いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボトミー殺人事件を語っていけ

ロボトミー殺人事件 
1: ひまつぶしさん 2009/12/14(月) 23:16:54 ID:???
語れ



ロボトミー殺人事件

ロボトミー殺人事件(ロボトミーさつじんじけん)とは、1979年(昭和54年)、東京都内で精神科医の妻と母親が刺殺された強盗殺人事件の通称。

概要
1979年9月、元スポーツライターだったS(当時50歳)が、精神外科手術を受けたことで人間性を奪われたとして、執刀医の殺害と自殺を目論み医師の自宅に押し入った。医師の母親と妻を拘束し本人の帰宅を待つが、予想時刻を過ぎても帰宅しなかったことから2人を殺害し金品を奪って逃走する。池袋駅で職務質問した警察官に、銃刀法違反の現行犯で逮捕された。

1993年、東京地裁で無期懲役の判決が下るが、検察側・S側双方が控訴、1995年に東京高裁が控訴を棄却したため、S側が上告するも1996年に最高裁で無期懲役が確定。

犯人の人物像
犯人のSは家計を助けるため働きながら勉強しており、正義感の強い真面目な青年として知られていた。20歳にして通訳となるも、親の看病のため帰郷し土木作業員として働いた。しかし、関連会社に仕事上の不正を抗議した際、貧しい経済状況から、出された口止め料を受け取ってしまう。これを会社は恐喝行為として訴え、Sは刑務所に収監される。

出所後は翻訳の仕事から、海外スポーツライターとして活動を始め、事務所を開いて実績を積んでいった。

しかし1964年3月、妹夫婦と親の介護について口論になり家具を壊して、駆けつけた警官により逮捕、精神鑑定にかけられる。精神病質と鑑定されたSは精神科病院に措置入院となり、病院内で知り合った女性がロボトミー手術により人格が変わってしまい、その後自殺したことに激怒、執刀医に詰め寄ったことで危険だとしてロボトミーの一種、チングレクトミー手術を強行される。この医師は、Sの母親に詳しく説明せずに手術の承諾書にサインをさせたといわれている。
退院後はスポーツライターに戻るも、感受性の鈍化や意欲減退などでまともな記事を書けず、後遺症に悩まされ強盗事件を起こす。出所後はフィリピンで通訳となるが反政府運動に巻き込まれ国外追放となる。帰国後、「ロボトミー手術の問題点を世間に知らしめる」として犯行に及んだ。

裁判で再び精神鑑定を受け責任能力有りと判定されたが、脳内に手術用器具が残留しており、脳波に異常がある事も明らかとなった。Sは「無罪か死刑でなければロボトミー手術を理解していない」として無罪か死刑のどちらかを望んでいたが、1996年、最高裁で無期懲役が確定となった。

Sは、近年、服役中に体調不調により生きていても仕方がないと考え、刑務所で自殺を主張し、「自死権」とそれを認めない精神的苦痛により160万円を国に求める裁判を起こしたが、2008年2月15日、仙台地裁の近藤幸康裁判官は、自死権は法的に認められていないとして請求を棄却した。

背景
施術当時の精神医学界ではロボトミーなどの精神外科手術が“画期的な治療法”として脚光をあびており、アメリカ合衆国や日本を中心に、多くの医師によって積極的にこの手術が行われた。しかし、人格の変化を伴うという重大な人権侵害の存在や、有効性への根本的な疑問などもあって、1970年代以降はほとんど行われておらず、1975年には日本精神神経学会で「精神外科を否定する決議」が可決された。

妹夫婦と口論になった件は、よくある身内のトラブルとして公訴自体は短期間で取り下げられたが、仕事を考え釈放を求めたことから、反抗的であるとして精神鑑定を受けさせられる。ところが、Sが受けた精神鑑定は医師1人が短時間で問診するのみというあまりに簡易なものだった。その上、強制入院させられた精神病院も精神科医による権力支配がひどく、後年、Sは「刑務所より酷かった」と語っている。

Wikipedia:最終更新 2016年3月17日 (木) 23:13
2: ひまつぶしさん 2009/12/14(月) 23:52:11 ID:s6FjY2AU
カッコーの巣の上で

3: ひまつぶしさん 2009/12/15(火) 04:25:35 ID:nM2kVIV6
桜ヶ丘記念病院だっけ?

