダイヤモンド研磨剤による切断跡が確認され、19世紀末以降に製作されたことが判明した。
水晶は加工の難しい物質だが、人力では300年以上かかるとする見解もある一方で、手作業で半年ほどで制作してしまうグループもいるという。

また、水晶髑髏には光を1点に溜めるもの、様々な色に光るものがあるという主張もあるが、学術的な研究や検証は行われておらず、効果とされるもののうちの幾つかは生理現象や物性による説明も可能とされる。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

71: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:21:25 ID:OpA
>>48
探検隊の話自体が色々辻褄あってないそうやね

50: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:04:33 ID:V88
→ブリティッシュ・スカル(British Crystal Skull)

アステカの遺跡から発見されたという水晶髑髏。大英博物館所蔵。
円盤型の回転工具による加工痕があり、ヨーロッパで19世紀後半に製作されたものであることが判明した。
研磨はダイヤモンドを混ぜた鉄製工具で行われたと見られている。
また、含有物の調査によって水晶はマダガスカル産であることも確認された。
この髑髏はパリで骨董品店を経営していた古物商ユージン・ボバンが所有していた物で、3500フランで展示されたが買い手がつかず、ニューヨークの宝石商ティファニーに950ドルで販売されたという。

他にも
「パリス・スカル」「マックス・スカル」「シャ・ナ・ラー・スカル」「マヤ・スカル」
「アメジスト・スカル」「ローズ・スカル」「カース・スカル」「ETスカル」などの水晶髑髏が存在する。
オカルト的な話では、「水晶ドクロは全部で13個あり、全てが再び一ヶ所に集結した時、宇宙の謎が暴かれる」という俗説がある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

漫画「スプリガン」でも有名
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

51: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:14:47 ID:V88
アッシリアの水晶レンズ(Nimrud lens)

「ニムルドレンズ」とも呼ばれる、約3000年前にあった世界最古の水晶レンズといわれるもの。
ニムルドにある紀元前7世紀の古代アッシリアの墓から1853年に発見された水晶製の小片で、調査したレンズの専門家がレンズと結論づけたことからこの名で呼ばれている。
水晶は長さ4.2cm、幅3.45cm、中心部の厚さが0.64cmで、平凸レンズの形状をしている。焦点距離は12cm。
発見者のオースティン・ヘンリー・レヤードは「この小片は多くの不透明な青いガラス片の下から出土した。
それらのガラスは朽ち果てた木製や象牙製の何かを覆っていた象嵌材の破片と考えられる」と報告している。
実際に、これは象嵌に使用されたものであり、レンズとしての効果は偶然の産物であるという見解が有力とされている。



淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

53: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:19:35 ID:V88
アンティキティラ島の機械(Antikythera mechanism)

天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械。
この機械は1901年にアンティキティラの沈没船から回収されたが、その複雑さや重要性は何十年もの間気づかれることがなかった。
長期間に及ぶ機械の洗浄の後、1951年頃から本格的な調査が行われた。
製作時期は紀元前150年~100年と考えられており、同様な複雑さを持った技術工芸品はその後1000年間現れることはなかった。
装置は現在の天文学から見ても非常に正確に出来ていて、デザインも美しく、歴史的に見てモナ・リザよりも価値があると言われる事もある。
縮小化と部品の複雑さは18世紀の時計と比較しても遜色ない仕上がりになっている。

クランクを回転させると機構が太陽、月やその他の天体の位置を計算する。
また、暦ダイヤルを4年に1回1日分戻すことにより実際の1年(約365.2422日)との誤差を補正することができる。
1つの仮説として、月の運行の計算技術に天文学者ヒッパルコスの理論が用いられているため、おそらく古代ストア哲学者のポセイドニオスかヒッパルコスが製作に関わったとみられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

54: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:31:05 ID:V88
ピラミッド・アイ・タブレット(Pyramid with the eye in Ecuador)

エクアドルのラ・マナで発見されたといわれる石造のピラミッド型工芸品。
1980年代に金の採掘主任ギレルモ・ソトマヨーアによって、深さ10mの廃坑から300余りの遺物が発見された。
その後、これらの遺物はソトマヨーアの知人にまとめて譲渡され、保管されていた。
1999年、遺物の中に「プロビデンスの目」に似た模様があるピラミッド・アイ・タブレットが眠っていたのが発見され、
その後ウィーンで開かれた「未解明の謎展」で大きく取り上げられた。

高さは27cmで、表面は三角形状になっており、
頂点部分に一つの目が象嵌されている。
目の下部には13の水平な段が刻まれていて、底面には黄金の埋め込み細工で、オリオン座の配置が描かれている。
その下には絵文字が刻まれており、クルト・シルトマン教授の解読によると、先サンスクリット文字で「創造主の息子がやってくる」と書かれているそうだ。
2005年時点で、この遺物について学術的な調査は行われていない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

神の目、或いは神そのものを意味する「プロビデンスの目」(中世でよく使われた)
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

55: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:41:16 ID:V88
プレ・インカの白色染料(White dye of Pre-Inca period)

プレ・インカは、南米・インカ帝国以前のアンデス文明の諸文化で、未だ謎の多い文明。紀元前1000年頃から発生したと考えられている。
プレ・インカの織物に使われた染料はオーパーツと言われており、織物には鮮やかな「白色」に染め上げられた部分があるという。
現代の染色技術界には「白色顔料」はあるが、「白色染料」は存在しないそうで、
理由としては、染めなくても漂泊という比較的安価な方法があるためといわれる。
ものを白く染めるにはムラが目立ち易いため、大量の染料が必要且つ光に強い構造にするには高価になり過ぎるそうだ。
また、漂白・白抜き・顔料などの方法はどれも長持ちしないとされるが、プレ・インカの白色染料は1000年後も白色を保つといわれている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

72: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:23:20 ID:OpA
>>55
インカは色々技術高いイメージや

57: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:49:52 ID:V88
コロンビアの黄金ジェット(Quimbaya artifacts)

コロンビアの遺跡から発掘された、飛行機やシャトルを思わせる黄金細工。
「黄金スペースシャトル」とも呼ばれ、英語では「Quimbaya artifacts」(キンバヤ遺物)と呼ばれる。
シヌー文化(西暦500年~800年)時代のものという説と、もっと古いプレ・インカ文明のものという説がある。
動物学者であり、世界的に有名な超常現象研究家のアイヴァン・サンダーソンが、
「三角翼と垂直尾翼があり、ジェット機やスペースシャトルにも見える」と考えた事で有名なオーパーツの1つとなった。

大きさは幅5cm、高さ1cmほどで、実はこれ以外にも鳥や昆虫・魚を模したと思われる大量の類似品が見つかっているが、
オカルト本などでは大抵の場合この黄金ジェットだけが紹介されている。
魚や鳥がモデルであれば流体力学的に理にかなった形状を持っていても不思議ではなく、中でもモデルとして有力視されている生物に、同じ南米に生息するナマズの「プレコ」が挙げられている。
発見場所のコロンビアとナスカの地上絵のあるペルーが場所的に近いことや、
黄金ジェットとナスカの地上絵の造られた年代が一致することから、なんらかの関わりがあるのではないかとも言われている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

