いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の仕事をしていた俺が精神崩壊した話

介護の仕事をしていた俺が精神崩壊した話

1: saga 2016/03/26(土)22:29:02 ID:tTh
勤続7年、介護福祉士。最初からゆっくり語っていきたい



2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:30:45 ID:dwz
どうぞ...(。・_・`。)

3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:30:53 ID:F5t
おれヘルパー2級のみの底辺介護職
読ませてもらう

4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:33:38 ID:tTh
高校時代に遡る。
両親のことは嫌いじゃなかったが、だらしない所が多くあり常識的に見てあまり良くない方だったと思う。
バイトを始めたのが遅く、また家に半分ほど金を入れていたので進学資金などはたまらず、俺は就職を選んだ


何の仕事をするか‥‥と考えたが、自業自得なことに俺は勉強嫌いで底辺高。地元の工場か何かが関の山だった

5: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:37:43 ID:tTh
その頃‥‥と言うか、昔から俺は祖父母にかなり世話になっていた
家に住むことが困難な時は祖父母宅に居候させてもらって。


昔から厳しいが、俺にしっかり常識を教えてくれた祖父
昔から優しく、いつも愛情を注いでくれた祖母

とにかく、今でも頭が上がらないほど、俺は2人にお世話になった。
こんな自分が、何を出来るか。


考えた末、

「祖父母へ恩返し出来る人間になりたい」


この道に進む最初のきっかけは、そんな思いだった


6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:39:53 ID:RUX
見てるぞ。

7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:40:59 ID:tTh
自分の高校にも、介護の求人は来る。
俺は2件ほど体験に行った


一つは病院のリハビリ施設


もう一つは、介護施設



リハビリ施設は、ずいぶんと忙しそうだった。見学の自分に構う時間などないだろう、ほぼ何もしないうちに半日が終わった。
他に志望者がいなかったのもあり、印象的にはあまり働きたいとは思わなかった。

8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:44:58 ID:tTh
次に介護施設。

行ってみると、体験の人間が自分以外にももう1人いたことに驚き、喜んだ。
彼女は、とにかく明るい子という印象。雑談を多少して、施設の体験をする

そこはグループホームと小規模多機能ホームの2つのホールがある施設。
なんだかのんびりとしていて、職員さんも色々体験内容を考えていてくれたみたいで退屈な時間もなく1日を過ごせた



「なんだか雰囲気良かったね!ねぇ、絶対一緒に働こうね!」


元気な少女も上機嫌で帰った。
俺も悪い気はしなかった

10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:50:08 ID:tTh
体験を終え、本格的に進路を決める。
俺はその介護施設に決めた。彼女がそこで働くかは分からないが、同期がいたほうが絶対良いし、施設の雰囲気も良かったからだ

両親や祖父母にはかなり反対された
裕福な家庭ではないが、俺はひとりっ子。坊っちゃん扱いだった人間だ
そんな奴が人の世話なんてやれるはずがない!どうして介護なんてするんだ!

介護に決めた理由を頑なに話さない俺に、みんな毎日苦言を言った。
俺も意志の強い方じゃ無かったが、これだけは断固押し通した



そんな高校3年のある日。俺はその施設への面接に行った

11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)22:56:30 ID:tTh
面接はすんなり終わった。
あの女の子も来ていたのが嬉しかった


「良かった!君も来たんだね!絶対受かるよ、ウチら同期になれるね!」



問題なく、俺達は受かり、俺は高校を卒業。
ほどなく、研修期間となった。



そして、研修初日。施設の前で、挙動不審な女の子を発見。無いコミュ力で、勇気を出して話しかけてみた


「あの、研修の人ですか?」


「え、あ、そうです!もしかして、そっちも?」



仲間発見!
ちなみに後に、女の子は


「なんか挙動不審の人がいてビックリしたwww」


と語る。俺もやっぱり挙動不審だったらしい

12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)23:05:12 ID:tTh
研修の人間は、俺と体験の時の子と挙動不審の子、全部で3人。

ややこしいから


体験→ベッキー
挙動不審→巨乳


と呼ぼう。



研修はスムーズに進む。
授業のようにその施設の主任や管理者、看護師や施設長が時間帯で代わる代わるやってきて勉強をさせてもらった。
座学もしたし、実際体験させて貰ったりと色々。ちなみに現在はそんなキッチリとした研修はない。
丁度俺達はその施設がオープンしてから初めての新卒の新入社員で、ちょっと特別だったみたいだ


昼飯はそこの施設のものが出た。
当時の事務長はメチャメチャ怖い人で、「残したら内定取り消し」
と、とんでもない事をさらっと言っていた。


俺達は各々苦手な食事を交換しながら乗り切った。
しかし、3人とも苦手である「謎の食べ物」もあった。後になってあれは煎り豆腐モドキだったんだなぁと思い返す。味はとにかく不味かった。


だが俺も男。覚悟を決めて、3人分の煎り豆腐モドキを平らげたよ

14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)23:09:09 ID:tTh
研修の最後は、DVD鑑賞だった


「明日の記憶」という邦画なので、興味がある人は見てみるといい。
原作?の書籍があるからそっちでもいいかな。



それは、ある日認知症を患った主人公と支える家族の苦悩を描いた作品。
ウチの施設は認知症介護がメインなので、見せてくれたと思うのだが、結構響いた。


そうして研修を終え、4月からの勤務に不安や興奮、複雑な感情を抱きながら入社をむかえた

15: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)23:15:06 ID:tTh
入社式では代表で挨拶やスピーチをした。
あの頃は意味のわからない情熱があったなぁ、と今書いていて思う



そして施設へ。
3人共小規模とグループの両方を行き来し、どっちで働くか決めろと言われた。
しかし、3人とも同じ所はダメらしい。ベッキーと巨乳は既に女子同士仲良くなっていたので不満そうだ。男子の俺にもちゃんと仲良くしてくれる2人。そんな2人に気を使ったわけじゃないが、俺は2人が小規模を希望しているのを聞いてグループに決めた。
まあ、実際に小規模よりもグループホームのほうが肌に合っていると感じていたし、若干の心細さはあったが後悔はしなかった

16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)23:18:07 ID:tTh
グループホームは、利用者に家庭的な生活をしてもらう所だ。
一緒に料理を作ったり、一般家庭の生活を共に過ごしていくのんびりしたホール。

その施設はみんな認知症の方だったが、そこまで重い人はいない。
‥‥が、そこで俺は認知症介護というものを知る

20: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:22:04 ID:aWy
認知症の方で、家族やスタッフが困ること


不穏。
普段穏やかな方でも、ある人はある。
急に落ちつかなくなったり、攻撃的になったり。その不穏の中でも、以下細かく分類できる


帰宅願望
主に夕方、夜に多い。人によっては1日中。
とにかく職員に何度も何度も訴えるタイプや、ひたすら出口を求めてさ迷う人など。これらは後述する徘徊に繋がったり、徘徊がなくても攻撃的になりスタッフや他利用者の暴力などに繋がる。



被害妄想、もの取られ妄想

自閉的な方に多いが、活発で普段笑顔の方にだってもちろんある。
~が無くなっちゃった。ぐらいなら全然良いのだが、
「アイツがとったんだ!」
など他利用者様に敵意を向けたりすると非常に大変。トラブルの元。
「誰かがとった!」
という言葉でも、多感な利用者様が傍にいると
「誰もそんなのとらない!」
と口論になったり。


自閉的な方の場合はスタッフ含め他者を寄せ付けなくなることもあるため、こちらは大きなトラブルこそないが神経をつかう

21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:33:44 ID:aWy
徘徊

理由があっての徘徊と理由のない徘徊(決めつけたくはないが)がある。
前者の大半は帰宅願望から、というのが多い。
傾聴で落ち着く場合もある。あとは「~しなきゃ」と本人なりの理由がある場合。


後者はとにかく落ちついていられない人。
部屋で寝ることも、ホールのイスに座っていることも数十秒も出来ない人も多い。
驚くことに、そういう方はご高齢でも驚くほど体力があり、冗談抜き、膨張抜きで3日3晩歩き続ける人もいる。


前者も後者も共通するのは、人によっては夜も一睡もせず歩き続けること、ということ。


ただホール内を歩くだけなら良いが、他の方が寝てる居室に入ってしまったりなど目が離せない方がほとんど。
歩行が安定しない方は更に大変。最悪目を離したら転倒、という危うい状況の方が眠らず徘徊を続ける‥‥など、そういうことも珍しくない。


そもそもご高齢の方の転倒は大変なことで、丈夫な方以外は1発で怪我、骨折などして酷い時は入院。
退院すると更に認知症の症状が進行して帰ってこられるので、

家族は心配する 職員はまた大変になる 利用者も辛い の三拍子で良い事は何も無い

22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:34:44 ID:TJR
介護はやべーな
地元で時給千円で募集してるとこあるけど人集まるわけねー

23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:39:00 ID:aWy
あとは排泄面。失禁や全身汚染、便を壁にペイントしたり投げつけたりなど。
これはまあ別に構わない。汚染は本人の健康に関わるのですぐに綺麗にしなくてはいけないけど。本当に困るのは本人の健康が危うい便を食べてしまうことだけ。


よく、介護とは関係ない人には


「介護って下の世話するんでしょ?大変だね」



と言われるが大変な勘違いである。
確かに手間はかかるかもしれないが、下の世話だけで終わるならどんな仕事よりも楽だと思う。多分。
介護の仕事をしている以上遅くても2~3ヶ月もあれば慣れる。
いつまでたっても慣れない人は、向いてないとしか言えません

24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:42:42 ID:aWy
まあ、今上げたことは入社してすぐ味わった


強い不穏への対応。最初は怒鳴りちらす利用者が怖かったことを思い出す。
とにかくガムシャラに働いた。


丁度任侠ヘルパーが放送した年だった。毎週見てしまったなぁ



とりあえずざっくりだが、ここまでが利用者のこと。
悪いことばかり上げてしまったが、温かい言葉をかけてくれる方だってもちろんいた。そういったことを励みに頑張ってたよ

25: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:49:07 ID:aWy
そして大半の職場で問題があるだろう、職員の人間関係。



この施設も凄かった。
だいたいの人が40~60歳ぐらいの女性だ。強い。
こういった女性の職場!!といった所だと本当に強い。


実際は介護が女性の職場‥‥というわけじゃないのだが、当時の男性は俺を入れて2人。
現在も男女比0.5:9.5なのは変わりないのだけど‥‥



この時は本当に、女性恐怖症になるかってくらいドロドロしてた。
理不尽、陰口、とにかく女性世界の負の流れを嫌というほど味わった。
こっちはピカピカの新入社員。言わなくとも立場は最底辺なのです

26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)00:56:02 ID:aWy
もちろんベッキーや巨乳も辛い思いをしていた。
俺達3人は毎日、仕事が終わると帰りに3人集まって「本日の愚痴大会」に熱くなっていた。


もし同期がこの2人じゃなかったらこうして何年も続けられなかったかもしれない
それぐらい、同期というのは重要で、大事な存在だということを実感した




そんな感じで、俺達はなんとかやっていけた。
俺も、とにかく上司に従順になること‥‥を覚え、ひたすら実践した
少しでも気に入られればかかる火の粉は減る。男性が少ない分、チカラ仕事などの雑用を頼まれることが多かったので、次第と上司達とも信頼関係を築けるようになっていった

27: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:01:00 ID:aWy
俺がその一年、頑張れたのにはもう一つ理由がある。
厳しいが、とにかく仕事が出来て背中で語るタイプの超有能管理者
優しく、上司の中で唯一俺に電話などでたくさん励ましてくれた先輩


この2人の存在も大きかったと思う。
今でも一番尊敬し、仲良くさせてもらってる大好きな上司だ



有能管理者→リーダー
優しい先輩→女神先輩


ここではこう呼ぶことにする。

28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:02:23 ID:x77
見てるぞ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:08:22 ID:aWy
リーダーは過労死するんじゃないかってくらい仕事を頑張ってる人。
朝は誰よりも早く、仕事も最速。コミュ力も激高でいつもおどけて利用者を楽しませてる、粋な人だ。
スタッフにもよく仕事を教えてくれるが、彼女自身が有能なので基準点が厳しめ。

俺はとにかくこの人の背中を負い続けた。




女神先輩は、最初から俺を気に入ってくれて優しくしてくれた。
相談はなんでも乗ってくれてたし、俺が落ち込んだ時はすぐ気付いてくれてわざわざ電話までして励ましてくれる、そんな先輩。
基本的に優しく良識のある人なのだが、仲良くなってからプライドが高く気難しい面もかなりある、というのに気づく。
何かあると拗ねちゃうちょっと面倒くさい部分とか。仲良くなってからは、ちょくちょく喧嘩したりしつつも、全信頼をおいていた。多分女神先輩も。
密かに俺が恋心を抱いていたのは秘密です

30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:11:23 ID:aWy
そうして激動の一年は終わる。
3人とも、何だかんだ馴染みつつ仕事に慣れることができた。



あと1年目で印象に残ったことを書いたら、2年目を書いていきます

31: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:12:08 ID:u8j
ここまで読破した
全俺が感動した
来世ではガンバって介護以外の道へ進めるといいね

33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:25:58 ID:aWy
>>31
もし来世にメッセージを残せるなら、とにかく勉強しろ!
と言うと思う。
介護の仕事は好きだけど、今になって学歴とかもっとしっかりしておきたかったなぁと思うこともあるから、来世の自分にはちゃんと勉強して色々な選択から進む道を選んで貰いたいな

