いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


ヒサルキ≒ヒサユキについて語っていけ

ヒサルキ≒ヒサユキに関する話 
1: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 03:17:23 ID:O0uiz9Wi0
・動物が餌食にされる
・実体が判らない
・何故か子どもには正体がわかる?
・憑依する?


などのキーワードに彩られた、洒落怖スレでたびたび言及されるヒサルキについてのスレッドです。
ヒサルキまとめページ
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/8083/

まとめサイトにもあるんですが、関連がありそうな話を抜粋。

ことの始まり「ヒサルキ」  

ヒサユキ≒ヒサルキ? 不可解な符合を呼び込む
「小屋の二階」

ヒサユキ(ヒサルキ)に関する上記「小屋の二階」につながる奇妙な夢の話

2: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 03:18:44 ID:O0uiz9Wi0
個人的には、「目が潰される」「憑依」という点から「自己責任」に連なる話とも何か関係があったりして…とか思ってたりしてますが。まあ流石にこれは気にしすぎな気もしなくもないですけど。

「自己責任」
 
「山の測量」

「ヤマニシさん」


更につい最近、現行の洒落怖スレで新たなヒサルキ情報が。
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?92
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107574814/805-807

805 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 05/02/18 01:38:07 ID:CyHk72sr0
友人が「お前の話とすげー似た話が書いてあった」と言うのでここのまとめサイトを読みに来ました。私は幽霊とか得体の知れないものの存在などは信じていなかったのですが正直、今ぞっとしています。「ヒサルキ」・・・私のときは「きらきらさん」と呼ばれていました。
本当にそんなものが存在するのでしょうか。

差し障りがあるといけないので、時と場所はぼやかして書きます。そこの施設内で、たびたび動物の惨殺死体が発見されるのです。そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。「きらきらさんってなに?」と聞くと両目を両手で隠し「しらない」としか言いません。そこの職員も「きらきらさん」がなんなのか、さっぱりわからず不気味に思っていました。

3: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 03:20:17 ID:O0uiz9Wi0
806 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 05/02/18 01:39:09 ID:CyHk72sr0
ある時、施設内の庭に子供達を連れ出したとき、私と手を繋いでる男の子が小さく「あっ」と声をもらし「きらきらさんだ」と言って、青空の一点を見つめます。
私も空を見つめましたがなにも見えません。
ふと気がつくと、他の子供達も徐々に「きらきらさん」に気がついたらしく、ひとり、またひとりと空を見上げ、結局その場の子供達全員が同じ空の一点を見つめているのです。「きらきらさん」に向かって、にこにこ手を振っている子もいます。

とても晴れ渡った明るい昼下がりに、突然起こったこの不安な静寂に耐え切れず、私は手を繋いでいた男の子の前にしゃがみこみ「なんにも見えないよ?きらきらさんってなんなの?」と問いかけました。するとやはり、両目を両手で隠し「しらない」というのです。私は彼の両目を覆っている両手をはずし「私も知りたいなー。教えてよ」と言いました。

すると。
その子はいきなり、両手の人差し指をおもいっきり突き出し私の両目を衝こうとしたのです。驚いてシリモチをついたので、その攻撃を避けることができましたが今度はその突き出した両手の人差し指を、同じ勢いで、なんのためらいもなく彼は自分の両目に突き刺したのです。

あまりのことに我を忘れて私は彼に飛びかかり、押し倒し、さらに力を込めて自分の目にねじ入れようとしている小さい両手を必死に押え

「だれかっ!だれかああぁあ!!たすけてったすけてぇぇぇ!!!」

と絶叫していました。

子供とは思えないような力でした。

4: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 03:21:39 ID:O0uiz9Wi0
807 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 05/02/18 01:39:56 ID:CyHk72sr0
私ともみあううちに、彼は自分をとりもどしたのでしょうか。ふいに「目が痛いよーーー!!痛い痛いよーー!」と泣き出しました。まるで今ケガに気がついたように。
すぐに病院に連れて行き、失明を免れることはできましたが、後遺症は残ってしまいました。

