いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺社のオカルト話

1:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/26 20:21<>ID:
寺や神社に関しての不思議な話や怖い話など
体験談でも、間接的に聞いた話でも構いません。
何かあったらよろしくお願いします。




9:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 00:26<>ID:
233
名前:現職(陸自)投稿日:03/02/10 10:59
自衛隊のレンジャー訓練に参加していたときの事を、お話させていただきます。

 その訓練は、2名一組となりコンパスと簡単な地図をもって、あらかじめ定めた
要所を徒歩で巡回していくというものでした。まず最初に、コンパス上の方向と
距離を記入したメモが渡されます。そして、その案内に従って進んだ先の地点に、
次なる目標の方向と距離を書いたメモが隠されている、という内容の訓練でした。
 最後の要所に到着した時は、昼前に開始したにもかかわらず、もうすっかり日が
落ちて午前1時をまわっていました。 近くまで来たものの、迷ってしまい近所の
灯りが点いている家に訊ねたり(ご迷惑をおかけしました)して、なんとか辿り
着きました。

 そこは神社でした。

 手前に大きな池があり、時計回りに続く参道を通って入口の鳥居の前まで行きました。
ふと、左横を見ると奥行き10メートルくらいの行き止まり(車が反転するためのもの)
がありました。私は、その奥にも何かしらの祠があるような気がして(メモが隠されて
いるため)立ち止まって薄暗いその道にむかい目をこらしていました。

つづきます


10:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 00:27<>ID:
234
名前:現職(陸自)投稿日:03/02/10 10:59
233のつづき


すると、突然、5メートルほど前方の何も無い空間から、「ちがうちがう…」と
幼い子供の声がしました。もちろん、周りには私達以外、誰もいません。
『?』と思っているのも束の間、「怖い怖い…助けてぇぇぇぇ…」という声とともに
見えない声の主(強烈な存在感)が、私達の方に迫ってきました。

「身の毛もよだつ」とは、まさにこの事でした。

 私は、一緒にいたバディーの腕を掴んで、一目散に神社の鳥居に向かいました。
疲れている彼は、「どうしたん?」と迷惑そうでしたが、どんどんと迫り来る声が
私を急きたてました。鳥居をくぐった瞬間、後ろのほうで「ううぅぅ……」と
なんとも恨めしいような、寂しいようなうめき声がしていましたが、中へは入れないようでした。
結局、帰りにそこを通るのは、非常に躊躇われたため反対側の斜面から抜け出ました。
今でも、あの時の寂しそうな声が、耳について離れません。
以上、長文及び乱文、失礼しました。

なお、この話には後日談もあります。それはまた今晩にでも書かせていただきます。


12:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:10<>ID:
・今から20年ほど前、兵庫県東部を流れる武庫川が、集中豪雨の 
 影響で大増水した。
・この豪雨はあちこちで路面冠水や、民家の浸水を引き起こし
 かなりの被害を出した。
・しかし、中でも最悪の悲劇は、西宮市塩瀬町生瀬で発生した
 土石流による被害であった。
・国道176号線を宝塚駅から3キロほど北上すると「太多田橋」
 という交差点がある。
・そこを左折すると、名勝「蓬莱峡」を経て有馬温泉へ抜ける
 峠道となる。
・その途中にいくつかの採石場があり、そこの作業員数名が件の
 集中豪雨による土砂崩れに飲み込まれ、帰らぬ人となったのだ。
・土石流に飲み込まれた彼らは、武庫川の支流である太多田川に
 流され、そのまま増水した本流に巻き込まれた。
・轟々と流れる濁流が、行方不明者の捜索を大変困難なものにした。
 そして、犠牲者の全員が発見されたのは、事故から数日後の
 ことだった。
・ある者は延々と武庫川の河口まで流され、最後に発見された遺体は
 神戸港湾内まで押し流されていた
事故からどれくらい後のことだったか定かではないが、
 私はとあるテレビ番組を観ていた。
・いわゆる昼間のワイドショーだが、内容は心霊モノの
 特集のようだ。
・生放送でスタジオと中継地を結び、レポーターがなにやら
 神妙な顔をしてしゃべっている・・・。
・中継地は西宮・仁川の「熊野神社」である。自分の地元が
 とりあげられていると知って、私はがぜん興味をそそられた。


13:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:11<>ID:
しかし・・・
私にとって、それは非常に後味の悪い経験となってしまった。
・神妙な面持ちのレポーターが、企画の趣旨を説明している・・。