右上のプロペラ機みたいな物の方が不気味
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

ナマズの一種「プレコ」
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

60: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)19:55:32 ID:V88
遮光器土偶

遮光器(しゃこうき)土偶は、縄文時代につくられた土偶の一種。
一般に「土偶」といえばこの型のものが連想されるほど有名な型で、
目にあたる部分が、イヌイットやエスキモーが雪中行動する際に着用する「遮光器」のような形をしていることから呼称がつけられた。
遮光器土偶は主に東北地方から出土し、縄文時代晩期のものが多い。
胴部には紋様が施され、朱などで着色された痕跡があるものが主なタイプ。

人間の形を逸脱したようにも見える極めて特徴的な形態から、
一部では「宇宙服を着用した人(或いは宇宙人)の姿を模ったもの」という説が提唱されている。
その他にも、古代シュメールの女神イシュタルと似通っているという話がある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

61: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:00:46 ID:V88
サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士(The astronaut of Salamanca Cathedral)

スペインのサマランカ旧市街に位置するサラマンカ大聖堂には、宇宙飛行士を模したレリーフがあるという。
大聖堂を作り始めたのは1102年で、竣工は1300年~1400年頃とされている。
その後、1600年~1800年の間に新大聖堂が建てられた。
問題はこの新大聖堂で、建物の北口には豪華な彫刻で飾られたヒサシが備え付けられているが、その中に奇妙な人物が彫られている。
特徴的な服やヘルメット、酸素を供給するパイプ、生命維持装置などは、完全に近代的な宇宙飛行士を思わせる。

実は、この彫刻は17世紀に彫られたものではなく、そのずっと後、1992年の修復工事で付け加えられたものだそうだ。
これはミゲル・ロメロという石工によって付け足された物であり、
20世紀の象徴として宇宙飛行士のデザインを選んだと言われている。
また、装飾の中にはアイスクリームを食べる化け物なども紛れ込んでいる。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

62: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:04:45 ID:V88
キエフの宇宙飛行士(The astronaut of Kiev)

キエフは、東欧・ウクライナの首都。
この地で紀元前800年頃から繁栄した「スキタイ文明」は、遊牧民の文明だった。
その遊牧民の1つ、カヤポ族の遺物とされるものがオーパーツと呼ばれている。
アルタイと呼ばれる地域の凍った墓の中から見つかったのもで、材質・大きさは不明。
紀元前700年前のものと推測されているが、紀元前2000年頃という説もある。
「宇宙飛行士」または「ロボット」にも見えるとして、海外のページでも多く紹介されている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

67: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:11:32 ID:V88
エル=バウル記念碑27号(El Baul monument No.27)

エル=バウルは中米・グアテマラの南部高地、
太平洋岸近くに位置する400年ごろの遺跡。
ここには「コツマルワパ様式」と呼ばれる、この地で盛行したと考えられるナワ族風、メキシコ風の図像に特徴づけられる石彫群がある。
コツマルワパの石彫の特徴は、「骸骨や人体模型」のようなレリーフ、「球戯や球戯者」に関連する図像などとされる。

中でも、「球戯者の石碑」と名付けられた「エル=バウル記念碑27号」は、
顔は猿に似た動物で、体は人間、目の周囲が窓のようになっており、ヘルメットを装着しているように見え、さらにそのヘルメットからはチューブが出て背中のタンク状の装置に連結している。
口に当たる部分からは炎らしきものが吹き出している(これは象徴化された水という説が有力)。
奇妙な石彫のため、一部では「マヤの人々が人間ではない何かを描いたものではないか」という説が挙げられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

70: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:20:16 ID:V88
パレンケの石棺の浮き彫り(Tomb of K'inich Janaab' Pakal)

パレンケは、中米・メキシコに存在するマヤ文明の古代都市遺跡。
7世紀に最盛期を迎えた宮殿を中心とする建物群を密林の中に配置している。
18世紀の半ば頃、スペイン人に発見され、1948年から本格的な調査が始まった。
1952年に肖像画やマヤ文字、石棺、そして615年~683年に在位した「パカル王」の遺体が発見された。

パカル王の石棺の浮き彫りは、
横から見るとロケットに乗った宇宙飛行士のように見えるため、
マヤ文明が宇宙人によって作られたと述べるUFO研究家の間で広く知られている。
この説は、1968年にスイスのエーリッヒ・デニケンが著した「未来の記憶」によって広く伝わった。
確かに横に見ればロケットのようにも見えるが、
この石棺の図柄は縦に見て「生命樹の下に寝そべる王」を表現したものであるという説が一般的な解釈とされている。

ロケット説では横に見て
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

生命樹説では縦に見ます
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

73: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:30:27 ID:V88
ヴィマーナ(Vimana)

古代インド最古の古典「リグ・ヴェーダ」の叙事詩「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」に登場する、自在に空を飛ぶ乗り物。
現代の航空機のようにさまざまな形式があり、多くは英雄たちによって戦争などに使用されている。
大気圏または、大気圏外への航行が可能なヴィマナもあったとされ、この故事から現代のインドでも航空機はヴィマーナと呼ばれている。

また、紀元前10世紀頃に書かれた「ヴァイマーニカ・シャストラ」にはヴィマーナの製造方法や操縦法が書かれている。
ヴィマナの構造や材質、飛行能力の各種別やパイロットの訓練といった運用面に至るまで、100ページ以上を割いて細部に渡る記述が見られる。
ただし、この書物は一種のチャネリング(霊的・神的交信)によって20世紀初頭に口述・作成されたという話もあるので、
紀元前10世紀に航空機の詳細な情報が伝えられていたという説には懐疑的な意見も挙げられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

こんな感じで飛びます
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

74: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:34:23 ID:V88
有翼円盤(Symbolism of Shamash)

アッシリアを始めとするメソポタミアの古都遺跡には、円盤(或いは円環)に翼が生えた「有翼円盤」と呼ばれる彫刻がある。
この翼を鳥とみなすと、大きく広げた翼の真ん中(鳥の胴体に当たる部分)に円盤(円環)があり、その円盤からは王冠らしきものをかぶった横向きの人物が現れて、左手に輪のようなものを持ち、右手を軽く挙げている。
このような奇妙な描写から、有翼円盤は「古代におけるUFOの描写」で、
古代人は大きな翼を用いてそれを表現し、円盤から出ている人物は、王たるもの=宇宙を統べる者ではないか、という説がある。

定説では、この有翼円盤は「神を象徴するもの」とされ、それはメソポタミアの太陽神シャマシュを指すと考えられている。
また、鳥の翼をつけた円盤というイメージは古代エジプトが起源で、鷹の羽根をつけた日輪は天空神ホルスの象徴といわれている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:40:45 ID:V88
マヤの飛行艇(Flying boat of Mayan civilization)

マヤ文明の大規模な都市遺跡は紀元前400年頃から築かれはじめ、
メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズなどの
いわゆる「マヤ地域」を中心として栄えた。
年代は不明だが、メキシコのヴェラクルスにあるメヒコ神を祀った遺跡からオーパーツとされる遺物が出土している。
遺物を見てみると、機体の両側には翼とみられる穴のあいた半円状の構造物、尾部には2対のパイプがある。
ヘルメットをかぶり、肩にパットを付けたような人物が座り、操縦桿のような装置が後ろに付いている。
これは「飛行艇」を模したものではないかという説があり、構造的に見て、両翼の穴にはタービンがあり、ホバークラフトのような機体を連想させる。
勿論航空機の技術は近年になって確立したものだが、
世界各地の遺跡から航空機を模した遺物が出土しており、古代には高度に発達した航空技術があったという推論もある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

77: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:45:14 ID:V88
古代トルコのロケット(The rocket of Ancient Tukey)

