FC2ブログ
いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


【1999年】東海村JCO臨界事故【9月30日】

1::2006/11/29(水) 20:23:21 ID:4GECp23r0
東海村JCO臨界事故(とうかいむらジェイシーオーりんかいじこ)は、
1999年9月30日、茨城県那珂郡東海村でJCO(株式会社ジェー・シー・オー)
(住友金属鉱山の子会社)の核燃料加工施設が起こした原子力事故。
国内初の臨界事故であり、初めて被曝による死者2名を出した
日本最悪の原子力事故である。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E6%9D%91JCO%E8%87%A8%E7%95%8C%E4%BA%8B%E6%95%85

以下詳細は2以降に




3::2006/11/29(水) 20:28:04 ID:4GECp23r0
国際原子力事象評価尺度はレベル4。
周辺の多数の住民が緊急避難を強いられた。テレビでは当時の内閣総理大臣・小渕恵三が国民に向かって外出しないようにと呼びかけた。
現地では事故現場から半径350m以内の住民約40世帯への避難要請、500m以内の住民への避難勧告、
10km以内の住民への屋内退避/換気装置停止呼びかけ、現場周辺の県道、国道の閉鎖、
JR東日本の常磐線水戸 - 日立間の運転見合わせ、常磐自動車道東海パーキングエリアの閉鎖、
陸上自衛隊への災害派遣要請といった措置がとられた。(以上の措置は全て日本で初めて)

事故原因は、旧動燃が発注した高速増殖炉の研究炉「常陽」用核燃料加工の中間工程(UF6をUO2粉末に再転換)を
担うJCOの杜撰な作業工程管理である。
国の管理規定に沿う正規マニュアルの他に「裏マニュアル」で実際に運用しており、
事故当日は「裏マニュアル」をさらに改悪した手順で作業がなされていた。

具体的には、濃縮度18.8%の硝酸ウラニル水溶液を不当に大量に貯蔵した容器の周りにある冷却水が反射剤となって溶液が臨界となり、
中性子等が大量に発生した。ステンレスバケツで溶液を扱っていた作業員の一人は、
「約16kgのウランを溶解槽に移している時に青い光(チェレンコフ放射)が出た」と語った。
冷却水を抜き連鎖反応を止めることにより事故は20時間後に収束した。



JCO東海村事故・関連リスト
http://csx.jp/~gabana/genpatu/jco-list.htm※リンク切れ


4::2006/11/29(水) 20:32:19 ID:4GECp23r0
事故被爆者

この事故では3名の作業員が推定1シーベルト以上の多量の放射線を浴びた。
彼ら被曝者は東大病院を中心とした集中治療がなされたが、 17シーベルトの被曝をした作業員は
事故後83日後の12月21日に死亡、また10シーベルトの被曝をした作業員も事故後211日後の翌年4月27日に死亡した。
死因は何れも、放射線被曝による多臓器不全である。

また臨界を収束させるための作業を行った関係者7人が年間許容線量を越える被曝をし、
事故の内容を十分知らされずに、被曝した作業員を搬送すべく駆け付けた救急隊員3人の2次被曝が起った。
さらに周辺住民への中性子線等の被曝も起った。




(参考)東京大学医学部附属病院発表
東海村臨界事故被ばく患者さんについて

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/shisaku/jco/tokaihib.htm


28:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 08:24:30 ID:z2zdtfwIO
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/shisaku/jco/tokaihib.htm ')" onMouseout="opentext('')">>>4の患者さんの記録読んだら悲惨すぎて
言葉もないな。意識あったんだろうか?
あったらカワイソすぎだよ


29:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 08:40:10 ID:2lYPjoRu0
>>28
本を読んだ限りではどうもあったみたい。
途中から鎮痛剤等の薬で意識は朦朧としていただろうけれど、
脳と心臓は最後まで放射線の影響が出なかったらしいから、
本当に地獄の苦しみだったと思う。


31:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 09:24:58 ID:DyUOjVjy0
>>29
鎮痛剤もあまり使っていると効かなくなるぞ。
心停止する直前あたりは体の筋肉全体が壊死していたから
暴れようにも暴れれなかった状態だったかも。


8:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 20:48:11 ID:pPCLnwNB0
いくら滅多に無い機会だったから、とはいえ
DNAがボロボロのズタズタなって死んでるも同然の人を
実験材料にするために1ヶ月も延命させるとは。。。
あまりにも酷いわ


9:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 20:51:32 ID:4GECp23r0
>>8
83日間です

510 :本当にあった怖い名無し :2006/11/28(火) 00:28:53 ID:KHqqqntl0
東海村の臨界事故なら、最近新潮文庫から本が出たな。
朽ちていった命―被曝治療83日間の記録
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101295514/sr=8-1/qid=1164641139/ref=sr_1_1/503-6183691-0225522?ie=UTF8&s=books


自分は愛知に住んでいるが名古屋の大手本屋でもこの本は入手困難だ
前回もあっというまに廃刊になったので入手したい方はお早めに


32:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 09:30:12 ID:DyUOjVjy0
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101295514/sr=8-1/qid=1164641139/ref=sr_1_1/503-6183691-0225522?ie=UTF8&s=books


自分は愛知に住んでいるが名古屋の大手本屋でもこの本は入手困難だ
前回もあっというまに廃刊になったので入手したい方はお早めに ')" onMouseout="opentext('')">>>9
の本によると奥さんに向けた“愛しているよ”だったらしい。
被爆後10日のことでこの時点で体の皮膚が剥がれ始め、肺に水が溜まって呼吸困難の状況だった。
担当した看護婦さんはこの言葉を記憶して変わり果てた0さんの看護を続けたそうだ。


44:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:29:12 ID:DyUOjVjy0
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101295514/sr=8-1/qid=1164641139/ref=sr_1_1/503-6183691-0225522?ie=UTF8&s=books


自分は愛知に住んでいるが名古屋の大手本屋でもこの本は入手困難だ
前回もあっというまに廃刊になったので入手したい方はお早めに ')" onMouseout="opentext('')">>>9
の本にある。

心臓以外の筋組織が細胞膜しかなかったようで・・・・・・・・・・・・・・、
たぶん死の直前は体液でぐちゃぐちゃだったのだろう。


10:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 21:04:48 ID:TgN7f8MXO
画像なかった?


14:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 22:34:43 ID:4GECp23r0
>>10
現代かなんかでSさんの皮膚移植の経緯の写真があったですね。
フライデーでは肉体が溶解してなくなったOさんの遺体の写真が載ったことがあったらしいです。
(2ちゃんソース)


11:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 21:05:29 ID:7tKfQjs5O
NHKの特番で死ぬ経過を特集したよね。包帯変えるたびに皮膚も剥がれたって。
まじ鬱になったよ。


16:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 22:45:29 ID:4g/9+Uq10
報道機関にいたんだが、取材に行った女の子が、
”不妊になったらどうするんだ!”と憤っていた。


20:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 23:47:52 ID:zP9//LvY0
ネットのはしりで、現場の記者が匿名で書いたことが流れたような。
報道よりひどい事故だから、近付くな、離れろ、とか。
週刊現代かポストの白黒グラビアにあとから亡くなった方、
oさんではないほうの経緯写真が出ていた。
血液や遺伝子が破壊され、細胞が再生しないので生きながら溶けた、と。
もう一人、40代後半~50代前半くらいの男性も被爆していたけれど、
その方はどうしているのやら。
救急車や病院は、火傷とか怪我としかきいていなくて、放射線事故と
あとから知ってパニックだったとか。
ライターの大泉実成さんが、ご両親が地元だというので本を書いているね。


21:本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 23:49:13 ID:KlDKQxye0
被曝した人たちって最初、運ばれた先の病院で普通に家族と会話してたんだっけ?


22:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 00:20:39 ID:vXrCb11G0
バケツで作業ってなんだよ!バ、バケツって!!!!!!!!!!!!!!!!


と言う具合に、当時ニュース聞いた後に家族全員で唖然となったのを覚えてる


24:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 00:24:12 ID:VH07x+wI0
こんな惨状が広島長崎で大量の人間に降りかかったのかと思うと…。

皮下がずり落ちるとかやけど後から大量の浸出液とか文章で
かかれてもなんだか想像が追いつかない。。
思うより、悲惨な状態だったんだろうけど。

当時、「入院していた被爆者が死亡」のニュースは記憶の片隅に
あったけど、こんな悲惨な死に方してたなんて考えもしなかった。


27:水戸の住人:2006/11/30(木) 06:42:51 ID:gN+Capm00
地元民です。スレ立て乙。
7年前の事故ですね。

国道は封鎖されるは、学校は臨時休校になるは大変だったけれど
水戸市長が、市内一部が避難区域?に指定されて大変なときに出張で
携帯切ってて連絡取れず糾弾されたり
色々ありました


でも、地元民が何より怖かったのは

「風評被害」

これに尽きます。

仕方ないんですけどね。
まあ、東海村のあたりには明らかに
「これ放射能の影響?」と思われる奇形種の・・・・


今はしばらくJCO社員の被害話で盛り上がると思うので
また今度ゆっくりきます


30:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 09:23:59 ID:3G56AIOi0
亡くなる何日か前に、上司に当たる人に
「私はこの先どうなるんでしょうか」とか言ったらしい
それが最後の言葉だったと、そのときは言ってたけど


32:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 09:30:12 ID:DyUOjVjy0
>>30


彼の最後の言葉はhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4101295514/sr=8-1/qid=1164641139/ref=sr_1_1/503-6183691-0225522?ie=UTF8&s=books


自分は愛知に住んでいるが名古屋の大手本屋でもこの本は入手困難だ
前回もあっというまに廃刊になったので入手したい方はお早めに ')" onMouseout="opentext('')">>>9
の本によると奥さんに向けた“愛しているよ”だったらしい。
被爆後10日のことでこの時点で体の皮膚が剥がれ始め、肺に水が溜まって呼吸困難の状況だった。
担当した看護婦さんはこの言葉を記憶して変わり果てた0さんの看護を続けたそうだ。


55:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 18:30:41 ID:Br/IbesqO
>>30喋れたの…?


59:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 20:10:18 ID:3zKtsl7T0
>>55
被ばく後10日くらいまでは話す事ができた

最初は健常者と殆ど変わらなかったが徐々に呼吸困難になっていった


33:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 10:38:25 ID:3WdZyIcx0
これも読んでおくといいね 

原発がどんなものか知ってほしい



34:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:01:09 ID:3WdZyIcx0
故・平井氏が↑を書いた2年後にJCO臨海事故が起こったんだね
・・・・・・・・・ぞっとする

あと敦賀周辺ってなんでこんなに原発が多いの?あのあたりに住んでる
人達は何も感じないの?怖くないのか?住民はもう諦めたのか?
それとも一体何の利権が絡んでるんだ?何らかの減税や免除措置でもあるのか?
全体の内でたった3割強しか電気供給してないのに原発って必要なのかね?
しかも半分は停止してるか点検中だし
ドイツが脱原発できるのに日本は出来ないはずないよな?