「・・・さて、こちらの熊野神社には不思議なものが祭られて
 います。 『鳴り釜』というこの神器は、この世に未練を
 残して亡くなった、浮かばれない霊魂を鎮める力があると
 言うのです・・・。」

レポーターの後方へカメラがズームする・・・。
神官が大きな「釜」の前で祝詞をあげている。

すると、不思議なことにその「釜」がかすかに音を
発している・・・。

        おお――ん・・・おおーーんん・・・
・中継はクライマックスを迎えつつあった。
 祝詞もその調子をいっそう高めてゆく。
 レポーターが続ける・・・


14:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/27 19:12<>ID:
「・・・今回は特に、先頃土砂崩れに巻き込まれて亡くなった
 方々の霊を慰めるために、『鳴り釜』の神事を行って
 頂いております。・・・犠牲者の方々の無念な思いは・・・・」

・・・しかしこの後、思いもよらない結末に、この放送に携わった者、
 いや、神官までもが驚愕することとなったのだ・・。
うおおおおーーーーーんん!! ぐおおおおおーーーーーーんん!!!


ぐうぅおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーんんん!!!!

・・・戸惑うレポーター。スタジオも騒然としている。

・神官の顔に、明らかに焦りの色が浮かんでいる。
・鎮魂がなされると鳴り止むはずの「釜」。その後も
 一向に鳴り止む気配がない。それどころか、ますます
 轟音で響き続ける・・。
・予期せぬ事態に中継はカットされ、気まずい空気のスタジオが
 その場を取り繕っていた・・・。

「人の思い」とはそんなに簡単なものでは、ないのだ。
以上。


57:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/31 01:34<>ID:
ほんのりと恐いスレ その5より
473 名前: 通りすがり(仮) 投稿日: 02/05/23 02:39

神社にはえている木の葉で瞼をこすると、
霊感がある人には幽霊が見える。

そんな噂が学校で流行った。
僕等の学校はすぐ隣が神社だったので、
放課後、神社に集まり、中でも「しめ縄」で、
ぐるぐる巻きになっている木によじ登って、
早速試してみた。

「どうだ、見えるか」「何も見えない」
「おっかしいな、霊感ないのかな」
「ばか、幽霊が居ないとみえないんだよ」

なんだかんだで、結局なにも起こらず終い。
○ちゃん家でファミコンやろ、
なんてことになったとき、×村君が半べそで言った。

「今降りちゃ、駄目だよ!!」
「なんだよ」
「僕達、今、囲まれてる・・・」


68:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/04 03:15<>ID:
宮古島に接した小さな離島に夫婦で行った時の話。
沖縄では「ウタキ」と呼ばれる聖地があちこちにあり、本土の神社に近いニュアンスです。
件の離島にも、地図を見るとウタキがあり、「お参りしよう」とバイクで向かいました。
そしてウタキと思しき森が見えた途端、二人とも何故か固まってしまい
「止めよう」「そうだね」と引き返しました。
そのまま目を付けていたビーチで泳ごうとそこへ行くと、初老のご夫婦が先客でおられて、
「地元の人?観光かな?」と気さくに話しかけてくれて、あれこれ会話していると、
ご主人が「いや~、さっき神社にいったらさ、島の人に『今日は神様が降りて来るから入るな!』
ってえらく怒られたよ」と言うのです。
私達は顔を見合わせ「あそこだ」と驚き「行かなくて正解だったね」と頷きました。
でも、何故私達は手前で引き返す気になったのか、今でも謎です。


86:その1:03/06/06 16:28<>ID:
元旦に伊豆七福神めぐりのはとバスツアー
に一緒に逝った友達の話です。

3人で逝ったのですが、ある神社(名前忘れた・・・)
が稲荷社だったんです。そこに七福神の神様も
まつられている神社ですが、神社の名称が
○○稲荷ってなってたんです。
現地についてそれを見た途端ひとりの子が
「なんだ、きつねじゃん!」
って言ったの。
当時その子は変なオカルト知識仕入れまくってた。
それで、その発言になったのだと思います。


87:その2:03/06/06 16:36<>ID:
私ともう一人はビックリして
「そんな事を神様に面と向かって言ったら罰当たるよ!」
と半ば冗談でたしなめたんですが、その子はそこには
お参りしなかったんです。

その後、2年の間に事故と病気が続きその子が仕事をやめ、
翌年ご主人リストラでローンが払えなくなって
マンション売却、自己破産、離婚という怒涛の人生。

偶然が重なっただけかもしれないけど、怖かったです。
本人も気にしていたらしくて、でも、自己破産直後で
伊豆に出かけるお金も無いので、王子権現へ逝って
伊豆のお稲荷さんにお詫びを伝えてくださいと
お参りしてきたそうです。

