いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


神(アヌンナキ)と人類の起源

神(アヌンナキ)と人類の起源 
1: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 11:16:30
パレスチナ生まれの考古学者シッチンらが、旧約聖書の元になったシュメール文化の粘土板をに書かれた文字を解析したとこころ、アダムを誕生させた創造主はアヌンナキという宇宙人だという結論に至った。
このとんでもない説ですが、真偽はともあれ面白そうな話です。


アダムは最初に人工的に生み出された者であり、ミッシングリンクの謎はこれで説明できるとか。半神半人のギルガメッシュですが、アヌンナキと人類の子であるとか。アヌンナキに教えてもらってシュメール文化が栄えたとか。


シュメール文化についてはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B7%E3%A5%E3%A1%E3%BC%E3%AB

アヌンナキやアダムなどの関係については、検索してみてください。
きっと面白いです。

2: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 11:50:35
オカルト板にいってくれ

4: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 15:09:27
>>2
宇宙人説は、普通に考えればかなりおかしな説だと思うけど、広い宇宙で宇宙人自体はいる可能性の方が高いらしい。進化論なんかで説明するより、よっぽど可能性が高いと思われ。

5: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 15:27:49
通説によりますと、アヌンナキは約44万年前に地球に降り立ち、その後30万年前に人間を創造したそうです。

6: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 15:37:51
地上に人が増えはじめ、娘たちが生まれた。
神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした」

『創世記』第6章

↑これがだいたい10万年前の話になるそうです。

7: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 15:40:37
方舟から出たノアの息子は、セム、ハム、ヤペテであった
この3人がノアの息子で全世界の人々は彼らから出て広がったのである

『創世記』第9章


↑これがだいたい1万数千年前の話?

8: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 17:54:02
http://www.sitchiniswrong.com/sitchinerrors.htm

反論ページがあるから、これらにすべて再反論してから出直せ。

10: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 19:50:25
http://www2.odn.ne.jp/hideorospages/atlan05.html
シッチンのシュメール語解釈はデタラメだと。

>>4
>宇宙人説は、普通に考えればかなりおかしな説だと思うけど、広い宇宙で宇宙人自体はいる可能性の方が高いらしい。進化論なんかで説明するより、よっぽど可能性が高いと思われ。

「生命が宇宙のどこかで発生する」
「その生命のうちどれかが知的生命に進化する」
「その知的生命のどれかが宇宙を渡ってこれるほど進歩する」
下になればなるほど確率は天文学的にありえなくなってくるわけだが、
その上であなたは
「わざわざその技術を使い、時間を使い、資源を使い、人材を使い、いちいち地球にまでやってきて人類を指導する」可能性をアテにしろと言ってるわけだが、……もうね、オカルト板じゃなくてもいいんで、SF板か創作板か宗教板にでも行ってください。

11: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 21:58:10
シッチンの説に誤りがあることがよくわかりました。

しかし、説としては大変興味深いものです。
ある程度信憑性のあるもので、同様のものはないでしょうか・・。

神というのは、実在した高度な科学技術を持った何かであって、いわゆる神ではないみたいな。

>>10
地球で人類を創造する意味とかについては置いときましょう。
人間でも意味無く犬を飼ったり、ゲームをやったりします。
それに、人間の1年と彼らの1年の感覚は同じではないかもしれません。
このあたりを人間基準で判断すると話が終わってしまいます。

13: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:32:17
>>11
地球に行く前に
「遠く離れた宇宙の惑星に人類がいることを知る」ことも必要ですね。
これまたトンデモない観測技術が無ければならない。

>このあたりを人間基準で判断すると話が終わってしまいます。

そのような仮定自体が何の根拠も無い「設定」でしか無いんですよ。
それをやる必要性・動機は、宇宙人を地球に引っ張ってくるための辻褄合わせ以上でも以下でもない。話なんてとっくに終わってます。