32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:23:42 ID:aWy
「俺と施設長」



施設長は、丁度俺の母親ぐらいの年齢の女性だ。
だから、俺のことを息子をように可愛がってくれている


施設長「>>1くん、仕事なれた?」


俺「はい、ぼちぼちです」


施設長「困ったことがあったらいつでも相談しなさいよ?お母さんなんだからwww」


俺「はいwww」



施設長が困った時は俺も力になれるよう頑張るし、施設長の頼みは絶対聞いていた。
施設長もいつでも力になってくれる。


見た目はクールビューティな感じの施設長。仕事だってもちろん超有能で、見ればすぐ頼りになる人だとわかる。
結構気分屋でもあり、無邪気な感じで優しい時もあれば機嫌の悪い時はすっげぇ冷徹で怖かったり。時と場合を考えて話かけなきゃいけない人



施設長にも頭に上がらないほどお世話になったので、この7年間、仕事を辞めることを考えると最終的には施設長の存在が俺の気持ちを引き止める。
多分人生でこれ以上俺のことを大切にしてくれる代表取締役はいないだろう。そんな人。

34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:30:00 ID:TL6
介護って思ってたより黒いんだな…‥…

35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:34:47 ID:aWy
「俺とベッキーと巨乳」


ベッキー「EXILEヤバイよねwwwヤバイよwww」


巨乳「絶対今度のLIVEいこっ」



俺「……」邪魔にならないようにちょっと離れる



ベッキーと巨乳は良くも悪くも今時の女の子。
今まで女っ気の全くなかった自分にとっては、学校とかなら絶対に話をしたり出来ないタイプだろう。
でもこの2人は優しく


ベッキー「ねえ!>>1くん!聞いてる?飲みに行こーよ飲みにwww」


巨乳「絶対来なよ!3人で楽しくやりたいから!」


事あるごとに誘ってくれたりする。
3人とも仲良し!……と言うよりは仲良しコンビとオマケ1人、という感じだが、歳も同い年の同期。俺も遠慮せずガンガン会話出来る存在だった。


特に我が強いベッキーとは


俺「これはこうしたほうがいいだろ!」


ベッキー「はぁ!?こうでしょ!?」


と時々喧嘩して


巨乳「2人とも止めなよ~」


気遣いスキルの高いしっかり者の巨乳がなだめる、という事も少なくなかった。



そんな感じで、遠慮なく言い合える友達みたいな感じの2人です

36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:40:19 ID:aWy
「俺とヤクザ先輩」


ヤクザ先輩は俺が入社する前からいた、俺を除けば唯一の男性だった先輩。
見た目かなり強面のチンピラみたいな感じなんでこの呼び名に。
ごめん。
でも見た目も態度もかなり厳ついので、初対面でこの人が介護の仕事やってるなんて思う人は存在しないと思う。



ヤクザ先輩には、入社して二ヶ月くらいかな?いきなり電話で呼び出された


その時は驚いたよ。1度も話したことないし。



ヤクザ先輩「もしもし?ああ、こんばんは。○○です。突然だけど、出てこれる?家の前まできてるから」



俺「」



このときの感想は「シメられる!!?」……でしたwww
てかなんで話したこともないのに家知ってんだよ!怖すぎでしょ!?

38: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:48:04 ID:aWy
結果。
実はヤクザ先輩とベッキーが付き合い始め。
まだ2人でいるのが多少気まずいのと、ベッキーが気を利かして「ヤクザ先輩と>>1くんの親睦を深めて貰おう!!」というのが発端だったようです


結構それから何度も連れ回されました
ヤクザ先輩は車にこだわりのある今時のヤクザ。すごい男らしい趣味です



ちなみにヤクザ先輩と仲良くなったのは半年後。
男同士2人で、下ネタや恋バナをしてるうちに仲良くなりました。


最初は口数少なくクールで怖い人だなって印象だったけど
仲良くなると普通にチャラい、普段とかなりギャップがある人だと気付いた。
まあでも、機嫌悪いとホントヤンキーで怖いんですけど


必殺技は連絡網に出たときの「……誰?(低音)」ボソッ


俺「いいかげんちゃんとみんなの番号登録して下さい!www」


ヤクザ先輩「面倒くさいんだよ……w」


新人さんが被害に合って怯えてしまうという超迷惑な必殺技

39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:48:04 ID:x77
そんなに精神崩壊してなくない

40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)01:50:06 ID:u8j
まだ慌てる時間じゃない

41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)02:00:31 ID:aWy
「俺と女神先輩」


俺「お疲れ様でーす」


「お、女神の大好きな>>1くんが来たよ!」


女神「ちょっと、やめてよも~www」

俺「俺も女神先輩大好きですよwww」


女神「こらwww」


半年もすると、自他共に認める仲良しコンビになってた俺達。
でも女神先輩は前述のように面倒くさい一面もあるため、ちょっと言い争いや怒らせたりすると1週間くらい口聞いてくれないということも


巨乳「>>1くんよく女神先輩と仲良くできるねー」


ベッキー「ウチは苦手だなー」


俺「そう?優しくていい人だよ」


ヤクザ先輩「俺も嫌い」


ベッキー「結構面倒くさいよね、あの人」


俺「その面倒くさいとこ含めて好きだなー」


巨乳「>>1くん変わってるねwww」


しばらくすると、女神先輩の機嫌悪い日は

>>1くん、女神先輩どうにかして!」

と頼まれるようになった。
機嫌が治るか、喧嘩になるかの二択である

42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)02:08:22 ID:aWy
「俺をリーダー」


さっき書いた通りリーダーは有能だ。
俺はその背中を追って突き放されないように必死でついてく。

リーダーから学んだことは数しれない。


利用者への接し方。
リーダーは利用者の笑顔を引き出すのか上手い。
抜群のトーク力もあるし、自分が道化になって笑わせる。


厳しいがそれは仕事に対して真剣なだけで、それに気付いてからは何を怒られても素直に従うことが出来る人だった。


人に言う以上に自分が動いてるので言葉に説得力がある。


これは上に立つ人にとってかなり大事なことだと思う。
それに面白いジョークで場を和ませてくれたり、茶目っ気のある人だから周囲の信頼も厚い。



リーダー「>>1くん、コーヒーいれたよ」


俺「ありがとうございます!ホント、リーダーのコーヒーは一番旨いですよ!午後も頑張ります!」(本音だよ)


リーダー「あんたも口が上手くなったねーwww」



そういいながら満更でもないように働くリーダーの背中を追いかけていたあの頃の自分は、情熱的で燃えてましたね

43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)02:11:28 ID:aWy
2年目



早いもので一年が経過。
厳しい上司の下で働き、利用者もかなり個性豊かでたくさんの経験をしたためこの時点で3人共かなり成長していたと思う。



そして春といえば、新入社員。
俺達についに後輩が出来るのだ。


俺達3人は誓い合っていた。

「自分達が辛い思いをした分、後輩が入ってきたら支えて、力になってあげよう」

44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)03:10:28 ID:KZ3
介護の仕事はしたことないし体験もないけど、おもしろくて一気に読んだよ。徘徊のところ参考になった。

45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)03:26:37 ID:aWy
そういうわけで待望の新入社員。
今年も3人、みんな女の子だった


1人はヤンチャそうな女の子。ベッキーと同類な感じだったな、すぐ意気投合してたし
1人は寡黙な女の子。多分腐女子。コミュ力微妙。俺と同じ高校だったらしい
1人はクールで背の高い美人。物静かだが、コミュ力がないわけじゃなく普通に会話できる。前述の2人は俺達の1個下だが、この子は同い年だ



ヤンチャ→エヴァ子(チャラい今時の女の子だけどエヴァ大好きだったから)

寡黙→腐女子


クール美人→ノッポ(実際にヤクザ先輩がそう呼んでた)



でいきます

47: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)03:35:41 ID:aWy
後輩もでき、春。
俺達の予想通りに後輩達は一ヶ月でかなりフラストレーションが溜まってたみたいだ。

6人で食事をし、すぐに仲良くなった。




仕事方面はまあ順調。
一年でかなり上司とも信頼関係が出来ていたので、俺達に対する風当たりは去年に比べるとかなりマシ。
その分後輩達が標的になっていて、俺達3人は出来るかぎり後輩を庇った。
後輩達は結構世渡り上手で、何を言われても頑張って、黙々と仕事をこなした。


エヴァ子はコミュ力高いから上司にも気に入られるのは早かったし、腐女子とノッポは寡黙だが仕事の出来る子達だった。
あと、俺達の時にかなり理不尽だった上司数名が後輩達が入った時点で辞めていたのもデカい。



ベッキー「なんか3人とも優等生って感じだよねーwww」


俺「確かに。てか俺達が生意気過ぎたんじゃねwww」


巨乳「ウチらも変わったよね~」



結果的に、後輩達3人は俺達が過保護にならなくても優秀だったみたいだ


50: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)03:46:19 ID:aWy
利用者達も一年で変わった。
より病院が重くなっていく。最初はのんびり職員と料理をしていたものだが、そういう事が出来る人はいなくなった。
急変して亡くなったり、一年でガクッと身体機能などが落ちてしまったり、家族の都合で他の施設に行ってしまったりなど。


一年たつと、ホールの雰囲気はガラリと変わっていた。
普通はグループホームってそんなに人の移り変わりはないんですけどね、この年は特別だったと思う。



ただひとつ、症状の重い方は滅多なことがなければずっといる……と言える。
軽い方の場合は年齢にもよるが生活しているうちにそれがリハビリになって、家族の所へ帰ったり小規模や他施設のデイサービスに移ったりする。
しかし、症状の重い方は本当に本人が頑張らないと良くなるというのは滅多にないので、移動はまずない。家族も慣れた施設にいてくれれば安心だしね。


そういうわけで、そういった方が長生きする限りずっと介護していくこととなる。
俺自身も、利用者様には愛着があるし、そう意味でも人の移動が少ないグループホームで働いてるんですけどね

51: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)03:54:27 ID:aWy
その頃、かなり徘徊が激しい方がデイサービスで入ってきた。

男性なのだが、とにかく帰宅願望が激しい。
その人はデイサービスで朝から夕方までいるのだが、本当にその間ずっと出口を求め歩き回る。歩き回る。座る時間は昼食時のみで、それも徘徊が激しいと昼食すら口にしない時もある。
男性の利用者ってのは、ガリガリじゃない限りパワーが凄い。
ヒョロっとした女性利用者でさえ、理性というリミッターが外れると信じられないくらいの力を発揮するのに、筋肉のついてる男性は更にだ。

彼はそんな、パワーの有り余ってる男性利用者。
毎日出口を求め彷徨い、隙あらば速攻脱出!!認知症であり話したことはすぐ忘れてしまうのだが、流石は地元民。家まで真っ直ぐ帰ることが出来る。
(この人が特別なだけで、普通は重い認知症だとまったく道がわからないはずです。でもこの人は徒歩30分の家までの道のりを真っ直ぐ帰ってしまいます)

52: 名無しさん@おーぷん 2016/03/27(日)04:06:42 ID:aWy
そんなわけで施設内は日中もかなり慌ただしい感じに。
全ての窓、出入口に鍵をかけ、閉鎖的になってしまった。
去年は利用者が不穏で外に出たいと言えば少し散歩してみたり、少し時間があけば頻繁にドライブや買い物などに行ったりしたものだが……


去年よりホール内の人も手がかかるので人手が前よりも足りなくなり、その男性利用者さんの登場で悪循環的に更に慌しくなってしまった


本当に強いもので、少しでも出入口が空いてれば間髪入れずに外に出てしまう。そういう場合は職員数人がかりで引き止め、気付かけなければ自宅の奥さんから「なんか帰って来たんですけど……」とデスコール。


裏庭から、隣の家の柵を乗り越えてまで脱出……なんてのもあったなぁ。
本当にアクティブな人だった。
ちなみにどの時代も、そんな感じに外への脱出を図る人が何故か絶対にいるので、今もウチの施設は閉鎖的です。
嫌ですね。利用者さんの安全を考えると仕方ないんですけど、やっぱり多少の開放感がないとスタッフも利用者も息が詰まってしまう
いつか改善したいものです

56: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)20:30:58 ID:0pg
2年目


1年目末から夜勤が始まったのだが、1年目にあった職員の退職(夜勤者も)もあり夜勤者不足。
俺の一ヶ月の勤務は夜勤1色orたまに遅番となった


ここで各勤務帯の説明をざっと書いていきたいと思う

57: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)20:35:54 ID:0pg
日勤

8時半~17時半

リーダーが8時前からくる人なので俺もそうしていた

遅番

10時半~19時半



夜勤

16時半~9時
当初は仮眠が2時間。夜勤者はグループと小規模で1名ずつ

58: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)20:44:52 ID:0pg
ここからスレの終わりまでの話は、労働基準や介護業界のアレに抵触するため、フィクションとして聞いて欲しい


いいね、フィクションですよ。



まあ夜勤も辛いことが多い。前レスで書いた問題行動には1人で立ち向かわないといけないし(よっぽど深刻なことは小規模の夜勤者にも相談するが)

まあ、一番の敵は利用者さんの不眠である。
1人で起きていても手がかからない人ならまだ良いが、目が話せない人がそうなると……他の利用者さんへの対応や他の業務なども重なり朝まで忙しない。
幸いこの時はそこまで酷いことはなかったんだけどね


でも良い事もある。
日中と違い他の職員に気を使うこともほとんどないので自分のペースで何でもやれるし、日中よりも1人1人としっかり向き合えるので(他のことが重ならなければ)悪いことばかりじゃない

59: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:01:55 ID:0pg
だが、業務は加速的に忙しくなる
利用者が増えすぎたのだ。日中は言わずもがな、夜の人数もキャパオーバー。

小規模のホールでは15人
(本来なら小規模の泊まりはショートステイと呼ばれ人数は9人)

更にそれでも収まらないため社長室を片付けベッド設置で+2人


グループのホールにも12人(グループの人数制限も本来なら9人)


どう考えても居室の数と合わないので、相室出来る人は1つの居室に2人や3人で寝てもらって、どうしても入りきらない人はホールで折りたたみベッドを用意して寝てもらった
もちろん居室は本来1人用の個室である


※この話はフィクションです!!