こんなもの持つぐらいなら日本の外の敵に向ける 抑止のための 核ミサイル
持った方がずっとマシじゃないか(皮肉

日本の原子力発電所
http://www.pi.hitachi.co.jp/Div/power/product/np_step/np_link/index.html ※リンク切れ


41:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:59:51 ID:CMCYJpuC0
原発は知れば知るほど怖いよね。
東海地震が起きたら浜岡原発は危ない、と元GEの技術者が告発してるのを見ると
ほんとに、原発やめてくれーと思うよ。
http://www.stop-hamaoka.com/kikuchi/kikuchi.html

http://www.pi.hitachi.co.jp/Div/power/product/np_step/np_link/index.html ')" onMouseout="opentext('')">>>34は皮肉で言ってるんだろうけど、核兵器を持つってことも
原発の構造(汚染や、労働者の被曝問題、国際的利権構造に組み入れられる等)と変わりないから。
それと、良く言われることだけど、原発はテロ対象としても危険。
核ミサイルをわざわざ開発しなくても、核爆発のモトが国内に大量にあるわけでさ。


42:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:09:52 ID:2lYPjoRu0
http://www.stop-hamaoka.com/kikuchi/kikuchi.html

>>34は皮肉で言ってるんだろうけど、核兵器を持つってことも
原発の構造(汚染や、労働者の被曝問題、国際的利権構造に組み入れられる等)と変わりないから。
それと、良く言われることだけど、原発はテロ対象としても危険。
核ミサイルをわざわざ開発しなくても、核爆発のモトが国内に大量にあるわけでさ。 ')" onMouseout="opentext('')">>>41

廃炉にした原発はどうすればいいんだろう。
巨大な核廃棄物になるだけで、
地震で崩壊すれば結局、大気中に放射性物質を拡散させるだろうし……。
無毒化する方法が時間の経過しかないというのがねぇ。
切実にコスモクリーナーが欲しい。


43:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:26:30 ID:CMCYJpuC0
>>42
原発は廃棄物も深刻な問題だよね。
http://homepage3.nifty.com/ksueda/waste0208.htmlから、以下引用。

標準的な原発では約50万~55万㌧もの廃棄物が発生すると予想されている。
そこで、廃棄物のうち放射能が一定レベル以下のものは「放射性廃棄物」として扱わない方針が示されている。
昨年までに原子力安全委員会が基準値や、基準値以下であることを検認する方法について
報告書をまとめ、現在、総合資源エネルギー調査会の部会で制度化へ向けての検討が進められている。 

試算では、放射性廃棄物として扱われるのは、1~2%にすぎない。
残りのコンクリートがらは産業廃棄物に、鉄スクラップはリサイクルに回され、
日用品にも再生利用することが想定されている。 
(略)
台湾では、金属ごみに混入した放射性同位元素のために放射能汚染鉄筋が出まわり、
自宅の壁から出る放射線で被ばくする事件も起きている。
日本でも同様の事件が起こらないという保証はない。


49:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 15:26:00 ID:R+8Ry1o60
http://homepage3.nifty.com/ksueda/waste0208.htmlから、以下引用。

標準的な原発では約50万~55万㌧もの廃棄物が発生すると予想されている。
そこで、廃棄物のうち放射能が一定レベル以下のものは「放射性廃棄物」として扱わない方針が示されている。
昨年までに原子力安全委員会が基準値や、基準値以下であることを検認する方法について
報告書をまとめ、現在、総合資源エネルギー調査会の部会で制度化へ向けての検討が進められている。 

試算では、放射性廃棄物として扱われるのは、1~2%にすぎない。
残りのコンクリートがらは産業廃棄物に、鉄スクラップはリサイクルに回され、
日用品にも再生利用することが想定されている。 
(略)
台湾では、金属ごみに混入した放射性同位元素のために放射能汚染鉄筋が出まわり、
自宅の壁から出る放射線で被ばくする事件も起きている。
日本でも同様の事件が起こらないという保証はない。 ')" onMouseout="opentext('')">>>43

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822806200/sr=11-1/qid=1164867704/ref=sr_11_1/250-8621643-0151422
こういう本もあるね。


127:本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 08:07:01 ID:IlUQncrT0
遅レス。

http://www.pi.hitachi.co.jp/Div/power/product/np_step/np_link/index.html ')" onMouseout="opentext('')">>>34
ドイツは、フランスから電気を買っているんだ。
だから、周囲に電気を売ってくれる国が無い日本には、ドイツの真似はできないぞ。

水素電池を各家庭に普及させるとか、日本ならではの方法でないと、日本の脱原発は無理だ。


133:本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 23:36:23 ID:h1RqFj8Y0
>>127
フランスが電力輸出用の原発を持っていて
そこから買ってるんですよねぇ
それにもともと嘘な脱原発の方針をドイツは撤回しようとしてるし


35:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:02:33 ID:nG8w1S4Z0
画像張っとく。

※リンク切れ

36:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:20:23 ID:tFN6JjEbO



')" onMouseout="opentext('')">>>35

これは東海村の被爆者の写真なのか?


37:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:25:22 ID:acUEYIV20
>>36
一枚目はO内さんじゃないかな


39:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:26:40 ID:DyUOjVjy0
>36
見れない・・・どういう状況だ・・・


40:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 11:37:59 ID:acUEYIV20
>>39
一枚目
白黒の画像
顔 手 足 各5枚づつ写真があって、治療の経過と説明が付いてる
二枚目
カラー
背中から臀部 体液が染み出している感じ
三枚目
カラー
全身三枚 ベットと言うか台に乗せられている 生きている感じはしない
上:包帯グルグル 中:頭と腕のみ包帯 下:全裸


44:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:29:12 ID:DyUOjVjy0
>>40
分かった

一枚目はおそらくSさんの皮膚移植の経緯。

二枚目と三枚目はおそらくOさんの遺体写真なのだろう。
Oさんの死後、遺体の包帯をはずして看護婦が体を清めたとhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4101295514/sr=8-1/qid=1164641139/ref=sr_1_1/503-6183691-0225522?ie=UTF8&s=books


自分は愛知に住んでいるが名古屋の大手本屋でもこの本は入手困難だ
前回もあっというまに廃刊になったので入手したい方はお早めに ')" onMouseout="opentext('')">>>9
の本にある。

心臓以外の筋組織が細胞膜しかなかったようで・・・・・・・・・・・・・・、
たぶん死の直前は体液でぐちゃぐちゃだったのだろう。


46:暴走ぉじじ:2006/11/30(木) 13:25:37 ID:EpZAWmKRO
あの事故のあと
大甕住みの人と
知り合いになり
話を聞いたが
当日、同時刻頃に
現場付近を通過したが
大甕住みは検査対象外…
たぶん同じ様な方は
かなり居るような

それと
被爆者の方が
千葉市稲毛区のに
搬送された記憶があるが
以前、あの場所へ
常駐していた人と
今、仕事してるが
まだ30代半ばで白髪だよ
それに子供も無し(既婚者)まぁ偶然なのかもだけど
やっぱ恐い…


47:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 15:00:17 ID:z2zdtfwIO
3枚目の写真は黒人に見えるけどな
海外でも、こんな事故起きてるの?


50:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 15:54:18 ID:OwSuv7Fo0
>>47さんはかなり若いんだろうな・・・

私はチェルノブイリ原発事故が起こった時、学生でイギリスに留学中だった
んだよね(たぶん放射能も微量に浴びてしまった)。
放射能汚染について英国は地理的にセーフの位置だったけど、風向きの関係
でその後徐々に浴び、東欧は被爆し、中央~北欧ヨーロッパ全体が汚染され
ギリシャまで思いっきり放射能を浴びてしまい、最終的にアジア~日本にまで
到達・・・

事件発生後、英国は大陸からの製品の輸入規制を一斉に開始。肉、乳製品、
野菜、飲料水・・・全て一時検疫の為ストップをかけた。
いくら有名で高価なフランス産だろうがドイツ産だろうが、1987-1990年
ぐらいに生産されたワインは「放射能が凝縮されてるから飲むなよー」
って半分ジョークで言われてた(でもって本当に飲むのを避けてた人
も多かったw)

ソビエト連邦の崩壊→東西冷戦終結の促進剤になったと言っても過言では
ないよ>チェルノブイリ


51:本当は怖い名無し:2006/11/30(木) 17:03:41 ID:6Z5meR5OO
え?
チェルノブイリの放射能って、日本にも来たの?


52:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 17:15:47 ID:2lYPjoRu0
>>51
うん。結局北半球全域に拡散したんだよ。
もう20年も前の事件だから知らない人も増えてるんだね。


72:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 04:19:27 ID:1mfRCans0
>>52
事故のあった年に生まれた私は二十歳になりましたよ

Chernobyl



放射線の影響か映像に乱れが出てるもの




53:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 17:24:20 ID:5RhamKXg0
>>51
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ge/2003Artifi_Radio_report/chapter9.htm
5月3日には、事故現場から約8,000km離れた日本でも初めて
チェルノブイリ原子力発電所由来の放射能が観測された。
大気中の放射能は急速に増加し137Csでみると、つくばでは5月5日には極大になった。
(略)
日本の5地点(札幌、仙台、東京、大阪、福岡)の地表 大気中の137Cs濃度変化から判断すると、
チェルノブイリ原子力発電所由来の放射能は5月3日の時点で
日本の北部の北海道及び東北地方に最初に到達し、
その後関東、関西及び九州地方にも到達している。

・・・・・
チェルノブイリ事故に関しては、
http://cnic.jp/modules/chernobyl/
「原子炉から半径30kmの範囲や300kmもはなれた高汚染地域が永久に居住禁止となり、
500もの村や町が消え、40万もの人びとが故郷を失いました。」とある。
日本で同規模の事故が起こった場合(特に若狭湾や浜岡の原発群は)
人口密集地域への影響が、考えるだに恐ろしいものになる。


54:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 17:32:11 ID:xGvtvMPR0
>>51
放射能がやってくるって… あーた....
放射能ってのは放射線を放出する能力のことじゃないべか?
放射線とか放射性物質とか言ってくれよ。
ゴジラが放射能をはいたってレベルだな。


58:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 19:44:54 ID:U5OiITX70
>>54
俺もそれいつも思う。
・放射能
・放射線
・放射性物質
の使い分けができないバカが多すぎる。

例 ×「放射能を浴びる」→○「放射線を浴びる」


75:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 09:57:26 ID:au5qHUpf0
>>58
「放射能」は放射線を出す能力という意味に加え、
放射性物質そのものを指す言葉としても認知されている。
だから「放射能を浴びる」というのは「放射性物質を浴びる」と読み替えていいようだ。

完全に混乱して書き散らしたようなのも多いけどね。


57:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 19:44:40 ID:incEd5Ve0
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=64020&pg=20061130

事故当日、現場近くでで仕事をしていた人の日記


60:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 21:35:30 ID:0nMn5xXQ0
チェルノブイリでは事故後軍隊が召集されて、粗末な防護服つけたまま
建物の屋根から高放射能物質を落とす?作業を行ったそうだよ。
一人30分ぐらいに作業を制限したようだけど、たしかほとんどの隊員がすぐに死亡している。


61:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 22:33:11 ID:z+rgoUJr0
>>60
記録映画 『チェルノブイリ 連鎖爆発阻止の闘い』紹介
http://bp.cocolog-nifty.com/bp/2006/05/battle_of_chern.html
それから8ヶ月、8000人の若き兵士、炭坑夫、市民がソ連全土から救援に駆けつけた。
彼らは広島に投下された原爆の10倍とされる2次爆発を防ぎ、
全世界を放射能汚染から守ったのだった。(略)
ロボットで対応していたのが、電子機器がいかれて作業が進まず、
最終的には予備役の20代の若者たちが自家製の急ごしらえの簡易装備だけで
素手でグラファイトを階下へ投下していく。(略)
まだ共産主義体制が継続しており、人海戦術をとらざるを得なかったところで、
兵士や民間人(特に賞賛すべきはわずか100ドルの賃金で穴を掘らされた採掘労働者)を
強制的に政治の力で投入できたこと。これが自由主義の国だったら、
これだけの人を投入することはきっと不可能で、事故の被害はもっと拡大していたことだろう。
........
もし今、日本であの規模の事故が起きたときに、
自衛隊であれ警察であれなんであれ、作業に行ってくれと誰が言えるのだろうか....


62:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 22:41:52 ID:0nMn5xXQ0
http://bp.cocolog-nifty.com/bp/2006/05/battle_of_chern.html
それから8ヶ月、8000人の若き兵士、炭坑夫、市民がソ連全土から救援に駆けつけた。
彼らは広島に投下された原爆の10倍とされる2次爆発を防ぎ、
全世界を放射能汚染から守ったのだった。(略)
ロボットで対応していたのが、電子機器がいかれて作業が進まず、
最終的には予備役の20代の若者たちが自家製の急ごしらえの簡易装備だけで
素手でグラファイトを階下へ投下していく。(略)
まだ共産主義体制が継続しており、人海戦術をとらざるを得なかったところで、
兵士や民間人(特に賞賛すべきはわずか100ドルの賃金で穴を掘らされた採掘労働者)を
強制的に政治の力で投入できたこと。これが自由主義の国だったら、
これだけの人を投入することはきっと不可能で、事故の被害はもっと拡大していたことだろう。
........
もし今、日本であの規模の事故が起きたときに、
自衛隊であれ警察であれなんであれ、作業に行ってくれと誰が言えるのだろうか.... ')" onMouseout="opentext('')">>>61

ああこれをディスカバリーチャンネルで見た。
ヘリから撮影した映像も、あまりの放射能にノイズが入っていた。


66:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 23:18:16 ID:HXBt8eXQ0
ここまで読んで原発がとてもやばい物だと言うことは解った。ただ、だからといって
簡単に原発をやめろと言うのは無責任な発言だ。せめて
「俺は原発に反対だから原発を使わないでも言いレベルに電力量を減らす。」
と言って夏はクーラーを使わず、テレビは14インチまで、ドライヤーの使用も止め
乾燥機の使用は言語道断くらいのことをしないとただの偽善者だ。もしかしたら
単純に反対とだけ言う人物は自分以外の人間が電気使用量を減らすべきだと考えて
いるのだろうか・・・。

と言った話を左系の人に言ったらホントにそんな感じの暮らしをしていた。
別に貧乏なわけでもないのだが(自分より高給取り)ある種信念に近い物
(昔はこの様に生活していたと言っている)に沿って行動している。
こういう人は偉いと感じた。ちなみにその人は当然反原発派です。


67:本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 23:33:26 ID:0nMn5xXQ0
>>66
今はむしろ二酸化炭素排出しないということで原発が見直されている。
東芝がWHを馬鹿高い値段で買ったのも、そういう流れを見越してのこと。


75:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 09:57:26 ID:au5qHUpf0
>>66
自分が使う電気を3割削減すればよし、なんて甘っちょろいもんじゃないよ。
ありとあらゆる産業で電気は大量に使われているんだから、
衣食住のすべてで使用電力の3割に当たるくらいの量を削減しなきゃ。

そういう態度を取ることそのものを悪いというわけじゃないが、
相変わらず左翼系の人は詰めが甘いというか、近視眼的なんだよなあ。


90:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 13:14:20 ID:zpRgJ7Cn0
うちのばあちゃんはものを大切にする人で、
もちろん電気に関しても大事に使っていた
無駄な明かりは「もったいない」といって点けなかったし、
エアコンやコタツは「風邪を引くから要らない」と使用せず、
テレビも見ないときはスイッチを消していた

電気を必要以上に使わない生活っていうのは、
日本人が昔から持つ「無駄にしない」、「勿体無い」の精神なんだよな
だから左翼の人が日本古来の価値観を目の敵にしているのがよくわからない

ちなみに俺は>>66の反原発の人と大差ない生活をしているが、
単に電気代を払うのが勿体無いだけだ


93:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 14:16:41 ID:kocgo4cd0
>>90
俺も必要のない処の電気はすぐ消すなぁ
もったいない、ってより育ちだな(一家揃って、使ってない家電はコンセント
を抜く習慣の家庭)風呂の水の再利用とか極力手料理で外食控えるとか・・・
貧乏性なのかもしれないが、普段から倹約が当たり前ってのは大事だと思う
先祖からしてそうだったらしく、大して凄い職についてないのに
こないだ財産を見てびっくりしたよ
清貧を地でいく家系のようだw


79:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 11:07:48 ID:BcPl0xLg0
これも参考に