トルコの東方にあたる古代ウラルトゥ王国から出土した奇妙な彫像。
(トルコ・イスタンブールのトゥスパ遺跡から発掘という記述もあり)
遺跡の年代から約3000年前のものと推定されており、長さは23cm程度。
円錐形の機体の左右に短い水平翼があり、中央にあるコップピットのような場所には、
首の欠けてしまったパイロットが宇宙服のような服を着て、ひざを抱えるようにして座っている。
また、後方にはジェット噴射ノズルのようなものが3本付いている。

紀元前に空を飛ぶ乗り物の存在は確認されていないが、トルコ近辺、メソポタミアには非常に発展した文明があった。
そのため、一部では「宇宙人がシュメール人を作った」
「(王位が1万年という謎の記録がある事から)シュメール人は地球人ではなかった」などという噂が囁かれている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

79: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:51:25 ID:V88
スク寺院のロケットのレリーフ

インドネシア・ジャワ島のスク寺院にあるピラミッド型の建物屋上には、
高さ2mのファロストーンのレリーフが佇んでいる。
上部には太陽と月が浮かび、
下部にはロケットにそっくりな先の尖った物体が彫られている。
ロケットには叡智の象徴である蛇も描かれているという。
寺院の建立は15世紀頃とされており、当然その時代にロケットは存在しないが、このレリーフ自体がいつ頃の物なのかは不明。
インドネシアでは仏教・イスラム教が伝来する前はアニミズム(地霊・精霊信仰)が盛んであり、このロケットは「リンガ」と呼ばれる、シヴァ神を象徴する男性器の形をした彫像の一種ではないかという話もある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

エジプトのクシュ遺跡にあるレリーフにも似たようなものが彫られている

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

81: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:56:34 ID:V88
エジプトのはずみ車(Egyptian flywheel)

カイロにあるエジプト博物館でひっそりと展示されている遺物。
1937年に、カイロ郊外のサッカラ(ギザの大ピラミッドの南)の第一王朝皇太子サブーの墓から発見された。
製作年代は紀元前3100年頃で、直径70cm、厚さ10cmほどの、加工の難しい片岩(シスト)でできた遺物。
対象的にデザインされた規則正しい曲線からなる。
この奇妙なデザインは古代遺跡の発掘物のなかで類を見ないタイプであり、当時の時代感覚からすると、何かを模倣して作られた可能性があるそうだ。
また、米国ロッキード社の技術者は、「自分たちが近年、宇宙船や機関車の新型エンジン用に試作した『弾み車』にそっくりの形態だ」と述べている。
そのため、この遺物は一部で古代のジェット機の動力部分に使われていた物を複製したオーパーツではないかという扱いを受けており、「フライホイール」の名で呼ばれている。

エジプトの弾み車
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

現代の弾み車
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

82: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:01:34 ID:V88
ファラオのタービン(Pharaoh's turbine)

1997年に考古学者のペルドリゼットがブバスティスから発掘した遺物。
現在はカイロ博物館に貯蔵されている。
外形は花瓶のように見えるが、両端が開いているので違う用途と考えられる。
内部の筒型の空間には波形の筋が刻まれていて、タービン或いはスクリューを連想させる構造になっている。
解釈はさまざまだが、何らかの動力に関連する物と言う見解が大半といわれる。
ネット上に写真が少なく、タービンらしきものの素材も写真からは判断しにくい。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

83: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:08:40 ID:V88
古代エジプトのグライダー(Saqqara Bird)

有名なオーパーツの1つなので載せておく。
紀元前200年前後のプトレマイオス朝時代(時代区分から言えば「古代エジプト」ではない)の墳墓から発掘された、15cmほどの木製品。
カリル・メシハという医学博士がこれを飛行機だと主張し、同様の模型を作成して飛ばしたところ、かなりの距離を滑空することが判明したという。
軽量のいちじくの木で作られていることから、模型を小型飛行機の大きさに拡大しても十分に飛行が可能だそうで、そのためオーパーツであるという説も挙げられている。

遺物には目とくちばしが付いており、「小鳥を模した木製模型」であることは写真を見れば一目瞭然だが、過去に出回った「グライダーに見える」と称された写真の多くは目や嘴の写らない角度から撮影したものとなっている。

このような角度で紹介される事もあるが…
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

完全に鳥
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

84: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:10:44 ID:LkC
オーパーツってやっぱ前に栄えた文明の名残なんやろか

85: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:14:26 ID:V88
黄金ブルドーザー(Gold Dozer of Panama)

1940年に、パナマ南部のコクル地方で発見された遺物。
そこでは西暦500年~800年頃に作られた複数の黄金細工が見つかり、そのほとんどが動物をモチーフにしていたが、中には判別が出来ないものもあった。
この遺物は全長12cmほどで、背中にエメラルドが埋め込まれていた。
初めはジャガーかワニがモデルになっていると考えられたが、
尻尾に歯車があり、背中が平らで、胴が短く、また、足の関節が全て逆に付いているという謎が残った。
さらに、動物学者・超常現象研究家のアイヴァン・サンダーソンによって、
「これは古代の採掘機(ブルドーザー)ではないか」という仮説が挙がった。
尻尾に見えたのは掘削用のアームであり、先端にあるのは歯車動輪付きの鋤(すき)で、逆になった関節は車体を支える緩衝装置だという。

歴史家クセノフォンの記述には「クレーンのような物を使った」と言う記述があり、
古代ピラミッド等の遺跡が人力以外のもので作られたという仮説は未だ根強いので、古代に機械が使われていたという話によく取り上げられる。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

86: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:20:59 ID:V88
古代の鉄製ハンマー(London Hammer)

1934年にアメリカ・テキサス州ロンドンで発見されたハンマーの化石と言われるもの。
付近を散策していた夫妻が風化した岩の塊を発見し、その岩から木製の柄のようなものが出ている事に気づいたという。
1989年にハンマーの頭にある鋳鉄の成分をX線断層検査したところ、
鉄96.6%、塩素2.6%、硫黄0.74%、珪素0.06%という測定結果が出た。
鉄の純度が高いのは「錆びない鉄柱」などとも似ているが、現代の技術では塩素を含んだ合金が作れない事で疑問を呼んだ。
また、ハンマーの柄の部分は化石化しており、これは例えば労働者が置き忘れたハンマーが泥と土の中で固まった、という考えを退けるものとされる。

製造年代については、出土した地層から判断すると1億4000万年~1億6000万年前のものだという。
ただし、X線断層撮影で内部の元素分析を行うことは最新の理化学機器を以っても不可能である上、表面の分析では付着した塩化物(人体由来など)の影響も考えられ、分析精度自体が疑わしいとも言われている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

89: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:36:07 ID:V88
カンブリア紀の金属ボルト(The metal bolt of Cambrian)

1997年にロシア・ブリャンスクで発見された、石の中に埋まっていたボルトのようなもの。
モスクワ地質研究所が石の年代を調べたところ、およそ15億年前という結果が出た。
石の大きさは20cm程度で、後のX線検査で石の中には同様のボルトが10個ほどあるのが確認された。

当時、15億年前はカンブリア紀と知られていた事からこの名称が付いたと思われるが、
現在の地球年表を見てみるとカンブリア爆発が起きたのは5億7000万年前で、15億年前には大陸移動による超大陸の誕生が起きており、
多細胞生物の出現は10億年~6億年前とされている。
また、ヒトの歴史は約200万年~300万年、猿人の誕生を含めても600万年~700万年なので、当然このボルトができた時代にはカケラも存在していない。
モスクワ航空大学のチェルノブロフ教授は「15億年前に地球にやってきた宇宙船が何らかの原因で故障・爆発し、飛び散った部品の一部」と主張している。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