7: ひまつぶしさん 2009/12/24(木) 18:20:22 ID:???
宇都宮病院事件もここで語りたいですね

33: ひまつぶしさん 2011/01/11(火) 08:32:40 ID:s9Wnk7+R
>>7
宇都宮病院にもロボトミー患者がいた。

11: ひまつぶしさん 2010/01/09(土) 03:49:09 ID:VGQ08Skx
なんだか犯人がかわいそうだなぁと思った事件

12: ひまつぶしさん 2010/01/09(土) 06:04:11 ID:???
そうそう。医者の家族は殺されて気の毒だけど、
医者自身にはまったく同情できんね。自業自得。

21: ひまつぶしさん 2010/03/22(月) 23:58:18 ID:XUAIluZA
今日はじめてロボトミー手術やロボトミー殺人事件についてしりました
てか、こんなめちゃくちゃな事が現行法の下で起こってるんだね・・・
現行法で保安処分は精神病患者と未成年だけだが、(犯罪者や被告もかも)
大っ嫌いだった、人権屋やプロ市民に少し理解が示せるようになった。。

25: ひまつぶしさん 2010/07/29(木) 22:43:01 ID:ou17GvK6
医者は許せないけど犯人にも同情できない。
若いころから犯罪に走りすぎで最後は無関係の家族を殺している。
殺人はロボトミー後とはいえ、自分勝手な正義感や暴力行為は一貫している。
実際何らかの精神疾患だったのかもね。
現在みたいな精神病薬があればまた違った人生だっただろうね。

26: ひまつぶしさん 2010/07/30(金) 14:28:26 ID:???
ま完全な心の病なら詐病も有り得るがこの事件の場合実際に脳が切られてる以上それはないわな。
だから自分はこの犯人を一方的に責める気にはならない。

27: ひまつぶしさん 2010/10/16(土) 23:36:44 ID:1ahTOSDy
本人はロボトミー手術は嫌だと言ったらしけど
何も知らない親(昔は医者と言えば威厳があり何でも信じた)は
彼には秘密で手術のサインをした。

色々な不幸が重なる

28: ひまつぶしさん 2010/11/20(土) 18:01:34 ID:9dhuuEFz
シャッターアイランド観てたまたまロボトミーについて調べてたら、
映画よりよっぽどこの人の人生の方が壮絶。こっちの話の映画の方が観たいわ

29: ひまつぶしさん 2010/11/20(土) 20:58:04 ID:???
医者には天誅下せなかったんだっけ。
返ってみせしめになってよかった。
人体をもてあそぶとこうなるんだよ。

34: ひまつぶしさん 2011/01/11(火) 22:43:51 ID:3jsIYby8
この事件のせいで日本のロボトミー技術が何年遅れたことだろう
薬理で改善されない患者には外科手術しかないのに

35: ひまつぶしさん 2011/01/12(水) 10:45:02 ID:17bhnnDR
>>34
でも、ロボトミー受けたら、精神の弾力性ってのが、薄れる人が多いからって、やめたほうがいいという動きになったはず。

36: ひまつぶしさん 2011/01/13(木) 00:15:41 ID:???
ロボトミーは今はもうどこの国でもやってないだろ。

38: ひまつぶしさん 2011/01/13(木) 02:56:09 ID:???
ロボトミーはノーベル賞の汚点
医療行為の名を借りた精神の殺人

39: ひまつぶしさん 2011/01/19(水) 18:29:47 ID:CBmT0Wb7
ロボトミーを受けて、穏やかな人柄になった人もいたらしいですが…。
難しい技術ですね。ロボトミーって。

41: ひまつぶしさん 2011/02/21(月) 13:05:55.03 ID:???
>>39
そりゃあ、「たまたま」そういう結果になった患者も居ただろう。
脳内でどこがどう反応したためにどういう情動が起こった、なんてことは現代医学でも解明し切れていない。
なのに適当に脳内をひっかき回して繊維を切るだけのロボトミーが、そんな的確に人格改善が出来るわけがない。