60: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:04:50 ID:0pg
夜勤帯はそんな感じで、まず仮眠が無くなった。
夜勤者が交代制で仮眠を1度とるはずなのだが、人数やその時目を離せない人が複数いたので、1人になってしまったら危険ということだ。

ちなみに現在もこの仮眠という制度は消滅したままである

61: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:07:38 ID:0pg
と、いうわけで夜勤に耐えるため生活リズムを変えた。
休日含めて完全なる昼夜逆転生活。お日様を拝むのは夜勤明けの朝ぐらいである。

しかしこの時はまだ体力もあったため、明けの後眠らず友達と遊び更に徹夜などバカなことをやったものだ

62: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:10:42 ID:tPh
悲しいなぁ
同じ仕事してたからわかっちゃうんだよ
いやフィクションだけどね

63: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:19:04 ID:0pg
この頃の人間関係はというと、結構良好。
先輩達とは仲良くやっていたし、ベッキーや巨乳達とも変わらず仲良くしていた。
特にベッキー&巨乳コンビは、中途で若い女性が入ってくるとすぐに仲良くなり、俺もそれに混ざる、というような感じ。
なので自然と2人が率いる独自のグループが生まれた
(ベッキー、巨乳、エヴァ子、腐女子、ノッポ、その他途中で入ってきた女の子達複数)


ちなみに2年目の春にはヤクザ先輩とベッキーは結婚した。
だがヤクザ先輩はこういう集まりに顔を出さなかったため、グループには属していないと言える。なので当時は

俺&ヤクザ先輩

俺&ベッキーグループ

俺&女神先輩

ベッキーグループ

ヤクザ先輩&ベッキー



みたいな感じでつるんでいたと思う。

64: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:24:17 ID:0pg
ちなみに俺はこの時童貞ね。
そんな感じで童貞力&異性の壁もあり、ベッキーグループと一緒にいる時も1歩引いた感じになっていたと思う。

ここまでの経験でかなり女性社会に馴染み、苦手だった女性との会話はまったく平気になったのだが、同時に嫌な部分もたくさん見た。
というかこの仕事で家事スキルがかなり上がり、俺の女子力がアップしたのもあったから普通に仲良くするのは自然に出来た


2年目はこれくらいかな。
恋愛話はいらないよね?

65: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:26:43 ID:0pg
ああ、2年目の話はもう一つあったな。
3年目を目前とした、3月のこと。


そう、あの震災だ。
丁度勤務中でしたよ

68: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:38:12 ID:0pg
震災当日、俺は珍しく日勤だった。
ちなみにこの時はベッキーが小規模からグループの職員になってたな


その時の日勤者は


グループホーム


ベッキー
エヴァ子
ベッキーグループの女の子1人

(書いてて思ったけどこの時はビックリするぐらい人数がちゃんといたな……)


小規模は

巨乳
他先輩方複数


という感じだった。
施設長は市外に出張中で不在

69: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:51:26 ID:0pg
利用者トイレ介助中

俺「あれ、地震だ」


利用者「ホントだね」


俺「え、で、デカい!なんだこれ!?」


咄嗟に利用者の頭を庇った。
幸いにもこっちは建物が崩壊するほどの地震ではなかったけど
たしか5強だったかな
ウチの施設は1階建ての平屋ということもあって、かなりマシだったと思う。停電くらいだったかな、困ったのは


揺れが1度収まり、利用者とトイレを出た。


ホールでは女の子達がパニックになってた。
利用者は戦争を経験している人だったからかな、しっかりしてるも含め結構落ち着いてた。


その後の余震の度、女の子達がパニックになるのを落ち着かせるほうが大変だった記憶がある
でもしょうがないよね、俺達若輩共は生まれて初めて大きな地震を経験したから。


電話もメールも確かパンクしてたから、みんな家族とかに連絡出来なかったのも不安だったんだと思う。

70: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)21:55:52 ID:0pg
とりあえず利用者さん達にはテーブルの下に潜ってもらった。
歩けない人も、抱き抱えてなんとかテーブルの下に。


だがここで問題発生。
グループのほうの夜勤者に連絡が付かず、時間になっても出社できなかった。



これはマズイ。夜勤者不在は非常にマズイ。


俺「俺が夜勤やります」


ベッキー「いや、ウチがやる」


俺とベッキーの最大の喧嘩の幕が開けた

71: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:03:01 ID:0pg
最初は冷静に話してたんだが

俺「日勤で疲れてんだろ!いいから帰れ!」

ベッキー「それは>>1も同じでしょ!!お前こそ帰れ!!」


とヒートアップ


エヴァ子「ベッキーさんがあたしも残りますぅ」泣


俺「ほら、お前が帰らないとエヴァ子も帰らないってよ!だから帰れ!」


ベッキー「はぁ!?エヴァ子は関係ないでしょ!?ウチがやる!!」



先輩方「……」唖然



普段は強い先輩達も、初めてみる俺とベッキーの剣幕に何もいえず



最初的には巨乳が俺達をなだめた。



ベッキー「わかった……>>1くんに任せる」


俺「うん。ごめんね」


ベッキー「ウチこそごめんね」


72: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:05:34 ID:0pg
そんなわけで俺が夜勤やることに決まり、1度荷物を取りに家に帰った。
信号も停電してたのが怖かったな……大通りは渋滞。


家に帰って両親の無事を確認して、荷物を取り職場にトンボ帰り。
祖父母の無事も母が確認済みだったので安心して夜勤に行けた

73: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:16:08 ID:0pg
その日の夜勤は、平和だった。
利用者さんは、たまに空気を読むスキルを発揮することがある。
この日は存分に発揮され、なんと全員が落ち着いて朝まで良眠という奇跡。


余震は夜中もあったので、朝までニュースの地震速報つけてたな。
みんなの前では強がっていたが不安でいっぱいだったが、2ちゃんのスレでみんな励ましあってるのを見て勇気が出た。


日勤からそのまま夜勤、というのはしんどかったが夜中に施設長がやってきて、一緒夜勤をしてくれた。
仮眠もとらせてくれて、本当に感謝だ。
そうしてウチの施設は3月11日を乗り越えた

75: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:31:06 ID:0pg
今度こそこれで2年目は終わり
ここまでも利用者さんと笑い合い、充実した1年を送っていた
前に書いた不穏も、その人の普段の良さを知ってると全然気にならないんだよね。当たった時は運が悪かったなーって感じで
終始大変な人でも、職員同士のフォローや他の利用者さんからの感謝の言葉など、支えてくれるものはたくさんあった。
この2年でこの仕事が好きだと思えたし、俺には天職なんだなぁと考えてた

76: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:35:22 ID:0pg
3年目


今年の新入社員は2人。
1人は掴みどころのない女の子。クラスだったら友達いなくてずっと教師と喋ってるような感じ。この子とはまったく関わりなかったのでこれ以上書くことはないかな


2人目は待望の男子!
俺の2つ下で、腐女子と同じく俺と同じ高校
ビジュアル的にここでは朝青龍と呼ぼう

77: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:40:40 ID:0pg
朝青龍はちょっと厨二が入っためんどくさい奴だった。そして生粋のオタ。空気も読めない。無駄に歌が上手い。
見た目厳つかったから最初は俺もちょっと話かけるのを躊躇したが、施設の精米(俺やヤクザ先輩など男子の仕事)に誘った時、何気なく振ったニコ動の話題で意気投合した


この時は初めての男子後輩というのもあり、朝青龍の人間性は気にせずかなり可愛がった。朝青龍も懐いてくれてたと思う

78: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:43:22 ID:0pg
ちなみに震災を経て施設に防災委員会が立ち上がった。

メンバーは防火管理者の資格を持つ俺とヤクザ先輩
(俺は2年目の途中にとらせてもらった)


というわけで施設の委員会についてざっと書いていこうと思う

79: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:51:44 ID:0pg
施設内では、全ての職員が委員会に属してる。まあ学校とかでよくあるものだと思ってくれ




環境委員会 :掃除業務全般。普段の施設の掃除は全職員がやっているのだが、換気扇や洗濯機の受け皿などの普段やらない掃除、その他施設内の環境について仕切る委員会


など複数の委員会がある。
業務中にはできないことも多く、大半の職員は残業や休日出勤で委員会のノルマをこなす。

だいたい1人一つの委員会に入ればいいのだが、やる気に満ちてた俺は防災委員会、車両委員会、環境委員会の三つを掛け持ちするというアホなことをしていた。
仕事以外基本予定のない童貞野郎だもん、仕方ないよね。仕事>プライベートは今じゃ考えられません。

80: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)22:57:07 ID:0pg
ついでに業務外にやらなきゃいけないことについてもちょっと書く


カンファレンス担当

各職員、1人以上は誰かしらの担当になり毎月カンファレンス用紙を書く。
自分の目でみたもの、他の職員との話し合い、介護記録の情報などを見返してカンファレンスをまとめる。
まとめた物はその月のミーティングで発表、今後どうするかの課題などをみんなで話し合う
元々は施設長が職員1人1人の仕事意識の向上、スタッフの能力アップを目的に始めたんだけど、他の施設でもやってるよね?
これはちょっと他の同業者さんの話を聞きたいな。

81: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:00:06 ID:tPh
>>80
やってたよ
それぞれ利用者さんに担当がついて、月2でカンファレンスやってた
介護職と看護職にケアマネとほぼ毎回全員参加(夜勤者と遅番除く)で

82: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:01:55 ID:0pg
担当利用者の居室掃除担当、洗車、担当利用者の介護記録の確認

これも毎月行う。
居室掃除担当はエアコンなど普段掃除しないような感じのところ。
元々は環境委員がやってたが、全居室は大変なのでこうなった


送迎車の洗車も毎週車両委員会が行っていたが、それも大変だということで交代で全員職員に割り振られることに



介護記録の確認は、担当利用者の記録漏れなどの最終確認。確認が終わったら記録用紙を別のところに閉じる

83: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:02:01 ID:jXj
うちもやってたけどケアマネがプラン書いてその時出られる職員一人が出て普段の様子とかを話すだけだったな

84: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:04:32 ID:0pg
やっぱみんなやってるのか、安心した。
色々書かせてもらってるが、なにぶん今の施設以外のことは何も知らないので……
こうやって同業者さんの話を聞けるのも嬉しいから、どんどん書いてくれ

85: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:10:21 ID:0pg
後、2年目の途中から市役所での認知症ケア検討会に出るようになったな。
リーダーと一緒に今も施設の代表で行ってる。
2ヶ月ごとに行われる会議で、(月によっては無い時も)
色々な施設の代表が集まって勉強会をしてる。前半は市役所の福祉課の人が仕切って介護業界の色々なことの勉強。タクティールケアやユマニチュードもここで習ったな。


後半は各施設交代制で、利用者の事例をセンター方式で話し合う。
他の施設の状況や対応の仕方など、色々話が聞けてこれも面白い


認知症ケア検討会で学んだことはその月の全体ミーティングで発表したりしてます

86: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:15:15 ID:0pg
特にユマニチュードは今も俺の介護の基本になってると思う。
学んだのは確か去年か一昨年ぐらいだったと思うけど……
ユマニチュードの先生みたいにあんなに上手くいかないけど、利用者さんとの距離も縮まったと感じるし、触れる時はタクティールケアを意識してるかな。
昔から無意識に利用者さんの手を取って介護はしていたけど、意識すると本当にお互いの感情が伝わるんだなぁ、お互い安心できるんだなぁと思うよ。
あ、多分綺麗事を言うのははこれで最後です

88: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:20:14 ID:0pg
じゃ、3年目に話を戻すね。
3年目の夏。パンク寸前の我が施設に、ついに施設長の計画していた対応策が発動!!

なんと、2つ目の施設が出来ました!
形態は今までと同じくグループホームと小規模。あ、書き忘れたけどウチの施設は訪問もやってるよ。
しかし話を聞く限り俺には無理だな……と思うよ。他人の家に入って掃除やら洗濯やら食事の準備を決められた時間の中で迅速にやる……
うーん、訪問の人は凄いなぁ……尊敬してます

89: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:25:55 ID:0pg
これからややこしくなるから2つの施設にも名前を付けよう

元々あった施設を連邦
新しく出来たとこをジオンと命名しよう



ジオンが出来ると同時に、連邦でオーバーしていた利用者さんのジオンへの移動、そして連邦の職員にも異動辞令が出た。


施設長は基本連邦にいるので、ジオンに行く職員は自分達が中心になって立ち上げて行かなくてはならない。

ここに書いた中では



巨乳
ノッポ
朝青龍


がジオンへ行くことになった

90: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:40:44 ID:0pg
ジオンの職員はまさに少数精鋭。
まだ経験の浅い朝青龍、募集で入ってきた新しいスタッフ数名を率いることとなる。


連邦も半数の職員がいなくなったため、ダメージは大きい。
新しいスタッフも入ったがまた育てていくのは大変だろう
特に連邦のグループは俺と主任クラスのスタッフが抜けてしまったため古参はリーダーと女神先輩のみ。


ちなみに利用者はキャパオーバーで入れなかった新規さんもたくさん入所したため、連邦ジオン共に通常人数に。

あれ……これ、職員の人数が分断された、分前より辛いんじゃ……?