90: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:37:05 ID:Yxl
ロマンやなあ
みてて楽しいわ

91: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:42:01 ID:V88
→三億年前のネジ

1990年代にロシアの岩石の中から3億年前のものとされるネジが見つかったという記述もあった。
これは上述の「カンブリア紀のボルト」と同じものだろうか?
「発見以来、世界中から大きな注目を集め、正体を巡って激論が交わされてきた」といわれ、「ロシアの科学者は、高度な発展を遂げたが滅亡した人類の失われた文明か、あるいは異星人の手によるものと主張する」と記述されている。

このネジは一方で海洋生物の化石だとする専門家も存在し、太古の海に生息していたウミユリの仲間の化石という説が挙げられている。
ネジ状の形はウミユリが分解する前に周囲に岩が形成されたことによるものだという。
物体を発見したのは「コスモポイスク」というロシアの超常現象研究機関で、隕石の衝突跡地を調査していた際に偶然発見したそうだ。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

ウミユリの化石
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

ステム(茎)の部分
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

92: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:46:31 ID:V88
更新世のスプリング(Prehistoric Hi-Tech Nanospirals)

1991年頃に、ロシア・ウラル山脈東部の川で金採掘をしていた人々が発見したらせん状の極小部品。
これらのスプリングはロシア科学アカデミーとヘルシンキの技術研究所により分析され、製造年代は推定2万年前~30万年前という結果が出た。
更新世はほとんどが氷河時代だったが、ネアンデルタール人や北京原人といったヒトも活動している。
発掘された金属類は銅製のコイルやネジのようなもので、加工に数千度の温度が必要なタングステン製のものもあった。
注目すべきはそのサイズであり、最小のものは0.003mmで、ほぼ完璧に成形された輪のついたネジまで発掘された。
また、検査を行ったロシア科学アカデミーはロシア国内で有数の権威を持つ機関であり、世界中の科学者がこのニュースに耳を傾けた。

しかしその後、出土品以外にも同じ場所で同じようなスプリングが数千個発見される事になる。
これは幾らオーパーツでも数が多すぎるとして、この土地の歴史を調査した結果、旧ソ連の時代に工業プラントがここで稼働していた事が判明。
さらに、そのプラントが閉鎖される際に出た産業廃棄物の処理に困り、この土地を掘り返して埋めてしまったという事が発覚した。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

93: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:50:05 ID:V88
ネブラ・ディスク(Nebra sky disk)

ドイツ中央部の街・ネブラ近くにあるミッテルベルク先史時代保護区で1999年に発見されたといわれる青銅の円盤。
直径約32cm、重さ約2050gの青銅製で、大小幾つかの金が張られている。
元々の円盤には、37個の金のインレー(象嵌)があり、円盤の縁は前面から38個の穴が互いから決まった位置に開けられていた。

2005年、ドイツの研究チームはこの円盤を「約3600年前に作られた人類最古の天文盤である」と結論付けた。また、ネブラの天文盤は前期青銅器時代の極めて裕福な王侯の墳墓と密接に関係しており、先史中央ヨーロッパの初期に強い社会的な格差があったことの証と考えられている。

写真奥の円盤
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

95: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)21:58:02 ID:V88
ドロパ族の石円盤(Dropa Stones)

1938年に中国とチベットの境界に住む「ドロパ族」の地、青海省にあるインハル山脈(バインバル山麓という記述もあり)の洞窟から発見された石円盤。
ディスクは全部で716枚あり、花崗岩で作られ、内部に電気回路のようなものがあったとされる。
ロシアの検査によると、コバルトを含む金属物質が確認されたという。
製造年代は約1万2000年前~2万年前とされている。
また、ディスクの横からは正体不明の遺骨が数体発見された。
遺骨は幼児と思われ、身長が低く、頭が異常に大きいのが特徴だそうだ。
(もっと大きく120cm程度で、洞窟には宇宙の星々が描かれていたという記述あり)
写真を見ると眼窩が大きく、奇形の水頭症などとは違うようにも見える。
学者による調査の結果「適切な変換機があれば、ディスクに収められている電気信号を再生する事は可能だろう」ということだったが、再生機器はいつしか失われたという。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

遺骨
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

104: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:32:24 ID:sFg
>>95
ディスクは二次大戦で全部行方不明になったそうな

96: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:01:47 ID:V88
発生学円盤(Ancient disc of embryology)

「遺伝子のディスク」とも呼ばれる、南米・コロンビアから出土した円形の石の円盤。
炭分を含む「スレート石」という花崗岩と同程度の硬い石で作られており、直径22cm~27cm、重さは約2kg。
円盤は手で磨き込まれており、ボゴタ大学の地学者による調査では6000年以上前に作られたものと分析されている。
表面には男性の精子から胎児にいたるまでの成長過程、
裏面には細胞分裂の様子や生物の成長過程を思わせるものが段階を分けて描かれており、子供の絵、男女の区別などが見られる。
これらは顕微鏡のない時代に生物の発生・進化の過程が知られていたことを示唆するため、オーパーツという説が挙げられている。
この場合最も疑われるのは製造年代の偽装だが、最近の調べでその可能性は否定されているそうだ。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

99: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:15:06 ID:V88
アステカのカレンダー(Aztec calendar stone)

アステカは、1428年頃~1521年までメキシコ中央部に栄えたメソアメリカ文明の国家。
アステカの遺跡はスペイン人の侵略によって破壊され、わずかに残っているだけだが、
その中でも特に重要な遺物として、1790年に発掘されて以来「科学への桃戦」と呼ばれた太陽の石「アステカのカレンダー」が挙げられる。

円盤の中心にある現在の太陽がさし示す舌、針となる黒曜石のナイフが、
宇宙を形作る4つの運動(ナウイオリン)と一致する時が「第5の太陽の滅亡」といわれ、それは人類の終末を示すとも言われている。
カレンダーによればこれまでに人類は4度滅亡しており、5番目にあたる現在の人類滅亡の日は2012年12月23日(書籍によっては21日~24日)と一部で解釈されていた。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

100: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:17:49 ID:V88
→マヤの予言/マヤ暦の終わり(Mayan Prophecy/Mayan Doomsday)

ニューエイジ(新世界主義・霊性復興運動)関連の書物では、マヤの長期暦(187万2000日を周期とする暦)は2012年の冬至付近で終わるとされ、
その日を終末論と絡めた形でホピ族の預言も成就する(2012年人類滅亡説)といわれている。
しかし、マヤの暦は現サイクルが終了しても新しいサイクルに入るだけで永遠に終わらないという見方もあり、多くのマヤ文明の研究家たちも終末説を否定している。
また、2010年~2011年にグアテマラで9世紀頃の遺跡から「マヤ最古のカレンダー」が発見され、その結果2012年の終末を窺うものは見つからなかったと米科学誌サイエンスで発表された。

しかし、マヤ文明の暦を研究しているロバート・ワナメーカーは「マヤ暦にうるう年の計算が入っていなかった為に誤った情報が流れた」と言及し、
うるう年を考慮した完全な滅亡の予言は「2015年9月3日」であると発表した。
さらに、2015年9月3日滅亡説の信憑性を高める証拠として、
古代エジプトのイシス神殿に祀られている「1465体の神の加護が1年ずつ失われる時、世界が水没がする」という予言があり、
イシス神殿が西暦550年に閉鎖したので1465年後の2015年がXデーだという話、
ジョン・タイターの「2015年に核戦争が起こる」予言、
世界三大予言者の1人ジーン・ディクソンの「2015年に混乱がピークを迎える」予言などが挙げられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