私は今まで、この体験は集団ヒステリーのようなものだと思っていました。または空想の産物の共有みたいなことが起こっていたのかもと解釈していました。しかし、おそらく時も場所も違うにも関わらず、「ヒサルキ」という話が存在し、「きらきらさん」を体験した私がいる。

言葉をうまく操れない子供達は得体の知れないものに対して勝手に名前を付け、親しんでしまうことがあります。大人があるときふと耳にする聞きなれない子供達の「造語」に立ち入ってはいけない場合があるのではないか・・・ここにきてそう思いました。

5: 深い意味は無い 05/02/19 03:44:06 ID:JBA0lYzc0
子供の目を潰すなんて
ヒデェ奴だな!
(つд⊂)
といいつつ自分の目を隠す

9: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 09:09:43 ID:sVLZEKHmO
近くの小学校で小動物が大量に死んでて、異様な死に方してるんだけど…
只の精神が病んでる人かと思ったんだけど、ここのスレ見て思ったは、ヒサルキじゃん!!

10: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 09:50:07 ID:s3o/Y7EgO
キヒサル(忌避猿?)と呼ばれる祟り神がいるらしい。
山に住む動物にとりついて、生き物を襲って食う。とりつかれた動物は異様に目が充血してる。遭遇した人は家族に髪を切られる。
山にまつわる怖い話のまとめサイトで見付けて、怖くて山に入れなくなった。

12: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 15:07:57 ID:lrBJveFJ0
内に秘める…でも子供の行動を見る限りでは、「憑かれる」にはなにかしら視覚か、目を通じての外的な誘引要素があるっぽいんだよなぁ。
霊ってのを除外すると風とか、やっぱり光とか?

13: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 16:33:43 ID:mMDGJ5URO
子供達がどこからその名前を知ったかが気になる。

14: 本当にあった怖い名無し 05/02/19 19:48:11 ID:ycPfMeKO0
ヤマニシさんがどう関わってくるのかはよく理解出来ないが、測量や自己責任はちょいと関係ありそうやな。自己責任の安っぽいオチが話の信憑性を落としてはいるが、この手の都市伝説は大抵ベースに話があるはずである

しかし「きらきらさん」の話を読んでいると不思議と懐かしい気がしたのは漏れだけか?

15: 10 05/02/19 20:28:23 ID:s3o/Y7EgO
今日、たまたま福岡の田舎に住む祖父にヒサルキらしき話を聞いたよ。
被猿忌と書くらしい。
それ以上のことは、「言うと自分の目が潰れる。知らない方がいい」らしい。
目が潰れることも、「報いみたいなもんだなぁ」だと。
で、気にしてると来るから忘れろと。
…じいちゃん、余計に気になるんですけど…

26: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 16:49:14 ID:Px2hv8G80
小屋の雨戸(内部リンク) 

あとキヒザルの話はこれかな。
元々は過去にあったヒサルキスレに書き込まれたものらしいね。
ttp://www.2chkowai.info/2chyama/2chyama.html
↑ここのpart3の696~

696 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:06
ずいぶん昔に聞いた話なので、ところどころ記憶が曖昧なのですが、ヒサルキという名前と>>217-219の話に共通点があると思うので、書いてみます。

村の年寄りから、キヒサル(キヒザル)という話を聞いたことがあります。聞いただけなので字は分からないですが、話の内容からすると「忌避猿」となるのかもしれません。

キヒサルは群れからはぐれた猿を狙って体の中に入り込みます。乗り移られた猿(以下キヒサル)は獣を殺し、その肉を食うようになります。また、その外見を利用して猿の群れに近づき、手当たり次第に殺して食べます。その食欲は尋常ではなく、キヒサルが現れた山では獣の数が一気に減るとまで言われています。結果、山には獣の死骸がゴロゴロ転がることとなり、それで猟師や杣はキヒサルの存在に気付くのです。