今のところ何も無く、新しい生活の基盤がやっと
整ってきたと言っていました。


138::03/06/14 17:38<>ID:
よくある話かもしれないけど。
ウチは寺なんだけど檀家さんに死人がでる時は夜中に本堂のほうからチーンと鉦の
音がする。父さんと見に逝くと檀家さんかた預かってる位牌の中でそのとき亡くなった
と位牌だけ倒れててお線香の匂いが立ち込めてます。(年に1,2回くらいあるかな)
 と、一度だけあったのが夏だったと思うけど夜中に本堂から沢山の人が集まってぼそぼそ
と話す声が聞こえてきて(何いってるかよくわからない声で)父さんいわく「またか・・・」
といったけど何が「またか」なのか教えてくれなかった。

別板にまちがってかいちまった(スマソ


154:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:51<>ID:
当方寺娘ですが、子どもの頃から死んだじいちゃんが隣りに文句いいに言ったり
戦争で南方で戦死した大叔父が最後の挨拶に帰ってきたり、
曾祖父の叔父が亡くなってから本堂に現れたり、悪口言ってた親戚の位牌が倒れたり
そういう話しはよく聞いていたので、何処の家庭でもそういう話しは有るもんだと思って育ちました。

ちなみに神社娘の先輩、牧師息子と神父娘の友人がおります。


332:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 15:22<>ID:
以前,エニグマスレに書いた話なんだけども一回カキコさせてください.
私は小学校1年の時に一応日本で一番格式の高いとされている
神社の近くに引っ越しました.引っ越してすぐにその神社とその神社の神様の道案内をつとめた神様をまつる神社に家族でお参りにいきました.
引っ越しして数ヶ月後にまず兄が左足の腿を7針縫う大けがをし,次に私が
左足のすねの肉がえぐれる大けが・・・最後に父が左足の肉離れを起こしてしまいました.あまりに左足ばかりにトラブルが続くので母が不思議がっていたら隣にすむ古くからの住人のかたが
「あんた等,氏神様にはお参りしたのか」と.
それで母がその方と一緒に氏神様にお参りに行き挨拶をすませて帰ろうとしたら本殿の向かって右側に小さなお社?があったそうです.そこにもご挨拶をと思って母が見るとそのお社にはたくさんのわらじがかかっていて足神様と書いてあったそうです.
両親は同じ市内の違う神社の氏子だったので引っ越した先の氏神様に挨拶する必要はないと考えていた様です.
氏神様が無視するなとお怒りだったのでしょうか.


337:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 05:25<>ID:
親戚の子供(一歳7ヶ月)は動物などを見ると手を振って「ばいばい」
と声をかける習性があるのだが、最近、神社をベビーカーで通った
とき御神木を目の前にすると手を振り「ばいばい」。通り過ぎる時
再び横を向き「ばいばい」とやった。何か見えたのか。


348:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 13:58<>ID:
まーセクースはハレ事だからね~
近所の坊さんから直接聞いた話。
その坊さんいわゆる寺無し坊主なんだが
(坊主の息子だと自動的に自分の家告ぐから良いが一般人が坊主になると自分の入る寺が無い)
上から言われて20年程空き寺になってた所の派遣住職やることになんたんだと
んで、その寺へ行って20年ぶりにの本堂の扉を開けたら・・・半透明の魑魅魍魎(と表現していた)がうようようごめいていたらしい
漏れの理解力が足らないのかもしれないがイメージ的には空気の澱みみたいなもので99%が空気で残りの1%がもののけ成分みたいな・・・

そのときはその坊さんびびって暫くその場で固まっていて、最終的には扉閉めて逃げ帰ったんだそうな
んで、上には一年待ってくれと頼んでその一年間かなりきつい修行積んだんだって

そして一年後、完全装備(?)で再びその寺へ行き、今度は本堂で一晩中読経
明け方頃になると蠢いていた魑魅魍魎がすっかり消えていた・・・・
と、近所の寺の坊さん(本人)がにこにこと語ってくれた

あんま怖くないな、すまん


389:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 14:24<>ID:
世にも奇妙な物語放送してる。
母から聞いた話です。

母が中学生の頃、近所に住んでいた同級生(男子)が何かをしでかして、その子は怒った父親に神社へ連れて行かれました。
男子は罰として、神社の奥にある、一本の木に縄で縛り付けられました。
そしてそのまま昼から夕方まで放置。