102: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:24:51 ID:V88
アビドス神殿の壁画(Ancient Egyptian Unknown Hieroglyphics)

エジプトの古代都市遺跡アビドスには幾つかの遺跡があるが、
一般的に「アビドス神殿」といえばラムセス2世の父親・セティ1世の葬祭殿を指す。
この遺跡は紀元前1300年頃ものだが、1997年に見学に来ていた研究家が、葬祭殿の一角に奇妙なものを発見した。
そこには、まるで現代のヘリコプターや飛行船、潜水艦のような物体が描かれていたという。
研究家によって撮影された写真は、テレビやインターネットを通して世界中に広まった。
これらの文字はオーパーツとして広く知られ、現在でもアビドス神殿は多くのファンによって注目を浴びている。
この文字に関しては、下記のサイトが詳しく分析しているので一見の価値あり。
http://www.moonover.jp/bekkan/ooparts/4.htm

結論から言うと、この文字は神殿に王名を彫り込んだヒエログリフだった。
ヒエログリフに馴染みのない人間は「文字としての認識」が出来ないが、読める者にとってはただの文字列に見えるそうだ。
また、この神殿以外で似たような文字が見られないのは、
当時、王が代わると王をたたえる神殿の文字なども掘り直す必要があったためで、掘り直しによって一部の文字がくっついてしまったせいだという。
後になって彫られた文字は「九つの外国を打ち倒す」=「(古代エジプトで九は"全て"を表すため)諸外国全てを打ち倒し平定した」という意味になるそうだ。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

105: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:37:21 ID:V88
ハトホル神殿の壁画/デンデラの電球(Dendera light)

エジプト・デンデラの南東約2.5kmにはデンデラ神殿複合体と呼ばれる遺跡がある。
複合体には主神殿のハトホル神殿や、イシス神殿などがある。
ハトホル神殿にあるレリーフには細長い電球を思わせる絵が描かれており、「デンデラの電球」というオーパーツとしても知られている。
エジプトの学者の見解では、レリーフは神話の描写であり、
「ジェド柱」と、「ヘビ」を内側に産む「ハスの花」のエジプト神話の様相を表しているという。
ジェド柱はオシリス神の背骨としても解される"安定"の象徴だそうだ。

この解釈とは対照的に、それは古代のエジプトの電球の描写であると主張する境界科学(フリンジ・サイエンス)の提言がある。
その仮説では、よく似た現代の装置(例えば「ガイスラー管」「クルックス管」「アーク灯」など)との比較に基づき、
これらのレリーフは古代エジプトの電気技術を描写したものとされている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

106: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:42:39 ID:V88
ホンス・メスのパピルス(Khonsu-mes Papyrus)

古代エジプトのホンス神殿に由来すると思われる絵図。
「細胞分裂」を描写している部分があるといわれ、
オーパーツの1つとして知られている。
細胞は17~18世紀に顕微鏡によって初めて確認され、細胞分裂が観察・報告されたのは1842年なので、
古代エジプトで細胞分裂が知られていたのなら歴史的発見である。

この遺物については、いくつか解説があったので参考に記述していく。
まず、パピルスは右から左にむけて読む。
両手を上に広げているのは「百万」=古代エジプトで「無限」を意味するヘフ神。
ヘフ神が手に「アンク」=「生命」を意味する文字をかけている=「永遠の命」を意味する。
太陽(ラー)と死後の復活を意味する儀式を行うマアト女神がいる。
赤い矢印で示したのは冥界の神で、冥界で裁かれる描写になっている。
青い矢印で示した細胞分裂の上に「アケト」=「地平線の絵文字」が書かれている。
細胞壁に見える部分は両側から二人の女神が水を注ぎ、次に白い服を着た故人がイチジクの樹の女神から乳を飲むシーンがある。

これらの描写から、死者の書の「太陽(ラー)とともに蘇らん」の呪文の部分と推測されている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

107: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:47:47 ID:V88
ポンペイ遺跡の恐竜狩り壁画(Dinosaur art of Pompeii)

ポンペイは、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。ローマ人の余暇地として繁栄した。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれ去ったことで有名。この都市は1748年に再発見・発掘が開始され、断続的に発掘が行われた。

そんなポンペイにある「医師の館」とよばれる邸宅跡で奇妙な壁画が発見されている。
壁画にはナイル川と、赤道直下の狩猟民族であるピグミー達が狩りをしている様子が描かれている。
しかし同時に、約2億5000年前に生息していた恐竜ディメトロドンのような生物と、
カバのような体にワニのような顔を持つ巨大な生物が描かれている。
未だ壁画の正体は不明だが、カバやワニがカリカチュア化(誇張)して描かれたものだという説もある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

石膏で復元された遺体(ポンペイ遺跡)
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

110: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:53:14 ID:V88
パレストリーナのナイル・モザイク(Nile mosaic of Palestrina)

ポンペイと同じくイタリアにある都市、
パレストリーナでも奇妙な壁画が見つかっている。
ローマの東に位置し、紀元前8世紀頃から続く都市で、「フォルトゥナの神殿」があったことでも有名。
ここでは古代ローマ時代の紀元前1世紀に建てられた遺跡があり、「ナイル・モザイク」と呼ばれる奇妙なモザイク画が発見されている。
この絵画はナイル川の氾濫の様子を表現したものだが、そこにはイグアノドンに似た恐竜やサーベルタイガーのような動物が描かれ、
さらに地球には存在しない奇怪な生物たちの姿が描かれていた。
その後議論が重なり、近年ではプトレマイオス2世のエチオピア探査、
或いはイシスとオシリスの儀式を描いたものという説が挙げられているが、正体は分かっていない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

111: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)22:56:54 ID:V88
虚舟の蛮女(うつろふねのばんじょ)

虚舟は、茨城県大洗町沖の太平洋に突如現れたとされる、江戸時代における伝説の舟。
1825年の奇談・怪談本「兎園小説」で、作者の曲亭馬琴が「虚舟の蛮女」という題で図版とともに収録しているほか、
兎園会の会員だった屋代弘賢の「弘賢随筆」にも図版がある。
船の形は香の入れ物やお釜のような感じの円形で、直径は三間(約6m)ほど。
松ヤニか何かを用いて隙間なく固めてあり、底は鉄板を連ねて張ってあり、岩に衝突しても壊れないような頑丈な造りであった。
舟の上部には窓があり、漁民達には中の様子がよく見えた。 皆が覗き込むと、中には女が1人乗っていた。
若者が話しかけてみたがまったく言葉が通じないようで、女は二尺(約60cm)四方の大きさの箱をずっと抱えていた。
この女を役所に届けると負担が大きいので、漁民達は相談したうえで、女を元のとおりに舟に乗せ、再び沖に引き出して流してしまった。

虚舟はUFOの江戸時代的表現ではないかとも言われているが、虚舟が動力を持っていた、もしくは空を飛んだ等と読み取れる資料は存在しない。
他にも「潜水艇説」「神の乗り物説」「ただの創作説」などが挙げられているが、その証左となる資料は出ていない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

113: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:02:32 ID:V88
浮世絵に描かれた東京スカイツリー

