いそげ!DMMが格安の4Kディスプレイを販売!なんと50型59,900円~!スペックなどの詳細はコチラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの家の開かずの間 4部屋目

あかずの間4

1:本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 17:57:591ltkubcI0
あなたの家や物置小屋にまつわる怖い話をお願いします。

前スレ
二代目スレ
初代スレ



13:本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:36:218nka1qA6O
ばあちゃんに聞いた話
ばあちゃんの実家に子供が入ると出られなくなる部屋があったそうだ。
ばあちゃんが七歳の時に、兄弟2人(兄貴2人)と一緒に凸した事があるらしいんだが、
その時最初に部屋に入った真ん中の兄貴が閉じ込められて、そのまま2日程行方不明になったそうだ。
現在その部屋がどうなったかは分からん。


14:本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:23:268nka1qA6O
>>13に書き込んだ者だが、今読み直したら凄く中途半端になってんなスマン。
補足しとくから許してくれ。
その部屋は、普段鍵を掛け誰も入れない様になっていた。
その時は、一番上の兄貴が親の部屋から鍵をパクってきたらしい。
真ん中の兄貴が部屋に入った瞬間、部屋の戸(引き戸)が勝手に閉まり開かなくなった。
ばあちゃんが慌てて畑に居た両親を連れて来たが、やはり戸は開かず戸を壊して入ったらしい。
閉じ込められてから戸を壊し部屋に入る迄、約40位だったらしいが両親が部屋に入った時には、部屋の中に真ん中の兄貴の姿はなかった。
ちなみに入った入口以外に窓や出入口は無かったそうだ。
その後家捜しまでしたが見つからなかったが、2日後の朝庭で発見された。
発見時、寝てる状態で発見された。
少しヤツレていたが、ケガもなく特に変わった事はなかったが、行方不明中の記憶がすっぽり抜けていたらしい。
部屋には、子供の神様が祭られていたらしい。 
以上、参考にしてくれ。
スマンかった。


17:本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:58:46VeW2E4FsO
私も、家のお婆ちゃんから>>13-14とよく似た話しを聞いた事がありますよ。
子供が閉じ込められる部屋じゃなくて、子供しか辿り着けない部屋の話しでしたけどね。
お婆ちゃんが子供の時に住んでいた家の奥座敷にある押し入れは、特定の子供が開けると押し入れではなく別の部屋に繋がる事があったそうです。
部屋の中には、自分と同じ年頃(初めて入ったのは五歳)の子供がいて一緒に遊んだそうです。
部屋から外に出ると、その部屋て遊んでいた事も部屋の中に居る子供の事も忘れて奥座敷で寝てる。
初めてその部屋に入って出てきた時、奥座敷で目覚めるとお婆ちゃんは石で出来た綺麗なオハジキを握っていたそうです。
後日そのオハジキを眺めていると、だんだんあの部屋の中での記憶が、頭の中に浮かんでくるんだそうです。
そしてまたあの部屋に遊びに・・・その繰返しで十二歳まで十回以上、部屋の子供と遊んだんだって。
十二歳の時を最後に二度とあの部屋へは、入れなかったそうです。
スレ違い失礼しました。


44:本当にあった怖い名無し:2007/09/01(土) 13:48:283/YygTztO
昔住んでいた家に開かずの間あったぞ。
その家は、元々じーちゃんが一人で住んでたんだが、じーちゃんが死んだ時に親父が相続したんだ。
んで、空き家にしとくのも勿体ないので家族で住み始めたんだ。
住み始めてしばらくは何事もなかったんだが、ある日一階の八畳間から突然ラップ音が出始めた。
その八畳間は、じーちゃんが死んでた部屋だったから親父が気味悪がって、封印しちまった。
その後ラップ音は、綺麗サッパリなくなり平和に生活した。
一昨年区画整理で、九年間生活したその家を出たんだが、引っ越しの時に開かずの間を開けてみた。
中はホコリだらけでカビ臭いが、特に変わった様子なかった。
ただし親父が貼った「大量のお札」と「畳に浮き出た人型に見える染」みを除けばね。



53:本当にあった怖い名無し:2007/09/04(火) 22:49:363DFHED3QO
今から17~18年前の話。

友達は父母を早くに亡くして親戚の家に居候してたんだけど、
物凄い不幸続きで。
居候してる先の叔父さん叔母さんが相次いで、原因不明の病で全盲に。
さらに叔父さんが骨折して入院。
叔母さんはなんだか鬱っぽく。
んで俺の友達だけは、元気にしてた。