隠されたチェルノブイリ


80:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 11:10:52 ID:dmK94wYx0
PC使ってて言うべきじゃないんだろうけれどw
子孫に負の遺産ばかり残したくないよなぁ。
チェルノブイリみたいな原発事故が起こっても、
原発利権どっぷりな方々は「日本の技術・安全性は世界一ィィ!」みたいな感じだしさ。
原発利権の親玉で有名なのは中曽根氏だったっけ……。

オカ板ついでに。
人類が核戦争を起こす、と確定した時点で地球は強制終了。
東西冷戦の頃は核戦争→地球滅亡のルートも残っていたけれど、
このルートは現在、人類の無意識下で回避されてるとか。
現在ヤバイのは自然災害による天変地異らしい。
これだけ自然を破壊して環境汚染が進んでいたら仕方ないような気もする。
映画の世界でも、ここ数年天変地異がテーマのものが多いのは
一種の警告なんだろうな。


88:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 16:23:15 ID:T7vonwIJ0
>>80
原発利権は存在するが、原発反対利権というものも存在することを忘れてはならない。
日本やアメリカの核は悪いが、中国や北朝鮮の核は悪くないといったような輩ね。
そういう反対運動は嫌いだが、浜松原発だけは危険なので廃棄すべきだ。


82:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 13:54:19 ID:YKkEdt8yO
前から気になってたんだが、電気の節約を強要しながらオール電化を勧める東京電力ってなんなんだ?


91:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 13:22:49 ID:YmKY3IN60
>>82がズバリ突いてしまったな

電気が足りないんです!原発は必要なんです><→オール電化にしてね(はぁと

どう考えてもなw・・・

ところで、83日間の闘病記録を扱ったNHKスペシャル、まじで
ようつべにうpしてくれるエロイ人はおらんかね?編集出来る人頼むよ


95:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 14:36:41 ID:aKJWd9EL0
>>82
>>91

>電気が足りないんです!原発は必要なんです><→オール電化にしてね(はぁと

これが正解なんだよ。原発はCO2の排出が少なく、エネルギー効率は高いが、
出力の大小を制御するのが難しい。早くいえば回しっぱなしがデフォってこと。

だから、消費電力の少ない深夜も効率よく電気を使う電力給湯器は
省エネルギーという意味では正しい選択といえるわけだ。


85:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 15:41:14 ID:sj85T0ym0
>82
自分も気になっていた。>オール電化。
うちはガスだからシステムはよく判らないが、電力供給不足になったら
オール電化の家ってものすごく不便そう。
各家庭で蓄電できる訳じゃないだろう?(ソーラーシステム入れていない家は)


88:本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 16:23:15 ID:T7vonwIJ0
>>85
災害の時には電力が一番早く復旧する。一番遅いのはガス。
現在の省エネ型エアコンを使うと石油より暖房費が安くなるらしい。
エコキュートというのはエネルギー効率が高い。
http://allabout.co.jp/house/housefacility/closeup/CU20020928/index.htm
停止できない原発のため、深夜電力を使いながらエネルギー効率を高められる
のは電力会社にとっては大きな利点。
電力会社の回し者みたいだが、うちはついこの間ガス床暖房入れたばかり。
ガス会社にもエコウィルという発電システムが存在する。
http://home.tokyo-gas.co.jp/ecowill/index.html


96:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 16:43:17 ID:ZGkhyT/U0
日本の省エネ性は世界最高レベルだけど、電力消費量は一貫して増え続けているよ。
一家庭で使う電力も。
むかしはエアコンもパソコンも大型テレビもなかったこと考えれば分かるけど。
つまり不便でも快適性を犠牲にしても、経済成長しなくてもそれを許容するくらい
社会を一変させなければエネルギー消費を減らすことは出来ない。


98:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 23:05:55 ID:kCRGBFxc0
電気は足りてます。原発も実のところ必要ではありません。
でも、売り上げを増やしてお給料いっぱい欲しいから電力消費量を
伸ばしたいんです。電気を無駄に使いまくってね・

てのが東電の実情


99:本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 23:42:35 ID:+0voMiYZ0
>>98
でも、サヨクのテレビ番組ニュースステーションでは夏場になると結構
電気が不足して都市機能が麻痺して日本の活動が停止するといった脅しの
番組を山ほどやっていたぞ。まあ、あの馬鹿なキャスターは米不足の時に
「あなた方が食べる米が3ヶ月分無くなるのです!!!」
なんて人の不安をあおっておきながら、米買い占めに走るニュースでは
「なんでたがが米くらいでこんなみっともないことができるんでしょうか」
とほざいていたから日本の政策を批判できれば何でも良いというのが実情
かも知れない。


101:本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 00:08:38 ID:n57wN+7z0
定期的に値下げしてるよね、電力会社。

原発よりクリーンで、効率のいい発電所が
開発できない限り、世界的に原発回帰の方向に
動くんだろうね、怖いけど。


102:本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 00:22:44 ID:6/YxPUGF0
原発よりクリーンではない発電所なんてないだろ。

今後2万年以上にわたって地上を汚染し続けるんだからなぁ、原発は。
運転に伴う廃棄物もどうしようもないけど、耐用年数が
過ぎた原発の解体方法すら確立されてない。コンクリートなどで
固めてしまおうと本気で考えているぐらい。
福井県などは今後数十年で死の棺桶だらけになる。

どこがクリーンなんだ?


110:本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 12:38:12 ID:vhas6mtu0
NHKでこの事件の特番見てマジで怖かった
八十数日の治療じゃなくて延命処置だろ
医者と看護婦は二次被曝しなかったのだろうか?