その予想は的中する


91: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:50:24 ID:0pg
と、いうわけで俺がジオンに配属となったため話はジオンメインになっていきます

半分は前の施設にいた人(前はデイだった方が入所ってパターンも)
半分は新規さんという状況で始まった


しかも連邦から来た人も新規の人も曲者揃い
新規の人って、ただでさえ施設に馴染むまで時間がかかるんだが……
予想通り日中、夜共に大荒れ。
新しいスタッフに求められるレベルはかなり基準の高いものになってしまい、ジオンからスタートしたスタッフさん達はどんどん辞めていった。
辞めて、また新しい人が入って。早い人は一日、平均的には一週間ほどでどんどん辞めていった。
深刻な人手不足。それは連邦も同じだったらしい。

92: 名無しさん@おーぷん 2016/03/28(月)23:54:13 ID:0pg
印象に残ってるのは

日勤俺1人&その日に入ってきた新規スタッフさん


の日。多分あの日が一番大変だったかなぁ。
利用者さんへの対応を全て1人でやりつつ新しい人に仕事を教える。
これなんて無理ゲー


※この話はフィクションです!


あ、その人も速攻辞めちゃいました。まあしょうがないよね、俺が同じ立場でも辞めるもん

93: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)00:05:24 ID:k08
ちなみにジオンでも俺はグループホームね。
しかし、この時から更にグループホームはグループホームじゃなくなってたと思う。グループホームらしい生活が出来る介護レベルが誰ひとりいないってどういうことよ……

世間ではグループホーム=ゆっくりしたスタッフも楽そうな施設
っていう印象だと思うが、とんでもない。中にはこんなとこもあるし、もしかしたら大半の施設がウチみたいな感じかも知れない。
同じグループホーム勤務の人ならわかってくれると思う。
もちろん、特養とかの人達のほうが大変だってのはわかってるし、そういうとこのスタッフさんは尊敬してるけど……


たまにちょっと介護にかじっただけの人に


「グループホーム?わぁ、楽だね!!」


と言われると本気で殺意が芽生えます(´^ω^`#)
なので俺は絶対その仕事に対しての印象で決めつけるようなことは絶対言いません。


確かに、グループらしいグループホームは理想です。そういう施設は楽なんて感想じゃなく、スタッフの努力を敬うべきです。
介護はお世話して終わりじゃなく、1人1人が楽しく、快適に余生を過ごせるようにサポートする仕事なんですから。ゴールなんてなく、出来ること、目指すことは無限大です。他の仕事だってそうでしょ?


ごめんね、愚痴になっちゃった。この先もっと愚痴が多くなるけど、不快に思ったらプラウザバック推奨ですm(_ _)m

94: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)00:34:28 ID:k08
話が脱線した、戻します。


とりあえず前レスで挙げた問題行動フルコンボと戦う俺達ジオンスタッフ。
それはまだいい。
しかし、前述のとおり新規スタッフが誰も安定せず、人は増えない所か減ってしまった。
もちろん俺達にも非はあると思う。経験者で上に立つはずの俺達がもっとしっかりしていれば、こんなに辞める人間はいなかったかも知れない


と、ここで問題になるのは勤務である。
人が減る→回らなくなるので誰かが代わりに入る
つまり勤務変更ラッシュ。しかしこの激務で古参スタッフも体調不良が続出したため、更に勤務変更ラッシュ!!


俺は平均7連勤以上、最大17連勤という連勤ならこの七年で一番辛い時期だったと思う。
ブラックな会社に働いてる人なら普通かぬるい数値かもしれないが……さすがにこたえた。


目のクマがまったく消えなかった時期でもあり、他の職員に「顔が死んでる」とよく言われたものだ。その人も顔色悪かったけど


※何度も言うがこの話はフィクションだよ!

95: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:09:33 ID:XRX
読んでるよ
大変だな…

97: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:16:58 ID:k08
>>95
ありがとう。こんな愚痴スレにいてくれるみんなには本当に感謝です

96: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:15:53 ID:k08
そしてジオン立ち上げから半年。
やっと定住してくれる人が現れる。その人は超有能パートさんで、現在も働いている。仕事は丁寧で早く、利用者想いの理想的な介護スタッフだ。

そこからちらほら、やっと何人かの新しいスタッフが馴染み始める。
しかしその代わりに、古参スタッフが辞めてしまった。

連邦時代からいたジオン立ち上げ時の主任
エヴァ子
ノッポ
その他複数


つまり入った代わりに出て行ってしまったので、人数的には変わりなかったのである。同時に世代交代なんだな、としみじみと感じた

そしてジオン小規模から巨乳が俺のいるジオングループへ異動となった。
主任が辞めてしまったため、ジオングループで早くも一番の古株となった俺と巨乳が主任代理として頑張ることになったのだ

98: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:19:07 ID:k08
そして激動の3年目が終わる。
人数は相変わらず少ないが、安定してきたため勤務変更による激務はやっと無くなった。


あとは3年目の小ネタ書いて次に行きます

99: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:21:58 ID:k08
あ、待った。
3年目の終わりにこのスレで重要な人が入所して来る。
名前は悪魔さんにしよう。この時は物忘れと帰宅願望があるが、普通に自立していて、他の利用者さんの世話を焼くような普通の人だった

100: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:22:34 ID:kvW
精神崩壊まだしてない

103: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:33:11 ID:k08
>>100
ごめんね、亀進行なんだ

101: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:26:58 ID:k08
「俺と施設長」


これはジオン立ち上げで移った当初の話


施設長「>>1くん、なにその靴、汚いよ?」


俺「ああ……入社から使ってる上履きですからね」


施設長「そんな汚い靴でピカピカのジオンの床を踏まないで!」


俺「ええ……」


施設長「明日までに変えないと捨てるからね」



俺「え」


後日


施設長「はい、これ使って!!」



新品のクロックスを貰い、元の靴はその場で捨てさせられました

102: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:32:18 ID:k08
「俺と施設長2」


クロックス貰ってから数日後


他職員「それ高いクロックスでしょ?良かったねー」


俺「はい。でも足が赤くなっちゃって。痛いんすよ。靴擦れかなぁ」


他職員「ふーん」



更に後日。下駄箱の俺のクロックスにメモ用紙が貼り付けてあった


『靴擦れ!?はぁ!?』 怒

施設長の殴り書きだった

104: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:36:23 ID:k08
他にもボロいジャージ着てたりするのを施設長に見られると、捨てさせられて新品のを持ってきてくれたりします


施設長「まったく手のかかる息子なんだから」


とちょっと怒ってみせる施設長を見る度、こんな社長他にはいないなぁと嬉しさが込み上げます

105: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:41:32 ID:k08
「俺とノッポ」


これはノッポが辞める前の話。
ノッポとはよく一緒に夜勤をやってた気がします。彼女は小規模だったんで。

クールな彼女ですが、ふと恋愛話になると微笑みながら俺の相談に乗ってくれました。
その仕草があまりにも綺麗で、ちょっとドキッとしてみたり。
そんな彼女の退職理由は寿退職。彼女の場合は辞めてから1度も連絡をとってませんし、ベッキー達もそんなに話題には出しませんでしたが、その後すぐ出産して旦那さんと仲良く暮らしていたそうです。


今も幸せにしてると嬉しいな

107: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:46:43 ID:k08
「俺と巨乳」

巨乳ともよく夜勤を組んでました。グループに来てからは無くなったけどね。
案外怖がりで、夜勤中にちょっとした怪奇現象などあるとこっちに逃げてきます。

そんな彼女をからかうのが楽しかったなぁ。かなりMなんですよ、彼女。

ゴキブリが出た時も逃げてきて「早く殺して!!」と騒いでました
夜勤中のVSゴキブリは通算で結構ある。耐えかねて毎年コンバットを設置しまくるようになりました

109: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)01:55:43 ID:k08
あとはあんまり覚えてないな。
そういえば、ジオンに移ってすぐの頃は結構連邦へのホームシックがありました。

理由はもちろん、今までの目標であり尊敬していたリーダーや女神先輩と離れてしまったこと。
それがその頃は一番辛かったかも。そんな時施設長が


「巣立ちの時なんだよ。2人のもとで成長したからこそ、>>1くんにジオンを支える人間になって欲しかったの。別に戻ってもいいけど、>>1くんはそれで本当にいいの?」



と激を飛ばして貰ったためそれからはその言葉をバネに頑張ることに。
今まで守って貰ってるだけの俺が、1歩を踏み出すことが出来たんだよ、というお話

110: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)18:27:47 ID:8Jr
1に比べるとウチはまだマイルドだったんだなぁと愕然としたよ

112: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)16:38:06 ID:vFl
>>110
大変なのはお互い様さ。どっちが大変なんて決めることじゃないし、介護として良い環境ならそれを誇るべき。
ここで愚痴を垂れ流してる俺が言うのもおかしいけどwww


111: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)20:22:23 ID:GSN
クレーマーっていうか利用者が老害で横暴なんだっけ?

112: 名無しさん@おーぷん 2016/03/30(水)16:38:06 ID:vFl
>>111
どの程度横暴、老害と言えるラインかはまた判断が難しいと思う。
丁度いい質問なので次に行く前に、利用者さんっていうのはどんな人達かってのを書いてく

113: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)19:45:56 ID:DQw
施設に来る利用者さんにも色々な事情がある。


『一人暮らしだったが、認知症の進行もしくは歩行能力等の低下のため施設に入所しなくてはいけない場合』



結構多いパターンその1。
市役所の紹介などで来る。この時点では認知症を患っていてもまだ軽い症状の方などが多く、自分の状況をちゃんと判断出来ている。
なので入所となっても、まあ人間性にはよるがそんなに問題行動を起こす人はあまりいない。

ある程度しっかりしていると、その施設に通うことで自分にとって行きたい所かもう行きたくないかちゃんと判断出来るので、その人達がどう思うかは施設の環境、職員の対応次第と言える。

誰だって、実際行ってみて気に入らない所だったらもう行きたいなんて思わないのは当然だよね。そういうふうに思われる要員はだいたい職員の態度にあるので、俺も新規の人が気に入ってくれるよう誠意を持って接することを心掛けてます。


最初から入所自体を拒否する方は、無理に入所になることは出来ないのでデイサービスなどからゆっくり慣れて貰ってます

115: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)19:56:33 ID:DQw
『家族が在宅介護をしていたが、精神的、身体的に限界を感じ入所となる場合』


これもかなり多いパターンその2
この場合は、最初から認知症がかなり進んでいたりする場合が多い。
そして本人は家に帰れば家族がいるというのをわかっているので、かなりの確率で帰宅願望などの不穏を持つ方がいる。
しかしいくら大変でも、家族としてはやっとの想いで施設を見つけ入所させることが出来た、という感じなのでよっぽどのことがない限り退所することはない。
(上レスで挙げたような、しっかりしてる方なら施設でのリハビリ等で自宅に戻れる、などもあるから)
ちなみによほどのことと言うのは、利用者や家族がその施設をどうしても気に入らない等。その場合は他の施設に移動、ということもあるが、そこまで深刻な問題になる施設にも反省点はあると思う。
もちろんその利用者さんがどうしても手がつけられないとかもあるけど。それは仕方ない事だが、たとえば家族がどうしてもこの施設はダメだ、という感想を持つならそれは施設側の力不足になる

116: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)20:08:06 ID:DQw
『本人が怪我や等で緊急入院、退院後に入所となる場合』


これは家族が遠方にいて世話が出来ない、などの理由。田舎ではよくあること。
高齢の方が怪我や脳梗塞などの急変で1度入院すると、しっかりとしたリハビリをしないと元の生活に戻ることは難しい。
それまで健康でも後遺症で認知症状を患うことは少なくないからだ。

117: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)20:20:45 ID:DQw
つまり俺が何を言いたいかというと、それぞれ事情があるから一概に老害だとかそういう風には決めつけてはいけないということ。

家族に見捨てられたと思い絶望する人
自分の病院や怪我に絶望して生きる気力をなくしてる人
自分の状況に負けず、もっと楽しく生きて行きたいと努力している人


色々な人達がいるから、俺達介護士はその気持ちを理解して、余生を少しでも楽しいものに感じれるよう寄り添っていかなくてはならない。


限界まで介護をして、それでもダメだった、ということも勿論あるんだけどね……
でも基本的に施設に来た人は今までと違い窮屈な生活をしていることには違いないから、本人の要望などは出来る限り取り入れている。


俺はむしろ、今の50代40代の人が高齢になった時のほうが心配w
この年代のほうがプライドが高くキチガイが多そう、という勝手なイメージです。すいません

118: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)20:43:04 ID:DQw
4年目


ここから加速度的に状況が悪化していった。
先述の悪魔さんが転倒、入院したのだ。
彼女自体はまだ若く、生命力が強かったのでほどなく退院してきたのだが……


入院中かなり暴れたらしく、常に眠剤を投与されていたようだ。
戻ってきた時には車椅子で、ずっと眠り続けていた。


そういう方は食事などかなりの介助量が必要だったが、その時の俺達は元の悪魔さんに戻ってもらえるよう必死で、身体から眠剤の効力がなくなった後のことなど考えもしなかった……