ある日そいつと街を歩いてると、よく道端にいる占い師みたいな人がいきなり
『あなたのウチには御札で封印された部屋(押入)があるはず。すぐにそれを取って、中にあるお人形を供養してあげなさい。それで悪いことは無くなる』
なんてソイツに言い出して。

その日はそれで別れたんだけど、夜に電話が鳴った。
『あった~。こえ~。』

そう、占い師が言ってたこと大当たり。
あれはびびった。


その後進学でそいつとはそれっきりだから、いまどうなってるかは分からない。
どうなってるやら。


56:本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 20:26:02RZKh1WdO0
>>53
封印が効いてないじゃんそれ
占い師スゲー


57:本当にあった怖い名無し:2007/09/06(木) 14:20:47bay5AttzO
>>53
なぜその後も彼と付き合わなかったんだ
ってか、その占い師すげぇ
でもそれだけ視えるとなると、占ってほしいようなほしくないような…


61:本当にあった怖い名無し:2007/09/07(金) 23:04:16HE21XyKWO
>>53 です。
いやそいつはそいつで、能天気というかおバカなやつで。
『あいつすげーw』
くらいにしか思ってなかったのよね。

でも俺は俺で、街で占い師がいると、意味なく顔をそむけちゃうようになっちゃった。
なんか言われたら怖くて。


62:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 01:47:48E06N2Aoi0
こんばんは
以前、兄がパソコンを持ったくらいからヒッキー(開かずの間)
になったレスを書いたんですが
結局、家を建て直すのに兄の(両親の寝室)部屋も壊されました。
解体宣告は一応してたんですが、当日も兄は出てこず
業者さんも人が居る間は、工事できないと一時困りましたが
 父が強制的に出すといい壁を少し壊してもらったら
一応、大切なものはまとめていたそうです。


以下前スレより

236:本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 06:11:23EJZwNM/w0

408 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/26(土) 14:07:46 f8L0bGil0
15歳上の兄の部屋、PC8801とゆうパソを買ってもらってから、以後ずっと
ヒッキーになったらしい 私が物心ついてから、2回後姿を見ただけです。
 部屋の中はパソを運んでもらった当時から誰も見てない。見たくもない。


409 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/26(土) 14:29:38 4Yo/DDef0
>>ヒキ兄
ご飯や排泄時は外に出てくるの?


412 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/26(土) 14:58:23 f8L0bGil0
>>409 もともとは、西洋かぶれwの両親の部屋で、ミニキッチン(バー)や簡単な
  シャワールームがあるらしい。2階のリフォーム中に仮に兄が使ってから、開かず状態。
  その部屋だけもちろん古いまま。
  食料は父の目を盗んで母がドア横に置いてる。妹と火事を装ってキャーキャー騒いで
  兄の姿を待ってみたけど、出てこなかった。 バルサンをする予告しても・・・。




63:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 01:56:57E06N2Aoi0
私達がいては、どちらにも影響があってはならないと
その場は見れなかったんですが、母いわく色白で
会話は誰ともしてないから言葉がはっきり聞き取れないし
少し猫背?みたいになっていたそうです。
部屋はある程度、清潔っぽかったけど
古い感じの匂いとパリパリ気味な漫画(ころころなんとか)など
あったそうです。
 いったん廊下に必用なものを出させて
一気に取り壊しを父がお願いしたようで、意外とスムーズに進んだようです。


64:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 02:03:53E06N2Aoi0
スーパーファミコンのディスクシステムと叫んでたけど
父も興奮してて、母はどうしようもないから
暑いけどタオルケットを兄にかけて落ち着かせたそうです。
 父がうるさいから母はあまり詳しくは聞かせてくれませんが
だいたいそんな感じです。


65:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 03:02:14f/oTyM2X0
>>64
あんた自身の冷酷さに怖さを感じたわ



68:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 09:04:23/XfIs0Wv0
>>65
冷酷はちょっときつかったけど
15歳上の兄と聞いているだけで妹も私も
兄を見たり話したりは無いので
存在を感じることも開かずの間で
知らないんです。
兄がいるんだよと昔の写真を見せてもらったり
飾ってあるのは、小さな頃のもので・・
いまは現代のパソコンを持っていますが
ネットに繋げるのは、まだ考えてないそうです。
情報の多さに兄が混乱?しないよう父も悩んでいます。
開かずの間とゆうか兄の話になりましたが


