いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


【映画】エンゼルハートを語っていけ

映画【エンゼルハート】を語っていけ 
※ネタバレあり

1: ひまつぶしさん 2005/11/09(水) 10:24:27 ID:zeal7JKe
ハリー・・・ジョニー、ジョニー・・・・



エンゼル・ハート

『エンゼル・ハート』(英: Angel Heart)は、1987年制作のアメリカ映画。原作はウィリアム・ヒョーツバーグの小説『堕ちる天使』。
2トンもの牛の血が天井から降るという演出があり、原作はその凄惨な内容から「悪魔のバイブル」とも呼ばれ、アメリカでは廃刊運動まで起こった。
原作では全編ニューヨークが舞台だが、映画は監督の意向でニューオーリンズも舞台になっている。
日本での劇場公開時のキャッチコピーは「人間には、知ってはならないことがある。」であった。

Wikipedia:最終更新 2016年4月23日 (土) 05:46
2: ひまつぶしさん 2005/11/09(水) 11:20:48 ID:PhqCkLCR
ゆで卵!

4: ひまつぶしさん 2005/11/09(水) 13:20:09 ID:u2ygHXm4
やっぱ ゆで卵だろう。

5: ひまつぶしさん 2005/11/09(水) 14:35:04 ID:/a45Gpec
うむ・・ゆで卵だ・・

15: ひまつぶしさん 2005/11/09(水) 23:46:32 ID:rJbV5EJt
日本公開初日の朝一番に観に行った。あとで、最低な日だな、と思った。

20: ひまつぶしさん 2005/11/10(木) 10:43:41 ID:UXi/j47J
この映画の原作は、
ポール・オースターのニューヨーク三部作にも影響を与えてるんじゃないか?
と勝手に思ったりもする

25: ひまつぶしさん 2005/11/12(土) 09:42:04 ID:lU4k60fV
原作読んでガーンとやられた!
当時としては衝撃的なストーリーに。
あとデ・ニーロの肌がツヤツヤだったのが印象的だった。

33: ひまつぶしさん 2005/11/16(水) 13:25:38 ID:Hfoj7oWu
ホラーといえば殺人鬼スプラッターが全盛だった80年代、
この映画は実に新鮮だったなぁ、観た当時

物語が全て終わった後、改めて心底ゾクっとしてくる
地獄に落ちていく主人公を暗示するラストのエレベーターのシーンが好き

38: ひまつぶしさん 2005/11/25(金) 20:20:09 ID:5KvZVq2W
あの頃は、映画ってのは面白くて当然と思ってたけどそれでも画期的だとびっくりした。
だけど卵の演出はそんなに驚かなかったが、良く考えてみると芸が細かい。わけのわからん
レスですまん。

45: ひまつぶしさん 2005/11/30(水) 20:48:23 ID:YZnl20OU
サタンが普通のおっさんで萎えた
コンスタンティンと同じ
どんな名優が演じてようが、人間の姿をしたサタンなんて論外だね

46: ひまつぶしさん 2005/11/30(水) 22:13:18 ID:bIUNskZX
サタンに限って言えば、どっこいどっこいだと思う。だが始めからオカルトばりばり、
天使も登場して主役と会話する「コンスタンティン」と、最後まで種明かしをせず、
サスペンス調でじっくり観る人を引き付けておいてまさかのどんでん返しで「この映画
はオカルト映画である」と最後の最後で宣言してこちらを驚かした「エンゼル・ハート」では映画の趣がまったく違う。

72: ひまつぶしさん 2005/12/25(日) 02:55:03 ID:I0h1HHyu
小さな恋のメロディの脚本書いた人が
この映画の監督をしてる・・・
この監督が撮ったミッドナイトエクスプレスの脚本を書いた人の中に
プラトーンのオリバストーンがいる。

逆光の中くるくる回る換気扇。

造り手の暗黒面を見るような映画だなぁ。

73: ひまつぶしさん 2005/12/25(日) 17:58:15 ID:xP952TTs
ハリーの固そうなかばんの中に入っていた両切りのキャメル。
自分は煙草吸わないけどあれはカッコよく見えた。