14: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:39:29
宇宙人が地球人類を創造したのなら、その宇宙人を創造したのは誰なんでしょう?
それとはまた別の宇宙人がその宇宙人を創造したなら、別の宇宙人を創造したのは誰なんでしょう?
その別の宇宙人を創造したのが、前の二種族とはまた別の宇宙人だったら(以下略)

この時点で「宇宙人による創造説」は壊れてます。

17: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:52:10
>>14
人類を作った宇宙人はどうやって作られたのか。
宇宙人による人類創造説が破綻する理由であると言われます。
宇宙人を作った宇宙人がさらにいるとして、その宇宙人を作った者は何なのか、という風に終わりが説明できないということだと思います。

人類を作った宇宙人は、何億年もかけて自然発生したのかもしれないけれど、地球の人類は自然発生しなくて、造られたものであると考えても矛盾はしないと思います。
一応、論理的には両立します。

ちなみに、宇宙人説に拘っていませんので・・・

20: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:57:24
>>17
へぇ、最初の宇宙人が地球人と違ってフツーの発生・進化で良いのですか。
「地球人が自然に進化して出現したよりも説明がつくから」という理由だったのに、出発点を自分で放棄してまでどうして宇宙人説に拘るんでしょう。

24: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 23:11:10
>>20
いえ、宇宙人説には拘っていません。
高度な科学力を持った「何か」が人類を作ったという考えはどうでしょう、という感じのスレを立てたと思ってください。

その上で結論が人類は自然発生したに至っても良いと思います。

15: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:42:45
宇宙人説に拘っていません。
もっとも、仮に宇宙人説に立ったとしても、地球に来れるぐらの科学技術があれば、観測技術やその他の問題についても、問題にならないと思われます。

ちなみに、こういう話はとんでもない説であると自認していまが(<<1参照)、それは普通に受け入れられる話で説明がつかないことが多いから、こういう話をもってこざるを得ないという感じですね。
現時点で評価されてないけど、それなりに筋が通っている話があれば知りたいです。

19: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 22:54:21
付け加えますと、地球の人類は自然発生していないのではないかと言われるのは、いわゆるミッシングリンクがあるからだと思います。

22: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 23:00:18
>>19
そういう主張が出てくるのはその主張をしてる人たちが、ミッシングリンクは進化を否定するものではないと理解していないからです。

27: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 23:23:46
人類の起源は神話の時代の話なので、
ぎりぎり守備範囲であると思料します(´・ω・`)

28: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 23:34:26
>>27
その思料は間違いです。神話における「神話の時代」はあくまでその世界観の中でのものです。実際の人類の起源と重なることはありません。
また、生物学的な人類の起源は「神話」ではありません。

29: ひまつぶしさん 2007/08/17(金) 23:58:14
では違う板へ移動します。ありがとうございました(´・ω・`)

30: ひまつぶしさん 2007/08/18(土) 15:41:25
1が素直すぎて泣いた




32: ひまつぶしさん 2008/01/05(土) 13:35:18
唐突でスマソ
過去の資料とかの知識は無いし、生命誕生の秘密も知るわけが無いんだが…
そもそも生命は子孫を残す時により強い命を産もうとするものでしょ?
んで、地球も生きてるってガイア論があるんだけど、宇宙も生きてるんじゃないかな?
言うなれば【マクロガイア論】。宇宙も生きていて、そしていずれは死ぬ。そしてまた新しいより強い宇宙が産まれる。より強い宇宙を産むのに必要なのは経験と情報。それを集めるのが生命体。
 
確かに原始の地球上にある物質から生命が産まれる可能性は0。DNA RNAなしで生命は産まれない。しかし、それよりももっと小さな世界、原子よりももっと小さなミクロの世界は、観測者の心理状態によって見え方が変化する混沌の世界なのだそうだ。DNAも原子の集合体なら、ある者の心理状態によって組み立てられ産まれたのでは…例えば それが宇宙という命の心理状態

こんな事を考えてみました

35: ひまつぶしさん 2008/02/17(日) 01:36:07
人間は元々この星に存在していなかったと安易に言い切れはしないが、存在していたとも言いにくい。他の星の何者かにより、運び込まれたのかもしれないしそうでないのかもしれない。