父親が夕方様子を見に行くと、その男子は泣きながら助けを求めていました。
縄で縛られていると、天狗が現れて、とても恐い思いをした、と父親に訴えたそうです。

母は、近所の誰かが天狗の格好で出できたんでしょう、と言っておりました。


414:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/15 20:01<>ID:
今も,お寺の近くに住んでいますが、引っ越しする前もお寺の近くに住んでいました。
前、住んでいた所で起きた話です。

私は、その日仕事が休みで寝ていました。
すると、階段から足音が聞こえたので、旦那だろうと、思っていたのですが、
丁度、階段(と言ってもロフト迄のはしご階段です。)
の足音が途中で消えたと思ったら、私は金縛りにあって、首を絞められました。
怖かったのですが、苦しかったので目を開けました。
首を絞めた幽霊は、凄い形相の髪の長い女性でした。

旦那が帰って来て、話をすると、普通に頷いていました。
そして、その数週間後、旦那も私と同じ体験をしました。
凄い形相の女性に、首を絞められたそうです(幽霊だけど)。

お寺の近くに住んでいると、霊の通り道が、どこかにあるらしいですね。
怖かった一つの霊体験です。


419:417:04/01/15 21:45<>ID:
>>418
どもども!
私の昔のバイト仲間にもきいたことありますよ。
やっぱりお寺にあるお墓の隣に住んでいた頃、
墓地を浮遊するものを自宅から何度か目撃
したそうです。
生きてる人もそうだけど死んでる人もみんな
仏さまに救いを求めて集まってくるんでしょうね!


420:414:04/01/15 21:54<>ID:
>>419
そうなんですね。ところで、現在住んでいる所も寺の近くです。
電話などを置いている台が、あるんですが、そこに、
よく、霊が来るんですが、やっぱり、髪の長い女性です。
ほんと、なんで、髪が長いんでしょうね?
ちなみに、着物を来ている女性なんですが、
着物がぼろぼろで、胴体が血まみれです。
いつもの事だと放っておいていますが、
霊感の強い友人と電話すると、コードレスなんですが、いつもザーザーしてしまいます。
電波障害って、やつです。


421:417:04/01/15 21:59<>ID:
>>420
昔の女性なら髪を長く結ってたりするから
まあ長くても不思議はないですよ。
電話をかけたいのかなあ?
霊とかってよく電気機器のあるところに出るとも
聞いたことありますから(テレビ局とか)
電気、電磁波と関係あるのかもしれませんね。
私にも怪談後にビデオデッキが壊れるという経験があります。


481:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 23:37ID:DhW80J6C
友達でバイク一人旅が好きな子がいるんですが、お寺に止めてもらったとき
一度だけ怖い思いをしたそうです。
寝入りばな、(奥さんしかいないはずのお寺内で)誰かがお風呂に入った音が
聞こえ、その人は二階への階段をとんとんとんと、上っていったそうです。
しかし、”あれ?ここって、2階はなかったはず・・・。平屋だったよな?”と
思ったとたん、その足音はとんとんとん、と降りてきたそうです。
彼女に向かって。足音は彼女の布団の足元に降りてきて、彼女を
じっと見つめる気配がしたので、朝まで布団を頭からかぶったまま、一睡も
出来なかったそうです。


489:イソジン:04/05/06 23:31ID:4/q2ROci
うちの隣に住んでるおっちゃんが、昔近所の神社で偶然にも丑の濃く参りを目撃してしまった、という話を聞いたことがありまつ。
運悪く、見つめているのを当の本人(呪ってる人)に気付かれて…、物凄い勢いで追いかけられたって話してますた。
濃く参りそのものよりも、追いかけてきたその人の顔が怖かったそうです。(般若みたいな)


490:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 18:23ID:Cm8oMRwG
こないだ福井の有名な寺に行ったら
外の川べりにあるトイレの近くに小さいお堂があって
扉にお札がたくさん貼ってあった。

扉だけじゃなく、お堂全体に貼ってあったような気もする。
ちょっと直視できなかったので、うろ覚えです。
それにしても、あの中には何があるというのだろう・・・。


499:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/05/13 14:01ID:OesTWF9Q
うちの父方は、神社関係なのだが、
お寺は霊を浄めるところ。
神社は邪霊を封印するところと教えられた。
工事などでお寺を移転させるのは簡単だが
神社は動かせない(かなり難しい)らしい。
あと、神社は困った人が念を置いて行く所なので
あちこちむやみに神社には行かないようにと言われてた。
他の人の「何とかして下さい。助けてください。」言うような
念をもらってきちゃうんだとか。


510:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/14 21:00ID:AIEnbTUo
遅れて済まないが牛の刻参り話題。

小学生の頃、夏休みは神社で毎朝ラジオ体操を踊っていた。
結構な田舎で神社と言ってもお社に近く周りは林に囲まれ
その狭いスペースで5,6人がラジオにあわせて深呼吸したり
唄を歌ったりしていた。(「新しい朝がキタ~♪」というやつ)
ある朝、一人が神社の杉の木に何かが刺さっていると言う。
なんだなんだと見に行くとやたらでかい釘だった。
帰って親に報告すると「絶対触るな」と言われる。
理由を聞いても教えてはくれない。仕方ないので戸を閉めて
出て行ったふりをして聞いた親の会話の断片。
「・・・・さんの・・・が浮気・・・」
「・・・さんが可哀想・・・仕方ない・・・」
次の日からラジオ体操は別の場所になりました。

長文スマソ


539:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/21 23:37ID:pbRAqOfd
地方の寺の息子です。でも今は東京でリーマンw家は兄が継ぎました。信じてもらえるかわからんけど、
子供のころの出来事をいくつか。

・お盆の時期になると、敷地内の墓地に昼夜関わらずあの世から戻ってきた人(…だと思う)がうろうろ
 してました。小学校に入るまで、それが普通だと思ってた。

・中学卒業するまで、毎朝毎夜本堂で親父のお勤めを正座して聞かなきゃならんかった。
サボるとぶん殴られたもんで…そんな夏の夜、本堂の扉を開けっ放しにして兄と一緒にいつものお勤めをしていたら、背後から明らかに異様な気配がしてくる。かさかさ音もする。子供だから怖いのと気になるのとでそわそわしてると、親父が一括、

 『やかましいぃっ!お前ら仏の教えを聞きたいのなら、もう少し静かにせんかっ!(こんなような内容だった。うる覚えだが)』

…それまでわさわさしてた気配がぴたりとやんだ。それ以来、本堂の縁側にひざまずく白い影…というか煙みたいなのをたまに見かけるようになった。

・小さいころ、格子柄(チェックみたいな模様)の着物着て裸足の、おかっぱの男の子と境内で遊んでた記憶がうっすらとある。でも、その子が話してる言葉がさっぱりわからなかった。

・何歳ごろか忘れたけどある一時期、境内にある大きな木の真ん中あたりに鈴を持ったしわしわのおじいさんがずーっといた。

とりあえずこんなところかな。でも中学入るくらいかどれもらさっぱり見なくなったし変な体験もしなくなったなあ。


543:539:04/06/22 21:14ID:iTmRT/lr
おお、煽られると思ったけど、ちゃんと反応してくれた人達がいた(・∀・)
ありがとうございます。なかなか信じてもらえんのですよ。

親父は昔から見るみたいです。でも僧侶という手前、お化けとか幽霊とかいう表現を使わずもっぱら『異形』という言葉を使いますね。若い頃、山の中の寺で修行してた時に、一つ目一つ足の坊主の妖怪(?)を見たことがある みたいで、小さい頃は他人様のお墓に上って仮面ライダーごっこをするなど悪いことするとするとその妖怪のお話 をエンドレスに聞かされたものです。まあ、すぐ「拳」に変わりましたが(笑)

兄も見ます。これが一番たちが悪い。どっちかというと、お化けに好かれるタイプ。ちなみに顔はゴリラですが(笑)。
境内に水子地蔵があります。これは寺伝だと昔飢饉のときに亡くなった子供をまとめて供養してるみたいなのですが、小さい頃は絶対その近くで遊ばないように祖父から言われていました。…そうじゃなくても子供心に薄気味悪いところでしたから近づきたくなかった覚えがあります。そこでまあ、色々あったんですが、結論から言うと兄はその場所で『あっちの世界』へ二度ほど引っ張りこまれそうになってます。
ちなみに私が前述したおかっぱの男の子と出会った(?)のも、水子地蔵のある裏手のちいさな空き地でした。今は駐車場になってますが。

私は見るというよりも、そうですね、感じると言った方が多いです。見たとしても強いて言うなら煙みたいなものを見る事が多いです。感じるときは何故か右半身だけががきれいに逆立つような感触を受けます。