共食いをするキヒサルを、特に猟師は忌み嫌います。

ただ、トラバサミや柵で捕らえても、キヒサルの本体(ヌシ)は乗り移った体(グヨリ?)から逃げてしまいます。(そんな時、残されたクヨリは抜け殻のように、がらんどうになっているそうです。)また、鉄砲で撃ってもキヒサルは、なかなか死にません。

27: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 16:51:02 ID:Px2hv8G80
697 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:07
だから、キヒサルが現れると、猟師と杣は手分けして山狩りをします。
人と違って、キヒサルは道を通るとは限らず、その一方で火や金物の音を恐れるので、松明を持って銅鑼や半鐘、鍋などを叩いて、山裾から山頂へ追いやるようにします。キヒサルが近くにいる気配は匂いで分かるそうです。(私が聞いた話では、キヒサルが近づくとサビのような匂いがするとなっていましたが、これは金気臭い匂いではないかと推測します)キヒサルを見つけても、間違っても触れてはいけません。(ただ、その理由や触るとどうなるかは覚えてま
せん。)山狩りに参加した人は、ひたすら山頂近くに設置した罠のところへキヒサルを追い込みます。草を刈った平地に追い込んだら、木の上に渡してある油を染みこませた布をキヒサルの上に落として捕らえ、すぐさま焼き殺します。ヌシの姿を直接見ると目が潰れると言われているので、このような方法を使うのだそうです。

キヒサルの起源は分かりません。もしかしたら、何らかの伝染病(狂犬病みたいなもの)に対する恐怖がこのような怪物(妖怪?)を創造したのかもしれませんが、猿を媒介する伝染病が当時の日本に存在したのかは、私の知識ではなんとも言えません。



698 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:10
続いて、【夢魔?】ヒサルキ/ヒサユキ【ネタ?】スレの217-219のコピー。
奈良での話だそうです。

28: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 16:52:24 ID:Px2hv8G80
699 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:11
>>134
関係ありそうなんで書き込みます。

私はずっとある村に住んでいるんですが、小学校の頃、一度だけ不可解な体験をした事があります。

私は友達何人かとで川でザリガニを採っていました。捕まえたザリガニを決闘させるために一旦岸に上がったのですが、その時、山から出てきた赤っぽい犬が田んぼを横切ってこっちへ歩いてくるのが見えました。

ヨタヨタとふらつきながら近づいてくるにつれ、私はその犬がケガをしていることに気が付きました。もともと白い犬だったのが毛皮が血だらけで、だから遠目に赤っぽく見えたのです。頭や手足、口や目からも血がポタポタと滴り落ちて息も荒く苦しそうでした。

そいつは急に私達の方に頭を向け走り出しました。ケガのせいかスピードは遅いのですが、騒がしく吠え立てることもなく、ひたすらフッフッフッと荒い息を吐きながらジグザグにこっちに向かってくるのが逆に不気味な感じがしました。

「おい!山犬がこっちに来るぞ。逃げようぜ!」

友達もあわてて川から出て靴を履いて逃げ出しました。犬は方向を変えて私達の後を追いかけてきます。近づくにつれ、足が折れて白い骨がはみ出しているのが分かりました。

29: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 16:54:03 ID:Px2hv8G80
700 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:13

「ぉおい!何やっとんだ!逃げぇ!お前ら!」

怒鳴り声がしたので振り返ると、山犬の後ろを走るおじいさんの姿が見えました。林業をやってる修さんが、鉈を持って凄い形相です。修さんは私らのすぐ後ろで犬に追いつくと、鉈を振り回しました。
   

「お前ら!村で大人呼んでこい!」

犬は、修さんに近くにあった棒きれで滅茶苦茶に叩かれていましたが、吠えも鳴きもせずに相変わらずフッフッフッと息を吐いてぐるぐる回っています。

 よく見ると殴られる前から全身傷だらけだったみたいで、毛皮がいろんな
所で破れて赤い肉と白い骨がはみ出ていました。腹から内蔵だかなんだか正体不明のものが何本かぶら下がっていて、口は血だらけで開いたまま、そこから黒っぽい小豆色の舌がブラブラ垂れ下がっています。耳も破れて取れかかっているし、目は真っ黒で潰れているのかもしれない。そんなボロ切れみたいな状態なのに死んでなくて、声もなく暴れている山犬を見ていると小便ちびそうなくらい怖くなってきました。