75: ひまつぶしさん 2005/12/30(金) 14:02:49 ID:YWj08gtR
タマゴ食ってるときに手がアップになるけど、あの手は本人の手かな?
華奢な手をしてるよなぁ。

76: ひまつぶしさん 2005/12/30(金) 19:26:10 ID:0FMPB/bz
>>75
デ・ニーロ本人の手だと思いますよ
アナライズ・ユーでサイコロの色合わせみたいなのを
やってる時もすごいホッソリした手だった

77: ひまつぶしさん 2005/12/30(金) 19:33:08 ID:2mgsK3GZ
これ映画館で観た。確かプレデターと同時上映だった気がする
「人間には知ってはならない事がある」みたいなキャッチコピーに当時厨房の俺はかなりビビリながら観た記憶が

91: ひまつぶしさん 2006/01/30(月) 21:16:28 ID:gYQfNB2h
去年の夏、久しぶりに見て、この作品について語りたかったよ。
スレがあったんだ。うれしい。
ところで疑問なのだが、ラストでローク演ずるエンゼルがサイファーから事の次第を
告げられた後、半狂乱になりながら殺人現場となったホテルの自分の部屋に戻るのだ
が、その途中のホテルの通路で椅子に座った頭巾を被った男が一瞬アップで映されて
いるのだが、この男は何者?椅子に座った頭巾姿の人物と言うとエンゼルのフラッシ
ュバックのシーンでミステリアスな頭巾を被った女性らしき人物が必ず描写されてい
たが、それと何か関連があるのかな?

92: ひまつぶしさん 2006/02/07(火) 00:34:53 ID:yJu3rcdU
あれがジョニーなんじゃん。
あの女シスターは魂交換の儀式の様子を演出してるのかも

靴でマッチの火をつけて遊んでました

93: ひまつぶしさん 2006/02/11(土) 08:46:27 ID:G8ek3Sm+
頭巾をかぶった男は、生け贄にされ殺されたジョニーだよ。ハリーを見ているんだ…

96: ひまつぶしさん 2006/02/13(月) 18:04:12 ID:mu8MKOY8
>>92,93
91ですが御返答下さりありがとうございます。
頭巾男はジョニーなんですな。
そう言えばフラッシュバックの中で頭巾の人物へ近寄り、肩を叩こうとしたシーンが
タイムズスクェアでの軍服姿の人物、ジョニーに近寄るシーンと似ていましたな。
つまりジョニーと出会ったというハリーの記憶が無意識の内に蘇っているという訳ですな。

94: ひまつぶしさん 2006/02/11(土) 10:19:17 ID:g9mxmwNx
悪魔との契約に不履行は有り得ない。
(例えば美容整形のツケは何れ払わされる...)

その現実を哲学的に描いた渋い映画。

97: ひまつぶしさん 2006/02/13(月) 18:37:02 ID:UVafppL1
原作読んでみて。
FALLING ANGEL
映画前半は原作に忠実。

後半からエライ飛ばしてる。

111: ひまつぶしさん 2006/03/28(火) 18:23:42 ID:oXCmNzSI
昔、日曜洋画劇場で「エンゼル・ハート」が放送された際に、淀川永治氏が・・・

「この映画のキャストは当初、マーロン・ブランドとロバート・レッド・フォードの配役だったが、それがポシャリ、ロバート・レッド・フォートとダスティン・ホフマンに変更。しかし、それもポシャリ、最終的に、デ・ニーロとミッキー・ロークに落ち着いた。」

と、話していたのを記憶しているのですが、本当なのでしょうか?。

117: ひまつぶしさん 2006/04/16(日) 17:42:42 ID:Y9Ee8ozB
>>111
映画は中々配役が決まらないものなんですね。
他の映画でも予定と全然違う俳優さんに変更されたという話をよく聞きます。