120: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)20:58:24 ID:DQw
すっかり元気を取り戻した後の悪魔さんの状態は、以前と別人のようだった


元々口の悪い方だったが、退院後はそれが更に激しい物に
そして歩くことが出来ない自分の状態をわかっていないので、とにかく車椅子から立ち上がろうとする。無論、かなりの危険行為だ。

それを止めると暴言、暴力の悪循環なのだが、それだけなら良かった。



まず夜はほとんど寝ない。3日に1度寝ればいいかな、という感じ。
昼夜問わず騒ぎ続け、トイレは5分おき、不穏がなくとも常にずっと「よぉー」や「はいよー!」と施設の外まで聞こえる声を出し続けていた


目を離してしまえばすぐにでも危険行動をとってしまうので、常に目が離せない。
その間にも、他の人の対応をしなくてはならない。
それと耳も遠い人なのでスムーズな会話は出来ず、やっと伝えたことすら認知症により数秒で忘れてしまう


俺達は疲弊していった。
そして何よりも問題なこと……それは


まったく可愛げも何もないことだった
まだ普段温厚で静かな面があったりすれば、耐えられるんだけど……

121: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:00:01 ID:DQw
そうして激動の4年目が終わる。
今までと違いちょっと短いが、思い出そうとしても「悪魔さんの対応が大変だった」しかないんです……

122: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:01:20 ID:DQw
あ、もう1個あった!
冬。
俺は初めての介護福祉士試験へと赴いた。

123: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:06:49 ID:DQw
最初は筆記試験。勉強嫌いの俺にはかなりキツイものがある。
そんな俺を支えてくれたのは、当時の彼女だった。ふとしたキッカケで知り合った別の施設の介護福祉士さんなのだが、試験においてのアドバイスなどたくさんしてくれて、応援してくれた。

俺も彼女に見合う人間になりたいと、人生で多分1度か2度しかしてないであろう勉強に没頭した。



人間って、やろうとすれば何とかなるんだな。
試験当日、インフルエンザで38度の熱を出していたけど、まさかの合格。


あの時会場でインフルエンザテロしてホントすいませんでした!!
フラフラで帰った時は更に熱が上がって、しばらくダウンしてた思い出

124: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:10:22 ID:DQw
合格の通知がきた時は、大喜びでそのまま施設長に報告。

ベッキーや巨乳など複数人受けてたけど、筆記通ったのは俺だけだったらしい。施設長もかなり喜んでくれた。



施設長、彼女共に「実技も大丈夫!頑張って!」と言ってくれたのは、嬉しかったけどプレッシャーが凄かったなぁ



そう、普通に試験を受けた人は、筆記を通った後実技試験があるのだ

125: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:12:27 ID:DQw
ここで彼女のありがたいアドバイス再び


「試験の前に講習があるから、絶対行ったほうがいい」


それを聞いて、俺は他施設での実技講習に参加した。
この時、このアドバイスがなかったら俺は絶対受からなかっただろう。
それくらい、この講習は重要だったからだ

126: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:18:55 ID:DQw
ここで介護福祉士の実技試験について補足。


実際の試験は、個室を使って審査員が1人1人判定するのだが、まず実技での行う内容が当日までわからない。

1人、利用者役の人がいて、制限時間内にその人への介助を行うのだが……内容は本当にバラバラ。


まず利用者役の設定。
ある程度歩ける人だったり、麻痺を持っている人だったり、盲目の人だったり。杖をついている人か、車椅子を使用している人かなど、様々。
当日の待ち合い室で確認出来るのだが、まず確認したらその人の状況に対する正しい介助を行わなければならない。


そして設定の後は介助内容。
これも毎回バラバラで、最初ベッドに寝ているのを起こして着替えさせて車椅子に移乗……というのもあれば逆のパターン、もしくは全然違う内容などこれも様々

127: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:23:00 ID:DQw
女神先輩に過去の実技試験内容のDVDを借りて、見てはいたが……やはり実際やるとなるとまったく勝手が違う。


審査員が見ていると緊張もするだろう。
多分おおまかな判断基準は三つ。
制限時間がある中に丁寧に行えてるか。その利用者役の設定に対して正しい介助をしているか。きちんと心のこもった声かけなどをしているか


実際は細かく点をつけているようだが、基本的に合格するために重要なのはこの3点だと思う

128: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:27:48 ID:DQw
講習では、過去の内容、オリジナルの内容など色々な設定で計3回ほどやった。


途中、試験官がアドバイスをくれるのだが


「君、凄く丁寧で完璧に見えるんだけど……全介助してるから、それじゃ受からないよ」


と言われた。
そう。こういう試験は大概、利用者役の出来る部分をちゃんと活かしているか、など1部介助での対応が求められるのだ。
俺は自分の施設の人がみんな全介助なので、すっかりいつものクセで全て全介助してしまっていた


このアドバイスがなかったら……そう、この講習に来ていなかったら、それに気付かず間違いなく落ちてしまっていただろう。


そうして、俺はなんとか実技にも合格し晴れて介護福祉士となれた

129: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:29:39 ID:DQw
そして4年目末。

施設長が俺達同期3人に、こんなことを持ちかけてきた



施設長「ねえ、3人で講習会してみない?」



それは、市役所で一般の人達に介護についての講習をするというものだった

130: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:35:27 ID:DQw
俺達はそれを受けた。更なるステップアップが出来ると、確信したからだ


講習内容も、全部3人で考えた。
それが完成した後、毎日毎回それをスムーズに言えるよう練習もした。
時には喧嘩しながらも、練習し続けた。



そして当日。
市役所のホールを借りた、本番。かなり緊張した


おおまかなテーマは

「認知症になってしまった人への対応の仕方」


「本人も苦しんでいるから、どう接すればお互いに負担を少なくできるか」


など。


講習の合間に寸劇を交えたりした

131: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:37:20 ID:DQw
ここで寸劇の内容の1つを書いてみる。


「帰宅願望のある女性への対応」



老婆役→俺

職員役→ベッキー、巨乳


である

132: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:44:32 ID:DQw
まず、カーディガンとモモヒキを身につけた俺(服は利用者さんに借りました)が、カツラをつけて杖をつきながらホール内を徘徊する

ナレーション「>>1子さんは、家に帰りたいようで落ちつきなく施設内をウロウロしています」



俺「なんだァー、困ったなぁ。ここどこだぁ?オラぁ家に帰りたいだよ~」テクテク


俺「あんた家まで送ってくれるかぁ?」


一般の人「えー」苦笑い


俺「あんたは送ってくれるかぁ?」


一般の人「……」ウンウン


俺「そっかー、でも悪いからよぉ、自分で行くよ~」テクテク



俺「あー、玄関もしまってるし、これじゃ帰れないよ~」



俺「よー!誰か出してくれよー!!」ジタバタ



ナレーション「これは困ってしまった>>1子さん。玄関の扉を叩いて、叫んでしまっています」

133: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:50:52 ID:DQw
ベッキー「>>1子さん、どうしたんですか?」


俺「なんだよー、オラ困ってんだよー」


巨乳「今から夕食ですよ~」



俺「そんなのいらねーよぉー、オラ帰る!!」



ベッキー「まあまあ。そうだ>>1子さん、食べたいものありませんか?」


俺「んなもんねーよぉー!(アドリブ)」


巨乳「えー、でも>>1子さんに是非食べていって欲しいんですけど(アドリブ)」


俺「いらんったらいらんよ!(アドリブ)」



ベッキー「そっかぁ、残念です。じゃあ今から送って行くので、少し待っててくれませんか?(アドリブ)」


俺「ホントかぁ?(アドリブ)」ニコッ

134: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:55:42 ID:DQw
巨乳「送ってくれるって。良かったですね~(アドリブ)


ベッキー「そうだ>>1子さん、好きな食べ物ってなんでしたっけ?(本筋に戻る)」


俺「好きな食べ物ぉ?オラぁ、肉じゃがが好きだなぁ」



巨乳「えー!肉じゃがですかぁ!」ニコニコ



俺「そうだーよ」



ベッキー「今丁度、肉じゃがを作ってるとこなんです」


俺「そうなのかぁ?」



巨乳「でも、難しくて、料理の上手な>>1子さんに教えてほしいなー」



俺「そうかぁ?」



ベッキー「そうですよ、教えて下さい!」



俺「仕方ねぇなぁー、手伝ってやるか!」

135: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:58:03 ID:prT
夜勤中の介護職ワイ
見とるで

138: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)22:01:51 ID:DQw
>>135
ありがとう。
身体に気を付けて、頑張って

136: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)21:58:41 ID:DQw
そうして料理の動作をして



俺「できたど~!」


ベッキー「流石>>1子さん!」


巨乳「すごく美味しそう!さぁ、一緒に食べましょう!」



俺「そうだなぁー、食べっか!」



ナレーション「>>1子さん、すっかり上機嫌になって、夕食を食べることが出来ました。こうして本人の出来ることをしてもらい、自尊心を満たしてもらうのも、大切なことなんですね」



寸劇おわり

137: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)22:01:10 ID:DQw
そんな感じの寸劇を三つほどやって、最後に質問コーナーをもうけて終わりました。


なんとか成功といえる結果で、その日は3人、施設長に焼肉奢ってもらったなぁ。
あの時はあれで精一杯だったけど、今ならもっともっと良い物が出来るかな、と色々反省点を探してはそう考えてます

139: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)22:03:53 ID:DQw
そうして4年目が終わり、新たな年へ。
みんな疲弊してきていましたが、なんとかジオングループメンバーも職員仲は良好になってきており、新たな年に向けて意気込んでいました

140: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)22:38:47 ID:dH6
介護ってやっぱ大変なんだな…
けどこのスレ読んでると偏見が薄れるな

141: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)22:49:55 ID:DQw
>>140
そういってもらえると嬉しい

145: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:02:49 ID:e68
>>144
ネットの友達の家で介護虐待?が起こってるらしいんだけどそういう時ってなんて言ってあげればいいの?
嫁姑で確執があってなんかヤバイらしいんだが

147: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:08:30 ID:DQw
>>145
ふむ、確かにそれは難しい。
施設などに通ってれば何とかなるんだが……差し支えなければ状況を詳しく

148: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:10:25 ID:e68
>>147
デイサービスは使ってるらしいけど自宅で介護しているらしくて暴力かどうかはわからんが母親が祖母を虐待してて嫁姑に挟まれて嘆いてた
自分でも調べたりしたんだけど老人虐待が起こってる時って健康でも施設に入れたりできないの?

150: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:15:39 ID:DQw
>>148
ありがとう。
今書いた通り、ウチでは緊急の保護という形が出来た。
多分家族本人には虐待のため……とかストレートには言わず色々違う言い方をしたと思う。
まずはその友達に、その施設のケアマネや偉い人に相談してもらってはどうかな?

151: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:16:44 ID:e68
>>150
ちょっとラインしてみるわサンキュー

152: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:22:30 ID:DQw
>>151
良い方向に行ってくれることを祈るよ。
後は、もしも施設が何もしてくれなかったら、市役所の福祉課の人に直接相談するとかかな……

143: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:00:31 ID:DQw
5年目

新たな新入社員を数名獲得!!

女の子数名と、待望の男子2人が入ってきた。


その中にはリーダーの息子さんもいて、すっごい優秀な人だった
もう1人の人は丁寧な物腰のおとなしい人だなぁ、という印象


リーダーの息子さん→ジュニア
おとなしい人→アスペ


と呼びます
2人とも俺より年上。女の子達は年下です

146: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:07:28 ID:DQw
ひょんなことから、この新入社員社員達と仲良くなる俺。

ジュニアさんとアスペさんは連邦の方に勤務になったけど、よくみんなでご飯を食べに行く仲になった。
特にジュニアさんは、リーダーからよく俺の話を聞いていたらしく最初からかなり印象良かったみたいで仲良くなるのにそう時間はかからなかった。


ジュニア「俺らは>>1さん組ッスから!」


俺「いやいやwww」


と、いうのも彼らは丁度3月から研修で来ており、先述の講習会も見に来てくれていたらしい。


ジュニア「俺、凄く感動したんです!」


と言ってくれた彼は今も連邦で働いてる。俺よりもずっと優秀な人です

149: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:11:55 ID:DQw
ちなみにうちの施設に通ってた人でも、家族による虐待があった人がいた。
その人は息子さんと2人暮らしだったんだが、身体のアザと本人の怯えから虐待の事実に気付き、すぐに施設長がミーティングを開いて


「そういう事情だから、うちでしばらく保護したいと思う」


と、泊まってもらうことになった。
そういう時は市役所の福祉課と相談して、施設で保護、という形にも出来るらしいけど、俺がまだ入社1年目の話だから詳しいとこまでは知らないんだ

153: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:37:08 ID:DQw
老人虐待って、解決が難しいんですよね。
介護している家族はもういっぱいいっぱいだから、家族の意識改善による解決はほぼ不可能なくらい。
俺ら職員は業務時間だけだけど、家族には逃げ場がない。
認知症を患っていたら特にね。
だから「こんなにお世話してるのにどうして」と怒りとストレスと自己嫌悪でグルグルしてしまう。
嫁姑問題まで入っちゃうと更に悪化するよね。


だから虐待を受けた子供と同じく、保護っていう形になるのがほとんど。
家族の方の逃げ場、安心してもらうためにも施設ってのは必要なんですよね

154: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:50:47 ID:DQw
他にも何か聞きたいことあったら、若輩ですが答えられるだけ答えていきますのでいつでもどうぞ


では続きを。
そんな感じでスタートした5年目。
仲良いスタッフもたくさんでき、人間関係的にはなにも問題ないのだが……


ここで介護という仕事の壁にぶち当たる。



今のジオンのグループホームはこれでいいのか?
利用者さんは落ち着かず、職員もそれに追われ何とか1日を終えるという日々。
この時にはほとんどの方がかなり認知症が進んでおり、どういう介助をしていくか……という話を難航させていた。



例えば悪魔さんなら、基本的な方針としては怪我なく安全な日々を送ってもらうこと。
しかし本当にそれだけでいいのか?
もっと日々を楽しく過ごしてもらうには?