69:本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 09:09:19/XfIs0Wv0
今の兄の部屋は鍵は無くドアもスモークガラスなので
灯りも分かるし、画面が半分になってたテレビも
新しく、来客モニターと内線もあるので
私らが帰宅すると開錠してくれたり
少しずつ少しずつ時間をかけながら
距離を縮めていきたいと
家族でおもってます。聞いてくださり
ありがとうございました。


77:本当にあった怖い名無し:2007/09/09(日) 23:51:48SWwV4PNt0
冷酷冷酷って何が冷酷なのかわからん


98:本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 12:08:50rWds0I+mO
私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
(正確には特定の状況下で開けないと祟りがある洞穴です)
私の実家は甲信越地方の山間部、今だに携帯の電波が弱い山奥にあります。
実家の裏は切り立った断崖絶壁になっており、台風や地震のたびに「崩れて来ませんように」と祈っていました。
その断崖絶壁に鉄の扉に、お札、更に鳥居としめ縄で封印された、開かずの洞穴があります。
その洞穴はちょうど実家の真裏にあり、普段は先に書いたように厳重に封印されています。
<開けるべき時>以外に開けてしまうと、開けた者の命を奪うそうです。
では<開けるべき時>とは?家に死者が出た時です。
  
 続きます。


101:本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 13:05:35rWds0I+mO
続きです。
家に死者が出た時、封印は解かれ扉が開けられます。そして死者の御骨の一部を洞穴の中にある、木箱に納めるのです。
八年前に祖父が死んだ時もその儀式?は行われ、<家長が一人で全て執り行う>と言う決まりの下、父が納骨しました。 
(ちなみに納骨を怠った場合は家長の命が奪われるそうです)
無事納骨を済ませ出てきた父の話しだと中の様子は、
入り口と同じ広さ(約一メートル)の横穴が暫らく続く(五、六メートルかなぁと父は言ってた)
すると広い空間に出る(四畳半位、父談)
空間の中には、朽ちかけた祭壇のような物と、お札がが貼ってある二十センチ四方の木箱が
祭壇の後ろの壁には、天狗のような壁面が描かれていた
木箱の中には、骨の欠片が箱の三分の一位迄入っていた
だそうです。
死んだ祖父に幼少の頃聞いた話だと先祖が住む場所を探して崖のふもとまで来たときに、山の神様?が崖の上から声をかけ、ココに住み約束を守るなら繁栄を・・・
なんて事を言われたそうです。(約束は洞穴と納骨に関する事)
落ちもありませんが以上が私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
長文失礼しました。


102:本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 13:51:34eMp6QD7a0
>>101
一般的・客観的に見て、家として「繁栄」してるんですか?


105:本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 15:51:13rWds0I+mO
>>102まぁ少しは繁栄してるんじゃないでしょうか。戦前まで村長を歴任してたらしいですし。
とんでもないお金持ちではありませんが、一族みんな元気で大概天寿を全うします。
病死や事故死などの死に方は親戚内で聞いた事がありません。


192:本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 05:55:25M36oDAj8O
田舎暮らしを体験しようと7年前まで2年間、ボロボロの木造平屋を借りていた。よりによって鬼門にボットン便所、外の汲み取り口の横に小ぶりの扉。
カンヌキがはめられた上に何重にも巻かれた錆びた鎖、古い南京錠。
入居後大屋に絶対開けようとなどするなと言われ不気味だった。
ある日墓掃除に来た大屋は扉のカンヌキに鎖をかけ忘れて隣町に帰って行った。
夕方遅くそれに気づいた俺は懐中電灯を持って恐る恐る中を覗いた。
埃を被った古畳の2畳敷き、天井は並の大人が立てないほど低い。
湯呑とタライと汚れた座布団の他、大屋が保管しているのであろう鎌や鉈、大工道具などがあった。
退居する少し前に同地区の年寄りが教えてくれた。あの2畳間は座敷牢。
大屋の兄である精神病の男が死ぬまで閉じ込められていた部屋だと。
元より血の濃い地域で先天的に異常がある人間が結構生まれたらしく、
そのような部屋を持つ家は昔は他にも何軒かあったらしい。