113: ひまつぶしさん 2006/03/30(木) 21:38:19 ID:dUj1N+4T
大嘘つきだよ。
オリバー・ストーン大嫌い、傍に来たら蹴飛ばしてやるって言ってたけど、「7月4日に生まれて」も「JFK」も、日曜洋画では名作扱いして褒めちぎってたもん。

114: ひまつぶしさん 2006/03/31(金) 03:58:16 ID:IXsQoYbN
>>113
それは淀川センセイの一流ジョークだよ

128: ひまつぶしさん 2006/05/27(土) 13:04:21 ID:puyxEJUR
ホラー映画で一番大切なのは雰囲気だと思う。ハリウッド版リングなんて映像自体が禍禍しくていい。


この映画も音楽の使い方(最初にうちはなんか怖いシーンで流れていたメロディが最後編曲されて、ジョニーのヒット曲として流れるとこなんて最高だね。)とか映像、話のつなぎ方とか怖いんだよな。

130: ひまつぶしさん 2006/06/02(金) 12:50:28 ID:a6U46BlD
原作の「堕ちる天使」探してるけど、売ってないね。
マーガレット父娘が、ニューヨークの雑踏に包帯だらけの
ジョニー(ハリー)を置き去りにしたって競馬場小屋で、父が
言ってるけど、何で置き去りにしたんだろう?
マーガレットはジョニーにベタ惚れじゃなかったっけ?
もう記憶がなく、別人みたいだからオッポリだしたのかな?
考えれば考えるほど混乱する映画だ。もう20年間で、飽きずに10回
以上みたけど、見るたびに疑問が生まれる。恐ろしい映画だ。

135: ひまつぶしさん 2006/06/15(木) 23:11:33 ID:xm0cHdNo
>>130
手に負えなくなってじゃないの・・
悪魔と取引したから、巻き込まれるのが怖くなって・・

原作のほうは、ほぼニューヨークで展開されるんだよね。
もし原作どおり映画化したら、「ジェイコブス・ラダー」
みたくなったと思う。

小説は探偵としての描写が細かく書かれている上に、
1950年代の街の様子なんかもかかれてあるのが
魅力的なんだよね。

469: ひまつぶしさん 2010/04/25(日) 14:22:11 ID:8fnXuoq9
>>130
超遅レスだけど、ハリーが置き去りにされたのは、二つの説が考えられると思ったよ。

①ジョニーの計画説
ジョニーがルシファーとの契約を履行しなくてもいいには
「別人の体と人生を手に入れ、かつ、ジョニー時代の記憶を全く持たないこと」なんじゃないかと。
ラストでジョニー時代の記憶を取り戻し、ルシファーとの契約を思い出したので、ハリーになったのにジョニーは連れて行かれた。
なので、「戦場で大怪我をして顔も記憶も失ってニューヨークの雑踏に置き去りにされる」までがジョニーの計画だったのかもしれない。
そうすることにより、過去を思い出すきっかけが減るから。
思い出すようなものとの関係を一切なくすために。
マーガレットは”ハリー・エンゼル”を捜して、連れ出して、雑踏に置き去りにしたわけだから、ハリーが占いの予約を入れてきたとき、名前で気がついたはずなんだけどね。
ハリー(ジョニー)のことなんかすっかり忘れていたか、同姓同名の別人からの予約だと思ったか、せめて一目会いたい黙っていれば思い出さないだろうと考えたのか。

②ルシファーが弄んだ説
ルシファーはジョニーが別人になってることまで最初からお見通しで、
それなら10年ばかりもてあそんでやろうかなとジョニー(ハリー)の運命をちょちょいっといじった。
ルシファーの意のままにみんなが動かされていたんじゃないかな。
なので、マーガレットがハリーを捜し出して雑踏に置き去りにしたのも、マーガレットに特別な意思はなく、なんとなく(ルシファーの意のままに)動いちゃったんじゃないかと。

472: ひまつぶしさん 2010/06/01(火) 11:04:01 ID:NlX6U9Gx
>>469
全知全能=神、って前提があって、ルシファの存在を認めるわけだから、
②のように神の行為そのもののような権力をルシファに与えると考えるのは
無理があると思うけどねえ。