119:本当にあった怖い名無し:2006/12/03(日) 22:31:50 ID:mK+QYq6g0
電力はともかく、本当は研究施設が一番危ないです。
茨○県内の某村とか某町とかはホットラボが密集している割に、
それらの警備関係がいい加減なんです。

危険な照射後の燃料でも、その気になりさえすれば誰でも盗めます。
ATM壊して現金盗むより、ちょっとコツが要るくらいです。

日本はその手のテロ関係ビジネスの市場が無い(?)からまだいいものの、
危機管理は海外に比べて檄甘だし、いつ起こってもおかしくないと思います。


124:本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 02:03:31 ID:z/AFnizW0
結局他人事になってるんだよね。
・・・・俺の実家 ひたちなかだけどな・・。
 あれから防災ラジオが配られたらしいが、意味あんのかね。。。。
 ガイガーカウンター?で被爆検査させられたらしいが(親)
 あんまり意味ないって、原子力関係に働いてた香具師が言ってた・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 


129:本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 09:30:06 ID:pyh/bQAH0
まぁこんなこと言ってる端から
先週原発データ改ざんのニュースが出てたね

なんつーか・・・・・・駄目だね


134:本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 23:53:48 ID:hPlHEZg90
先進国が経済水準を保とうとする限り脱原発は到底無理。
核兵器と同じで、自分は持たない宣言して他の国にその役頼むのって本末転倒だよ
エゴなんだよな。

だからといって上で出た左翼の人の如く
原発反対を掲げて慎ましい暮らしってのも不自然
思想自体は否定しないが

果たして持続可能な社会とは……?


137:本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 02:26:31 ID:RPohLOqp0
>>134
戦後日本を守ってきたのはアメリカの核の傘。
北海道をソ連領にしようとしていたソ連や、尖閣諸島はおろか沖縄まで
中国領だと思っている中国(アメリカもはじめ沖縄は自治区として日本領に戻さない計画だった)、
アメリカが日本防衛ラインの外側に置き、日本が手を出せないことをいいことに
竹島を占領し、拿捕した日本人漁民をネタに国交回復時に莫大な経済協力を得た韓国
等を見てみればどれだけ危険な国家に囲まれているかが分かる。
日本がアメリカの核の傘から外れれば、即中国やロシアあるいは北朝鮮から
恫喝され、日本はなすすべもなくなるだろう。

日本の米軍基地にアメリカの核が持ち込まれていることは間違いない。
それを見てみぬ振りして、非核三原則などと平然とお題目を唱え続けている
ことの方がよほど危険。
現実を見つめず、鬼畜米英などと戦争に突入していったこととなんら変わりはない。


138:本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 12:16:40 ID:OLBXaDsD0
>>137
いや、日本の安保における米核兵器の必要性を否定している訳でない
分かりにくくてスマソ

ドイツ原発廃止は01年か02年に緑の党の提案に当時の社民がなし崩し的に
乗った形だったと記憶しているが(うろ覚えスマソ)
結局代替エネルギーの問題でうまくいっていない。
オランダなんかはかなり積極的にやってたようだが。今はどうなんだ?

まあ政治家の核兵器談話も左派のお題目も
内容の無い精神論は鼻につく、って言いたかっただけなんで。

日本の場合も経済と安全(と、あえて言うが)のバランス、その持続性が問題となろう。
とりあえずもう数十年後には人口半減ということだが……どうする?w


146:本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 16:49:17 ID:160Xof1sO
福井県の原子力発電所を見てきたけど発電所そのものより
まわりに人が働けそうな会社や施設がまったくないことに驚いたよ
良い悪いは別にして地元では大量の雇用がある企業のひとつなんだと思った


150:本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 00:36:37 ID:SmLDf5CH0
「朽ちていった命」読んだけど酷いな
医者も看護婦も助けてるんだかエゴで生かしてるのか解らなくなった苦悩とかあったみたいだけど、
肌に貼ったテープを剥がすと皮膚も一緒に剥がれたとか怖すぎる
全身むいたトマトの実みたいな状態で一日2リットルも体液染み出させながら86日間とか
無理無理無理無理カタツムリだよマジで


209:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 22:16:54 ID:pD4p4G5X0
>>150

包帯なんか巻くなら、壊死細胞死している手足は真っ先に切断するのが
普通の医学的判断だ。
それをしなかったのだから、今後の医学進化のためのモルモットだった
と断定していい筈なのに、どこのマスコミも書かないのは何故だ。


211:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 22:39:05 ID:ic7lUNwa0
>>209

切断するにも、造血細胞やら皮膚やら何やら
色んな細胞が壊れて再生しなくなっているから、
手術すらできないって書いてあったよ。
切り口が治らないからね。

でも結局気道確保のために咽喉に装置をつけて会話できなくなってるから、
そこは手術した模様だけど。


155:本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 16:07:53 ID:0hCdU4f/0
臨海事故の時は原爆投下時とは違って被爆者は一人。加えて優秀なスタッフに
最先端の医療器具と大量の治療薬。はっきり言って事故直後は助かるというか、
なとかして助けるだろうと思ってた。

NHK見て自分の考えが甘いと思ったよ。人類の思い上がりだね。恐るべし、放射能。
あのNHKスペシャルは自分にとってかなり衝撃的だった。再放送じゃない最初の放送
を見たんだけどね。2001年ぐらいだったっけ?


157:本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 17:20:50 ID:VghAqUsQ0
>>155
>被爆者は一人
被爆者は3人じゃなかった?(ウチ2人死亡)
二次被曝をあわせると8人くらい?