それに、荒っぽいとかそういう「マイナス」の面まで含めて人格であり個性だ。
本人納得の努力の上で改善されるとか、どうしても相容れないから隔離する、ってくらいならともかく
騙し討ちに近い手法で脳改造で「取り除く」、なんてのは何人たりとも許されねえよ。

バイクで数分走るだけで宮城刑務所の壁を見られる所に住んでる人間としては、ロボトミーは非人道的だとしか思えねえ。

42: ひまつぶしさん 2011/03/02(水) 14:00:10.59 ID:5MEoO7fM
>>39
>ロボトミーを受けて、穏やかな人柄になった人もいたらしいですが
>>41
>「たまたま」そういう結果になった患者も居ただろう

ロボトミーで、建設現場の肉体労働に従事し、普通に生活を送れた人もいたみたい。

44: ひまつぶしさん 2011/03/04(金) 01:06:46.63 ID:r+43sjjE
壊れたテレビは、叩けば治るかもしれない。
そもそもロボトミーってそんな治療法なんでしょう。

それって、重度な精神疾患にだけリスクを承知で施術すべきものだったはずなんだよね。
どうせ欠陥のある脳なんだから叩いて直れば儲けもの。

問題は、それを軽度な疾患にまで当てはめた、という点だよ。

47: ひまつぶしさん 2011/03/11(金) 01:22:32.47 ID:c2HrQMG4
スポーツライターだったのだろ?犯人は。

玉木正之というのが、「日本初のスポーツライター」を名乗ってるけど、
このロボトミー殺人の犯人が先だよね?

54: ひまつぶしさん 2011/06/17(金) 09:29:35.63 ID:Ot3BuW0o
ロボトミー手術をしたら、感動するという気持ちが消えるんだっけ?
何のために手術したの?
結局、怒りという感情は消えないから、殺人にいたったんだよね。

55: ひまつぶしさん 2011/06/18(土) 01:31:30.48 ID:???
>>54 何の為に手術をしたのか、まず経緯を書くね。長文になるがスマン(・∀・)

1964年(昭和39年)3月、桜庭は東京都板橋区の妹宅に立ち寄る。老いた母親の事で話し合う内、喧嘩になり、桜庭がそばにあった人形ケースなどを壊す。


妹の夫が110番通報。志村署の警察が駆けつけ、桜庭は器物破損の現行犯で逮捕。


翌日、妹夫婦は告訴を取り下げたが、警察はさらに1週間留置し、桜庭の過去を調べ、暴力、恐喝などの前科を洗った。


暴力行為は『精神疾患からくるもの』として、桜庭は世田谷区の都立梅ヶ丘病院に連れて行かれ、精神鑑定にかけられる。


担当の医師は桜庭を『精神病質』と鑑定。桜庭は釈放を求めたが、警察によって今度は、3月11日、東京都多摩市の聖跡桜ヶ丘の桜ヶ丘保養所(現・桜ヶ丘記念病院)に連行され強制措置入院させられる。


桜庭は拘禁中に精神外科手術をされる事を恐れていた。
理由は入院中に 八重という20歳くらいの女性が精神外科手術をされ、
担当の藤井医師が「手術は大成功だった」と言たのにもかかわらず、約1ヵ月後に八重が首吊り自殺したから。


桜庭は精神外科手術によって廃人にされる事を恐れ、主治医である藤井医師に対して明確に手術の拒否を告る。
また、手術するには母親の承諾が必要であることが分かっていたので、桜庭は安心していた。


ところが、藤井医師は何も解らない母親から承諾書を取ってしまう。
11月2日、桜庭(当時35歳)は藤井医師から『肝臓検査』と称して(騙されて)、全身麻酔をかけられ、加藤医師によって、ロボトミーの一種であるチングレクトミーという精神外科手術を強行された。


56: ひまつぶしさん 2011/06/18(土) 01:56:05.49 ID:???
>>55 の続き(・∀・)