148: ひまつぶしさん 2006/07/06(木) 21:53:28 ID:xmaTeHOx
ハリーが探していた人物は悪魔から逃れるために心の奥に封印したジョニー
それを知りつつハリーに依頼をするサイファーが恐ろしい

149: ひまつぶしさん 2006/07/06(木) 22:41:42 ID:L9ZBEy2t
途中でどうして気づかなかったのかなと思う。軍隊を抜けて来たってジョニーと
同じような境遇のこと言ってるのにね。

151: ひまつぶしさん 2006/07/12(水) 06:19:06 ID:8ZzmJVMQ
>>149
いくら自分の境遇と似てるからって、決定的な証拠を突きつけられない限り、
まさか自分が別人だなんて思いもよらないでしょ。

227: ひまつぶしさん 2007/10/25(木) 00:43:45 ID:/kkjtIZh
一見、無茶苦茶なストーリーだと思われがちだけど、
ハリー・エンゼルの一人称の視点を最初から最後まで貫いているところがエライよね
冒頭、ハリーとルイスの会話で重要な部分を2回くらい繰り返して、
ヒントをちりばめて、気づく人は気づくだろうって感じにしてるのも丁寧
単なるどんでん返し映画に終わらない、静かなホラーミステリーだと思う

234: ひまつぶしさん 2007/11/18(日) 21:11:48 ID:dcPcPYEv
繰り返し換気扇のカットが入るのは、何の暗喩でしょうか。

235: ひまつぶしさん 2007/11/19(月) 17:20:15 ID:mtJPX6P5
欧米人が好きな wheels are turning という意味だそうです
全ては変化するとか 人生は移ろいやすいとか 輪廻転生みたいな
意味らしい

239: ひまつぶしさん 2007/11/20(火) 00:27:32 ID:vbF9uhXg
ほぅ
あのクールクル回る換気扇は輪廻転生のメタファか
この映画見て以来なんか他所行くと換気扇が気になってしまうのだ

244: ひまつぶしさん 2007/12/23(日) 02:54:20 ID:gWOx0r6m
この映画は、なんだかんだいっても、映像はかっこいいよ。50年代の雰囲気を
これだけ繊細に現してるのもアランパーカー独特の映像によると思うんだけど
  いやー ミッキーロークの雰囲気がいいよ

255: ひまつぶしさん 2008/02/06(水) 09:15:20 ID:onRWihmP
最後、目が光るってのがマンガっぽくてダメだなあ。
アメリカはああいうの好きね。

256: ひまつぶしさん 2008/02/06(水) 17:48:30 ID:Rfd645JH
キリスト教では光る目の生物は悪魔的だと考えられてるからじゃない。
猫とか山犬とかは悪の存在だし。

257: ひまつぶしさん 2008/02/17(日) 13:46:22 ID:PWD72unK
映像を見る限りジョニーは白人の設定、マーガレットも白人。
なんで娘のエピファニーが黒人なの?

ってかジョニーになる前のハリーって元々何者だったんだよって話で。

258: ひまつぶしさん 2008/02/17(日) 21:53:53 ID:+HshZLgb
エピファニーの母親はイバンジェリンだよ。ブードー教の巫女。

259: ひまつぶしさん 2008/02/18(月) 10:50:30 ID:LBQVPV8v
最後の赤ん坊って誰の子供?いつの間にできてた?
一番大事なシーンだと思うんだけど。
ハリーとエピファの子供?んなわけないよね。意味がわからない。

260: ひまつぶしさん 2008/02/18(月) 12:02:11 ID:khNqqFxf
>>259
確か妊娠してたからエピファにーの子供がハリーのいない間に生まれたんじゃない。

289: ひまつぶしさん 2008/06/02(月) 04:02:34 ID:cfOLv8iK
エンド・ロールの下りのエレベータの中で、
ハリー・エンジェルがジョン・フェイバリットに変わっているんだね。
ハリーってのは、ハリー・ポッターのように、
魔法使いの名前としてよく使われるそうだ。

295: ひまつぶしさん 2008/06/16(月) 00:18:45 ID:owlfaEAr
この作品って、悪魔と契約して他人に転生した男の話だよぬ?
問題点は転生したら契約の事も綺麗サッパリ忘れちゃったので魂が回収できなくなり、仕方なく悪魔が契約内容を思い出させに来た。
つまり因果応報を仰々しくハードボイルド風味なホラー仕立ての作品にして魅せてるんだよね?