浮世絵は江戸時代(1603年~)に成立した絵画のジャンルで、一般的に多色摺りの木版画錦絵のことを指す。
浮世という言葉には「現代風」という意味もあり、当代の風俗を描く風俗画とされる。
歌川国芳は江戸末期の浮世絵師であり、奇抜なアイデアと確かな画力で武士絵、妖怪絵など多数の作品を残している。

そんな国芳の浮世絵に「東都三ツ又の図」という作品がある。
これは天保2年(1831年)頃の作とされているが、
絵の左奥、隅田川の向こう側に他の建物を圧するような細長い構造物が2つ描かれている。
これは「東京スカイツリー」を予見して描いたものではないかという事で、オーパーツのような扱いを受ける事になった。
左側の低い建造物は当時存在した火の見櫓(やぐら)といわれているが、右の巨大な組み立て式の塔は実在しなかったという。
1つの説として、(形態は諸説あるが)櫓を誇張して描いたという説が有力視されているが、結論は出ていない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

彼の作品「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

114: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:06:29 ID:V88
浮世絵に描かれたハンバーガー

浮世絵に描かれた女性の足元にハンバーガーのようなものが落ちている。
黄色い物体が飛び出している事から、紙に包まれたチーズバーガーのように見える。
この絵は注視すると下書きのような線があり、版画にそのようなものは残らないため、現代に描かれたものだという意見がある。
また、日本画と違い、ハンバーガーそのものの描き方が西洋風であるとも指摘されており、当時の浮世絵ではないという説が有力とされている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

あからさまだが、浮世絵で描かれたマリオ
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

115: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:10:50 ID:V88
ノモリ像

西アフリカの国、シエラレオネのメンデ地方で発見された花崗岩の石像。
モチーフは人間や架空動物などで、立ち姿や跳び跳ねている格好をしている。
大きさは物によるが10~40cmで、地上から20m~50m地下で発掘された。
その場所で有機物を採取して年代測定を行なった結果、2500年前、古いものは1万7000年前という結果が出たそうだ。
石像の中には、現代になって精製が可能になったクロームの金属球が入っており、
どの石像にも地表面には存在しないイリジウムが含まれているという。
この地方には「有史以前に石の彫刻と化して地上に落ちてきた天使族」の伝承が伝わっており、それと関連のある遺物ではないかという説もある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

右下
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

117: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:18:01 ID:V88
アカンバロの恐竜土偶(Acambaro figures)

メキシコのアカンバロで発見されたといわれる土偶。
1945年、ドイツ人実業家のワルデマール・ユルスルートがアカンバロの町外れにある山の麓で奇妙な土偶を発見した。
土偶は7年間の発掘でおよそ32,000体見つかり、中には恐竜に似たものもあった。
ユルスルートの友人の地質学者が年代の調査を依頼し、ベータ線計数法で測定したところ、紀元前1000年~紀元前4000年のものという結果が出たそうだ。

恐竜は6500万年前に絶滅しており、人類と共存した時期はない。
そのため恐竜を模した土偶がどのようにして作られたのかが議論の対象となっており、
恐竜の化石や爬虫類を観察して作ったという説、人類と恐竜が共存した時代があったという説などが挙げられている。
また、土偶の造形の中には、現在では間違いとされている恐竜観に基づいたもの
(例えば、ティラノサウルス・レックスが直立しているもの)があるので、懐疑的な見方を持つ者も少なくない。
他にも半人半獣のゾウ人間、ワニ人間や翼を持つ竜など、空想の産物のようなものが多数存在している。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

118: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:20:45 ID:V88
トリンギット族のラトル(Shaman's rattle)

トリンギットはインディアン部族の1つで、アラスカ、カナダの先住民族。
「ラトル」は振って音を出す打楽器で、メキシコのマラカスのような種類が有名だが、
トリンギットのラトルは「海竜」をモデルにしたような姿をしている事からオーパーツと呼ばれている。
現在は、このラトルに描かれているのは海竜ではなく、
トリンギット族の間に伝わる伝説の鳥「サンダーバード」であるという説が有力とされている。
サンダーバードはUMA(未確認生物)としても知られるが、神話や伝説から抜けだしたものという認識が強い。
どちらにしても、このラトルはその時代には存在していないであろうものが象られている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

119: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:27:47 ID:V88
タ・プロームの恐竜レリーフ(Dinosaur relief of Ta Prohm )

東南アジアのカンボジアにあるアンコール遺跡群の中に、
タ・プロームという寺院がある。
12世紀末に仏教寺院として建立されたこの寺院は、15世紀におけるクメール帝国の崩壊後、他のアンコール遺跡とともに放棄、無視されることになる。
映画「トゥーム・レイダー」の撮影に使われたことでも有名。
浅浮き彫り彫刻などで寺院の壁に刻まれたレリーフの中心には、多くの神話上の人物や神々、動物などさまざまな種類が描かれている。

その彫刻群の中に、「ステゴサウルスに似ている」とされるレリーフがある。
レリーフに刻まれた動物は全て彫刻者の時代に生きていたものと考えられているが、
恐竜は既に絶滅している筈でモチーフになる事はあり得ないため、オーパーツと呼ばれている。
一方で、ステゴサウルスにしては細かな部分が違うという意見や、サイやカメレオンを模したものではないかという説も挙げられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

120: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:33:16 ID:V88
700年前のミッキーマウス壁画(Mickey Mouse in Ancient fresco)

オーストリアのマルタ村にある教会で発見されたミッ○ーマウスに似ているというフレスコ画。
製作時期は700年前とされているが、検証方法は不明。ひび割れや風化具合から古いもののようにも見える。
この壁画が何をモチーフに描かれたものかは不明だが、地域住民や多くの観光客からはミッ○ーマウス壁画として認知されている。
ネット上にはフレスコ画の全体像がほぼ無く、ミッキーに見えるものだけがクローズアップされている。
壁画は現在も研究が進められているが、700年前に描かれたという事以外は分かっていないそうだ。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

121: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:39:34 ID:V88
褐炭の頭蓋骨/フライベルグ・スカル(Freiberg lignite skull)

19世紀初頭、鉱山で栄えたドイツのフライベルグで発見された頭蓋骨型の遺物。
1500万年前に形成された中央ヨーロッパの褐鉄鉱石の地層から見つかった。
大きさは不明。褐炭、褐鉄鉱石、磁鉄鉱石で構成されている。
当初の研究では、炭素素材量が人間の頭骨の内部に蓄積し出来たものであると判断されている。

その後何度も分析が行われ、無名の一般人が作った贋作という見解が一般的だったが、
1998年にCTスキャンで調査したところ、頭蓋骨内部が樹木の年輪のような層をなしていることが判明したという。
贋作だとすれば、高熱の素材(褐炭の融点が110度~360度であるため)の薄膜を1枚ずつ重ねて作り上げたことになり、
また、当時そのような手法で制作された工芸品は存在しないことから、模造品の可能性は低いとする主張がある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

122: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:44:00 ID:V88
トリノの聖骸布(Shroud of Turin)

聖骸布(Holy Shroud)は、キリスト教でいう「聖遺物の」1つで、
イエス・キリストが磔にされて死んだ後、その遺体を包んだとされる布。
イエスの風貌を写したという布には、「聖ヴェロニカの聖骸布」「自印聖像」など複数が主張されているが、
現存するのはイタリア・トリノの聖ヨハネ大聖堂に保管されている「トリノの聖骸布」のみとなっている。
この聖骸布は1353年、伝存の経緯は不明だが、フランス・リレのシャルニー家が所有しているところを発見された。