例えば、ある程度のことが出来る人なら何らかの趣味があると思う。
料理ができたり、裁縫が出来たりなどと。そういう利用者の出来る部分を探して、活気ある1日を過ごしてもらうというのが介護の大切なことの1つ。


けど、今のジオンの人達はみんなそういったものがない。出来ないのだ

155: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:55:38 ID:DQw
と、いうわけでまずは出来る事、好きな事探しを皆で始める。
今まではつい問題行動などの対策や対応ばかり話し合っていたが、「その人ができる事」をみんなで話し合った。



良い案はなかなかでない。
歌が好きだからカラオケの時間を多くとってみる、とかそんな感じ。



出来る事の少ない人に、どうすれば良い介護が出来るのか。
これは不穏の対応などの事より遥かに大変だった

156: 名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木)23:57:49 ID:DQw
そんな時。
もう夏ごろだったろうか。連邦グループから、アスペさんが異動になり我がジオングループへとやってきた。



どうやら、向こうではかなりのトラブルメーカーだったようで。
リーダーが限界を迎えたらしい


こうして、新しい爆弾を抱えることになる

157: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)00:03:36 ID:oHu
アスペさんの特徴


コミュ力がない
話が通じない
突然勘違いでキレる
職場で常にため息
仕事を教えても理解しているようでしていない
挙動が凄く遅い



と、もっとたくさんあるがとりあえずはこんな感じ。
それだけならまだしも、利用者に対してあまり良い影響を与えないのだ。


これには本当に困った。
利用者の不穏に上手く対応できないから利用者は更に怒る
アスペさんはそれが気に入らず、無言でどこかに行ってしまう



ロッカー室立てこもり時間とかもあったなぁ。



そんな感じで、アスペさんはかなり現場を掻き回してくれた

158: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)00:06:17 ID:oHu
そうしてバタバタと1年が終わってしまう。
介護現場の空気って、まず職員が一致団結しないと良い方向には行かないんですよ。
職員は無駄にストレス溜まるし、利用者さんもそういう空気は敏感に感じとるようで不穏が増える。


本当、利用者さん達には申し訳なさでいっぱいです

159: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)00:14:22 ID:rN8
うちにもアスペ職員いるからわかるわ・・・
明らかにアスペが原因で利用者が不穏になっているのに
アスペは「利用者が勝手に怒ってムカつく」と自分の非を決して認めないし
どんだけ注意や説明をしても、自己正当化の言い訳しかしないから
「もしかして俺が間違ってる?」と自分を疑いたくなるし
アスペと組むだけでこっちの気が狂いそうになる

161: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:00:28 ID:oHu
>>159
うわ、まさに一緒だ
やっぱ何処にでもいるもんなんですねー。なんでそういう人が介護やろうって思うんですかね、不思議


160: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)00:18:13 ID:zDX
親戚のオバハンがまんまアスぺやわ
身内の誰もが失敗し続けた世話の困難な徘徊老人を病院に連れて行って入れる事に成功した俺が超悪者にされたわ

161: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:00:28 ID:oHu
>>160
身内にそんな人がいると苦労するな……
あなたは間違ってないよ、そういう人をちゃんと連れていけたなんて凄いじゃないか。お疲れ様

162: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:10:23 ID:oHu
6年目

この頃になると最初の情熱は何処へやら。
残業?休日出勤?なんでそんなことしなきゃならないの?
と、入社の時が嘘のように冷めてしまっていた。


度重なる夜勤と、変わらない悪魔さんの状況で結構荒んでたかもしれない。
てか体力なくなった。人間って、お日様の光に当たらないとダメになっちゃうんだね……



相変わらずのアスペ無双で、同僚達も疲れ果てていた。
しかし、アスペ事件にも終止符が打たれる。



ある日のこと。
入浴当番中のアスペが突然それを中断し


「タバコ吸ってきます」


と有無を言わず脱走したのだ。(アスペ車篭城事件)
無論、休憩時間でもないのにそんなことが許されるはずもない。


全員の怒りが爆発した

163: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:12:10 ID:UXI
うわあ

164: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:15:07 ID:oHu
その事件で散々皆に弾圧されたアスペはそのまま休職。
ほどなく退職した。


こうして我が職場には平和が戻ったわけだが……



俺「また勤務変更か……」


巨乳「人手が足りなくなったもんね。アスペがいるより全然良いけど」



幸いだったのはアスペは日勤しかやっていなかったということか(夜勤なんてもちろんやらせられないし)



しかし忙しくはなっても、職員の精神状態は安定したと思う。



165: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:16:38 ID:rN8
アスペ退職したのか
うちは「人手不足になるから」って理由で未だに居座ってるよ
シフトがキツくなろうが何だろうが
利用者に害しか与えていないんだから一日でも早く解雇してほしいわ・・・

167: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:24:01 ID:oHu
>>165
ウチもそれで我慢したけど、このままじゃ状況が悪くなるだけだって皆で一致団結できた。
施設長も俺達の訴えはわかってくれてたんだが、やはり経営者としては解雇っていう措置を簡単には出来ないらしい(訴えられると面倒だから)


そちらも早く追い出せるように祈ってる。

166: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:21:06 ID:oHu
その頃、連邦はまだ荒れていたらしい。
スタッフの入れ替わりが激しく、なかなか上手く行かなかったそうだ。連邦にいたスタッフから色々話を聞いた。


要因としては1つ。


連邦は、未だに権力が強いオバサン職員が多いということ。
俺やベッキー達がいた頃は、新人と仲良くなったりしてモチベーションが保てるような状況だったのだが……
とにかく職員がイライラ状態で荒れているらしい(最初にアスペがリーダーをブチ切れさせたりしたのも不味かったみたい。リーダーの精神状態が……)


ジオンは若い職員が中心になってやっているので、アスペみたいな人じゃなきゃ上手く馴染めるのだが……


168: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:29:45 ID:oHu
そして俺はというと、その頃かなり精神的にきてたと思う。
家に帰っても悪魔さんの声が幻聴で聞こえるのだ。


わかってる。利用者だからしょうがないって。
でも、それを全部ひっくるめても、ダメだった。あの人の声を聞いても、顔を見ても、全てがダメで、頭痛がした。何回吐いたかわからない。


他の利用者さんなら何をされても平気だ。自分なりの愛情を持って介護できる。ただ、悪魔さんだけは……怒りと憎しみしか残らなかった。
それでも、その年は耐えた。


結婚したからだ。嫁がいるから大丈夫だと、自分に言い聞かせた

169: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:30:17 ID:UXI
嫁は介護系?

171: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:34:40 ID:oHu
>>169
介護じゃないけど、福祉系
市のふれあいセンター?みたいなとこの職員さん。子供から老人まで幅広く対応してるみたい。その前は学童とかでも働いてたってさ

170: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:33:23 ID:oHu
で、その嫁とは遠距離恋愛だったんだけど、結婚前に同棲してたんだ。
嫁は都会人で、田舎に来るのは嫌だったみたい(自分のやっていた仕事が俺の地元にはない、というのが大きな要因)


なので嫁の職場に通える、というのに合わせて引越しをした。
ちなみに、そこから俺の職場まで車で二時間である

172: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:39:01 ID:oHu
そろそろ潮時かな、と思った。
介護の仕事は好きだし、施設長の下でまだ働きたい気持ちもある。
けど、悪魔さんの対応はもう疲れたし、いつも死んだ顔の俺を心配している嫁にも悪い。
先に引越し先の介護施設に目星をつけてから、俺は退職の話をするため施設長の所に赴いた

173: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:46:36 ID:oHu
俺「~というわけで、俺……もう……」


施設長「……」


俺「施設長には凄くお世話になって、まだまだ恩は返せてないんですけど……」



施設長「あのさ、辞めなくてもいいんじゃない?」



俺「え」



施設長「都会なら2時間で通う人もいるし」



俺「でも、交通費とか」


施設長「出してあげるわよ。いくら?」



計算したら6万ほどかかるわけだが、施設長はそれも払うと言ってくれた


施設長「>>1くんには、ここを背負ってく人間になって欲しいの。だからここで介護を続けてほしい」



実際にはもっと色々会話をしたが、ざっと書くとこんな感じ。
施設長にここまで引き止められたら、と。
俺は仕事を続けることにした。魔の通勤時間の始まりである

174: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:52:24 ID:oHu
ちなみに半年ぐらいして、今度は嫁の実家のほうに引越しました。
今度は居候です。通勤時間は約3時間になりました、はい



ちなみに今から丁度一週間前、嫁と一緒に地元に引越しました。
流石に俺の体力が心配だったようです。
今度は職場まで歩いて10分。近え……

176: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)01:55:58 ID:oHu
6年目もそんな感じであっという間でした



同時に、介護についてまた深く思い悩むことになる。
悪魔さんのことをどうしても許せない自分が介護の仕事をしていていいのか?と

177: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:02:43 ID:oHu
7年目。



介護って何だろう。頭ではわかっていても、理想と現実の違いに苦悩した。
結局は日々の忙しさに翻弄されてるだけで、利用者に全然寄り添えてないじゃないか。
これじゃただ商品を流すベルトコンベアと一緒だ。



悪魔さんへのストレスと、自分の力不足にいよいよ頭がおかしくなってきた。



やりがいを感じなくなってしまった。
あんなに好きだった仕事に行きたくない。
また幻聴が聞こえる
自分の精神がおかしくなったのだろうか?




……考えてるうちに、精神が崩壊した

178: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:03:41 ID:UXI
うわあああきた

180: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:10:16 ID:oHu
崩壊したのは、7年目の初夏のこと。
その時の記憶がほとんどない。多分黙々と仕事をするだけの人形になってたと思うが、悪魔さんへのイラつきだけは消えてなかったのが残念だった。



家で、嫁が涙目になって俺を見つめてるのに気付いて、我に返った。



同時に、ここまで心配させてしまったことに申し訳なさでいっぱいになった  

181: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:11:06 ID:TFI
介護や保育関係に従事する人をあんな低い賃金で雇っちゃだめだよね
人のお世話をしてもらっているから普通ならもっと手厚くされるべき

192: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)03:08:59 ID:qRF
>>181
重要で必須な仕事ほど安く買い叩かれるよね
変な世の中

株転がしてるだけのやつが札束でうちわ作っちゃう
そら病むし若者も働いたら負けと思うだろうなあ

182: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:16:11 ID:oHu
どうしようか。
仕事はもうしたくない。けど、辞めることも考えたくなかった。
ここで逃げたら、この6年が嫌な思い出になってしまう。
施設長を裏切ることもしたくない。
けど、こんな状態で介護の仕事が続けられるのか?

俺は……



俺「……ねえ」


嫁「?」



俺「明日、施設長と話してくるよ」




「介護の仕事をしていた俺が精神崩壊した話」



おわり

185: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:17:42 ID:rN8
続きあるんか。。。よかった
>>182で終わったら後味悪すぎるわw

183: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:16:51 ID:rN8
どうしても苦手な利用者が一人いるとホント苦しいよね・・・
うちにも全職員から嫌われていた利用者さんがいたけど
あの時期は施設の雰囲気が殺伐としていた
もし退所になっていなかったら俺も精神崩壊していたかもしれない

187: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:19:32 ID:oHu
>>183
そうなるよね。
退所してよかったよ、本当に。凄いわかる。

184: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:17:18 ID:oHu
ここからは、


「精神崩壊した俺が立ち直った話……?」


となります。もう少し、御付き合いください

186: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:19:26 ID:UXI
おわったかと思った

188: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:24:11 ID:oHu
施設長に、相談しに行きました。


悪魔さんが、どうしてもダメなんです。もし次理性が飛んだら、俺は虐待してしまうかもしれない。
介護ってなんなのか、わからなくなりそう。どうしたらいいですか……?