296: ひまつぶしさん 2008/06/16(月) 00:24:31 ID:8+cd1c3J
概ねあってるけど、
正確には、(魂交換後)のハリーは、
悪魔との契約を誤魔化せると思ってた。
でも、それは人間風情の小細工で、
結局破綻した計画だった。
という、お話。

334: ひまつぶしさん 2008/08/14(木) 19:52:29 ID:EwERvf9j
昔、オカルト映画と思わないで見たので、ラストでのけぞった覚えがある。

キリスト教徒つーのは時々、こういうオチの映画作りたがるよな。
ジェイコブズラダーとかファイナルアプローチとか。

355: ひまつぶしさん 2008/09/07(日) 13:08:13 ID:gNrcSw1I
海の近くの遊園地?(観覧車)は、
映画で結構出てくるような気がするのですが。
他の映画でも観たような???

あの観覧車は、今でも実在するのですか?

356: ひまつぶしさん 2008/09/07(日) 14:23:35 ID:UoEk23c9
>>355
コニーアイランドですね、実在します。
色々な映画で使われていると思うけど、最近では
「クローバーフィールド」のラスト、ロブとベスが
観覧車に乗っているシーンで使われてる。

388: ひまつぶしさん 2008/12/01(月) 02:51:33 ID:QRCMOzWe
心臓を食ったらどうなったのかが解らない。
ジョニーの魂がハリーの体に乗り移ったのか、
ジョニーの体がハリーの体に変身したのか。
「ロスト・ハイウェイ」のよーに?

心臓食ったのは戦争に行く前なのかあ?


389: ひまつぶしさん 2008/12/02(火) 09:45:05 ID:ZErCWYa/
>>388
> 心臓を食ったらどうなったのかが解らない。
> ジョニーの魂がハリーの体に乗り移ったのか、●これだろ。ラスト、地獄行きエレベタで顔がハリーからジョニーに…
> ジョニーの体がハリーの体に変身したのか。
> 「ロスト・ハイウェイ」のよーに?
>
> 心臓食ったのは戦争に行く前なのかあ?●あとだろ
>
>

391: ひまつぶしさん 2008/12/03(水) 00:01:48 ID:2D0At5K4
音楽界でスーパースターになりたかったジョニーは悪魔と契約をかわした。
その内容は自分の魂を売り渡すかわりに音楽界での成功だった。そしてジョニーは成功をおさめる。
富と権力を得たジョニーは、魂を売り渡す事=死ぬ事が怖くなり他人に成り済ますことを決意する。
若い兵士だったハリーエンジェルをアパートに誘い込みブードゥーの儀式のなか、えぐり出したハリーの心臓を食らう。これによりジョニーフェバレットはハリーエンジェルに成り代わった事になる
しかし儀式の終わった直後のハリーは招集され戦場に行ってしまい、その戦地でハリーは負傷し記憶喪失におちいる。戦後記憶喪失のまま帰国したハリーは病院を転々として自分が誰か判らないまま私立探偵を始める。そしてある日、ルイサイファーが目の前に現れる。
って流れと思っていたけど、違っていたらゴメンね。

393: ひまつぶしさん 2008/12/03(水) 00:18:55 ID:2HnNkzv+
>>391
ありがとうございます!
なんとなく解ってきました。
あともう少々w。

儀式後はハリーの自意識は消え、ジョニーの自意識が残った(に換わった)。
帰還後に喪失したのはジョニーとしての自意識で、
自己認識できずまま、ハリー(の体)として生きてきた。
とゆーことですかね?