なんかくだらないこわい話みたいになってしまいましたね。すいません。


576:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 22:43ID:DvzynjXv
母が家のごたごたで悩み、その筋の人にみてもらいに行った。彼女はうちの間取りや家相をあて、
最後に「神棚の奥でお稲荷さんが悪戯している」からうまく処分するようにといった。
祖父が生前伏見稲荷で2対の狐を購入し、神棚の奥にしまいこんでいたことがそのとき判明。
仏壇の上にある古い神棚。数十年掃除もしてなかった場所にそんなものが(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
そのほかにもいろんな神道関係のものがそこにはあったので、母はさっそく近所の神社で処分してもらった。
狐は商売をする人などが丁寧に祀る分にはいいけど、そうじゃない人がいろんなものと一緒に
ぞんざいに扱ってはいけない存在らしいね。ちょっと稲荷神社を見る目がかわりました。


583:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 15:11ID:zXrNfnE6
小学生の頃写生会で、小学校のすぐ前にある神社を友達と描いていました。
しばらくして男子が来て騒いでいたのですが
神社の屋根に石を投げ始めました。
屋根を越えることが出来るかどうか、と投げていました。
結構大きな建物なので、それはなかなか難しいと思いながら見ていました。

明るかった太陽が雲に隠れて風が吹いた、と思った瞬間。
神社の反対側から軽々屋根を越えて石が降ってきました。
というより、ぼんぼん大量に飛んできたのです。
男子は「わ!」と言って飛びのき、私達は「??」という感じで
ぽかーんと石の様子を見ていました。

神社の裏手は竹やぶになっており、誰かがいたとしても
屋根の真下から投げてあの状態にするのは非常に難しいだろうし
また、あのような大量を投げるには大人数が必要です。
神社の裏には、そのような気配はありませんでした。

しばらくして石は止み、また太陽が出ましたが
男子は何事もなかったような様子で別の場所へ行き、
私たちも石のことは話さず、写生を続けました。

その後も誰もそれを言いださないのが一層印象的で
(私も別に言う気にならず、成人してから思い出として人にいい始めた。)
神様のバチだったのでは?と、もう10年以上も経ちますけど
忘れられないです。


602:牙誰:04/07/16 15:46ID:4o6AmNNl
スレを見て思い出したので書く。
小学生の時、近くの神社で写生大会があった。俺は友達二人(双子の兄弟)
と神社の横にある、大きな木を書いていた。木が一番書くのが楽だろうと
思ったからだ。一時間ほど経って、その兄弟の絵を覗き見ると俺の絵には
ないものが書かれていた。それは木に何本も刺さった、斧やのこぎりだった。
しかも兄弟で同じ所に。ちなみに俺が見た限り、木には何も刺さって
はいない。だけどやつらは口を揃えて「いっぱい刺さってんじゃん」と言う。
もう一度よく見たが何も刺さっていない。そのうち二人で何か会話を始めた
「あれ書く?」
「やめようよ、先生に怒られるし」
「かわいそうだね」
俺にはまったく意味不明な会話だった。あれから十年以上経ち、その双子は
一人が自殺、もう一人が失踪した。正也、和也には見えてはいけないものが
見えていたのだろう。


677:本当にあった怖い名無し:04/08/18 09:51ID:ORKnsjC0
このへんでチョット寺の話‥
昔住んでたマンションは、すぐ裏が寺と墓地(セット)だった。
初めて金縛り体験をしたのもここ。
夜中に寝てると何かが部屋の入口側から入ってくる気配。
その入口側はちょうど墓地の方角だ。
そこから窓のあるベランダ側に向かってすーっと「何か」が通っていく。
ベッドをベランダ沿いに置いていたのだが
ちょうど霊の通り道になっていたのかも知れない。
一度夜中にベランダ側の窓から霊の「手」だけが出てきた。
青白いその手は、震えながら部屋の入口側(墓地)を人差し指でさした。
何が言いたかったのかはいまだにわからない。
それから半年しない内マンションは引き払うことにした。
テレビのチャンネルがかってに変わるのはしょっちゅうだった。
あのマンションはまだ存在していて、住人がいるかと思うとかわいそうだ。
ちなみに今は金縛りと霊の通り道の体験は昔ほどはなくなったが
テレビのチャンネルはたまにかってに変わる。何台目かのものだが。

自分は仏教より神道派だから神社が好きだ。


716:本当にあった怖い名無し:04/09/02 19:10ID:pVLWth5l
母の体験。
母は東京のある神社の氏子だが、神社は怖いと言っていた。
こどもの頃、よくその神社でかくれんぼしたが、ある夕方、いつもより遅い時間にやって、
母がオニになり、社殿の裏手に来たところ、地面から一面に白い手が生え、まるで招くかのように
うごめいていたという。
それ以来
「墓場は夜でもにぎやかで明るい雰囲気だけど、神社は怖い。日が暮れたら、敷地内もあまり通らない
ほうがいい」
と考えたと言っていた。