仮に運びこまれたとしたら、この星は運んだ者の試験管の様なモノかもしれませんね。
試験管での培養だとしたら人口は増えたのだから培養には成功でしょう。理由や目的は人間の考えが及ぶ範囲をはるかに超えたものに間違いないでしょうね。
おそらく目的は培養だけではないはずです。時間をかけてここまで人間は増え続け、これ以上は増えにくい状況にまで来ました。
この星も人間の量が飽和に近くなり、星も砂漠化を始めたのです。それもここ二百年の間にです。つまり他に目的があるという事です。
人口が急激に増えたのは人類の歴史を考えれば最近の話であり、ここに至るまでは少しずつ数を増やしてきました。 
戦争という国を統一するための犠牲を出し続けたためなかなか増えませんでした。規模も少しずつ大きくなってゆきやがては海を越えての戦争になりました。その結果として世界は少しずつ一つにまとまってゆき、事実上の最強の国、最高の権力者が誕生しました。

つまり、人間のこの星での進化にも限界、終わりが近づいてきているのです。現在、世界は今までになく力により安定してきました。
もしかしたらその力の後ろに何者かがいるのかもしれないですね。何万年も前から陰で人の歴史を見続け積み上げる歴史が減りかけた今、王として、神として君臨する何者かが姿を現し、一部の権力者のみが会い、従っているのかもしれない。
恐らくそれは人間では及ばない絶対的な存在なのなのでしょう。

36: ひまつぶしさん 2008/02/20(水) 23:20:59
今の人類は世界中にありとあらゆる情報を発信する事ができます。ただ現在は人類以外にその情報網を使う生き物が存在しないというだけです。つまり人に匹敵する、もしくはそれ以上の科学があるならば、最強の国を征服するだけで世界を手に入れたも同然ということです。これは侵略者にとっては都合の良い事だと思いませんか。
つまり何を言いたいかというと、windowsは何者かにより仕組まれた発明なのではないかということです。
もしかしたら空の上にいる彼らが人類にもどかしさを感じ、少し歴史を走らせたのかもしれません。
自分たちの存在を秘密にする事を条件に、大きな富を手に入れ、歴史に名を残す機会がある人物に与えられたわけです。
もちろん本当のことは発明した本人しか知り得ないコトではありますが、この機械は人類に大きすぎる物であることは確かです。
そして、人類にとってだけではないのかもしれませんしね。

38: ひまつぶしさん 2008/02/21(木) 21:38:25
以前に神と述べた彼等の狙いはこの星でなのか、人類なのか、それとも他にあるのかはわかりません。しかし、彼等がこの星を欲したのならば、ここまで人類が栄えるのを待つはずがなく、大昔に知的な生命を摘んでいるはずです。その事から彼等の目的が人類に関わりを持つことがわかります。
そこでさらなる可能性が生まれます。彼等を縛る何かが存在しているという事です。それは彼等の上に立ち、この世界の掟の様な存在のはずです。
それは人類が栄える事を見守る様に彼等を見守ってきたのかもしれません。

39: ひまつぶしさん 2008/02/21(木) 22:39:42
>>38
時には文明をおこしてやって、人類がちょこっと賢くなると次はほとんど跡形もなく文明を消し去るのです。
生かすも殺助も自在にできる科学力をもってるであろうに痕跡のみ残して消し去っておる。
あたかも人間が「わしら人間が人間の力でここまでキタゾ、」なんて思ってると軽蔑されるよね!