395: ひまつぶしさん 2008/12/04(木) 11:15:18 ID:p6HQKQRH
>>391
自分もそれでいいと思う。
ハリーに成りすましたとたん戦場行きとか冗談じゃネーヨと
当時のジョニーは思ってただろうなw

396: ひまつぶしさん 2008/12/04(木) 18:09:09 ID:KXUNi6Eu
ハリーがタイムズスクエアで肩をたたかれた時には、すでに戦争は始まっていたんだろうな。
原作にも何時の戦争かは書いていなかったと思ったけど、服装とか雰囲気なんかで50sか60sだよね
ってことは第2次世界大戦。この戦争は4年続いたんだよね。と言う事はすでに招集されていたハリーは休暇かなにかでたまたまタイムズスクエアにいた。そしてジョニーに選ばれたってことか
実は>>391なんだけど上の書いてて、今一つしっくり来なかったんだけど、ハリーはすでに招集されていてジョニーはハリーの生きた心臓を食った直後の招集を受けたんじゃないかな。
たしかシャーロットランプリングのお父ちゃんが、生け贄は誰でも良かったって言ってなかったかな

394: ひまつぶしさん 2008/12/03(水) 01:26:49 ID:5+Tttlxs
>帰還後に喪失したのはジョニーとしての自意識で、

帰還後は記憶喪失になってしまい自分が誰かすら分からない状態になり
あの占い師とそのパパンに病院にぶち込まれた

それがどういう経緯かは知らんが病院を出て
ハリーエンゼルという新しい人格になってて探偵やってた

自分に帰還兵ハリーとしての記憶もなく
ジョニーであったという記憶も失ったままで

397: ひまつぶしさん 2008/12/05(金) 01:19:17 ID:JgOmaQr9
死んでるのを確認した後に、
再度鍋に顔から放り込まれるマーガレットの親父に笑ってしまう。

398: ひまつぶしさん 2008/12/05(金) 15:16:37 ID:KV8+GvEe
>>397
「OH!SHIT!」→確認→ドボンだもんなw

427: ひまつぶしさん 2009/05/03(日) 17:11:45 ID:4R1JHIL/
wikiで調べたら2トンの牛の血が使われたクライマックスシーンが話題をよんだってかいてあったけど

どのシーン?
娘とエッチしてるとこ?

428: ひまつぶしさん 2009/05/18(月) 17:37:10 ID:OYzm8gX+
>>427
そうです。

481: ひまつぶしさん 2010/11/07(日) 08:50:36 ID:C3msV6rx
きのう久しぶりに見たけど
アラン・パーカーの映像は素敵だね
「ミシシッピバーニング」もそうだけど
南部の風景が奇麗だった

AHもちゃんとバスの中の有色人種専用座席とか
オルリンズ警察警部の差別意識とか
細かく描いている

549: ひまつぶしさん 2012/04/12(木) 19:16:03.95 ID:PnwAm5U/
映画と原作の違いがかなり大きい作品です
原作者のWヒョーツバーグもかなりの寡作作家でアメリカのウィキにも
殆ど詳細はないのですが、作家活動も還暦前に辞めてしまっているようです
この原作堕ちる天使も映画化までは8年近くあるのでロイヤリティが直ちに
舞い込むようなことはなかったんでしょう
つまり、このハリー同上、生活は豪華絢爛とはいかなかったのでしょうか
小説は78年MWA新人賞ノミネート
最後まで選考に残ったようですが受賞はしていない
そもそも発禁騒動を起こした原作にそれは不可能だったのかもしれません
Sキング他の評論家には絶賛されました

565: ひまつぶしさん 2012/09/28(金) 00:06:44.27 ID:9laWnddo
ホラーともミステリイともつかないジャンルレスな
観てみないと正体不明な映画なところがいい。
南部のローカルな風景がたまらん。