長文失礼しました。


270:本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 11:41:456sg/kc9aO
おまいら昨日のコンパでネタ仕入れたから早速投下するぞ。
ネタ元は長野市の病院勤務ナースだ。
そのナースが勤めてる病院の地下二階に開かずの間があるそうだ。
なんでも病院建設時に土中から石碑?の様な物と何本かの刀が出たらしい。
当然調査後に撤去して工事を進める事になったらしいんだが、その石碑と刀が出土してから現場で原因不明の事故が相次いだそうだ。(幸い死者は出なかったらしい)
さすがに現場責任者と調査員で話し合い、その筋に強い神社の神主を呼んで視て貰うと・・・
ソレは厄災封じの様な物である事が判明、しかも封じた物が漏れ始めていたらしい。
その神主が慌てて再封し、現場の事故は治まったらしいんだが石碑を動かす事は出来ず結局そのまま病院を造る事に・・・
現在も石碑は地下二階の開かずの間に在るらしい。
しかも現代では最初の封印程完全な封印をかける事が出来ないらしく、七年毎に封印をかけ直しているとの事・・・
まぁこんな感じです。
現場責任者と調査員で話し合い神主を呼んで?とか、その筋に強い神社って何処だよ?漏れ出していたって何封印したんだよ?などツッコミ所満載の話しだが少しでもスレの肥やしになればいいなと思い投下してみた。
因みに話しの舞台になっている病院、地元では結構デカイ有名な病院だ。
終わり


333:本当にあった怖い名無し:2007/11/10(土) 19:51:59fIEZ2wFjO
携帯からすまん。今日はPCに戻れないから許してくれ。
さっき妹から開かずの間話しを聞いたんで早速投下する。
妹は3年前迄「甲信越地方www」の温泉ホテルで働いていたんだが、そのホテルに開かずの間があったそうだ。
なんでもその部屋に入ると病気?になるらしい。
その部屋は10年位前迄、従業員の休憩部屋として使っていたそうだ。事故が起きる迄は・・・
ある年の年末に、シングルマザーの従業員が自分の子供連れて来て寝かしといたらしーんだ。
(子供が風邪ひいてた為)12月の忘年会シーズンで休む訳にもいかず。かといって風邪ひいた子供を一人置いて来る訳にもいかず。ってな事らしい。
で、ようやく仕事が終わり休憩部屋に母親が戻ると部屋の窓が全開に・・・
子供は雪まみれになって死んでたそうだ。
死因は凍死。
母親が3時間位前に様子を見に来た時は異常なかったんだが、その後熱で暑苦しくなった子供が自分で開けそのまま寝てしまったらしいんだ。
その後その部屋で休憩していると、子供の声が聞こえたり、急に寒さが襲ってきて風邪に良く似た病気になったり。(たぶん風邪)
そんな事が頻発し休憩部屋は開かずの間へ・・・
この話しの真贋は分からない。だが妹はリアルタイムで事故に遭遇した入社20年のおばちゃんから体験談として聞いたそうだ。
最後まで読んでくれた人、下手な文ですまんね。
他の人が書けばもっと面白くなるんだろーが、俺のスペックではコレが限界だ勘弁してくれ。
・・・しかし携帯から長文は疲れる。


432:本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 04:49:18YJq65Jz0O
家じゃないんだけど出身小学校での変な記憶があるんだよ。
その小学校は開校120年、生徒数は1500人近いマンモス校だった(当時)
建物も古い部分はかなり古く、増改築を繰り返した為やたら入り組んだ構造で、
迷子にならないよう校内に低学年立入禁止区域があるような学校だった。
もちろん古くて危険だからという理由もあったと思う。
音楽室も低学年用と高学年用があり、低学年用は教室の並びにあるが、
高学年用は古くて長い渡り廊下の先に独立してあった。
その音楽室の隣に使われていないトイレ
(先生から聞いた。普段は板を打ち付けてあるので実際に見た事はない)
での事。
委員会かなんかで遅くなり、待っててくれた友達と帰ろうとしたが、
夕方、古い校舎で薄暗い、人気はないし、廊下は延々続いているような
なんだかwktkなふいんき。まぁどう考えても17時にもなっていないんだが、
小学生にとっては充分なシチュエーションだった訳で、友達二人を連れて
音楽室方面へ遊びに行った。1番古いと思われるエリアだ。