俺の相談に真摯に向き合ってくれたあと


施設長「連邦に行ってみる?」


7年目の、七月。
俺はジオンを離れることになった。


189: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:34:14 ID:oHu
慕ってくれていた後輩達に引き止められたりした。
必ずまた戻るから、と言っておいた。ジオングループの仲間達にも、そう誓った。
リーダーや、女神先輩の元でなら、きっと初心に帰れる、と淡い期待を持ちながら。

190: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:39:56 ID:oHu
7年目 夏。 連邦グループホーム


連邦の人達は、みんな優しく迎えてくれた。
そして利用者さんも、認知の少ない人は俺のことを覚えてくれていて、凄く嬉しかった。



なんというか、俺のいた時より半数以上の利用者さんが変わっていたのだ……


俺「なんか、普通のグループホームだな……」



自立している人も多く、入社した当初のグループホームを思い起こす環境。これがこっちのグループホームか、と驚愕する

191: 名無しさん@おーぷん 2016/04/01(金)02:59:51 ID:rN8
>>1ガンガレ
俺(グルホ)これから朝食の仕込みに入るから
夜勤明けにまとめて読ませて貰うわ

194: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)12:48:28 ID:BRP
お疲れ様。
イッチ立派や。ワイは職員の人間関係で転職してもうたわ…なんか情けないわ。
また読みに来る

195: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:05:43 ID:Fyx
>>194
人間関係で悩むのは凄くわかる。
情けなくなんてないよ、自分に合った職場を見つけるのが一番

196: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:09:54 ID:Fyx
夜勤者があまりいないので、異動2日目で速攻夜勤に入る。
多少不安もあったが、他の夜勤者が夜勤中にやることや利用者さんの夜間の注意のメモ書きを置いていってくれたので、なんとかやれた。

連邦の夜勤は利用者さんの夜間の不眠などはまったくなく、平和だった。
朝も利用者さんの自立レベルが高いのでこちらで起こしたり介助が必要なのは2、3人でとても楽で、ほぼ全員介助しながら起こすジオングループと比べると雲泥の差だ。


197: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:14:52 ID:Fyx
利用者も、1人とても元気な方が他の人を先導してカルタなどを自発的に行っている。
他にも頼めば色々なことが出来、なんともグループホームらしい。


帰宅願望等の不穏がある方はもちろんいるが、それは職員の対応次第だし、どうしようもないほど大変な人はいない。


ゆっくりした時間と、ある程度自立している利用者さん。
ここなら理想的なグループホームとしてやっていけるんじゃないか。……そう、思っていたのだが

198: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:16:56 ID:Fyx
「ちょっと!手で食べないでよ、汚い!!」


「だから、~は預かってるって言ってるでしょ!!」



スタッフの方が、殺伐としていたのだ。
なんでそのくらいで怒るんだろう?その都度なだめだからも、俺は原因を探っていく

199: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:21:05 ID:Fyx
殺伐としていたのは、リーダーもだった。
かつてのリーダーの面影は全然なく、何かあるとすぐイライラしているようだ。ショックだった。理想だったこの人を、何がこんなに変えてしまったのだろう。
女神先輩は唯一あまり変わっていないようにも見えたが、それでも昔に比べると余裕がないように見える


スタッフ間の空気も、一見仲が良いように見えて……裏ではなにかと陰口が目立つようだ。

200: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:25:19 ID:Fyx
ジオングループのスタッフは、何があっても利用者に強い口調は絶対に使わない。
……俺は、悪魔さんに対してだけは末期に強い口調を使ってしまうこともあったけど。


本当に、なんでこんなことになっているのだろう。
連邦グループスタッフが、とりあえず仕事が終わればいい、みたいな言葉を使う度、胸が傷んだ。

201: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:34:37 ID:Fyx
原因としては、悲しいことにリーダーにあった。
でも、彼女だけのせいではない。
前レスで、これまでの連邦グループが結構荒れていた、と書いたが、きっとその長い期間でのストレスがリーダーを蝕んだのだろう。
その頃連邦グループがどんなに荒れていたかは、その時に働いていた人に良く話を聞いていた。


新人職員の度重なる入れ替わり。中にはアスペさんみたいな人もいただろう。
新人教育にはリーダーも施設長からかなりの信頼があるので、大半はリーダーに任される。
連邦グループでそこそこ長く続けているオバサン達の、新人への攻撃等にも色々頭を悩ませていたのだろう。


そういった数々の要因がリーダーを蝕み、人を変えてしまった。
そして、リーダーの方針は下にも影響する。そういった余裕のない姿を模範にしてしまうと、誰か支える人がいない限り、どんどん悪循環になってしまうのだ。


……非常に悲しいことだった。
俺が入った頃から、「この人過労死するんじゃね?」と思ってしまうぐらい、連邦グループに尽くしていたリーダー。
少しでも助けになれるように……と俺も努力した



しかし、様々な要因があったとしても……この顛末は悲しすぎる
この人は本当に介護が好きで、誰よりも働き、下の人間の模範になったのだから。

202: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:41:18 ID:Fyx
とりあえず、リーダー含めみんなの負担が減るよう俺もたくさん働いた。
この惨状をみて俺も昔の情熱が少しは戻ったのだろう、どんどんやる気が満ちる。


もちろん俺1人の力なんかではないが、連邦グループも少しずつそれから余裕が生まれるようになってきたと思う。
こういうケースだと、まず通常業務を速攻片付けることから始めるのだ。
そうすることで職員は業務へのプレッシャーが軽減され、利用者さんにしっかり目を向けられる。

203: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)19:53:08 ID:Fyx
ある時、リーダーと2人だけの日勤があった。
意を決して、リーダーに向き合う。これは、リーダーを傷付けてしまうかもしれない。けど、言わないと何も変わらない気がしたから



「リーダー。あの、今のリーダーって、昔と全然違いますよね」



思っていたことを全て、リーダーに話した。
言葉に気を付けながらも、自分の思いをリーダーにぶつけた。



「……そっか。やっぱりそう見えちゃうか……」



初めて、リーダーの涙を見た。
リーダーはしばらく泣いた。今まで辛さ。誰にも言えなかったという溜め込んでいたことを、たくさん話してくれた



「ありがとう。>>1くんのおかげでスッキリした」



最後にリーダーは笑った。
それから、リーダーは少しずつまた元のリーダーに戻っていく。
もちろん、簡単には解決しない難しい問題だ。けど、これからはリーダーが苦しみそうになったらしっかりフォローし合う。


リーダーとの話を他の人に言ったわけではないが、自然と暗黙の了解になっていったと思う。
他の人も各々、きっとリーダーのことを気にかけていたと思うから。


そうして、少しずつ連邦グループは前に進み始めた。
口が悪い所など、変わらないことはあるけど、それでも最悪の状況は免れたと思う

204: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)20:03:02 ID:Fyx
ここまでが連邦グループ内の内情。

ここからは、俺が立ち直って行った話になる。




リーダーとの話をする少し前。
連邦グループに移動してから2ヶ月後くらいだろうか。連邦グループは新しい利用者さんを迎えた。



男性で、移動は歩行器等必要としベッドからの起き上がり等は介助が必要だが認知症状は少なめで、脳はかなりしっかりしている方。
元々はジオン小規に少しの間泊まっていたのだが、しっかりしているからこそ職員の対応に不満があったらしい。


施設長「そういうことだから、今度は粗相のないようにVIPでお願いね」



と言うことだ。
その人は地元ではかなり有名な偉い人で、とりあえずここはでは会長と呼ぼう。
ネットでも名前を検索したらすぐ出てくるし、彼のエピソードも見れるため特定防止のため色々ぼかして書く

彼が来る日、丁度俺は夜勤だった。
不安はあるが、しっかりしてる人なら話はちゃんと通じる。こちらに問題がない限り大丈夫なはずだ、と気を引き締める

205: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)21:16:40 ID:CNP
1は立派だ……
同じ業界で働く人間として尊敬する

206: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)06:04:42 ID:SX8
>>1
俺も同業で職員間のトラブルに頭抱えてるから気持ちわかる

207: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:36:27 ID:52c
その日は何事もなく終わった。
それから、日々お世話をしていくうちに会長も徐々に俺を信頼してくれて、仲良くなっていった。
こう言ってはなんだが、意思疎通できるしっかりしている利用者さんの介助はやりがいがある。

そんなふうにして時間がすぎるうちに、


「ああ、介護ってこんなにやりがいがあったんだっけな」



と忘れていた気持ちを思い出せたんだ

208: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:42:53 ID:52c
やりがいを感じれば、仕事にも活気が出る

良い流れは続くもので、俺の夜勤の日、また緊急で新しい利用者さんが来た。
その人は元々ある程度自立していた人だったが、医者に処方してもらった眠剤が思ったより強く、歩行が困難になってしまったため家族がウチの施設に連れてきた、というもの。


娘さんとその旦那さん、その人の奥さんも見え、心配した奥さんは一緒に泊まっていったのだが、俺も丁寧に対応した



わりと信頼してくれたらしく、以降家族の方が俺を見る度に
>>1さんが夜勤なら今日も安心です」
と声をかけてくださるようになった。嬉しかったよ

209: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:46:16 ID:52c
それ以上に嬉しかったのは、その人は認知症状もあるが人の顔ぐらいは覚えたりできるのだが、歩行状況が回復して小規に移ったあと


俺「〇〇さん、こんにちは」


他職員「あれ、この人は誰でしたっけ?〇〇さん?」



〇〇さん「んー、友達」ニコッ


と笑ってくれたこと。小規に行ってからも俺が通りかかると、「やあ」と笑って挨拶してくれるのが、とても嬉しかった

211: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:51:17 ID:52c
他にも、小規模から一名、認知症状が少ない女性がグループに移ってきたりして。
その人とも色々和気あいあいと仲良くしながら、介護のやりがいを実感していた



ここの仕事は楽しい。
後は職員がなんとかなればなー、と少しの悩みが残るくらい

212: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:56:39 ID:52c
会社の飲み会などでは、ジオングループの人とも顔を合わせる


「早く戻ってきてね、待ってるよ」



と声をかけられる度、俺も苦悩する。



ジオングループにはいつか戻りたいとは思っている。
でも、逃げ出した俺が戻って、なんとかなるのか?
連邦グループの利用者も好きになった。だからこそ、悩む



ジオンに戻っても、俺はまた同じことを繰り返すかもしれない
けど、ジオン職員が辛い思いをしている中、ずっとヌクヌクとしていて良いのか?

213: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)21:58:42 ID:52c
悩み続けたまま、年が明け……2016年1月



リーダー「>>1くん」


女神先輩「……」



俺「?」



リーダー「ちょっと話があるんだけどさ……」

214: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)22:05:28 ID:52c
リーダー「>>1くんさ。昔と違うよね」


俺「……?」



リーダー「昔はさ、何でもズバズバ言ってたのに、今は凄いおとなしいでしょ?皆の言うこと黙って聞いてさ」



>>1「……はい」



リーダー「>>1くんのことだから違うとは思うんだけど……私はね、もしかしたら君がいつかジオンに戻るから、こっちのことはどうでもいいのかな……って思っちゃうんだ」



俺「!!」



俺「それは……違います」



そこで、素直に全て話した
受け入れて貰った俺が、どこまで口出していいか、少し悩んでいること
ジオンに戻りたいという気持ちも確かにあるが、このまま連邦でリーダーを支えていきたい、とも思っているということ



リーダー「そっか……」

215: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)22:09:33 ID:52c
リーダー「本当はね、>>1くんにはここに残って欲しいって思ってる。ここを変えて行くためにもね」


俺「リーダー……」



女神先輩「でも、>>1くんは自分の気持ちを尊重してね」



リーダー「そう。どっちを選んでもいいし、向こうに戻るなら応援するけどね」



俺「…………」




そして、丁度その頃



施設長「巨乳ちゃんが、なんだか限界みたいなのよね……>>1くんもいなくなって、かなり辛いって」



俺「マジですか……」

216: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)22:14:26 ID:52c
思考がグルグルする。



連邦に残り、恩師であるリーダーや女神先輩のために頑張っていくか


ジオンに戻り、同期の巨乳や他の職員達の力になるか




簡単には決められなかった



連邦に残ったとして。
やりがいのある仕事をしながら、恩師の力になる。けど、ジオンを裏切ってしまうことになる。

ジオンに戻るとして。
今みたいに、やりがいを感じられるかは不安だろう。悪魔さんがいるかぎり。けど、自分達で立ち上げたジオンが大変な時に、それを無視できるのか?
だけど、戻ればリーダーや女神先輩の想いを。俺を受け入れてくれた連邦職員達の気持ちを裏切ってしまうことになる

217: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:13:27 ID:uSx
ついこの間のことなのか
辛いなぁ……

218: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:36:16 ID:52c
嫁に相談しながらも、悩み続けた。
そんな時、前に書いた引越しの話を嫁がする。


「そっちに行けば、きっと>>1も前より余裕がでるはずだから。今までありがとうね。これからは、もっと楽して」


と言ってくれた。
引越しの準備をしながら、また考える



「今までは行き帰りで目いっぱいになってたけど、それなら……」



きっと、どっちを選んでも俺は後悔するだろう。
なら……

219: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:42:58 ID:52c
1月末

俺「リーダー」


リーダー「?」



俺「俺、決めました」



リーダー「……うん」



俺「リーダーには、凄くお世話になりました。でも……」


俺「ジオンに戻ります。自分達で立ち上げたジオンで、今度は俺が上に立って、リーダーみたいにみんなを引っ張っていけるような人間になりたいんです。もう、昔みたいな子供じゃいられないんで……」


リーダー「わかった」



それから施設長に話し、速攻で異動となった



施設長「巨乳ちゃんをしっかり支えてあげてね」


俺「はい!」



2月から、ジオングループに戻る。
不安はもちろんあったが、連邦約半年お世話になって学んだこの気持ちを、生かしていこうと決意した

220: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:53:05 ID:52c
……本当のことを言うと、ちょっとした出世欲もある。
先輩職員が多い連邦よりも、自分より職歴が長い人間が2人しかいないジオンの方が、高い地位につけると思った。
俺ももう、生活するにあたって自分1人の責任じゃない。この仕事で家族を養っていくには、一介の職員のままじゃダメなんだ。

連邦とジオンで悩んだ時、選べたのはこの理由があってこそだ
結局は金なんだな……反省してます

221: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:56:37 ID:MFF
いや、反省することはないよ
義理や情も大事だけど、今の>>1には守るものがあるわけだし

222: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)23:59:03 ID:52c
>>221
ありがとう
選んだからには、仕事きっちり頑張る!