手術を強行されてから約4ヶ月後、桜庭は希望していた退院が叶えられたが、藤井医師によって『退院許可と引き換えに手術の同意書を書かされた』


その後、桜庭の精神的意欲は減退し 原稿を書ける量は手術前の5分の1に減少。桜庭はスポーツジャーナリズムの世界から姿を消す。


運転手や自動車修理工場の見習い工などをしながら各地を転々。


1969年(昭和44年)ごろからは、てんかん発作に悩まされるようになる。
名古屋の中央労災病院で診察を受けた結果『ロボトミー手術・チングレクトミーの後遺症である可能性』と指摘される。


1976年(昭和51年)2月、桜庭は弟が経営する会社に勤めていたが、英語力をかわれ、フィリピンの支社で働く事になった。
ここには約2年間、滞在していたが、働く気力が湧いてこない。藤井医師が言っていた「チングレクトミーによって無理がきかなくなる」という言葉を思い出す。


1978年(昭和53年)のある日の夕方、桜庭はマニラ湾の夕日を眺めていた時、決意をする。

『世界に名高いマニラ湾の夕日を見ているのに、俺の心には何の感動も湧いてこない。

もはや俺は人間ではないのだ。生きている資格はない。こんなことになったのは、あの藤井医師のせいだ。あいつがチングレクトミー手術をしたせいだ。

あいつを殺して俺も死のう』


1979年(昭和54年)9月26日午後5時頃、桜庭(当時50歳)は藤井医師(当時53歳)との無理心中という形で決着をつけるべく、
遺書を持って、バルビタール(長時間作用型鎮静・睡眠薬)などの薬物を服用したのち、東京都小平市の藤井宅にデパートの配達員を装って押し入った。


57: ひまつぶしさん 2011/06/18(土) 02:11:44.73 ID:WJ6H3oCk
>>56 の続き(・∀・)これで最後。長文でスマンかった。

そもそもロボトミー手術は 1935年(昭和10年)、モニスが60歳のとき、ロボトミーの基本を考案、治りにくいうつ病や不安神経症の患者に手術を実施して、効果絶大と発表。


その後、アメリカで改良され、第2次大戦後の一時期には、精神分裂病の患者に対して盛んに行われ、全世界に大ブームを巻き起こす。


日本ではこの手術を受けた患者は東京大学精神科医師の磯田雄二郎の推計で『全国に約12万人いる』と見られている。


ロボトミー手術は成功例も含まれたものの、特にうつ病の患者の6%は手術から生還する事はなかった。

また生還したとしても、てんかん発作、人格変化、無気力、抑制の欠如、衝動性などの重大かつ不可逆的な副作用が起こる。


手術の不当性を訴える人や 後遺症に悩む患部が居たのにも関わらず、無視して手術を強行した医師は多かった。

「そういう時代だった」と言われればそれまでだけど、悲しい事だね。
だからこそ現代の飛躍した医療がある訳だが・・・・


58: ひまつぶしさん 2011/06/19(日) 14:59:11.77 ID:???
実はフランケンシュタインみたいに縫い目が見えない施術がオリジナルなんだな。
下手したら寝てる内にこっそりやられても、目の奥が何か痛いような変な頭痛がするってだけで
まったく気付かれない恐れすらある。
そういう意味では実に恐ろしい手術だw

60: ひまつぶしさん 2011/06/30(木) 21:27:54.30 ID:???
ロボトミーなら日大が専門だよ

62: ひまつぶしさん 2011/07/03(日) 21:37:06.01 ID:???
こんな事件があったんだな。日本版「カッコーの巣の上で」か。

入院中に知り合った女性が手術を受け自殺とか、
夕陽を見て感動を覚えないことに絶望とか、エピソードがいいな。
不謹慎だが映画化希望。

67: ひまつぶしさん 2011/09/04(日) 13:32:26.30 ID:???
>>1
これ2008年に受刑者が訴訟起こしてるんだな
ロボトミーすると長生きできないのかと思いきやそうでもないんだね