160:本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 19:58:18 ID:0hCdU4f/0
>>157
まあ、そうなんだけどね。確か消防士も3人ほど2次被爆してるよね。

要するに大勢の医者と最新設備をもってしても放射線障害は治せないってこと


161:本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 20:24:02 ID:da3YQO+w0
>>157
 被爆者が職員および近隣住民含めて126人て書いてる物もあるな。


193:本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月) 09:37:47 ID:yTG5nXt60
飛行機のカミカゼくらいでは炉心は無事っぽいね
でもバンカーバスターなら豆腐みたいに突き抜ける思う

原子炉の場所はGoogle地図にもくっきり写ってるくらいだから、
精密誘導ミサイルさえあればどこの国でも出来ると思う

核にこだわってる北朝鮮は本当に頭が悪い


194:本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月) 09:52:29 ID:l8YEMk3K0
>>193
バンカーバスターはアメリカしかもっていないし、ピンポイント爆撃できる
誘導ミサイルもGPSなどが必要なので、これも大国しか持っていない。


197:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 02:22:02 ID:BbUi1Pkz0
だから、そんなご大層な兵器使ってわざわざ外から壊さなくても、
内側で臨界起こすよーな物質をバケツリレーで運んでる辺りがどうしようもないんだって

どんだけ最新鋭の管理体制にしようが暑さメートルの壁作ろうが、
扱う人間がアレだと何の意味も無い


202:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 13:33:12 ID:RewwYQGW0
原発施設には入退室の際に浴びた放射線レベルの量を測ったり万全の
体制を整えているんだが。


204:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 18:39:36 ID:Q6Bj/7oN0
>>202
それマジで信じてんの?
穴だらけじゃん。つか、規制値を遵守してたら原発の運転なんか
ままならないっての。


206:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 18:49:56 ID:RewwYQGW0
>>204
少なくとも北欧のどこかの原発ではそうしているようだが。
そのおかげで中に入ろうとした職員すべてに警報が鳴り、
おかしいということでチェルノブイリの放射能が拡散している
ことが明らかになったわけだが。


207:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 21:43:16 ID:W6BF9sAr0
原子力災害はモラルや知識不足といったソフト面の要素が多いと思う。
JCOやチェルノブイリはその最たるものですが・・例えば

作業者が亡くなった後に放管手帳の改ざんが発覚した事件
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/00abom/ningen/000324.html

管理区域内で作業するには、放管手帳というのが要る。
それに作業履歴と線量を書き込んで、
本来なら許容以上に浴びないように管理されているはず。

α核種による内部被曝で起きたとされる事件
http://www.geocities.jp/koshc2000/nagaorosai.html ※リンク切れ

特にBWRの定検時はα核種が出る。
α核種を扱う現場でマスクを着用させないことは殺人に近いと思う。


208:207:2006/12/12(火) 21:49:40 ID:W6BF9sAr0

マスクを付けていなかったということでは無いようですね、すみません
作業要領に問題があった、
または適切な保護具の着用を指示しなかった、と読み替えてください(*_ _)人


210:本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 22:32:36 ID:tnD3GHfzO
手足を切断しなかったのは、切断したらそこからの出血が止まらなくなる可能性があったからだよ


214:本当にあった怖い名無し:2006/12/13(水) 06:55:22 ID:Ggc1eWqZ0
広島や長崎は爆心地でもなにも問題なく生活できているけれど、
核実験場やチェルノブイリ近辺では今も健康被害が続いているのはなぜだろう?


215:本当にあった怖い名無し:2006/12/13(水) 08:25:18 ID:ktXUde810
>>214
原爆では、強い放射線が発生したけど、放射線を発生させる放射性物質は少量だった。
だから、時間が経つに連れて放射性物質は自然に拡散して、放射線はどんどん薄くなっていった。
今では、ほとんど問題ないくらいになっている。

核実験場だのチェルノブイリだのでは、放射性物質が大量にぶち撒かれた。
だから、放射性物質の拡散にも限度があって、汚染の濃い場所が残っている。
放射性物質の汚染が濃い場所では、まだ強い放射線が発生し続けている。
だから、健康に害がある。

て言う話だと聞いたけど。


216:本当にあった怖い名無し:2006/12/14(木) 19:17:11 ID:kQ61lIuK0
>>215
でも核実験場も核爆発しているという点では広島と同じでしょう?
核実験場はなにが違うの?


218:本当にあった怖い名無し:2006/12/14(木) 22:19:03 ID:5AYMQWg40
これ分かりやすいかな
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/chernobyl.html


222:本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 12:28:46 ID:NI46A1kx0
二次大戦以降はどうなったかわからんけど、長崎広島に
落とした核兵器を開発するための実験までは、躊躇なく
やっただろうな。

最初の核実験の実施の際には、一部には「大気が連鎖的に
発火して地球全体が焼き尽くされる」なんてことを危惧する声が
あったのに強行したぐらいだから。
(もっとも、大気が~という可能性は、実験が最終段階に差し掛かる
頃には、計算上ありえないことが判明はしていたけど)


228:本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 16:47:19 ID:PtNI3Z+P0
核に無知な日本人に贈る基礎知識 =江畑謙介


234:本当にあった怖い名無し:2006/12/23(土) 09:12:54 ID:pTMT2rCA0
日本でも産廃廃棄場とか山奥の人目につかないとこで厳重に警備されてて、
山歩きしててうっかり近寄っただけでも恐い人が貼り付いてきたりとかするもんなぁ。



※スレ内でのNHK特番? 管理人
【被曝治療83日間の記録~東海村臨界事故~】











元スレ:【1999年】東海村JCO臨界事故【9月30日】 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164799401/

ポチッとお願いします。|ω・`)
関連記事
スポンサーサイト






外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
15位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