223: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)00:02:23 ID:1Y6
ジオンに戻る。
まず、巨乳の夜勤がなくなった。最初は施設長が
「とりあえず巨乳ちゃんと2人夜勤してみる?>>1くんもいきなりは大変だろうし、巨乳ちゃんもそれなら楽だろうし」
と言っていたのだが、そんなことが出来るような余裕はなかったようだ。人数的に。
巨乳の代わりに俺が夜勤に入ることになった。

「大丈夫?いきなり夜勤で」


と声をかけてくれる人もいたが、弱音を吐く前にやるしかない

224: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)00:06:20 ID:1Y6
戻ったジオンは、俺がいた時より凄まじいことになっていた。


まず、どう見ても日勤帯の勤務内容に無理がある。
人が少ないのに、やることが多すぎるのだ。なんとか回しても、これでは利用者さんに目を向けてられない


夜勤帯も、連邦に比べたら大変だったが、そんなの元々慣れっ子だ。
相変わらず悪魔さんは苦手だったが、そんなこと言ってたら前と同じ繰り返しだったし、自分の意識を変えていくしかない。

225: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)00:12:58 ID:1Y6
とりあえず、日勤帯については一ヶ月様子をみようと思った。
どう見ても働いてるスタッフは大変そうだが、まず様子を見て、みんなの意見を聞きながら改善していこう。


そんな考えで、2月を終える。
そして、3月。追い詰められたスタッフに更に追い討ちをかける事件が起こる

226: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)00:21:47 ID:1Y6
この話は!フィクションです!


夜勤者の1人(俺と入れ替わりでジオンに来た子。俺がジオンに戻っても、本人の意思でここに残った)が、朝の薬などを利用者に飲ませていなかったというとんでもない事件が発覚する。
(眠前薬や朝食時の薬は夜勤者しか飲ませる人間がいない。他の勤務帯の勤務時間外)

発覚は、日勤者が昼の薬がないことで誤って捨ててしまったのかとゴミ箱の中を漁っていたからだった
(夜勤者は翌日の薬をセットする)



そういうわけで発覚後、すぐさま施設長他偉い人数人でその子と面談。



そして丁度業務内容の見直しする話をしようかと俺が考えた日、その子とジオングループスタッフ全員での緊急ミーティングが行われた

227: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)22:31:02 ID:BCY
当事者を交えてのミーティング。
緊張したが、まず本人がどういう心境でやったか皆の前で言わせたかったのだろう。
しかし、本人の口からはハッキリした言葉は出ない。
正直、反省の様子も全くなさそうだった。これは他全スタッフも同じ感想だったようで、本人のみ帰してから残った俺達でミーティングは続いた

228: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)22:39:57 ID:BCY
議題はシンプルながら


「あの子をこのジオングループに残すか」



といったものだった。
しかし、全員一致で、もう信用出来ないから一緒に仕事は出来ない……という見解。それで話が終われば簡単なのだが……


管理者「でも、ここであの子を抜かすとなると……人数的にかなり厳しいことになるよね」



と、いうこと。
ただでさえギリギリの状態の中でやってきたのに、これは……


ちなみにその子を抜かした我がジオングループスタッフの人数は
俺を入れて7人。
同じグループホームのスタッフさんがいたらちょっと比べて見てほしい。ちなみにこのうちの1人は新人さんだ
他の施設の人数はよく知らないので、世の中の介護施設の人数に比べたら少なくない数字かもしれないが……


話は難航した。
皆答えは出ているのだが、人数的な問題を考えると自分も辛いし、仲間も同じ心境だと考えるとそう簡単には決断はできない

229: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)22:43:41 ID:BCY
だが、このままでは何も進まない。
俺は、その子を除いたこのメンバーでやっていきたい、と進言した。
もちろんこれからかなり辛い業務になることは分かっている。
だけど、信用できない爆弾を抱えたまま仕事をするより、信頼できるメンバーだけで仕事をしたほうが絶対に後々で後悔しない、と思ったからだ。


とにかく日勤の業務をなんとか改善することを提案し、その意見を推した。皆、少しずつだが賛同の声を挙げてくれ、ミーティングは終わりとなった

231: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)22:46:50 ID:BCY
翌日から、さっそく業務改善のミーティングを行った。
なんとかなりそうなレベルまで改善出来たが、今の状況は現在進行形であり、これからも色々改善点は出てくるだろう。

消耗した職員達のケアも大切だ。
俺に出来ることなんてたかが知れてるが、今のスタッフ全員で支え合って、良い現場にしていきたいと思う

232: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)22:57:48 ID:BCY
それから。
ようやく話は、今現在に追いつく。
引越しを終え、俺もかなり余裕が出来た。前述の緊急ミーティングから、何か吹っ切れた感じもある。


このグループホームを、もっともっとよくしていく。
その決意は、俺自身も救われたと思う。



どうすれば良い環境になるのか?


日々それを意識していくことで、自分の中の介護へのマンネリというか、悩みは無くなった。



あの悪魔さんにも、本当の笑顔を向けられていると思う。
それで気付いた。自分自身が笑顔にならない限り、本当に良い介護は出来ないんだ……という当たり前なこと。
正直、連邦からこちらに戻ってきた時に、良いグループホームにするには利用者さんがある程度自立していなくてはならない……だからここはスタート地点からもう難しくなっているんだ……と逃げていた。


けど、それはただ自分達の力不足を認めていないだけ。
実際に良くなるかは別としても、そこで諦めてしまっては何も変わらない。心と心を通わす介護で、先に自分が折れてしまっては何もならないんだと、やっとわかった。

234: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:07:03 ID:BCY
これで、俺が立ち直った話は終わり。
もしかしたら、またいつか挫けることがあるかも知れない。
けど、そんな時こそまた今の気持ちを思い出して踏ん張りたいと思う。



この4月で、勤続7年。やっと8年目に入りました。
まだまだ未熟者ですが、初心を忘れずこれからも頑張っていきたいと思います

235: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:16:30 ID:BCY
「俺と施設長(Final)」


実は先月、夜勤中に体調を崩した。ストレス性の胃腸炎。
まだ吹っ切れ切れなかった時だな。朝方には動けなくなっちゃって、
「ああ、これはヤバイ、限界だなぁ」
と相方の夜勤さんに話し、夜勤生活で初めて応援を呼んだ。


すぐに応援職員である主任は来てくれたんだが、「帰っていいよ」と言われても動けない。
帰れるほどの元気があったら夜勤が終わるまで頑張っただろう(この時はまだ引越し前で帰宅に三時間弱の運転が必要だった)



結局俺は、這い出るようにして施設を出た後、仕方なく救急車を呼んだ。
早朝の病院に運ばれ、点滴を受ける
どうしようか。起きても、嫁は遠いし心配もかけたくない。自分で帰れるほど回復するだろうか……
(実家の母に頼ることも考えたが丁度インフルエンザだった)
誰にも頼れないな、と考えながら眠った



……そうしてしばらくした後、なにか冷たいものが触れている感覚で目を覚ます。俺の額に、施設長が手を当てていた

236: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:22:25 ID:BCY
施設長「大丈夫!?>>1君が救急車で運ばれたって聞いて、急いで来たんだけど……」


俺「…………はぁ」



施設長「もう、何で私に連絡しないのっ。夜中でもなんでも、同じ市内なんだからこんな一大事すぐ駆けつけたのにっ」



俺「……」ポロポロ



施設長「>>1くん?やだ、なんで泣いてるの!?」



なんともいえない安心感に、涙が溢れてしまった。
……心配かけて、すいません。でも、その言葉が、今そばにいてくれることが、嬉しいです


施設長は病院の会計など全て行ってくれて、本当に頭が上がらない


施設長「家まで送ってこうか?」


俺「あんな長い距離頼めるはずないじゃないですかw」

237: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:24:49 ID:BCY
結局施設長には駅まで送って貰って、俺は電車で帰った。
なんだか介護福祉士試験を思い出す身体のダルさだな……と思っていたら、帰ったら高熱が出てることが発覚。病院ではまだ出てなかったんだけど……

それから一週間ほど休みを貰ってから復帰しました

238: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:33:58 ID:BCY
「俺と巨乳」


何だかんだで、長い付き合いになる。
お互い良い所も悪い所も知っている仲だが、幸い1度も喧嘩したことなく今でも良い同僚だ。


そんな巨乳が限界だということで施設長から話を聞いていたから、1度飲みに行って話をしてみたが



「5月には、辞めようと思ってる」



決意は硬いようだった。
彼女の悩みを聞いていると、やはり介護の仕事への諦めなどが大きいとのこと。
同じ悩みがあった俺には、痛いほど気持ちがわかる。


俺「……正直、すごいわかるよ。辞めてほしくなんてないけど、巨乳の精神状況を考えると俺は無理に引き止められない」


巨乳「うん。ごめんね……」


俺「……」


巨乳「……」



俺「いつか、俺自分の施設立てるから。その時は、絶対主任で来てよ。無茶な体制にはしない、ホワイトなとこ作るからw」


巨乳「昔から言ってたよねwうん、その時は連絡してよ!」


果たして彼女はどうなるのか。
前述の事件で更に人が減ったため、どうなるかわからないが……
願わくば、巨乳が安心して抜けられる状況まで持っていきたい

239: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:46:40 ID:wvO
1のこれからに幸多いことを祈る
同業種なんだけど俺もがんばるよ

241: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:53:18 ID:BCY
>>239
あなたにも、幸多きことを。
無理はしないでね。自分を一番に大事にして

240: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)23:51:28 ID:BCY
「俺の夢」


この仕事をしてるうちに、たくさんの夢や憧れが出来た
ふと思ったことや、人に勧められたこと、色々だ。「看護師も向いてると思うから目指してみれば?」とかも言われたり


色々やってみたいことはあるけど、やっぱり特別な資格って学校とかに通わないといけなかったりするんだよな。

薬剤師になりたいなって考えたり、理学療法士とかも考えたりしたけど……
そうこうしてるうちに、独身時代も終わってしまったのでとりあえず何年も時間がかかるものは却下。



今一番の夢は、いつか自分の施設を持つこと。
出来れば、今働いてる施設と連携して協力しあえるような施設がいいな。施設長への恩返しにもなるし


まだまだそれまでの道は長いけど、今の現状をなんとかして俺自身ステップアップできたら、叶えたい夢です


施設の名前は決まってるよ。グループホーム パートナー


1人1人の職員が、利用者さんのパートナーのような暖かい関係で寄り添えるような施設……という理念です


いつかそんな施設が出来たら、この>>1が夢を叶えたんだなぁと思い出してくれると嬉しいです

242: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)00:03:01 ID:sAl
「祖父母の話」

悲しいことに、人間やっぱり老いはくる。
今、祖父母はデイでだけどうちの施設に通ってます。祖父は病気で身体が動かなくなって、祖母は認知症。
祖父が退院した時に施設長に相談して通わせてもらうようになった。
歩けるくらいには回復したけど、介護は必要。
いつか別れが来るんだと思うと、やりきれない気持ちです。



一番悲しいのは、もうばぁちゃんの料理が食べれないこと。
あんなに料理が好きで上手だったばぁちゃん。大好きだったその味がもう食べれないのは……


2人には、もっと長生きしてほしいな。ひ孫の顔を見せたいです

243: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)00:06:55 ID:sAl
「嫁の話」


一生を過ごすなら、この子しかいない、と思ってます。
俺のことをとても大事にしてくれる。そんな人は、この嫁しかいません


そんな嫁も、来月からジオンの事務員としてうちの施設に入ります
みんなとても優しいから、安心。

244: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)00:17:52 ID:sAl
「介護の仕事の話」


このスレを見て色々感想を書いてくれた人、ありがとうございます
確かに、介護の仕事は辛いこともたくさんある。ひたすら戦争みたいな感じで、余裕のない所がほとんどでしょう。
確かに底辺かもしれないし、いい待遇じゃないから勧められる仕事じゃない。
けど、そんな辛い中でも心を通わせて、暖かい気持ちになれる仕事でもあることを忘れないで下さい。
職員、利用者、家族。それぞれがそれぞれの想いを抱えています。
これから介護の仕事をする人は、初心を忘れないで。職場をよく選んで
介護の仕事を現在してる人は、どうか無理をしないで
家族の介護で大変な人は、どうか抱え込まないで


スタッフも、利用者も、家族も、たくさんの人が笑顔でいられるよう願ってます。

246: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)05:35:33 ID:21B
イッチ乙
同業者として色々と考えさせられたし、共感できるところもあったし、
本当に有意義なスレだったよ

俺も先日、無気力でやる気の無い同僚とぶつかったんだが、その時に
「こっちが一生懸命やってもこの人達はどうせ死ぬんだから、仕事なんて適当でいいじゃないですか!」
と言い返されて、一瞬言葉に詰まって反論できなかったよ
「何言ってるんだ!」と思ったけど、内心では「そうなんだよな・・・」と納得してしまったのも事実

でも後日、その職員と二人きりで話し合いの場を設けて、
「この人達はどうせ死んでしまうけど、だからと言って最後を迎える時まで、
食う、出す、寝る、起きてる時はただボーっとしているだけ、の生活を送らせるのは可哀想すぎないかな?
この人達も『ああ、この施設に入れてよかった』って思って旅立ってもらえるように
こっちも頑張ってみようよ、ケアする側の自己満足に過ぎないかもしれないけどさ」
って言ったら、少しは納得してもらえたような気がする

俺もグルホで介護を8年やって、
「介護とは何か」という答えはまだ出せていないけど
出来る限りこの仕事に携わっていきたいとおもっているよ
>>1お互い頑張るべ

元スレ:介護の仕事をしていた俺が精神崩壊した話
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1458998942/
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
13位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。