「なにボーっとしてるんだ。早く逃げんかい!血がかかるぞ!」

修さんが鬼のような形相で怒鳴るのを見て、私は村の方へ走って逃げました。友達がゲエゲエ吐きながら少し遅れて走ってきます。

30: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 16:55:50 ID:Px2hv8G80
701 名前:643[sage] 投稿日:03/11/19 15:15
私と友達は村の集会所へ連れて行かれました。窓から外を見ると、村の大人が犬の所に集まって大騒ぎになっていました。しばらくして煙が上がったと思うと、あたりにも物凄い臭いが漂いはじめました。後で聞いたら、犬に油をかけて焼いたそうです。私と友達は臭いとさっき見たものの気色悪さに便所で吐きまくりました。

その日のうちに私達はお寺へ連れて行かされました。坊さんは警察みたいに犬を見た時間や場所やその時の状況なんかを詳しく聞いてきました。腕に包帯を巻いた修さんも来ていて、私達の後でお堂の中に呼ばれました。

 その後、修さんと一緒にお経を読まされたり、お札を焼いてその煙をかけられたりしてから、ようやく帰っていいと言われました。


帰り際、友達が坊さんに「あの犬は何だったんですか?」と聞くと、坊さんは「化け物に憑かれたんだ」と言いました。猿を捕まえて、中に入り込んでしまうそうです。「本当は猿に化けるが、最近は猿が減ったので、犬に化ける」とも言っていました。後で修さんに聞くと「ヒサル」だと言っていました。どんな字かは分かりませんが、たぶん「被猿」じゃないかと思っています。


                   *
以上。
転載の転載ってことになるのか。激しくヒサルキの過去ログ見たいなあ

31: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 22:08:06 ID:FnY4fX0U0
山怖スレの「外道サマ」とかの話や4匹の犬の話もなんかヒサルキっぽいね

32: 本当にあった怖い名無し 05/02/20 22:34:22 ID:Px2hv8G80
やっぱり山と何か関係があるのかなあ。
「サル」からの連想とも考えられるけど妙に親和性が高い気がするよね

34: 本当にあった怖い名無し 05/02/21 00:56:51 ID:2gJRvG4ZO
なんかゾッとするね。

47: 本当にあった怖い名無し 05/02/22 18:20:02 ID:ORszqtVJ0
動物が続けて殺されるってのはうちの学校にもあったな。
小学校の頃、ニワトリやウサギが立て続けに殺された。
イタチのせいだって言われてたけど、網が破られた形跡がなくて誰かが戸を開けたとしか思えない状況だった。
で、結局どうなったのかは忘れちまったw
誰かが集会で謝ってたよーな記憶はあるんだけどな。

73: 本当にあった怖い名無し 05/02/23 11:46:36 ID:nO/cFkxN0
キヒサルの話がちょい気になるな。
山で獣を手当たり次第に殺す"くるいもの"っていうのを聞いたことがあって、それがこんな感じだった。
特に「金物の音を恐れる」というあたりがそっくり。
そういう存在が、名前は違えど各地にいるのかもしれん。

89: 本当にあった怖い名無し 05/02/23 20:06:44 ID:E/zDPLzz0
全然的はずれかもしれないけど、
ヒサルキってダルとは関係ないのかな。
山に行く人って、ダル(餓鬼)に憑かれると何か口に入れないと動けなくなるから、何かほんの少しでも食べものをすぐ出せるところに入れていくとか、昔言ってたけど。
地方によってはひもじいことをひだるい、とも言うらしいし、ひだる鬼、でヒダルキ、それが訛ってヒサルキになったとか・・・。こじつけすぎかな。

92: 本当にあった怖い名無し 05/02/23 22:27:20 ID:7GUMIdXi0
>>89
俺らは「ひだる神(ヒダルガミ)」って呼んでた。
今の言葉で言うハンガーノックだよあれ。

しかし言われてみれば似てるな、ヒダルキとヒサルキ

118: 本当にあった怖い名無し 05/02/25 17:42:17 ID:9ZwmQLrI0
引き去る/ヒキサル
じゃないのか?
そんな呼ばれ方をしてたナニカなら、子供の頃(10年前くらい)に居たよ(?)
橋の下の原っぱに居て、猫とか鳥とかの死体を引きずって原っぱを疾走する小男
「乞食猿」「引っぱり猿」と言われてたぜ?