433:本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 04:50:58YJq65Jz0O
音楽室へL字に曲がる渡り廊下は窓が少なく本当に暗い。
その先からなにやら騒がしい声がたくさん聞こえてくる。
角からそっと覗いてみると、封鎖されている筈のトイレが開いており、
男の教員ばかり5、6人が大騒ぎしている。何かを必死で押さえようとしてる?
近付いて見てみようとすると、自分達に気付いた一人の先生が、
「来るなー!!来るなーー!!!早く帰れーー!!!!」って怒鳴ったんだ。
子供なりにただ事ではないと感じたし、何よりその先生の形相が怖かった。
たぶん大人しく帰ったと思うが、↑の印象が強すぎたせいか覚えていない。
んで、後日その場にいた先生にあれは何をしていたのか聞いたんだ。
でも先生は、何が?何の事?知らないよ?委員会の片付けしてたし。
とか言ってごまかそうとする。変じゃないか?相手は小学生なんだし、
場所は古いトイレなんだし、水が溢れたとか水道が壊れたとか、
いくらでもごまかせそうなものなのに。
だからなんとなく、夢でも見たような気でいたんだが、その時いた友達の
うちの一人は高校まで一緒で、ある時何気に聞いてみたんだよ。
そしたら友達も全く同じ事を記憶していた。

まぁなんだったのかは今となっては知る由もない。
その後トイレは依然として板を打ち付けられて、中を見る事は出来なかった。

音楽室やら古いトイレやら、ありがちな学校の怪談ぽいけどホントの話。


639:本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 14:53:59eDE2zKBrO
みんな開けましておめでとう。
帰省中につき携帯から失礼させて戴く。
今日朝から実家を捜索したんだが「開かずの間」は無かった。orz
だが爺からソレっぽい話しを聞いた。その話し投下するから勘弁してくれ。
爺の実家に(爺は婿だ!)開かずの土蔵があったそうだ。
開かずの土蔵になった由来は全く不明。土蔵の中に「古い仏壇がある」それと「とにかく開けてはならない」としか伝わってなかったらしい。
爺が子供の頃、土蔵の瓦を吹き替えた事があったそうだ。(経年劣化と豪雪に負け屋根に穴が開いた為)
その時に来てた職人が屋根から落ちて大怪我をする事故が起きたそうだ。
落ちた職人はベテランだったし風も無かった。ではなぜ落ちたのだろう?
職人が言うには、腐って穴が開いた野地板を剥がす為に穴に近づくと、穴の中から・・・
「頬のこけた土気色した顔の女が歯食い縛って覗いてた」らしい。
でパニクって落下したとの事。(ホントかよ?って感じだが・・・)
当然、いったい土蔵の中に何が?とか、こんな土蔵は工事したくない。なんて騒ぎになったそうだ。
結局お祓いして工事はしたらしいんだが、工事中も土蔵の中から「笑い声」や「ガサガサと何かが這い廻る音」が聞こえたそうだ。
現在爺の実家は継ぐ者が絶えた為、綺麗サッパリなくなり大型スーパーの駐車場になっている。
当然問題の土蔵も・・・
今となっては確かめ様の無い「怪しい昔話」だが、燃料になればと思い・・・
ここまで期待して読ん香具師つまんねー話しでスマン。
以上正月休みの報告だ。


737:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 01:02:16Alu6lJKUO
ばぁちゃんの話。
子供の時にとても大きな家に住んでいた。
本当に大きな家で部屋もたくさんあり兄弟は6人でばぁちゃんは末っ子。
お姉ちゃんと遊んでいるときに家の裏に行った。
すると今まで気付かなかったが板でふさがれたドアがあることに気付いた。
家の中から見ると壁しかなく部屋と部屋の間にある空間だった。
お姉ちゃんと入ってみようということになり、何本もの釘が刺さっている板を引っ張ってみた。
するとあんなに頑丈に打ち込まれていた釘がするりと抜け3枚の板は簡単にはずれた。
そして扉を開けた。
真っ暗で6畳ほどの畳みの部屋だった。
カビ臭く気味が悪い。お姉ちゃんは怖いからお兄ちゃんを呼んでくる!と走っていってしまった。


738:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 01:04:04Alu6lJKUO
ばぁちゃんは少し怖かったが好奇心旺盛で兄を待たずに一人で部屋に入った。
部屋にはたんすと机と押し入れがあった。
たんすを開けるとお手玉や着物が入っていた。
すべて湿気のせいか濡れていた。
机の引き出しを開けると和紙が入っていた。汚い字で、かあちゃんかあちゃんかあちゃんとたくさん書かれていた。
きもちわるいなぁ…と思いふと兄たちはまだかな?と思い外に出ようとした時だった。
カタカタカタと押し入れから音がする。
びっくりして足を止めて押し入れの方をみた。
少し開いてる…気付かなかったのか今開いたのかわからないが気味がわるい。
すると、<うまぁーおと猫の大きな声が聞こえた。
猫がいる…?そう思い押し入れに近付いた。そして呼び掛けてみた〈猫ちゃん?すると先程よりも大きな声で<ウマァーオとかえってきた。
怖いがいっきに押し入れを開けてみた。
…女の子がいた。
着物を着て横向きで足をまっすぐにのばし座っている。
ばぁちゃんは固まって動けなかった。
その女の子がゆっくりとこちらがわに顔を向ける。
大きく口を開き<ウマァーオと鳴いた。
ばぁちゃんは気を失ったのか気付けば部屋で寝かされていた。
後から聞くと姉ちゃんと兄ちゃんが部屋の前に行くと扉が閉まっており、開けようと思っても開かない。



739:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 01:10:46Alu6lJKUO
中からは猫のような声と狂ったように笑いながら猫の鳴き声をだすばぁちゃんの声が聞こえる。
二人は泣きながら母を呼びにいき、扉を開けると押し入れを見ながら狂ったように笑うばぁちゃんがいた。
ばぁちゃんの背中には爪でひっかかれた後があり服も裂けていた。近所の拝み屋さんかな?に来てもらいお経などを読んでばぁちゃんは落ち着いた。
その部屋がけっきょく何なのかはお母さんが教えてくれなかったのでわからないらしいが絶対に入るなと無茶苦茶怒られたんだって。お終いです。


740:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 02:41:59CjQGEhCv0
こえええええええええええ

幽霊の女の子が猫の声で騙して体を奪おうとしたんだろうか
久しぶりの良話サンクス

ところで押入れの中の女の子が某ホラーゲームに出てくる
萌えキャラ系幼女の幽霊に変換されるオレは異常


745:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 14:32:02Alu6lJKUO
>>740
もっと詳しく書きたかったんですが眠たくてザッと書いてしまいました。
ばぁちゃんが言うには猫娘は真っ白の肌に目が真っ黒で開いた口も歯が見えず真っ黒だったみたいです。
萌え系ではないぽい…
後拝み屋さんにお経読んでもらうまでばぁちゃんは暴れまくって拝み屋さんを引っ掻いたり大変だったと。
ばぁちゃんはもしかしたらあの子は私の兄弟だったのかもね
と言ってました。


746:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 14:45:24ddQsQXaJO
>>745
生まれてくる予定だったのに
生まれる前に死んでしまったとか?

最後の分こえええよw


747:本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 14:52:24Alu6lJKUO
>>746
私的にはよく言われてるけど病気か障害があって隔離されてたのかなぁ?と思ってます。とにかく読んでくれてありがとでした。


755:本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:02:21Jsy35KBmO
猫娘書いた者です。
たくさんレスありがとうです。
友達の家でのお話です。4歳の子供がいる夫婦で引っ越しをしたんです。
そこは一階に風呂、トイレ、部屋があり二階に二部屋ある大きめの賃貸で安かったらしいです。
不動産屋が言うには隣りの部屋は火事があったらしく窓もすべて木で打ち付けられており入る事ができない封鎖された空間でした。
壁は焦げたりしてました。
でも友達の部屋も火事の部屋の逆隣りも問題なく住んでいたみたいです。
ただその賃貸だけでなく周辺に住んでる人みんながとにかく暗い感じでどんよりしている。
住み始めてから一週間ほどしてからいろいろと変な事が起こりはじめた。
子供が壁に話かけて笑う。料理を作っていると足をつかまれる。部屋のドアがすごい音で叩かれる。子供のおもちゃが勝手に動く鳴るなど
とにかくこの部屋には何かいるということになり夫婦はとにかく怖いから調べて!とお化けを怖がらない友達二人&私を呼んでお泊まり会をすることに。
怖がりじゃ無い二人AとBはカメラでそこらじゅう撮っていた。
夜12時をまわっても何もおこらず私達6人はみな二階の部屋で談笑していた。一瞬みなが沈黙になった。部屋の扉をガリガリと爪で引っ掻くよう