42: ひまつぶしさん 2008/02/23(土) 00:21:12
今の文明がかつての文明の様に滅びるのかはまだわかりません。かつての文明は今の科学とは異なる理論の元に道具を造りつかっていました。
いわゆるオーパーツと呼ばれるです。では何故そんな高度な文明が滅びたのかというと、その文明は彼等に牙を向けたと考えられます。力を持ち過ぎたため彼等への反逆を始め、彼等も全てを消さざるを得なくなったのです。
そして、そこに新たなる文明を築かせました。それも同じ過ちを繰り返さぬようにかつてと異なる文明を歴史の賢者に少しずつ授けてきたのです。
恐らく彼等も人類の文明を幾度か滅ぼし人類の知恵の進化を学んだのかもしれません。彼等が姿を見せないのもその学びからくるものでしょう。

43: ひまつぶしさん 2008/02/23(土) 00:49:41
最後の二行はどうかしらね

44: ひまつぶしさん 2008/02/23(土) 20:16:35
学び、とか 気づき とかってニューエージ的表現だよね

45: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 15:27:18
この話は、わかるものにはわかり、わからぬものには永遠にわかりません。
また、わからなくても、彼自身の古い固定概念と慎重さがそれを否定していることなので、罪でも悪でもありません。

ですから、これから話すことは信じなくてもよいのです。
ただのファンタジーと思ってもらってもよいのです。
真実は真実として、後の世に必ず証明されます。

46: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 15:37:41
まず、最初にあなた方に馴染みのある「聖書」という書物の話からはじめましょう・・・・。
旧約聖書には、たくさんの預言者が多くの不思議な言葉を残しています。
実は、旧約聖書には、多くのあなた方の直接の祖先、人類の謎にかかわる暗号が巧みに残されています。この暗号の解読に、アイザック・ニュートン、レオナルド・ダビンチらの天才が全人生をかけましたが、彼らには解読不可能でした。IQ200はあったとしても無理だったでしょう。

47: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 15:44:10
この旧約聖書の謎について、暗号について研究し続けたのは、シオン修道会という秘密結社だったと言われています。
メンバーは、アイザック・ニュートン、レオナルド・ダビンチ、ボッティチェリ、ヴィクトル・ユーゴーなどと言われています。
最近では、「ダヴィンチ・コード」というベストセラーの本の下地として、この秘密組織が描かれてますね。

49: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 16:03:43
シオン修道会の天才的なメンバーにも聖書の謎は解読できません。

しかし、1950年ユダヤ人律法学者ウェイスマンデルのふとした発見から、その糸口が見つかりました。そして、その後、ヘプライ大学の数学者、エリヤフ・リップスがこの話を聞きつけ、物理学者のドロン・ウィツタム、暗号研究家のヨハヴ・ローゼンバーグと共に1994年8月に発行された『Statistical Science』という数学の論文誌に、聖書の暗号に関する一編の論文を発表されました。

これらのいきさつは、マイケル・ドロズニン氏の1997年の「聖書の暗号」に書いてある通りです。マイケル氏の説と暗号解読はしかし、全て正しいわけではありません。かなりまちがって解読している部分もあり、独断と偏見も少々見られます。(笑)


50: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 16:09:13
しかし、この「聖書の暗号」には、一番大切な本質的な部分は正しく解読されました。

その解読された文とは・・・

「DNAは乗り物で運ばれてきた」
「遺伝子の暗号」
「神の遺伝子を貴方は受け継ぐだろう」
「人類を進歩させるため」

これらのキーワードから何を連想するでしょうか?

52: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 16:48:21
しかし、マイケル・ドロズニン氏のコンピューターを使った解読にも落とし穴があり、何十万通りと読める古代ヘブライ語の解釈は、幾らでも解釈可能なので、完全なものではありません。
これは、もっと進んだ次世代のスーパーコンピューターの登場を待たないといけないでしょう。量子技術の進歩が加速度的に進み、2010年を目処に日米で次世代型の数十P(ペタ) FLOPSコンピュータが開発されれば、また別の暗号が解読されるかもしれません。もう少し待ちましょう。

53: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 17:12:39
本題に戻ります。
聖書の暗号の解読文の中にある、
奇妙な言葉・・・・「DNAは乗り物で運ばれてきた」

これは「DNAは生命の乗り物である」という意味で理解するか、そのまま「DNAは何らかの乗り物によってここに運ばれてきた」と取るかによって、大きく意味は違ってくるでしょう。

54: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 17:19:41
本題に戻すと、旧約聖書の解読文の中の、