121: 本当にあった怖い名無し 05/02/25 22:55:06 ID:eR+4aB4a0
>>118
詳細キボン

因に漏れが「きらきらさん」の話が懐かしいと言い出した者です
神戸市西部 29歳

で上司(京都市北部 32歳)に聞いてみた
「きらきらさん」の話は知らないが、その名前が恐ろしいような認識あり、との事でした

134: 118 05/02/26 20:22:03 ID:dmd+ynf10
>>121
詳細はぁーそんだけだよ、たぶん関係はないんだろうな。
小学生くらいの子供の死体(?)の片足を持って河原の草むらを疾走してたとか、橋の裏(?)に住んでるとか、そんな感じ。
「感染」とか「異臭」とかは聞かなかったと思う。
でも化けるとかはあったかなー・・・思い出せないや
モメンネ

138: 本当にあった怖い名無し 05/02/27 04:21:49 ID:paPZqo7nO
>>134
おまえ埼玉だろ?
つーかもっと前だろ?16年くらい前だろ。あれ本当に女の子死んでんだぜ?たしか。猿が殺したらしいしって。いや真相は知らないけど、話があったのはマジ

139: 本当にあった怖い名無し 05/02/27 10:08:27 ID:QNbTN3PY0
>>138
もっと詳しく!
ググッても出てこないzo!

140: 本当にあった怖い名無し 05/02/27 13:36:29 ID:5edO5jqR0
>>139
事件ったって昔のやつはよっぽどのモンじゃないとネット上に無いからなぁ。
俺の地元でも子供が2人おっさんに生き埋めにされて死んだり、小学校に包丁持った奴が乱入してきて子供と先生が怪我したり、新聞沙汰にもなって一時は大騒ぎになったけど、ググってもカスリもしねぇ。

132: 本当にあった怖い名無し 05/02/26 12:30:13 ID:CXnnPIZ90
もしも一人の人物がこの話をつくりあげるために、長い時間をかけていろいろなところに書き込んだとしたら、おれはそっちのほうがシビれる

174: 本当にあった怖い名無し 05/03/03 17:51:08 ID:1w+/7jJlO
ヒサルキ関連の話、すべて読みました。
確か、この話って霊感強めの方は読まないほうがいいんですよね?
『ヒサルキ』?『ヒサユキ』?が常に電波(?)霊波動(?)的な物を出していて、リンクする人間をねらっているとか何とか、、、だから皆様もあまり深く考え込まないほうがよろしいかと。
みたいなことが何処かのホムペに書いてありましたが。

175: 本当にあった怖い名無し 05/03/03 19:19:13 ID:kYrrmAiv0
900 名前:雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:05/01/30 22:51:21 ID:u5hd+prZ0
友人の話。

彼女の実家は山奥深い村だ。
今は廃村となってしまったが、そこで奇妙な物を幾度となく見たという。

友達と二人で遊んでいた時のこと。
村外れの山麓だったのだが、後ろの藪をガサガサと揺らして何か出てきた。
茶色い毛並みの兎だった。しかし何かがおかしい。
兎なのに、二本足で与太つきながら歩いている。
口元からは血が滴っており、赤く染まった前歯が覗いていた。
何よりも怖かったのはその目だった。完全に据わっている。兎の目ではなかった。

兎は値踏みするように彼女らを見ていたが、すぐにこちらに向かってきた。
悲鳴を上げて逃げ出したが、村の近くまで追いかけられたという。
行き会った大人に泣きついたのだが、事情がわかった途端に村中大騒ぎになった。
「外道さんが出た」大人たちは口々にそう言って駆け回っている。
彼女たちはしつこく「噛まれなかったか?」と問い質された。
兎一匹のために山狩りまでおこなわれたようだが、結局見つからなかったらしい。