本体は縦4m、横1.1mの亜麻布(リンネル)で、布の上に痩せた男性の全身像がネガ状に転写されているように見える。
裏には当て布があてられ、はがすと血の染みが見られる。
布上に残された全身像の痕跡から、頭を中心に縦に二つ折りにして遺骸を包んだと見られ、頭部、手首、足、脇腹部分には血痕が残っている。
信憑性については、本物か捏造かでかなり支持派・懐疑派が分かれている。
2010年には修復後初めて一般公開され、2015年にも一般公開が予定されている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

123: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:47:30 ID:V88
黄金のデスマスク(Funerary mask from Pre-Inca)

アンデスで紀元前1000年頃に栄えたプレ・インカ文明の墓地から発見されたミイラが着けていた仮面。
「デスマスク」は本来、石膏や蝋で死者の顔の型を取ったものを指すが、この仮面はその名で呼ばれている。
仮面は金で作られ、涙を表現したと考えられる7つのエメラルドが両方の目に数珠つなぎに垂れ下がっている。
このエメラルドには極小の穴があけられ、糸が通されているが、
加工の難しいエメラルドにどうやって極小の穴を開けたかが不明であり、オーパーツの扱いを受けている。
鉱物の硬度基準でいえばダイヤモンドやルビーが10、エメラルドは7.5となっており、非常に硬く、そのうえ縦の衝撃には脆く割れやすい。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

125: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:51:01 ID:V88
青い貝殻の首飾り(Blue seashell necklace)

黄金のデスマスクと同じくプレ・インカ文明の遺物で、
墓から出土した首飾りのようなビーズ。
このビーズはスポンディルスという青い貝の貝殻を使った工芸品で、
ビーズはそれぞれ円筒形に加工され、1個の直径はわずか1mmとされる。
そして、それぞれのビーズには直径0.3mmの極小の穴があけられ、糸が通されている。
貝殻という脆い材質に極小の穴をあけるということは現代でも容易なことではない。
写真では新しく別の糸が通されて保管されているが、発見された時は0.3mmという穴に極細の糸が6本も通されていたそうだ。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

127: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)23:56:14 ID:V88
バールベックの巨石(Trilithon and Stone of the South)

中東・西アジアのレバノンにはバールベックと呼ばれる古代都市遺跡がある。
ここには「トリリトン」と呼ばれる3つの巨大な組み石と、「南方の石」と呼ばれる巨大な切石があり、
どちらも人力では到底移動出来ないためオーパーツといわれる。
「トリリトン」はジュピター神殿の土台に使われており、三石の長さは約18m、重さは650t~970tで、
建築物に使われた切石としては世界最大とされる。
一方、建築物に使われていない切石として世界最大を誇るのが「南方の石」で、長さは約21.5m、重さは2,000tもある。
BBC放送で行われた実験では、丸太を使い、1トンの切石を1日1マイル運搬するのに16人が必要という試算が出ている。
この試算に基づけば、トリリトンは1万5000人以上の人員が必要となり、南方の石は3万2000人も必要となってしまう。
しかもこれだけの規模になるとロープの強度の問題や、多くの人間の力を集中させることが難しく、現実には運搬不可能といえる。

トリリトン
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

南方の石
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

128: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:01:17 ID:uCU
バールベックの巨石 その2

実際には、南方の石がある場所は元々石切り場として使用されていた。
また、石の下の部分は土に埋もれており、この石が確かに動かされた形跡というのは発見されていない。
南方の石は自然にあった巨石を加工したものの、その後(恐らくは巨大さ故に)放置されたと考えられている。
しかし、トリリトンの3石は実際に神殿の土台に使われており、石切り場から1km離れた場所に存在している。
970tの石を運ぶのは運搬不可能だとされているが、実は過去にトリリトンよりも重い石が運ばれた実例が見つかっている。
それは230年前、ロシアでピョートル1世の騎馬像土台に使われた石で、1,250tもある巨石を約6km、木製のソリにのせて人力で運んだ。
そのため、トリリトン級の巨石でも運搬方法は存在すると考えられる。

→重量の限界
このような古代の運搬技術への疑問は、オーパーツを扱う書籍に書かれた、
「NASAがロケットの移動に使用している最新技術のクレーンでも700t(古い本だと500t)が限度」という話からきているとされる。
しかし、現代の機械はそれを超える重量に対応しており、
無限軌道クレーンの「CC8800-1 Twin-kit」は、最大3,200tまで吊り上げ可能であり、日本のクレーン船「海翔」は最大吊り上げ重量限度が4,100トンとされているそうだ。陸上での運搬では「ユニットドーリー」というトレーラーが、最大3,226tの重さまで運搬可能だという。

CC8800-1 Twin-kit
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

牛根大橋を運搬する海翔
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

130: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:03:11 ID:hiq
こういうの見ると過去の人達は未来人か宇宙人と仲良くしてたんやないかって妄想祭り始まってまうわ

135: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:20:34 ID:Jmm
>>130
ワイは自転がすっげえ速くて重力が小さかったんじゃないかと妄想してる
だから赤道付近は文明の痕跡があって、両極にはなかったのかと

131: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:08:45 ID:uCU
サクサイワマンの逆さ岩(Upside down stairs of Saksaywaman)

サクサイワマンは南米・ペルー、インカ帝国の遺跡で、ナンコ・カパック二世がスペイン軍と戦った要塞とされる(現在は諸説あり)。
「逆さ岩」は、砦から100mほど離れた場所にある、4階建てのビルに相当するほどの巨大な岩石。重さは推定20,000t。
中が削られたり、くり抜かれたりしており、人の手によって加工された様相を呈する。
岩の内部には階段や廊下、らせん状の模様やソファのようなものが作られているが、
それらの家具は奇妙なことに天地が逆さまの状態になっている。
岩をくり抜いて家のように使っていたとも考えられるが、
家具全てが天井につけられているというのは不自然であり、違う目的で作られたという説もある。
また、この大岩を逆さまに返すほどの自然現象が起こったならその痕跡が辺りで見つかる筈だが、その様子もないそうだ。
正確な加工時期は分かっておらず、推定5000年前程度のものとされている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

132: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:12:42 ID:uCU
オリャンタイタンボの屏風岩(The walls of Ollantaytambo)

「逆さ岩」と同じく南米ペルー、インカ帝国の遺跡にある構造物。
南米大陸周辺に興ったプレ・インカ文明の1つであるクスコ王国を1200年頃にケチュア族が建国し、その文化を受け継ぎ興ったのがインカ帝国とされている。

この遺跡には6枚岩が連なる屏風岩があり、1枚平均の高さは4m、重さは50t~80t。
屏風岩が建てられているのは高さ150mほどの丘の上だが、材料を切り出したと思われる場所は、丘の下を流れるウルバンバ川の向こう岸の山の中、高さ330mの地点にある。
インカ帝国には巨石を使った遺跡が数多く残されており、加工技術も謎のままで、表面が非常になめらかに加工されているものが多い。
また、合計300tの石を人力で切り出し、運び、並べて建てるのは不可能に近いため、その面でもオーパーツに挙げられている。(重さ自体は人力で運搬可能と思われるが、山の斜面では木のコロが使えないと言われる)

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

133: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:16:55 ID:uCU
イースター島のモアイ(Moai)

チリ領のイースター島には、モアイと呼ばれる人面を模した石造彫刻がある。
多くの場合海に背を向けて、正確にはかつての住居跡を囲むように多数建てられている。
大きさは3.5m、重量20t程度のものが多いが、最大級のものは20m、重量は90tに達する。
島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約900体ある。
モアイの様式は造られた時代によって変化している。