「DNAは乗り物で運ばれてきた」 という奇妙な言葉。

これを、「DNAは生命の乗り物である」と理解するか、それとも、「DNAは乗り物によって運ばれてきた」とそのままとるかによって意味が全く違いますね。
私は、「DNAは乗り物で運ばれてきた」という文そのままで、素直に理解した方が良いと思っています。
民俗学や歴史学ではなく、SFみたいだと思うでしょうが、地球の歴史そのものが、宇宙の歴史の一部なのですから、そこをもっと深く理解してください。

さて、この後、このスレッドの主題の「アヌンナキ」の話に入ります。

55: ひまつぶしさん 2008/02/28(木) 17:58:20
ここからは、ゼガリア・シッチン博士による仮説の概要なので、正しいか正しくないかは個人の判断に任せましょう。

「わたしは、シュメール楔形文字の解読に生涯を費やしたが、ある一つの粘土板に刻まれた奇妙な言葉と不可解な絵に注目した。それは、11番目の惑星として描かれているニビルという星。そして、その星からやってきたとされる、アヌンナキという神々の話である。
彼らの風貌はとても人類とはかけ離れており、寿命も相当長かった。そして、彼らが自分たちのDNAと地球にいた人間との遺伝子操作により、新しい人類を生み出した様子を粘土板の絵と文字に残しているのだ。」

2005.7.30の報道によれば、「NASAは太陽系の10番惑星を発見した」
そうだが、まだその詳細は不明である。


57: ひまつぶしさん 2008/03/02(日) 19:34:15
人を造りし神を、神を神に選ぶ神の支配者、支配者を産み落とした最初の星に世界の全てがあり記されています。
その記されたものの正体こそ人にアカシックレコードと呼ばれるものであり、それは誰にも書き換えられはしません。
そして、この星の歴史もまたあるがままにはなく、幾度となく更生を求められました。神に選ばれし人が少しだけヒントを握っています。
歴史に名のある預言者の様に選ばれし人がこの星の全てを持っています。

74: ひまつぶしさん 2009/02/09(月) 18:53:26
ここ「ムー」スレ?

75: ひまつぶしさん 2009/02/14(土) 15:19:41
詳しくは わからないけど 宇宙人に対して こんだけ否定的なのは先進国で日本位じゃない? 韓国とかは知らないけど。とりあえず聖書って 神を宇宙人に置き換えた方がしっくりはくるよね

76: ひまつぶしさん 2009/02/15(日) 17:45:52
宇宙に、人類と同じ思考をする生物が、他にいると考えるのは無理だよ。

一番身近な、生物と違う情報処理をするシステムのことを考えてみよう。
その名は遺伝子。

遺伝子は生物に関する情報を処理しているが、本当に何かを考えてるかどうか疑問だ。
自分のことをどう認識してるんだろう?

人間の脳を作り出せるんだから、人間より賢いのは確かだ。

そして、どうやら宇宙空間には、遺伝子の材料となった物質が、たくさん集まって漂ってる場所があるらしいことが、観測から判ってきた。

そんな宇宙に漂う遺伝子が、あるとき隕石に取り込まれて、宇宙から原始の地球にやってきたという説は、かなり人気がある。

遺伝子こそ宇宙に漂う知的?生命?であり、天からやってきた、我等の創造神?らしいのだが、

遺伝子ってどうやったらコミュニケーションできるのかなぁ。

78: ひまつぶしさん 2009/02/16(月) 02:19:48
珍説 

神様の正体は遺伝子で、太古の地球に宇宙から飛来したものだった。
                ▲
               宇宙人、それとも宇宙塵?

ホントのところは、宇宙にあるとされているのは遺伝子ではなく、遺伝子の前駆物質だったりするわけだし、

短絡発想で片付けられるほど易しいテーマではないらしい。
元スレ:【天地創造】 神(アヌンナキ)と人類の起源
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/min/1187316990/

関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
【朗報】2006年、本物のタイムトラベラーがウクライナに出現していたらしいぞ! 2017/03/31
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