教えてもらったところでは、その山奥には外道さんという物の怪がいるそうだ。
外道さんは山の生き物に取り憑く。
憑かれた物は肉を喰らうようになり、間もなく血塗れになって死ぬ。
外道さんに噛まれると、噛まれた者もまた外道さんに成ってしまうのだと。
そのためか、二人はしばらく隔離されて様子を調べられた。

彼女が言うには、兎も確かに怖かったが、それよりも村中の子供たちから「外道」
と呼ばれて虐められたことが、子供心に何より堪えたのだそうだ。


山にまつわる怖い話 ttp://yamakowa.fc2web.com/frame.html
Part17 外道さん

249: 本当にあった怖い名無し 05/03/14 19:00:04 ID:K532rq8S0
ヒサルキって名前じゃなかったけど
山の動物に取り憑いて殺しまくる化け物(?)みたいなのは聞いたことがある。
野犬に取り憑くから狂犬病が元ネタかな?と思うんだけど
銃では殺せない、とか、目をみるとヤバイ、みたいなのがあって
そういうのがヒサルキっぽいような気もする。

250: 本当にあった怖い名無し 05/03/14 19:51:48 ID:/bJj/mkg0
>>249
くわしく。どの地方?

251: 249 05/03/14 21:04:24 ID:LHWs3q/+0
群馬県。それ以上は勘弁してよ。
うろ覚えだから249で書いたので内容はほとんど全部。
今日中に何か思い出したら書くよ。

253: 249 05/03/14 23:57:20 ID:LHWs3q/+0
そう言えば、昔ソレに取り付かれた人が近所の住人に酷いやり方で殺されたって話も聞いた。
竹林で吊るされたのに何日も生きていた、みたいな事だったと思う。子供心に竹林が恐かったのを思い出した。

282: ◆m/JHxSGR/w 2005/03/28(月) 14:03:16 ID:axjb0zwGO
ヒサルキと関係あるのかはわからないけど、保育園にいた頃のこと。
日曜の早朝に遠くの病院に行くためバス停に迎う途中。
両親にジバンが観れないと文句を言いながら歩いていた。
バス停に行くには保育園の前を通ると早いので、当然ながら保育園の前に行く。
そのとき、犬を連れた男が保育園内のウサギ小屋の前に立っているのを父が見つけた。
休日は近所の人が小屋の掃除をしていたので、気にしていなかったが、帰りに再び通りかかった時、お手伝いのオバチャンに呼び止められた。

283: ◆m/JHxSGR/w 2005/03/28(月) 14:06:25 ID:axjb0zwGO
オバチャンは近所に住んでいるボランティアの人だとそのとき教わった。
休日にウサギ小屋の掃除をしていたのはオバチャンだったらしい。
いわれるままに保育園に入り、ウサギ小屋の前に連れてこられた。
ウサギ小屋の中には何も居ない。金網の右下に小さな穴があいてる。
最初は逃げたのかと思ったのだが、次に小屋の横に敷いてある新聞に下の物を見せてもらい、
その考えを撤回した。
そこにあったのは何かの死体だった。
身体の模様から保育園のウサギのようだったが、頭が無かったので、言われるまでウサギと思えなかった。
その後、警察に連絡したらしい。
翌日、園児達には病気で死んだと説明された。
結局、ウサギの頭と男は見つからなかったとらしい。
携帯からすいません。
埼玉在住
きらきらさんに何か引っ掛かるものがある。

292: 本当にあった怖い名無し 2005/04/03(日) 18:56:11 ID:lO71a82hO
何時しか俺らの間ではこっくりさんの事を「ピッカリさん」と呼ぶようになり、誰がはやく空にピッカリさんを出現させるか競い合うようになっていった。
とにかく校内は異様な雰囲気だった。授業の無い時間は誰かしら教室の片隅とかで紙と10円玉に向かって「ピッカリさん ピッカリさん・・・」って唸ってた。
朝の全校集会で校長から直々に「こっくりさん禁止令」が言い渡されたくらいだ。 だけど、俺らはそんなのに耳を貸さず毎日ゝ「ピッカリさん」を念じていた。