801:本当にあった怖い名無し:04/10/21 11:28:36ID:rnpdvD6W
私の実家はお寺ですが、たまに夜太鼓の音がドーンとなったり
夜中、誰もいないのに外を竹箒で掃く音がします。
いつものことなので、あまり気にしなかったのですが
最近帰省したとき、深夜2時ごろ読経が聞こえてきました。
どう考えても、父の声ではないので「あれ・・・ドキドキ」と思っていました。
こっそり本堂の方へ行くと、やっぱり声がします。
近所のおじいさんが来たのかな?とも思いましたので、見届けようとすると
「誰だ!」と私の後ろから、声がしました。
びっくりして振り向くと父でした。
父も、変な声がするからと本堂へ来たのですが、次の瞬間声がぱたりと
やみました。
電気をつけて、見回しても人はいないし、人の気配もありません。
その後、「気のせいか・・・」と無理に父と納得して部屋へ戻ろうとしたとき
「コンッカラカラカラ」と太鼓の縁を叩く音がしました。
やばいと思い、再び見に行っても誰もいません。
父は、霊の存在を否定しているので、「狸の仕業だ」と言っていました。
それもかなり無理がありそうです。
近所のおじいさんの仕業と無理やり思うことにします。

久々に怖い体験をしました。


803:本当にあった怖い名無し:04/10/21 12:57:33ID:1Rz0xQcb
>>801
今でもそういうのあるんですか?

父さんが狸の仕業っていう事は、幽霊は信じて
なくとも動物の妖怪は信じてる分けですか。
棒さんなのに…!

因みにどこの都道府県ですか?


811:801:04/10/21 19:53:13ID:uAvT4Y7v
>>803
いや、多分父も怖かったのだと思います。
幽霊が怖いというよりは、誰かが入り込んでたら・・・という意味です。
なんでそこで「狸」かは私もよくわかりません。
因みに、山口です。


812:本当にあった怖い名無し:04/10/21 20:06:39ID:FUZACwsA
>>811
家の父の実家もお寺さんなんですが、本堂の本尊の下の扉が夜中に開く事があります。
そのときたまに太鼓を叩くような重低音で「どぉぉぉおん」と音もします。
すると直後に檀家さんの家から仏さんが出たとの知らせがあるのですが、宗派の教えにより
死後の魂とか霊魂とかいうのが教義にないので、「知らせにきたな」とは言うものの
「何が?」というと、頑なに霊とはいわない。


807:800:04/10/21 17:22:14ID:pl1jhHIW
神主さんいわく、墓は動かしても死人が出るまで祟ることは少ないが、
神様(日本でいうところの)は何も考えずに殺すから怖いといわれました。

世代交代などで、時期がそういう時期だったのかもしれませんが、
町内でうちからはなれた所から順繰りに死人が出て、
隣、隣に死神がうつっていくようでした。
そしてそれがだんだん家に近づいてくるのが怖かったです。
勧請?の祭りをしてもらったけれど、うちは結局祖母をもっていかれました。


856:本当にあった怖い名無し:04/11/06 06:08:33ID:iJFYOv6b
以前、北東北の寒村に行った際、お寺のご住職夫人から聞いた話。
恐山のような知名度はないんだけど、
彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。
今も出稼ぎがある地だから推して知るべしなんだけど、
ひと時代前は栄養事情や保健衛生の悪さから
盲になる子どもたちがいて、その子らの中から、
素養を持った女子が生きる糧としてイタコの道を選んだらしい。
観光化されているわけじゃないから、彼女らが霊媒を行うのは
山の中に拓かれた小さな霊場で、年に数日の大祭のときのみ。
地場の人には、歳事として深く根付いていたらしい。
今から十数年前、宜保愛子ブーム後期の頃かな、
そのイタコがどこからか注目されて、
外地から出張霊媒を行って欲しいという話が持ち込まれた。
言葉巧みなプロモーターにのせられたのか、
何人ものイタコがそれを引き受けて、
ゆかりのない土地で大祭でもないのに霊媒を行ってしまった…。
それが禁行であったことがわかるのは、その後のこと。
出張をおこなったイタコは、次々と病に臥して亡くなってしまう。
ご住職夫人によれば「不思議なくらい、出張した人はみな」だったそう。
結局残ったイタコは、出張の騒ぎを静観していたかなりの高齢者、数人のみ。
新たな成り手も得難くて、衰退の一途をたどっている…。
ということでした。


857:本当にあった怖い名無し:04/11/06 07:49:47ID:8VWIaPBi
>>856
イタコって恐山特有の呼び方だろう。

東北では他にゴミソといったり、口寄せを生業に
する視覚障害者を、色々な呼称で呼んだりする。

大体、(東北の寒村)って、眉唾な表現は何よ?