756:本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:04:35Jsy35KBmO
で、窓開けて右見たら横の木を打ち付けた窓が見えるの。
何かある…窓と木の隙間から何か出てる
人形の頭。
大きさはリカちゃん人形、でも髪が黒い。
それが動いてるように見えて急いで部屋に入った。
友達は洗濯物を干す時にその窓が見えるけどいつもはそんなもの無いと。
その時点で私は帰りたかったけど、ほんと外も周辺が気味が悪いから出るのも嫌で仕方無くみんなで部屋に居ることに。
そしたらAとBがいらん事を思い付いた。
屋根裏なら隣りとつながってるよね?て。
私も友達夫婦も見守ることに。
押し入れの屋根裏の板を外しAが屋根裏に入る。カメラを撮りながら。Aの話しだと屋根裏は焦げたところも無かった。で、隣りの部屋の上まで来た時だった。かすかに子供の声が聞こえた。
耳を板につけて中の音を聞いた。
トタトタと子供が走る音と声がする。
しばらく聞いてると慌ただしく走る暴れる音にかわる。声も悲鳴のようなわめいた声になる。
Aはすごい顔であせって戻ってきて隣りに子供がいる!といった。
もちろん私達にはそんな声は聞こえずとりあえず今日はBの家に泊まって、明日夫婦が不動産屋に聞きに行くということなった。


757:本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:18:39Jsy35KBmO
途中抜けました。
怖がりだけど私は勢いよくドアを開けた。
何もいない…みんながホッとした瞬間
階段をドタドタドタドタン!と落ちるように降りる音
みんなが固まって私もドアの前で呆然とした。
瞬間すごい吐き気。
汚いけど窓を開けて吐き出そうとするけどなんもでない。
みんなが心配して寄ってくる。



758:本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:20:35Jsy35KBmO
最後
翌日不動産屋に何か曰くがあるだろう!と聞くとしぶしぶ口を開いた。
火事で留守番をしていた子供が亡くなったと、だが火事がある前から入れ替わりの激しいところだったとお祓いも何度もしていると。後日あの周辺は病院の裏にあるせいかそうゆう物件ばかりだと聞いたらしい。
AとBが写真を現像したところ本当に写ってました。子供が。
私も見ました。呪怨にでてた男の子みたいのが屋根裏にいました。ただ火事の子は女の子だったみたいなので別の子だと思います。
夫婦は引っ越しみんなで写真を持ってお祓い行って来ました。
もちろん今でもその物件あります。
お終いです。


828:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 13:02:36Tip9Zk9DO
まだ祖父が元気だったころ、美浦のトレセンで働いていた。
私はまだ三つ位で、たまに祖父の職場に遊びに行って馬に餌をやったりしてた。
トレセンで働いている殆どが団地に住んでて、祖父達も母が高校生になる前に府中から引っ越して、
そこで十年目位だった。
私は平屋に住んでいたから、団地が珍しく、祖父の所に行くと全部の扉を開けた。
祖父母の部屋、トイレや浴室、母兄弟が使っていた部屋。
でも、一部屋だけ開かない。一部屋だけ。
開かないよー、と言っても誰も答えない。
最近になって、叔母にそんなことがあったの覚えてる?と聞かれた。
私は覚えてなかったのだが、その開かない部屋には、
ずっと遠くにいると思ってた叔父が隠れていたらしい。
荒れた中学時代を過ごし、働くこともせず、ただじっと…引き込もってたそうだ。
祖父母もとっくに他界し、今では叔母も連絡が取れないらしい。
生きてるかは不明


829:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 14:38:37cKmgJafmO
お誂え向きなスレ見つけた…。
俺の母方の実家が新潟にあるんだが、どうも刀を納めた部屋が昔使っていた家にあるらしい。
普段は扉に鍵をかけて和紙で目張りしているんだが、毎年夏に正装?した家長が一人でその刀に夜に何かやって戻すんだがその辺りの詳しい話は聞けてない。
その家は二階屋、半地下で多分二階の奥で微妙に出っ張ってるところか半地下のどこかだろうと思うんだけど…。
刀を納めとくにしても一部屋まるまるとか家長が夜に刀のメンテナンス以外何かやっているのかとか気になる。
当のじーちゃんに聞いても本家の人間じゃないから教えてもらえなかったなぁ。


833:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 17:23:11F89Fh/6k0
>>829
家長がひとりで刀の手入れを…って下り、似たような話が「超怖い話」のシリーズか
「新耳袋」シリーズのどっちかにあったな。正装してとか和紙で目張りとか、本家の
人間じゃないからと教えてもらえないとか、「触らなければ障らない」系の由来が
あるんじゃなかろうか。
下手に関わろうとしたり、それについての知識は持たない方が無難なのかも知れないね。
いや、このスレの住人としては興味津々なんだが、モノが刀だけに命にかかわるはめに
なりそうでなぁ…。


834:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 18:07:09cKmgJafmO
>>833
いや俺も興味津々なんだが…。
以前母方の祖母が亡くなって葬式に行ったら、何故かものすごくその刀を手元に置きたいって衝動に駆られたり。
曾祖父が亡くなった一年後の同日に俺が産まれて本家の人達に「生まれ変わりかも?」なんて言われたのもまんざら偶然じゃないのかもね。

ところで刀のメンテナンスとかでその用具とかって30センチ位の四角い箱(重箱みたいな感じ)と日本酒が一升瓶5本も必要なのかな?
かーちゃんが昔一度だけ正装でそういう物を運ぶ祖父を見たそうなんだが。


836:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 19:05:15LKdkHhbNO
刀って人をあやめる道具だからな、もしかしたらその刀で何人もの命を…とか、
単に偉い人の使ってた刀だった、とか、色々妄想しちゃうな。
戦時中はそういう刀も回収の一部で、家宝である刀は屋根裏などに隠されたっていうからな。
そんなことを昨日骨董屋に聞いたから、もし当時のものならば、よっぽど大切な刀だったんだろうな。


840:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 22:45:13cKmgJafmO
>>836
どれくらい前か分からないけど発端となった先祖はその地域の駐在みたいな身分の武士だったらしい。
いきさつは分からないけど今、家にある刀は自分の家のものではなく、先祖も途中から漁師になったようです。
いわくありげな刀なのは間違いないんだよなぁ…。


837:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 19:59:31xngLxry10
酒で刀を清めるにしても一升瓶五本は多すぎだろう。
神棚に供えるか、人ならぬ客人(むしろ主?)にでも
振舞うんじゃないか?


840:本当にあった怖い名無し:2008/02/24(日) 22:45:13cKmgJafmO
>>837
一本でも多いと思うんだよね…。
母の話だと翌朝空の瓶が五本あるとか。


元スレ:あなたの家の開かずの間 4部屋目 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187168279/

ポチッとお願いします。|ω・`)

関連記事
スポンサーサイト



外部リンク


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ひつまぶし

Author:ひつまぶし
ゆっくり更新ですがコメントもらえると嬉しいです (´∀`)
2ちゃんオカルト板と他板から気になった過去スレをまとめています。
リンクフリー、相互リンク・相互RSS募集中。ご依頼は右サイドのメールフォームからお願いします。
怖いオカルトネタやオカルトスレ情報、オカルト系サイトの閉鎖・放置による削除に忍びないデータの引き受けも随時募集中。お気軽にメールください!
→当ブログについて

→Twitter
→Facebook

最新記事一覧
【事件】桶川ストーカー殺人事件ってマジで胸糞だったよな… 2017/05/18
【海外ドラマ】RDR好きなら絶対見るべき海外ドラマWestworld(ウエストワールド)が面白すぎてヤバイらしい 2017/04/26
【事件】戦後の日本でおきた一番の事件はなんだろうね? 2017/04/25
ゲームオブスローンズ(Game of Thrones)っていう海外ドラマ観てる人いるのか?めちゃくちゃ面白いのに…(´・ω・`) 2017/04/22
【伝説のスレ】絶対に見てはいけない画像【おつかれさま】 2017/04/03
カテゴリ
オススメ


アクセスランキング
[ジャンルランキング]

14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
6位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

外部サイト
検索フォーム
information
累計来場者数


DMM.make DISPLAY









アクセスランキング
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。