初期のモアイとされるものは3m程度と小型のものが多いが、時代が進むにつれ大型化していき、顔も後期には細長くなっていった。
一部のモアイには「胴体」があり、後期の特に大きなモアイは「赤い石」を頭上に乗せ、一部のモアイには「目」があった。
モアイという言葉の語源と意味は諸説あり特定に至っていないが、それ以上の謎は建造目的だった。
近年の調査で台座から人骨が多数発見され、「モアイは墓碑だった」という説が有力になりつつある。
独特の形状についても起源は未解明で、像の運搬手段とともに特定には至っていない。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

目のあるモアイ(復元されたレプリカ)
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

胴体のあるモアイ
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

136: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:26:39 ID:uCU
<オーパーツ(工芸品以外)>

ストーンヘンジ(Stonehenge)

イギリス・ロンドンから西に約200kmのソールズベリー周辺に位置する環状列石(ストーンサークル)。
アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時には既に存在していたといわれる。
ストーンヘンジは、円陣状に並んで直立した巨石と、それを囲む土塁からなる。
考古学者はこの巨石が紀元前2500年~紀元前2000年の間に立てられたと考えているが、それを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るという。
遺跡の目的は、「太陽崇拝の祭祀場」「古代の天文台」「ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂」など様々な説が唱えられているが、未だ結論はでていない。

また、建設技術についても謎が多く、
「巨石の運び方」(丸太と縄で運ぶ/水に浮かべて運ぶなど)、
「石の組み方」(巨石を立てる技術はあったと思われるが、石の上に石を寝かせる技術)、「労働力」(何百日~何十年かかる年数、労働者、組織力などの謎)など、完全に判明していない部分も多くある。
この地では巨石のモニュメント以前にも数々の古代建造物が造られており、
それらから当時の生活、文化、思想を紐解くことが重要な鍵とされている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

復元イメージ
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

137: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:36:37 ID:uCU
大湯環状列石

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は、秋田県鹿角市十和田大湯にある縄文時代後期の配石遺跡。
「日本のストーンヘンジ」とも呼ばれる。
昭和6年(1931年)に発見され、約130mの距離をおいて東西に対峙する野中堂と万座の環状列石で構成されている。
山岳丘陵の末端にのびる台地の先端部に造られており、河原石を菱形や円形に並べた組石が二重の環になって配置されている。
外輪と内輪の中間帯には一本の立石を中心に細長い石が放射状に並び、
その形から「日時計」といわれており、万座・野中両方の遺跡にある。
大湯環状列石が作られた目的に関しては諸説あるが、近くに構造が似ている遺跡があり、これは墓であることが明らかになっているため、大規模な共同墓地ではないかという説が有力視されている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

138: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:39:05 ID:uCU
→石舞台古墳

奈良県明日香村にある7世紀頃に作られた古墳。
元々は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土は失われ、現在は巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。
埋葬者は蘇我馬子が有力視されており、「蘇我馬子の墓」と呼ばれる事もある。
施設は両袖式の横穴式石室で、30数個の石が積まれ、総重量は2,300tに達すると推定されている。
特に天井石は約77tとかなりの重量であり、古墳の製作工程は様々な仮説が挙げられているが、中には当時の技術的に不可能であるといった説も存在する。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

→王位石

王位石(おえいし)は、長崎県野崎島の沖ノ神島神社にある巨石。
野崎島は長崎県五島列島の北東部に位置する島で、住民表が1人分だけ置かれているほぼ無人の島。
旧石器時代から戦国時代にかけての遺跡や遺物が多数出土している事から、太古より人が住んでいたとされる。
沖の神島神社は飛鳥時代にあたる704年に建てられた社で、五島で最も古い神社といわれている。
王位石は頂上までの高さ24m、両柱の幅12m、頂上の巨石は5m×3mという大きな石の構造物で、
この奇妙な石の配置は自然の産物か、人の手によるものかは不明とされている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

139: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:45:36 ID:uCU
ナスカの地上絵(Nazca Lines)

南米・ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に描かれた幾何学図形や動植物の絵。
動植物の地上絵は1939年に考古学者のポール・コソックが発見。
その後ドイツの数学者マリア・ライヒェが終生この地に住み、彼女を中心として地上絵の解明作業と保護が行われるようになった。
あまりにも巨大な絵が多く、空からでないとほとんどの絵の全体像の把握が難しい。
描き方もそうだが、なぜこのような巨大な地上絵を描いたのかということが大きな謎となっている。
巨大な絵を描く方法としては、
「十分な大きさの原画を描き上げた上で適当な中心点を取り、そこを起点にして放射状に原画の各点を相似拡大する」
という「拡大法」で描かれたという説が挙げられている。
成層圏ほどの高度しか見えないものもあるため、その方法で本当に出来るのかと指摘されたこともあるが、
地上絵の端にあった杭の存在や、地上絵の縮小図の発見などを考えると拡大説が妥当と考えられている。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

ハチドリ(hummingbird)
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

141: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:48:34 ID:uCU
ナスカの地上絵 その2

日本では小学校の算数の総合学習として、
児童による画鋲2個と糸1本のみを使ったナスカの地上絵の再現(実物大再現を含む)を、グラウンドや体育館で20回以上実践。
児童15名~160名により、いずれも開始後150分以内で再現に成功した。
このような研究結果から、日本の小学校程度の算数知識があれば地上絵の描画は充分可能であることが証明されている。
地上絵の性格については様々な仮説が提唱されており、
「暦と関連する説」「貧民への報酬のための公共事業説」「雨乞い儀式利用説」などが挙げられている。
動物を描いた地上絵は、46mのクモ、96mのハチドリ、55mのサル、65mのシャチ、180mのイグアナ、135mのコンドルが挙げられる。
現時点で最大のものは、ペリカンかサギ、もしくはフラミンゴを描いたと推測される285mの鳥類の絵。
花や木々、装身具や織物のような日常生活の道具を描いたものや、
宇宙飛行士と呼ばれているもの、片手が4本指の手など、不可思議な図柄もある。
2015年7月には、山形大学から新たにリャマなど24点の地上絵を発見したと発表があった。

サル
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

宇宙飛行士
淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

143: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)00:51:57 ID:uCU
中東の地上絵(Wheel stone structure in Middle East)

地上絵といえば「ナスカの地上絵」が有名だが、
中東のシリア・ヨルダン・サウジアラビアなどの国でも大規模な地上絵が発見されている。
これらの地上絵は衛星による航空写真技術で発見され、描かれているのはストーンホイール(石の車輪)と考えられている。
作られた時期は2000年前と推定されており、ナスカの地上絵より古い可能性も指摘されている。

絵の存在は1927年にイギリス空軍のパイロットが発見していたといわれるが、
当時は報告のみが学誌に掲載されただけで、長らくその存在が忘れられていた。
また、地元の遊牧民ベドウィン族の話では、これらの遺跡を「老人の仕事」と呼ぶそうで、地域の人々は地上絵に気づいていた可能性もある。
絵は直径は25m~70mほどあるそうで、構造物にはカイト形(動物を追い詰めるための構造)、ペンダント形(墓から続いている石塚の列)、詳細不明の何百フィートにも渡って蛇行する壁などがある。

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編

元スレ:淡々と画像を貼るスレ オーパーツ・ロストテクノロジー編
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1441004610/

後編へ
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。