858:856:04/11/06 09:02:48ID:iJFYOv6b
>>857
ああ、ゴメン。ここでボカす必要はないよね。青森県北津軽郡です。
かの地では津軽イタコと言ってます。下北(恐山)と区別するために。


859:本当にあった怖い名無し:04/11/06 11:24:09ID:/LW35wZ5
>>858
蟹田とか今別とか三厩とか?


861:856:04/11/06 15:39:19ID:iJFYOv6b
>>859
お寺は確か金木町。山沿いに整備された公園があって、遊歩道を歩いていくと葦原になり、
そこを抜けると地面に無数の風車が刺さった山道に。その上にあったお寺。
あの辺りの習慣なのかな?お堂には亡くなった人の形見にようなものが納めて
ある(着物とか靴とか色々)。それと、子どもを亡くしたときに、
子どもが男の子なら花嫁人形、女の子なら五月人形をおさめて成仏を願う
習慣もあるらしく、薄暗いお堂の中にびっしりと新旧の人形があるのも怖かった。
また、ちょっと離れたところ(確か十三湖?のほう)に
ただの野原といった風情の霊場があって、そこも寂しい場所でしたね。


862:本当にあった怖い名無し:04/11/06 17:24:16ID:ZD6Al6mu
>>861
ああ、金木か。
太宰治の出身地ね。
あそこは、津軽半島の自治体の中でも文化が「濃い」イメージがあるな。


864:本当にあった怖い名無し:04/11/06 18:58:16ID:lMp0ZjJo
>>861
川倉の賽の河原ね
亡くなった人達の形見の服が
お堂の天井にものすごい数吊り下げられてるのが
なんともいえない感じ
スーツもあれば着物も軍服もあるし…


871:本当にあった怖い名無し:04/11/10 16:24:08ID:ms/4R458
母の実家が氏子になってる神社の話。
そこは毎年、敬老の日にお祭りをしていました。
敬老の日が第三月曜日に変わった年、氏子さんたちが相談した結果、
今まで十五日にやっていたお祭りを祝日に合わせてずらして行うことに
なりました。
お祭りは朝から晩までかかるから、勤め人の都合もあって、ということらしかったのですが…
その一年間、氏子さんたちの間から死人がボロボロ出ました。
神様は人間の都合なんて考えてくれなかったようです。
次の祭りを十五日にやらないんなら、うちは参加しないぞ、との声が続出して、
結局、次の年からは、お祭りの日は十五日に戻されました。
この話を母から聞かされたとき、昔からなんか怖いと思っていた神社なだけに
妙に納得してしまいました。あそこの神様ならやるかもしれん、と。
案外似たような話、田舎のほうには結構あったりして…


893:本当にあった怖い名無し:04/11/12 14:30:16ID:U/yZnnp5
うちの敷地の隅っこにある石碑の話。
小さいころからずっと同じ場所にあって、なんのためにこれが
あるのか全然知らなかった。
お地蔵さんとかじゃなくて庚申講の石碑みたいなの。
この間、おばあちゃんがその石碑のお祭りだから赤飯作るといってて、
ついでだからと思って石碑のできた経緯を聞いてみた。

昔、うちの親戚にあたる近所の人が病気を患って、
治してもらったから?だか祓ったからその石碑たてたと言っていた。
だいぶ昔の話だけどおばあちゃんはまだお祀りしてるんだそう。
自分の家に祠あったりするのはそういう経緯があるからかもよ。


897:本当にあった怖い名無し:04/11/13 21:45:41ID:AFmVXuUr
昔別スレに書いた話。
別に神主でも神社関係でもないのに
神社に住んでる友人がいる。
その神社、本殿は普通に人が使ってるし、なんともないけど
後ろの建物は手入れが行届いてない所為か、やたらに雰囲気が暗い。
入った事のある友人に聞いてみたら
「なんか、引っかき傷とかいっぱいあったよ。猫とかの仕業だと思うけど。
 あと多分、女の人居るよ」
との事。


元スレ:【寺】寺社のオカルト話【神社】 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053948114/

ポチッとお願いします。|ω・`)

関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。