そして事件が起きた。

293: 本当にあった怖い名無し 2005/04/03(日) 19:36:04 ID:lO71a82hO
そんなのが1ヶ月も続いたかというある日、友達が飼ってる犬が無残な死体で発見された。
俺も直々その友達ん家に遊びに行ってはその犬とよく遊んでいたので、かなりショックだった。
その友達が言うには、繋いでいたはずの鎖が外れていて、家から数㎞離れた場所で、頭部だけになった愛犬を見つけたらしい。
他にも猫を飼ってるヤツはその猫が、鶏を飼ってるヤツはその鶏がズタズタにされた死体で発見された。
みんな真っ青になって一斉に「ピッカリさん」を止めた。
それでも暫らくは道端で犬や猫のバラバラにされた死骸が

337: 本当にあった怖い名無し 2005/05/03(火) 04:44:18 ID:DuCTf7x0O
東北に住んでる祖父にヒサルキの話を知ってるか聞いたら顔色変えて“そんなの知らん”と部屋から出ていった。
まるでドラマのワンシーンみたいだった。

340: 本当にあった怖い名無し 2005/05/09(月) 02:18:13 ID:SefHmd7o0
ばあちゃんにこの事聞いたら面白い話聞かされた。
ばあちゃんは子供の頃九州の山奥に住んでたらしいんだが、住んでた集落で「ひぃさん」って呼ばれてる何かがいたんだと。ちっちゃい頃ばあちゃんはその「ひぃさん」が怖くてあまり山には近づかなかったって。で、ばあちゃんの幼馴染の姉妹がある日山に登ったんだけど、夕方に帰ってきたら妹の方が目から血流してびーびー泣いてて、親が

「その怪我はどうした」

って聞くと姉の方が表情一つ変えずに

「ひぃさんがやった」

って言ったんだと。
今その姉妹の姉は俺んちの近くに住んでて、妹の方は目が潰れた数年後に山犬に食われて死んだんだってさ。

426: 本当にあった怖い名無し 2005/08/14(日) 03:38:57 ID:lXYE4B47O
オレのじいちゃんは猟師なんだけど、昔そのじいちゃんについてって体験した実話。
田舎のじいちゃんの所に遊びに行くとじいちゃんは必ずオレを猟につれてってくれた。
本命は猪なんだけど、タヌキや鳥(名前覚えてない)も撃ってた。
その日もじいちゃんは鉄砲を肩に背負って、オレと山道を歩きながら
「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」と言っていた(実際撃ったばかりの猪は食わないが)。
そのうち、何か動物がいるような物音がした。ガサガサって感じで。
オレは危ないからすぐじいちゃんの後ろに隠れるように言われてて、すぐじいちゃんの後ろに回って見てたんだけど、じいちゃんは一向に撃つ気配がない。
いつもならオレを放っておくくらいの勢いで「待てー!」と行ってしまうのだが、鉄砲を中途半端に構えて固まってしまっている。
オレはそのころは背が低くて茂みの向こうにいる動物であろうものはよく見えなかった。
オレは気になってじいちゃんに「何?猪?タヌキ?」って聞いた。
しかし、じいちゃんはしばらく黙っていて、茂みの向こうをじっ…と見ていた。
「あれは…」とじいちゃんが口を開いた瞬間、急に茂みがガサガサと音を立てた。

「やめれ!」

と言い放ち、じいちゃんはその茂みに一発発砲した。
そしてオレを抱えて猛ダッシュで逃げ出した。
オレは何がなんだかわからずひたすら怖くて今にも泣きそうになっていたが、じいちゃんが撃ったのはなんなのか気になり後ろを振り返った。
すると遠めに毛のない赤い猿のような動物がこちらに向かって走っている。
じいちゃんはオレをかかえて走りながらも鉄砲に必死で弾を込めていた。