572: ひまつぶしさん 2012/10/18(木) 13:59:49.04 ID:2X9ifuRJ
>>565
ミステリー仕立てのオカルトだろ

580: ひまつぶしさん 2012/10/24(水) 03:59:52.01 ID:uCkNXUNU
スレ全部読んだがいまいち理解できないよ
時系列がどうなってるのかすら無理 
リンク先は小説を基にした解釈ばかりだし…

581: ひまつぶしさん 2012/10/24(水) 04:39:38.02 ID:l8ODQLFQ
>>580
確か、マーガレット(シャーロット・ランプリング)の父親という設定の人がほとんどの真相をしゃべくってますやん。

582: ひまつぶしさん 2012/10/24(水) 04:45:50.91 ID:l8ODQLFQ
時系列的には、ストーリー自体は現在進行形で進んでいるはず。主人公の夢(時には白日夢?)だったり記憶のイメージだったりが挟みこまれるぐらい。映画全体に、観る側の捉え方に任せる余白みたいな多様な解釈が出来る作りだったりもすると思う。

586: ひまつぶしさん 2012/10/25(木) 12:19:40.05 ID:rK1qyqGq
「ジョニーは心臓を食べたけどすぐにはハリーの肉体と魂を奪えなかった」
これを見落としてる解釈が多いのね

620: ひまつぶしさん 2013/09/03(火) 13:17:27.97 ID:smAOjS8x
映画の解釈をエロい人教えろください
1.ジョニーがハリーに乗り移りきれなくて、ジョニーの人格で関係者を殺しまくった
2.ルシファーが契約を裏切ろうとしたジョニーの魂を早く欲しいため関係者を殺しま
くった
3.2と同じ流れだが、普通の人間たちがカルト宗教にはまって関係者を殺しまくった

どれ?

621: ひまつぶしさん 2013/09/03(火) 17:52:33.10 ID:vKwJQCbA
ジョニーと周りのサタニスト達は結局、契約を反故する形で
ご神体のルシファーを欺こうとした。
そこで怒った悪の総帥ルシファーは徹底的に復讐をする
ハリーの中のジョニー(人格というか深層心理下に存在するジョニーというか)
を操って、仲間達を次々と殺して行く。
ハリーにとっては不本意な殺人。そして
今現在は、ハリーとジョニーというそれぞれの人格は乖離しているので
罪の重さに耐えかねてハリーは絶望
サタニズムの総帥ルシファーの勝利という解釈。

これは、ゲーテの「ファウスト」と真逆の話を作りたかったと
監督が語っていた。

622: ひまつぶしさん 2013/09/03(火) 20:07:16.66 ID:smAOjS8x
ありがとう、でも最後の黒人女を殺す前にルシファーが爪で認識票を拾って先に部屋を出るところを筆頭に他の殺人もハリーよりルシファーがやったほうが時間的物理的に納得がいくように観えちゃうんだよね。

ハリーは昔の魂を売り渡した頃の非道な人格であるジョニーを関わった人間が次々と殺されることで思い出し、自分が殺ったと思い込まされる。自分としては悪魔の存在を匂わしつつカルト宗教を徹底するために人間がやったという、観る人間に判断を委ねる映画なのかと思った
パーカーは大好きなんだけどファウストみたいな古典は詠んだことなくて知らないや

624: ひまつぶしさん 2013/09/03(火) 23:34:52.63 ID:mLeY6xJm
>>622
>観る人間に判断を委ねる映画なのかと思った
そういう観方は、そういう観方で良いと思うよ。

ただ多くの人がそうだと思うけど沢山の映画や演劇、文学に親しんでいると
何かつながりを求めてしまうんだよね。
自分がこの映画の好きな所は、「悪魔は手を汚さない」という所なんだ。

691: ひまつぶしさん 2016/02/03(水) 21:32:21.64 ID:hucJi2W6
宗教観の違いから日本のオカルトものには無いコンセプトだけど、
それだけに新鮮だし、演出と伏線の仕込み方が絶妙
この世界観をアレンジすれば、日本でも4,5本は傑作が撮れそう

※Amazonリンク

元スレ: 〔エンゼルハート〕 
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1131499467/
関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