68: ひまつぶしさん 2011/09/05(月) 15:32:06.06 ID:???
心神喪失で無罪も、ロボトミーとセットが条件なら
誰も文句は言わんだろうねw

69: ひまつぶしさん 2011/09/16(金) 02:56:52.60 ID:V6B4eCW/
情報が少ない時代に、海外のプロレス記事書いてた人か。

70: ひまつぶしさん 2011/09/21(水) 12:18:28.34 ID:bWKOPrGk
ロボトミーってまだやってるんだよ
http://mui-therapy.org/newfinding/surgery-for-mental-ill.html

74: ひまつぶしさん 2011/11/23(水) 23:37:55.30 ID:???
どくとるマンボウ医局記にロボトミー手術の事が載ってた
北杜夫も執刀したのかな?

75: ひまつぶしさん 2011/11/28(月) 23:02:34.69 ID:rVSNTjhk
やるせない事件だよ
全くの廃人になるなら記憶や行動力もなくなるだろうけど

78: ひまつぶしさん 2012/05/05(土) 00:37:44.91 ID:???
悪いのは医者だけじゃない。
恐喝の冤罪で捕まえたり身内のゴタゴタで精神科に入れた警察も悪い。

やりきれない事件だな。
犯人は死刑を望んでるのに一番残酷な無期懲役なんて自殺もできないじゃん。
どっちが加害者なのか分からなくなる。

82: ひまつぶしさん 2012/05/15(火) 00:15:10.20 ID:???
この人は やることなすこと 望むことすべてかなえられないんだね。
今まで知る人の中で一番不幸な人物

83: ひまつぶしさん 2012/05/15(火) 00:16:05.76 ID:???
たしか ケネディー大統領の妹もロボトミー手術うけたんだっけ?

84: ひまつぶしさん 2012/05/21(月) 22:56:29.57 ID:???
>>83
ローズマリーね。
ケネディは9人兄弟の二番目で兄と二人の弟と五人の妹がいた。
何番目の妹かは知らないけど軽い知的障害があり23のときに手術を受けて生涯を病院で終えた。
たしかケネディも妹が重い脳障害があるって本を書いてたはずだけどそれってロボトミーのせいじゃんね。

85: ひまつぶしさん 2012/05/21(月) 22:57:07.07 ID:???
あの時代に通訳できるほど秀才でボクシングもできるってすごいなw

87: ひまつぶしさん 2012/06/02(土) 10:26:06.10 ID:???
>>85
だからこその事件だろうな・・・・。
大抵のやつは自分の中で何が起こってるのかわけがわからず、廃人となって終了だろう。

88: ひまつぶしさん 2012/07/05(木) 19:35:10.82 ID:???
殺されたのが妻とその母親ってのがな、医者は割り切ろうと思えば割り切れる(実際そうなんだろうな、悪魔の医者なんだから)

91: ひまつぶしさん 2012/08/25(土) 21:20:21.78 ID:6MmLgSx7
一番気の毒なのは精神外科の存在だな
こういう事件が無ければ今頃もっと進歩して
アスペや池沼を根絶出来たのに…

時代がついてこれなかった結果がこれだよ

92: ひまつぶしさん 2012/09/15(土) 07:25:54.55 ID:Wz/zmmRo
これはマジで無罪でいいくらいのケースだと思うけどな
まあ厳密には心神喪失とは言えないかもしれんが
脳の一部を切り取られた人の罪は問えないんじゃないか

96: ひまつぶしさん 2012/10/06(土) 15:42:10.43 ID:???
藤井医師は事件の後どうなったの?
医者続けたのか?

たしか執刀医のほうは、その後も研究続けたんだよな。
CiNii見るとかなり論文出てくる。
精神病院の院長もしていたようだ。

桜庭の顔見たけど、あまりボクサーっぽくないんだよな。
昔の西洋人が日本人に持っていたようなステレオタイプを具現化したような感じ。
ロボトミーされる前はもうちょっと精悍だったのかね?

103: ひまつぶしさん 2014/11/20(木) 19:47:56.32 ID:???
この事件の犯人も獄死だろうな。
元スレ:ロボトミー殺人事件
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/archives/1260800214/

関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。