427: 本当にあった怖い名無し 2005/08/14(日) 03:42:00 ID:lXYE4B47O
弾を込め終わるとじいちゃんはオレをかかえたまま振り向きざまに発砲した。
すぐとなりで発砲されたので、オレは耳が「キーン」ってなって、いろんな音が遠く聞こえた。じいちゃんは走りながらまた新しい弾を込めている。オレは怖くてもう振り返ることはできなかった。後ろで

「ケタタタタタタ!ケタタタタタタタ!」

というその動物の鳴き声らしい声が聞こえ、 じいちゃんが小声で

「助けてくれ…助けてくれ…この子だけでも…」

とつぶやいていた。

山をおりきってもじいちゃんはとまらなかった。
オレを抱えてひたすら家まで走った。家につくなり、じいちゃんはばあちゃんに

「ヨウコウじゃ!!」

と叫んだ。
ばあちゃんは真っ青な顔で台所にとんでいき、塩と酒をもってきて、オレとじいちゃんにまるで力士が塩をまくように塩をかけ、優勝した球団がビールかけやってるみたいに酒をあたまからあびせた。その後、それについてじいちゃんもばあちゃんも何も話してくれなかった。
間もなくしてじいちゃんは亡くなってしまい、その時ばあちゃんがオレに「ヨウコウ」について話してくれた。

「●●ちゃん(オレ)が見たのはのー、あれはいわば山の神さんなんよ。わしらにとってええ神さんじゃないがの。じいちゃんはあんたのかわりに死んだんじゃ。お前は頼むから幸せに生きておくれよ。」

じいちゃんが死んでから、ばあちゃんも後をおうように亡くなってしまった、オレは20代後半でピンピンしている。

オレが見たのは村で言い伝えられる妖怪の類いだったのかもしれないけど、今でも親戚の人にこの話をするとしかめっつらをされる。福井県の某村の話。

431: 本当にあった怖い名無し 2005/08/17(水) 02:53:34 ID:cevpK7bJ0
799 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ [sage] 投稿日: 04/03/12 01:54 
>>725 
うろ覚えで悪いんだが、あらすじ書いた。 

【富沢村の話】 
むかしむかしのこと。富沢村にある神社に木の像が奉られていた。 
それは村人達の間では決して目を合わせてはいけない像と呼ばれていた。 
ある日、その村の子供がどうしてもその像を見たくなって神社に忍び込む。 
少年は念願かなって木像を目にするが、禁忌を破り木像と目を合わせてしまう。 
すると木像から4つ足の化け物が姿を現し、少年をおいかける。 
少年は必死で逃げるが、化け物はものすごく足が速く追いつかれてしまう。 
(このシーンは割りとデフォルメされていてそんなに怖くなかった) 
シーンが変わって村人達がなかなか帰ってこない少年を心配して捜索しているシーンになる。 
そして村人は変わり果てた姿の少年を発見する。 
口が裂け、まるで化け物そのものになってしまったかのような少年の姿を。 
少年はなぜか犬を殺していて、最後にアップで 
「…るーさ…る…さ……」 
とつぶやき、ものすごい速さで走り去っていくというラスト。 
(このときの少年の姿の怖さと、後味の悪いラストが不気味だった) 


960 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ [sage] 投稿日: 04/03/21 11:24 
>>799  
もしかして 
>「…る…さ………る…さ……」 
ってヒサルキと関係あるんじゃないの?(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル  
元スレ:ヒサルキ≒ヒサユキに関するスレッド

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1108750643/

関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
近所に貧乏神の神社ってある? 2017/03/24
森友学園問題、いろいろありすぎていい加減わけがわからなくなってきた件… 2017/03/19
無職だけどロックフェラーみたいな力を持ちたい! 2017/03/19
籠池サイドについたジャーナリスト菅野完に、カンパ金着服や性暴行の過去があるらしいぞ! 2017/03/19
今、宇宙葬がアツイ!?元巨人・故富田勝さんも宇宙へ!次世代型埋葬方法に賛否両論! 2017/03/18
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